デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

OA3弾より登場したサラとの合体版はこちらにて。

OPERATION ACE 01(OA1弾)

OA1-069設定画流用P
ステータスHP+1600アタック+1700スピード+2300
バーストスピード最っ高の最っ強を目指すんだ!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターモモをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル憧れに近づくために相手を攻撃するたびに、ずっとアタック、必殺技+2000。【毎回】
ACE効果ラウンド1からずっと防御力が20%増加する。
背景OA1弾Pダイバー
備考ガンダムビルドダイバーズの主人公がPで参戦。ステータス合計値は5600。
絆カウンターも完備。相手のモモは同弾内はM1枚だが、毎ラウンド全体HP回復スキルで粘り強く戦え、万が一絆が発動した後もモモが健在なら、次のラウンドですぐにHPを回復してくれるので互いに最低限の安全が確保できると高性能(絆発動後のHPは10固定だが、モモのスキルで2000回復するので2010となる)。ただしモモのスキルが発動する前に追加攻撃アビ持ちによる攻撃で撃破されてしまう事もあるので、そういった相手は隊長機以外なら速やかに排除しておきたいか。
性能としてはスピードを重視しているが極振りではなくHP・アタックにも割り振られたバランス配分。ACE効果の防御アップ、スキルのアタック・必殺アップを余す事なく活用できる器用な配分となっている。
スキルは攻撃時にアタック・必殺を固定で2000上昇させるもの。固定数値なのはアタックや必殺が低めになっている決戦・閃烈持ちに乗せた時などは%アップよりも向上できるのが強みとなり、合わせてICがあまり育っていない人なども同じ理由で%アップ持ちより有用となる(初回の攻撃のみ。累積した2回目からは徐々に負ける)。大体鉄血の4弾P三日月の上位互換となるが、やはり三日月同様、全射・乱射・乱撃持ちと組ませるのもありか。
運用の際は弱点となる防御面をACE効果のみだけでなく、僚機でもフォローして出来るだけ伸ばした火力を保持出来るようにしたいところ。また中途半端に高いスピードはVS4弾SECデスティニーインパルスのような高いスピードを持つ機体に乗せてがっちり伸ばして上から殴りやすくしたほうが悩まずに使えるだろう。
ACEバトルではACEの強制ダメージカットとACE効果の防御アップがかみ合ってスピバらしからぬ堅牢さを見せるが、それでもスピバと火力アップスキルという組み合わせから、突撃や急襲などに載せてスキルを存分に生かしてガンガン攻めていきたい。念のため、防御力重視型の機体と組ませて、撃破されることだけは避けたい。
組ませる機体は、専用のダブルオーダイバーだと、同弾Pの回避持ちだと中途半端な立場になりやすい為、スキルの発動回数を増やせるCPの超電刃持ちか、追加ダメージで火力を更に向上できるプロモの突撃の方が、スキルとバーストを生かしやすいのでお勧め。ビルドMS版にも速烈があるので、是非とも開発しておきたい。
その他、同弾内ならスキルを活用出来る機体ならMガンダムやPAGE記汽泪哀淵燹■丱アンタフルセイバー、PクロスボーンX3、RガンダムF91、Rセイバーガンダム、MユニコーンプランBなど、目移りするくらい存在している為、好きな機体で活躍させてやるといいだろう。
ダブルオーダイバーの原型機であるダブルオーガンダムダブルオーライザーだと、B2弾CPの突撃ダブルオーかBG6弾Cの突撃若しくは鉄華繚乱4弾CPの急襲ダブルオーライザーが無難か。強襲や双撃、閃烈なんかも面白いだろう。閃烈は反撃封印狙いより、撃破し損ねの保険程度に考えておくと良い。

OPERATION ACE 02(OA2弾)

OA2-069M
ステータスHP+2000アタック+1300スピード+1700
バーストスピード俺に出来る最っ高のガンプラを作る!バーストLv3
パイロットアビリティ絆カウンターモモをパートナーとして発動。
撃破された時復活、連携カウンター攻撃を行う
スキル純粋なガンプラへの想い先攻を取ると、ずっとアタック、必殺技が30%増加する。【毎回】
ACE効果ラウンド1からずっと必殺技+500、必殺技コスト−1。
背景OA1弾Pダイバーエース
備考前弾に引き続き、再びスピードバーストで登場。ステータス合計値は5000。
スキル内容は先攻獲得時アタック・必殺永続3割アップとVS1弾Pキャスバル総帥と同じスキルがM落ち。同じバーストかつアタック・必殺アップという点では上記のOA1弾P版と競合するが、同じように先制・迅雷・ファンネル・フルドライブには警戒しよう。
ACE効果はラウンド1からの必殺強化+コストダウンと前弾Pよりも使いやすいものとなった。ただし、撃墜されてしまうと、効果は帳消しになってしまうので、乗せる機体はある程度慎重に考えておきたい。
機体は、OA2弾内はCνガンダム、CTV版デスサイズヘル、CTV版アルトロン、RAGE−2ダブルバレット、Cトリスタン、RザクIII改が良いが、背景のダイバーエースは突覇なので、手に入ったなら組ませても良く、先攻系アビリティの高レアは、手に入れた人のみ組ませると良い。OA2弾稼動時点では、TV本編での機体はダブルオースカイに変わっており、改造に当たってパーツとして組み込まれたデスティニーガンダムだと、速烈、突撃、闘気、急襲があるので、持っているカードやビルドMSと組み合わせよう。
余談だが、今弾からのビルドダイバーズ系パイロットカードに、それぞれの所属するフォースのマークが描かれるようになった。

プロモーションカード

OPR-035プロモ
ステータスHP+2100アタック+2100スピード+900
バーストアタック俺だって・・・まだ諦めてない!バーストLv3
スキル仲間との絆攻撃を受けた時、ダメージを30%に軽減する。【1回限り】
ACE効果ラウンド2からずっと必殺技+800。
備考NEWスペシャルカードパック04に封入。ステータス合計値は5100。
スピードの低いアタックバーストなので、同パック封入のダブルオースカイとの組み合わせを考えられたような物となっている。
スキルは初撃ダメージ70%カットスキル。ステータスや使い方から、壁役としても役には経つが、アビリティ不発時の保険もいいだろう。
このプロモを含めても、未だにリクは低レアでの排出が無い為、手軽に使いたい人やコストバトルに組み込みたい人にとっては、入手しにくい物となっている。

キャラクター解説

登場作品ガンダムビルドダイバーズ
小林裕介
本ゲームにも出演
年齢14歳
別バージョンパイロットリク&サラ
専用機ガンダムダブルオーダイバー
ガンダムダブルオーダイバーエース
ガンダムダブルオースカイ
特記事項

ガンダムビルドダイバーズの主人公。
東京近郊に住む中学生で、リアルでの名前はミカミ・リク。あだ名は「リッくん」。
中学2年生になり、親からGBN(ガンプラ・バトル・ネットワーク)のプレイ許可が下りたため、親友のユッキーと共にダイブすることになる。
使用ガンプラ選びの際、ユキオから色々勧められるが、何かに導かれるようにダブルオーのガンプラを手にし購入、今までに作ったガンプラを利用して、ガンダムダブルオーダイバーを完成させる。
ダイブした最初、モンド・アガケの衣装を纏ったたちの悪いダイバーから声をかけられるが、ダイバーネーム・マギーに助けられ、彼から色々手ほどきを受ける。

最初の訓練ミッションの際に射撃戦を試みるが、攻撃がかすりもしなかった(逆に投擲は必中)ところから射撃は苦手と思われたが、連戦ミッションの最終ボス・デビルガンダムに対し、AGE−IIマグナムが必殺技と思われる技を繰り出そうとした際、デビルフィンガー部の指(マザーテンタクル)に攻撃されそうになるが、その時に援護射撃を行い、攻撃が命中していた所から、少しづつ射撃戦の腕も上げている模様。
その一方で、操作としてはまだまだ未熟ではあるが、無意識の反射やとっさの回避行動が凄まじく、それを見たオーガがマスダイバー撃破後に辻斬りを行うほどで、本ゲームでも初めてミッションの敵として登場した時にはいきなりクリティカル封じ(とっさの回避行動)を持っていることでも反映されている。

初心者ミッションの際、これまたタチの悪いダイバー・ドージ初心者狩りに遭いそうになる。
マギーから「撤退しなさい。仇はとってあげるわ。」と言われるが、途中で出会った謎の少女サラ励ましとユッキーのサポートもありドージのゼダスを撃破する。

次の2話では、ヤナギラン採集後の帰り道で「獄炎のオーガ」の異名を持つダイバー・オーガが別のダイバーの挑戦を受けている所に巻き込まれるが、オーガから挑まれ敗北する。
その際にサラから「トランザムは使わないで」と言われるも、窮地を脱するためにトランザムを使用。
結局ベース機体同様太陽炉がオーバーロードし爆発、自身のビルダーとしての能力が機体に反映されるまで封印することを心に決めた。

3話では初心者向けの連戦ミッションで、新人ダイバー・キョウヤに扮したチャンピオンのクジョウ・キョウヤに出会い、その時に抱えていた悩みを打ち明け、アドバイスをもらう。また、デビルガンダム戦ではその戦いを見る。GBN内にマスダイバーがのさばっており、その者たちが引き起こすバグが発生していることも聞き、協力することを約束した上、お互いにフレンド登録をする。
チャンピオンの戦いを目撃し、さらに上を目指す為マギーに相談をし、タイガーウルフシャフリヤールを紹介され、彼らに会いにいくことになる。
聖地・ペリシアに向かう途中、ダイバーランクが低くガンプラでは入れないと言うことで歩いていっていたが、途中で出会ったダイバーネーム・アヤメの車に乗せて貰うことに。
偽シャフリヤールの一件の後、囚われたアヤメを助ける為、シャフリヤールのガンプラを借りている。

モモが使っているレンタル品のカプルの製作者が、THE GUNDAM BASEで働く店員ナナセ・ナナミの兄・ナナセ・コウイチと聞き、会いに行くが、ストーカー同然の手法でしつこく食い下がった為ナナミに注意される羽目に。
ガンプラ作りを教えてもらうのが目的だったようだが、GBD内に残されていたバトルデータを見た際考えを変え、近くにあったガンプラ修理をしているところにコウイチが現れ、メンバーに加わることになった。
いよいよフォース(GBN内のチームの事)結成となったときに、コーイチ(コウイチのダイバーネーム)のダイバーランクがFだったことから、結成は持ち越すことに。
次の話で、コーイチがDランクに昇格したことで、フォースを結成。フォース名はビルドダイバーズと命名し、新人フォース向けのイベントミッションに挑むことに。
5人でのイベントだったが、ビルドダイバーズは5名でサラも入っていたが、彼女はバトルには参加しないメンバーだったから、バトル用のメンバーとして、偶然(を装って)通りかかったアヤメに話をし、加わってもらうことに。
イベント開始までの間、フォース戦の戦略を勉強し、ダブルオーダイバーの強化に勤しんでいた。
フォース戦では、コーイチの指示の元で動き、第7機甲師団のダミーフォース・第7士官学校を相手に勝利する。
戦後、ロンメルからは再戦を希望され、再会したキョウヤからは励ましの言葉をかけてもらう。

初勝利からちょっとして次の相手を選ぶ際、マギーからの勧めでベアッガイフェスに行くことに。
そこで出会った、フォース・アークエンジェルのカナリステアからイベントの話を聞き参加することに。
リクはアヤメと行動するが、アヤメが参加経験者らしく先にお宝の近くまでたどり着いたが、後から来たステアが攻撃したうえブレイクデカールを起動させマスダイバー化。
説得を続けるが聞き入れようとしなかった為、止む無く攻撃、ウイング部を切り落とした。

バトランダムミッションに挑む際、相手がフォース・百鬼でリーダーがオーガだったことを知り、サラとの約束もあり、トランザムは使わず、今の集大成をすべてぶつけると言ってミッションに挑むことに。
突破して来たドージの煌・ギラーガ(リンク先は原型機)とバトルになるが、息を切らした状態ではあるものの、機体は無傷でドージを倒す。
現れたオーガ相手には苦戦を強いられるも、突進してきたオーガの機体の足を払うと言う反応を見せる等、かなり実力は上がっていたが、トドメを差されそうになったとき、ドージがブレイクデカールを起動させるが機体が暴走、その影響で命拾いをする。
オーガの援護と言う形で共闘し、攻撃が効かないと見るや、「ブレイクデカールで強化された武器なら効くんじゃないか。」と思いつき、煌・ギラーガのテイルブレードを投げつけ、煌・ギラーガを戦闘不能にするが、百鬼の棄権でミッションに勝利する。
オーガから一方的ではあるが、次の対戦では最後まで戦うと言う約束を交わす。

ビルドダイバーズにも有志連合参加のメッセージが届き、リク達も参加することに。
百鬼の参加を訪ねると、参加していないと言われ、オーガやキョウヤの推薦という話を聞く。
対応したAVALONの副隊長・エミリアからは、ビルドダイバーズの実力を疑問視していたが、リーダーのキョウヤが目をかけているということで、良い意味での「期待を裏切ってください」と言われた。
出撃の際はサラが同乗、アジト(とされている)の資源衛星に入った際、途中の分かれ道でサラから指示されたルートとは逆に行ってと言われ、キョウヤに別ルートから行くと言い、キョウヤの了承を得て分かれていくことに。
それがシバ・ツカサのいる所に向かっていた為、一緒に行っていたアヤメがついに牙をむくことに。
アヤメの裏切りに動揺し、過去を聞きながら戦闘を繰り広げるもサラと共に説得し、マスダイバーの乱入もありアヤメは改心、足止めをしてくれるということで先に行くことに。
シバ・ツカサの居る司令室に着いた際、ブレイクデカールをばらまく理由を簡単に聞くが、キョウヤ、タイガーウルフ、シャフリヤールが合流するも逃げられる。
シバの使うビグ・ザム相手に苦戦するが、キョウヤの激励に真っ先に答え、零距離攻撃に加わる。
ここで、サラから「力を解放したがっている」と聞き、トランザムを起動させるが攻撃が効かず一時距離を置く。
その後、ダブルオーダーバーエースが奇跡を起こしブレイクデカールを無効化させ、ビグ・ザムを撃破する。

作戦終了からしばらくたって慰労会が行われるが、そこには参加せずログインしないアヤメを心配していたが、メッセンジャーが現われリアルでシバ・ツカサと会うことに。
廃工場で直接対面、GPD(ガンプラ・バトル・デュエル)で対決することになり、操作に慣れるまでの時間をもらい、操作の練習する。
短時間で慣れたため、すぐにバトルが開始された。
互いの意地と意地のぶつかり合いとなり、辛くも勝利を収めるが、ダブルオーダイバーエースの損傷はかなりのものだった。
その後、コウイチからツカサの事で謝罪されるが、GPDをプレイしたことで何かを得たと言うことで感謝していると告げた。
ガンダムベースに戻ると、アヤメのリアル・フジサワ・アヤがいて、ガンプラを取り戻してくれたことに感謝をつげられ、「今はここが居場所、もし嫌じゃなかったら…」と聞き、快く快諾した。
ダブルオーダイバーエースをそのまま修復するか、魂を受け継いだ新しい機体を作るか悩んでいた時、キョウヤが訪ねてきて会話をし方向性が決まる。
前に進む為に強化することにしたが、イメージが浮かばずコウイチの助言により、マギー、タイガーウルフ、ロンメルに会いに行く。タイガーウルフに会った後は、シャフリヤールから呼び出され、今までの欠点と強化プランをいくつか提案される。
ドッグに戻った後は、サラを通じてダブルオーダイバーエースに話をし、新たな機体のイメージが浮かぶ。
ログアウトしてからはイメージをスケッチにして全員に見せ、早速取り掛かりデスティニーガンダムのパーツを組み込み、途中シャフリヤールに見せ、アドバイスをもらいながら新機体・ガンダムダブルオースカイを完成させる。

ダブルオースカイのデビュー戦に、ロータス・ミッションを選び、攻略を担当。
シャチ型に改造されたマーメイドガンダムやロータスのマーメイドガンダムと交戦しながら要塞攻略の為に前進、要塞自体の攻略には成功するが、コアユニットが破壊できず大気圏に突入してしまう。
諦めずに、ダブルオースカイのトランザムインフィニティーを起動させ、コアユニットを破壊し、14:57:24のタイムでミッションをクリアする。
次はGBN内の島の所有権をめぐり、シャノアール・ネオとフラッグ戦を行うことに。
前衛を担当し進攻、奇襲を受けるも回避しフラッグを発見するが、待機から復帰した2機を加えた防衛隊に阻まれ回避で精一杯となる。
その後も何度か撃破されるが、追い詰められスーパーショックガンダムからの攻撃をトランザムインフィニティで防御する。
3機でフラッグを守ることになった時は、逆に攻撃に出るように提案し、モモとの合体技を繰り出し、スーパーショックガンダムを撃破、5機とも待機状態に追い込む。
フラッグを奪取しに向かうが、モモが取ったため、ビルドダイバーズの勝利となる。

Gファイブアタックという初期の5機の色違い(ガンダムガンダムMk−IIZガンダムZZガンダムνガンダム)を連続で相手にするミッションに挑戦し、10位に入ったことから、タイガーウルフが強い危機感を感じる。
新しいフォースネストでエンジョイしていた所、タイガーウルフが訪ねてきて、龍虎祭への出場を依頼され、相談の後出場を決意する。
それにあたり、ダブルオースカイを格闘戦に対応したモードに変化できるように改良する。
激しく戦うが、タイガーウルフの何気ない一言から新しい技を思いつくが、機体にかかる負担を考慮するも状況から発動を決意し、タイガーウルフを驚かせる。
「恩返しできましたか?」と聞くも、「まだまだだ」と返され、機体が戦闘不能となり敗北した。

サラが電子生命体・ELダイバーであることを、出会った鳥の姿のメインプログラマー・ミス・トーリから聞いた時はショックを受けていた。
逃げているサラが、運営側の修正パッチによる攻撃で消滅すると言う悪夢を見た後、THE GUNDAM BASEの表に来て決意を固めた。ユキオとモモカも同じように来ていた。
行方不明となったサラを捜索するため、レイドバトル前にエントリーしていたトーナメント戦を棄権、そのことでオーガの辻斬りに遭い激闘を繰り広げるが、決着直前にキョウヤが有志連合を結成し、サラの身柄を保護すると宣言した為、百鬼がビルドダイバーズに協力することに(これは後で判明する)。

トーリとコウイチの頼みでツカサが、サラの転送プログラムを組み、一応完成するがシミュレーションの結果、成功率が5%と低いものの、方法があるということで有志連合にも連絡するが、GBNが消滅すると言うこと却下され、サラ奪還の為対決することに。
レイドバトルの日に、シャノアール・ネオと個人参加でマギーとタイガーウルフが加わり奪還作戦の変則フラッグ戦が開始されることに。
しかし、作戦は読まれていた為進攻ルートにランディ中心の上位ダイバーが立ちはだかったが、全て撃破し進むも、本気のキョウヤと対決することに。
圧倒的実力差で追い詰められ、途中オーガが助っ人に来るもその実力差は埋められなかった。
しかし、互いの必殺技をぶつけることになった際は、思いの強さから2人の必殺技がEX・キャリバーのエネルギー流を切り裂き、キョウヤを撃破し、サラ奪還に成功する。

フラッグ戦勝利後、メインタワーに戻ってくるが、レイドボスがバグの影響で強化されタワーに巻きついていた為、倒すことに。
助っ人に現われた、ロンメル、ロンメル隊のクルトから謝罪の言葉を聞くが、リクもワガママで苦しめていたと謝罪した。
※ダイバーの中には、リアルでは満足に動けないものもいると言っており、クルトが該当しているため、ロンメルはGBN崩壊を阻止する為、サラの消去には賛同的だった。
ゲームマスターも修正パッチを応用したプログラムで、レイドボスの動きを封じ協力してくれることに。
最後は、キョウヤと2人でレイドボスを撃破した。
転送プログラムを実行するにあたり、ペンダントをサラに返却、「向こうの世界で会おう」と言ってサラを見送った。
ダイブアウトし、リアルでサラが無事に転送されたことを喜んだ。

その後、リアルでおつかれ会をすることになり、リアルでは初めてマギー、オオガミ・コタロー、キスギ・キョウヤと出会う。
リュック・アルジェが現れた時は、驚いていた。
マギーのお店・アダムの林檎で楽しく騒いだ後、最後はGBNにダイブし、新しいエリアに向かうのだった。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です