葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

ハイブリッドスマートグリッド(はいぶりっどすまーとぐりっど)とは、姫百合珊瑚が提唱・開発した新世代型の通信・エネルギーネットワークシステム。杏さん党が目玉政策として提唱・推進している。
 マスコミからは、オカル党政権が推進しているピラミッドパワーシステムに対抗するものとして見なされる事が多いが、単なる新エネルギーシステムにとどまらないのがハイブリッドスマートグリッドの特徴である。

 エネルギーと情報を統一的に取り扱い、同時伝送する事でエントロピーの拡大を最小限まで防ぎ、エネルギーロスを極小に抑える事で効率的な統合配信網を構築できる事が特徴である。現在は(狭義の)電磁気を使ったシステムの実証実験が行われているが、理論的には光や熱も取り扱う事が出来る為、電力依存型の社会を革新させる切り札としても注目されている。
 また、エネルギーロスの少なさを利用して、エネルギーを「溜める」のではなく「循環させる」ことで需給バランスを取るという設計思想になっている為、特定の場所に大規模な貯蔵施設を作る必要がない。その代わり、配信システム(電線、光ケーブル等)は緻密で強固なものを構築する必要がある。ただしそれらはネットワークである為、緊急時に一部のシステムがダウンしてもすぐに他で代替できるフェイルセーフ性も備えている。
 また、エネルギー供給だけでなく、放送を含む通信手段も同時に提供できる為、インフラの簡素化・整備普及が容易になるものと期待される。
 
 その一方で、そもそもの発明の原点が「エネルギーの情報化」という宇宙理論にも抵触しかねない発想であった為、宇宙物理学者でもある一ノ瀬ことみ元首相からは「超能力を科学と言ってしまうライトノベルのようなシステム」と切り捨てられている。(但し、実際に開発されているシステムはエネルギーと情報を同時伝送するだけで、変換は行っていない為、「エネルギーの情報化」という理念からはほど遠いものになっている。)
 
 
 姫百合珊瑚がこのシステムを説明した際、「最低限の内容でええなら国中に電柱を立てれればええだけなんや〜」と発言した事に、七瀬留美が猛反応。ちょうどその頃修得したばかりの電柱埋設スキルを試したかったこともあったのか、その場でハイブリッドスマートグリッド構想への全面協力を約束した。
 直後から七瀬留美は、地元ONE県を中心に、インフラ整備の遅れているうたわれ自治皇国?AngelBeats!特別開発地域、先進環境都市として最近県に昇格したばかりのRewrite県を中心に、精力的に電柱敷設作業を展開している。尚、このとき電柱敷設作業を手伝った縁から、鳳ちはやが杏さん党入りしてハイブリッドスマートグリッド構想の推進メンバーとして活動している。
 但し、二人ともハイブリッドスマートグリッドについて理論面も含めて完全に理解しているかは疑問である。
 
 運営(経営)方法としては、杏さん党内でも、インフラ整備・エネルギー供給とも国家の責務であるとの立場から国営を主張する者と、民間活力を利用した方が経営効率が良く普及も早くなるとして官設民営を主張する者がいる。
 柏木千鶴副委員長は柏木派(旧葉鍵共産党)のリーダーであるという立場から国営論者とされるが、その一方で柏木千鶴が経営する鶴来屋グループからは事業拡大のチャンスを期待して官設民営方式に期待する声も大きい。
 また、同人左派グループは、そもそも国家主導よりも自発的共同体を重視する思想が原点である事から、国営方式には抵抗感を示す者も少なくない。
 一方で政策提言派からは、実現可能性を重視して少なくとも当初は国営で進めてゆくべきという声が大きい。

 杏さん党以外の藤林杏政権連立各党からは、まだこれといった動きは出ていない。その一方で眠主党三枝グループがこの構想に非常に関心を示しているとの話もある。また無所属の伏見ゆかりがこれを受けて「原発は3年以内に全部なくせる」と発言したこともある*1


 また、杏さん党とは別に、来栖川グループ内でもハイブリッドスマートグリッドの開発・普及を模索する動きがある(提唱者の姫百合珊瑚は元々来栖川グループの嘱託研究員であった為)。しかし来栖川グループ内では、従来からある原発を中心とした電力によるエネルギー供給システムの維持・発展を堅持すべきとの声も根強く(グループ内に原発を手がける会社も存在する為)、来栖川グループとしてこの構想を支持・推進するまでにはまだ至っていない。現在のところ、新党魁来栖川綾香の指揮で、ToHeart広域県?来栖川区域、Kanon県西部、Planetarian県?などで非営利の来栖川財団が設置事業と研究事業を進めている。



           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます