鉄拳8を初心者向けに攻略するwikiです。


上段攻撃

ガード入力『』or『
浮かせ技などはでガードできませんので基本的に方向キーを入力します。

顔を狙う攻撃。しゃがむとスカり、立っていると当たります。
2D格ゲーと違い、しゃがんだ相手に上段攻撃はガードさえされません。
投げも上段攻撃に該当するので、しゃがむとスカります。
しゃがみに弱い代わりに発生が速いのでとっさに出しやすい、またガードされたときのスキも少ないという技が多い傾向があります。

中段攻撃

ガード入力『』or『
浮かせ技などはでガードできませんので基本的に方向キーを入力します。

『しゃがみ』と『立ち』の両方に当たる攻撃です。
立っている場合はガードが出来ます。
しゃがんでいる場合はガードできません。
鉄拳シリーズは中段技が豊富であり、当たってしまうと試合が決まってしまう攻撃も多いため、立ちガードが基本になります。

下段攻撃

ガード入力『』or『
※立っているときに真下に入力すると自動でしゃがみガードが発動します。最速で下段ガードできます
足元を狙う攻撃。しゃがみと立ちの両方に当たります。
ガードする場合、しゃがみガードしなければ防げません。
立ちガードを崩せる貴重な手段ですが、上・中段と比べてリスクリターンが劣っています。
下段捌きという対抗手段もあるので、出すには覚悟が必要です。

特殊中段

しゃがみガード・立ちガード、どちらでも防げる中段攻撃を指して、こう呼びます。
鉄拳の場合は『しゃがみパンチ』(しゃがパン)が該当します。
見た目は下段攻撃ですが、しゃがパンが下段攻撃だと、みんなしゃがんでパンチ打ってしまうつまらないゲームになるから
というのが通説です。

なお特殊中段の攻撃は下段捌きで捌ける技と捌けない技に別れます。
しゃがパンは基本的に下段捌き可能。

ガード不能

これまでのガードを無視して、ダメージが貫通してしまう攻撃のことを指します。
中段のガード不能攻撃は発生が非常に遅く、見てから避けたり発生の早い技で潰す事が容易なので、実戦で狙うのは難しいです。
上段のガード不能攻撃は発生が少し早い技もありますが、見てからしゃがめる技も多く、多くはやはり使い物になりません。
一部のキャラは実戦で使えるガード不能攻撃を持っています。

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
コマンドの画像が正しく表記されない方は
パソコン画面に切り替えて下さい