デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


BUILD MS5弾(B5弾)

B5-080SECタイプディフェンダー
ステータスHP 1500アタック 3200スピード 4000
必殺技クスィー・フラッシュパージ5800コスト7MSアビリティ突撃+1
適性宇宙○地上★水中○森林×砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットマフティー・ナビーユ・エリン
ハサウェイ・ノア
備考1億枚突破記念弾のシークレットの1枚は「閃光のハサウェイ」主役機であり、近年は露出度も増しているクスィー。ちなみにTK1弾まで唯一のディフェンダータイプのSECだった。
ステータス合計値は8700。前弾でSECを務めたEx−Sも突撃機だったが、こちらはディフェンダーでありテンプレから大きく逸脱した火力とスピードに特化した速攻型配分であることが特徴。適性は地上★のほか初陣が海上であったためか水中が○。(だとしたら本格登場話にサブタイトルを冠するアイツが涙目になるのだが)水中で最高クラスの速度を持つ無印5弾Pシャアズゴックとは水中で同値のスピードである。突撃機どころか全体でも貴重であろうが代わりに森林×・砂漠▲とやはり局地は振るわない。また成長傾向がクリティカル効果重視型であるため似た配分だが防御重視型のB4弾PスタビルB4弾SECのEx−Sと違って火力に長けるがより一層耐久面で不安を抱える事となった。
パイロット候補としては、専用パイロットの同弾Mマフティーはアタック補正の高いアタックバーストでスキルとの相乗効果により高い火力を発揮するが、突撃利用に関してはイマイチだし、何より耐久面がかなり厳しいのがネック。ただ、SPライバル:アムロ・レイ(CCAバージョン)の僚機として出てきた際、階級と地上適性から来るスピードの高さ、Hi−νのBAによるスピード増加で苦戦した人もいるはず…と他の要素でアシストすればその真価を発揮できるだろう。
因みに同弾Cハサウェイも専用機補正が付く。スピードが低くHPとアタックを多めに割り振っているためバランスが良くなるが、いかんせんバーストLvが1であるため道楽の域を出ない。
専用以外のパイロット候補としては低いHPをカバー出来る上にクリ確スキル持ちのZ4弾Mロウあたりが適任だろうか。バランスを気にするならB1弾Rバナージ、B2弾Rアスランなどもアリだろう。その他、配分の合致度で同弾Pアムロ(CCA)B3弾Mセイという手もある。耐久力を捨てることになるが、B1弾Pキラ・BG3弾Pユウマ・BG3弾Pセカイで他の追随を許さないスピードを確保し、突撃を最大限に生かすのもいいだろう(Pセカイはアタックバーストなのでより火力が高まるが、アタックバーストなのでスピードダウン手段を使われるとうまく加速できなくなる事に注意)。
スピード特化機の性ではあるが敵の先制とファンネル・フルドライブなど、スピードを無視して先攻を取ってくるアビリティは天敵。また、基本HPが低く追加攻撃にも弱いのでHPにも配分を考えてパイロットを吟味しよう。

鉄血の6弾(TK6弾)

TK6-074RE:SECタイプガンナー
ステータスHP 2800アタック 4000スピード 2000
必殺技クスィー・フラッシュパージ5600コスト6
Hアビリティファンネル+1ファンネル発動時武器属性実弾
適性宇宙○地上★水中○森林×砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットマフティー・ナビーユ・エリン
ハサウェイ・ノア
備考SEC再録キャンペーン・RE:SECの1枚。
ファンネルミサイル持ちがカード化。実弾ファンネル持ちが2枚目となった。1枚目も同じSECだったので入手難度が高かったが、今回も純粋なSEC枠としての再録となり、入手難度は高いと手に入れたい人にとっては難儀な状態になってしまっていた。
ステータス合計値は8800。性能としてはB5弾Mνガンダムなどに代表されるファンネル威力重視型かつHPが高い重量型の配分で、基本的な運用の課題としてはファンネルを撃った後の対策あたりが考えられる。得意な地上、水中(水中が○以上の機体は希少なので相対的にスピードが高めになる)ではスピードが3000になる為、スピード補正が高いアタバなどを乗せればファンネルが不発してもそのまま先手を取って殴り倒す事も可能だが、それ以外の地形ではディフェバで固めるなど、受けを意識したセッティングにするとあまりICが育ってない人でもうまく運用できるか。その際は必殺コストダウン手段とGパワーゲイン手段を活用すれば受けからの反撃必殺で十分な火力を引き出せる。(クリ確パイロットを使えればなおよい)
専用パイロットのマフティーは過去弾のMだとスキルが緑指定クリ確のため、本機に乗せる意味があまり無い(アタック補正でファンネルの威力は高くなるがスキルが死ぬのでどちらかといえば損をしている)ので、本弾で追加された2枚目の例外バースト持ちRを使おう。防御ダウンスキル(破壊行動)+ファンネルとシナジー効果、打ち切り後もアシストメインで更にカットされてもディフェンスバーストで受けも問題ない。但し本機はクリ効果重視型なので総合防御は一歩劣る)。
また、クリ型+地上★なのでファンネル打ち切り後やわざと撃たないで先手を取って攻撃することを見越してクリ確のパイロットを乗せてやるのも悪くはない(これは前弾P盾コーンB5弾Pαから引き継いだテクニックでもある)。

VS IGNITION 03(VS3弾)

VS3-008Mタイプガンナー
ステータスHP 1400アタック 3800スピード 4000
必殺技クスィー・フラッシュパージ5700コスト6MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上★水中○森林×砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットマフティー・ナビーユ・エリン
ハサウェイ・ノア
備考今弾のM落ちSEC枠は、閃光のハサウェイの2機。フラッシュパージM落ち。ステータス合計値は9200。
こちらは前回のRE:SECと同じガンナーだが、アビリティは速烈。アビリティが生かしやすい速攻型配分のステータスとなっているが、バトルタイプがガンナーなのが欠点(皮肉にも前弾のM落ちSEC枠飴エク速攻型配分のディフェンダーの速烈持ち)。
ディフェンダーでない分B5弾Mマフティーを乗せてもスキルが死んでしまう点では同じSEC機であるX1と対照的といえる。
また、アビリティがやや対戦向けでない為、ミッションで使うことが多くなるだろう。そうなると繚乱1弾PEz8が系統内のライバルとなりそうだ(同じ青速烈で地上★持ち)。局地ならEz8に軍配が上がるものの水中ではこちらが速いものの同系統には水泳部のアトラスがいるのでそれには及ばないが水中→地上のステージ移動を挟むミッションだと力を発揮してくれるだろう。
今弾はハサウェイおよびマフティーの排出は無いので、同弾Rティエリアで使うのが無難だが、やはりこの手のものにつきものの先制、迅雷、ファンネル、フルドライブが天敵となる。

OPERATION ACE 02(OA2弾)

OA2-014Mタイプガンナー
ステータスHP 1900アタック 3800スピード 3800
必殺技クスィー・フラッシュパージ5700コスト6MSアビリティ突覇
適性宇宙○地上★水中○森林×砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットマフティー・ナビーユ・エリン
ハサウェイ・ノア
ACE効果ラウンド2からずっと相手の反撃アビリティを封じる。
備考Mで連続登場。ステータス合計値は9500と他のMやCPより100高い。
アビリティは新アビリティの突覇。上記VS3弾同様先制、迅雷、ファンネル、フルドライブが天敵となりえる。
証言シリーズ「なぜなにもびるすーつ」は今弾ではここ。今回はミノフスキークラフトについて。

機体解説


※ゲーム内では原作(小説)と同様に、実物大での参戦。リアル頭身のガンプラは存在しない
代わりにROBOT魂などの完成品で立体化されている(いずれも高額・限定生産や少数生産などで入手困難)
他には新SD戦国伝 超機動大将軍編に登場する機動武神天鎧王(BB戦士)のモチーフにもされている。
(本機のデザイナーが森木靖泰氏なので同氏がデザインした別作品の機体「のゼオライマー」の要素も備えている)
登場作品機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
開発系統RXシリーズ(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器ビーム・サーベル打撃
射撃武器ビーム・ライフルビーム
ディフェンダー通常武器:射撃武器
ファンネルファンネルミサイル実弾
ビルドMSB5弾
2014年3月のトライエイジトーナメント優勝者が開発可能なプラチナカラーもあり。
※後にB7弾〜B8弾の「白熱!!バトルフェスティバル編」の景品の一つとなった。
証言
特記事項

Ξガンダムは、秘密結社「マフティー」がアナハイム・エレクトロニクス社へ
極秘裏に発注した、当時最新鋭MSである。
30m級の機体としてはペーネロペーに続く2番目のミノフスキークラフト搭載型MSとなる。

機体性能そのものも極めて高く、操縦系にはサイコミュも取り入れられており、
搭乗者の脳波を拡大するシステムを有する。
(サイコフレームではない(劇中にそのような描写がない
それとミノフスキークラフトのせいで機体が大型化してしまったとも言える。)

本機のΞ(クスィー)という名称は、かつてのニュータイプ「アムロ・レイ」
最後に搭乗したとされるνガンダムの意思を継ぐという意味で与えられたという。
(余談だがギリシャ文字としては「クシー」と呼ばれる方が多く、Ξへの記号変換もそちらで出てくる傾向が強い。)
宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なMSは本機とペーネロペーのみであり、
少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、
本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。

その他、少数戦力しかないマフティーにおいては
本機は物資運搬などの雑務にも使われたりしており、如何にマフティーの台所事情が苦しかったかが伺える。

武装はバルカン、ビームサーベル、ビームライフル、メガ粒子砲に
ミサイルランチャー、大型ミサイルに
サイコミュ兵器であるファンネルミサイルを装備する。
ファンネルミサイルは受領時は装備していなかったようだが
中盤〜アデレードでの決戦時にはいつの間にか装備していたようだ。

さらに本機にはミノフスキークラフトと共に
空気抵抗軽減の為のビームバリアーの機構を内蔵しており
飛行形態への変形機構なしに高速飛行を行うことが可能である。
(作中ではマッハ2を超える速度での飛行をしていた。)
ただしビームバリアーはその名前と裏腹に
防御装備に転用する事は不可能となっている。

オーストラリアを舞台に地球連邦軍マフティー討伐部隊キルケーユニットを相手に善戦していた。
そんな中、地球の特権階級だけが地球を我が物に出来る(意訳)という法案が審議されているアデレード・フェスティバルセンターへの襲撃を試みた。
が、それはキルケー部隊の用意していた罠(ビームバリヤー)であり機体は擱座。
パイロットは重傷を負ったまま囚われの身となった。
機体はアデレード空港に運ばれ、暫く留置された後にブライト・ノア大佐が指揮する機動戦艦ラー・カイラムに収容され、検分に当たった。
その後の行方は不明である。

なお「ビルドファイターズ」にはSD版が1カットのみ登場している。
しかも何の因果か本ゲーム於ける同じ緑凸の最高レアの機体と一緒に映っている。(正確には相手に掴っている)
後の続編「トライ」では「本編に出演して欲しいMSアンケート」・モビルスーツ総選挙の結果により
出演が決定、本編最終話にリアル頭身で武装斉射シーンを披露した。
※そして総選挙を戦ったもう1機の本編出演機体もBG5弾でSEC参戦した


上位演出技:クスィー・フラッシュパージ
演出開始と共にファンネルミサイルを放出、相手にけしかけてひるませた所で
相手に接近、至近距離からの肩アーマー内蔵メガ粒子砲でトドメを刺す。

フラッシュは「閃光」、パージは一般的ではないが「一掃」や「粛清」という意味を持つ。
政治・思想的意味で反対勢力あるいは(今は味方でも)
後に毒になりかねない勢力を排除する際に用いられるようだ。
そう言った意味では単語を並べたような名前だが、
ファンネルミサイルを隠れ蓑にして相手に急接近、
高出力メガ粒子砲での一撃撃破は
正に名前の通り一瞬の出来事なので意味は通じやすいかもしれない。

Menu

メニュー(5/17更新・DW01)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ビルドダイバーズモード OA1弾より
ランクアップバトル
EXダイバー
エンブレム

カードリスト
DW01カードリスト
DW01IGN
DW01CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です