デジタルカードゲーム「ガンダムトライエイジ」のまとめWiki別館です。カード裏面証言(フレーバーテキスト)を中心に取り扱う予定(旧雑談Wiki)。

カードリスト>キャンペーンカードリスト>BUILD MS8弾CP

概要

B8弾におけるキャンペーンカード、ユニバーサルセンチュリーコレクションについてのページ。
裏面証言の法則性は作中の登場人物(実名表記。対になっている機体のパイロット)からのものとなっている。

収録カード

ガンダム

カードページへ
証言タイトル「『アムロ』とシャア」
内容……民間人のキミが戦争の外から見ていても、そう感じるのか。
確かに赤い彗星は連邦ではなく、木馬の連中にこだわっているんだろう。
だが、わたしはガンダムと戦っているのではない、中のパイロット……
アムロ・レイというニュータイプの少年と決着をつけたいのだ
インタビュー人物シャア・アズナブル
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
B8弾のCPは対になっている機体のパイロットが証言者という仕様になっている。
シャアのその思いは向こう14年引き摺ることに。

ゲルググ(シャア専用機)

カードページへ
証言タイトル「アムロと『シャア』」
内容きっとシャアは、また赤いモビルスーツに乗って、ホワイトベースを攻めてくるんだと思います。
ドムっていうスカート付きか、もっと新型なのかはわかりませんが……
そりゃ、怖いですよ。
だからといって
ガンダムを動かせるのは僕しかいない……やるしか、ないんですよ
インタビュー人物アムロ・レイ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
さりげなく本ゲームで必殺技を使用するときのセリフを言っている(正確には「やるしかないんだ!」)。

ガンダムEz8

カードページへ
証言タイトル「『シロー』とノリス」
内容はっはっは、ガンダムだと?
モビルスーツの名前だけで勝ち負けが決まることなど、あるわけなかろう!
すべては中におさまったパイロットの身体(からだ)が、その動きが、そして意志の強さがものを言うのだ。
連邦がどのような新型を送り出してきたところで……
このノリス、全力で働くまでよ
インタビュー人物ノリス・パッカード
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
ライバルのノリス大佐から。

グフ・カスタム

カードページへ
証言タイトル「シローと『ノリス』」
内容ジオンにはまだまだ予想をこえた強敵が潜んでいる。
だからと言って、死ぬまで戦うだなんて絶対に考えちゃいけない。
だだ、仲間と生き残ることだけを最優先で動く……
そうすれば、自(おの)ずと結果は付いてくる。
オレたちは、この戦争の先を見すえていかなければならないんだ!
インタビュー人物シロー・アマダ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ガンダムNT−1

カードページへ
証言タイトル「『クリス』とバーニィ」
内容ガンダムって……連邦軍の最新モビルスーツだろ、すごい性能だって聞いてるよ。
もちろんパイロットもすごく強そうな風貌なんだろうね。
で、なんでそんなことを聞くんだい?
ジオンとは、なんの縁もゆかりもないオレに……って、え?
そ、そうさ、もちろんこのコロニーの住民だよ。
とても見えないだろ、ぐ、軍人には
インタビュー人物バーナード・ワイズマン
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
バーニィは特殊部隊所属で中立のコロニーに潜伏している関係上、身分を詐称している(バレると国際問題になりかねないので)。

ザクII改

カードページへ
証言タイトル「クリスと『バーニィ』」
内容わたしはあくまでテストパイロットですから……
実際の戦闘でどこまでやれるかだなんて、想像も付きません。
でも、今が戦争状態であり、わたしが連邦軍に属する軍人であることは自覚しています。

サイド7のようにジオンのモビルスーツが現れるようなことがあれば……
自分に出来ることを、全力で示すだけです
インタビュー人物クリスチーナ・マッケンジー
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ガンダム試作1号機フルバーニアン

カードページへ
証言タイトル「『コウ』とガトー」
内容金属で閉ざされたモビルスーツ同士の戦闘にあって、中にいる相手の姿を知るという機会はそうそうにない。
それだけに、わたしに追いすがろうとするあのガンダムは、余計な熱気まで匂わせてくる。
その無為に放つ、若く生々しい熱は……
時折、心地よくも感じてしまうようになってしまった
インタビュー人物アナベル・ガトー
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
ソロモンの悪夢にして盗人猛々しいガンダム泥棒のアナベル・ガトーより。
自らがヒヨッコと断じた(実際、一年戦争後に任官された新米少尉なのだが)コウと戦っていくうちに何か新境地に目覚めた模様。
言うなれば、『自分好みの好敵手を育てている』ようなものだろうか・・・。

ガンダム試作2号機

カードページへ
証言タイトル「コウと『ガトー』」
内容とっくにジオンとの戦争は終わってるんだ、なのに悪あがきを……アナベル・ガトー
あの男に、いいようにやられ続けるわけにはいかない。
向こうもガンダムなら、こっちもガンダム……そう、モビルスーツの性能差はないんだ、あとは僕自身の技量さえ……気持ちさえ追い付けば!!
インタビュー人物コウ・ウラキ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
この時点で「僕」と言っているのでGP01はゼフィランサスのままである(フォン・ブラウンで出会った元パイロットのケリィから「パイロットが『僕』なんて言うな!」とたしなめられ、一人称を「俺」に変えている)。
珍しくメカヲタのコウがらしくない精神論を展開しているが、そもそも1号機と2号機は機体特性及び用途が異なるので当然、性能も違うものとなる。
運動性と機動性はそこに重点を置いて設計しているので1号機が上で、それに対して砲撃機の2号機は装甲とパワーに重点が置かれている。

Zガンダム

カードページへ
証言タイトル「『カミーユ』とシロッコ」
内容ニュータイプという概念をひとくくりにするには、時代はまだまだ幼い。
自分が見た事象だけですべてを判断しているようでは、世界を動かせる力など生み出しようがない……それでは
カミーユとかいう生意気な少年と同じだ。
そんな俗人はさっさと舞台から降り、このわたしにすべてを託して逝けばいい
インタビュー人物パプテマス・シロッコ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
インタビューでもやはり天才から来る傲慢さを隠していない。

ジ・O

カードページへ
証言タイトル「カミーユと『シロッコ』」
内容みんな大人だからって好き勝手して……
長く生きると、そういう余計な考えばかり染みつくんですか?
どんなに小難しい理屈をあげたところで、それは独りよがりな決めつけでしかないんだ。
口で言ってもわからないから、戦うしかない。
互いがモビルスーツに乗れば、いやでも平等になるんです
インタビュー人物カミーユ・ビダン
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ZZガンダム

カードページへ
証言タイトル「『ジュドー』とハマーン」
内容かつてのカミーユ・ビダンもそうだった。
礼節も弁(わきま)えぬ子供が土足でわたしの懐へ飛び込んで、爪痕を残していく。
ジュドー・アーシタという少年が駆るガンダムの
強い力もまた……
ふふ、カミーユ以上に屈託がない。
ああいう子が同調してくれるのなら、今一度、期待を抱けるというものだが
インタビュー人物ハマーン・カーン
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

キュベレイ

カードページへ
証言タイトル「ジュドーと『ハマーン』」
内容さっさとこんな戦争を終わらせて、あんたもゆっくり休みたいでしょ?
ネオ・ジオンの
ハマーンさんは怖いけど、他の大人たちよりは話が通じそうな気がするんだ。
美人なオネーさんだからって?
……あっはっは、痛いトコロを突かれちゃったな!
あの人、きっと心もキレイだよ
インタビュー人物ジュドー・アーシタ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

νガンダム

カードページへ
証言タイトル「シャアと『アムロ』」
内容誤解して欲しくはないのだが、ガンダムという響き、そこにこだわっているわけではない。
だが、
わたしが赤いモビルスーツに乗るように、アムロ・レイとガンダムという組み合わせは、キミたちにとっても収まりが良いのだろう?
いずれにせよ、どちらかが一方的に突出した戦いなど……
その勝者の価値なんて、なにも見出せないものさ
インタビュー人物シャア・アズナブル
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
シャアがサイフレを流した心境が語られる。

サザビー

カードページへ
証言タイトル「『シャア』とアムロ」
内容人が人の運命を一方的に決めつけるなんて、ナンセンスだよ。
オレ達の代ですべてが決まるワケじゃない、それを
シャアは知った風にして!
……やつが
自分のエゴを押し通そうとするのなら、こちらも同じく全力で阻止するまでだ。
向こうがどんなモビルスーツで来ようと、
押し返す準備はある
インタビュー人物アムロ・レイ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

FAユニコーンガンダム(デストロイモード)

カードページへ
証言タイトル「『バナージ』とフロンタル」
内容限られた状況の下で、ユニコーンは抗うためのさまざまな策を立ててきた。
全身に武器を連ねた
今の姿は、決して洗練されたものではないが……
素体に秘めた力を温存するための鎧ということなら、確かに理にかなっている。
こちらも出し惜しみなく相手させてもらうよ、
さらに強い鎧でね
インタビュー人物フル・フロンタル
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ネオ・ジオング

カードページへ
証言タイトル「バナージと『フロンタル』」
内容あの人の言うことは、あまりにも正論で、絶望的で……
それを強いマシーンで強引に説き伏せようとするやり方、そんなものは絶対に違います。
先のことなんて誰にもわからないし、だからこそ……
辛い道であっても、人は希望を託し続けていくしかないんですよ
インタビュー人物バナージ・リンクス
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ガンダムF91

カードページへ
証言タイトル「『シーブック』とセシリー」
内容かつての連邦には、ガンダムという強いモビルスーツがいたのですか?
ごめんなさい、不勉強で。
今の世もそのガンダムが存在するというのなら、わたしはロナ家の人間として、恥ずかしくない戦いを……もう、そうするしか……あっ、いえ、お気になさらないで
インタビュー人物ベラ・ロナ
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

ビギナ・ギナ

カードページへ
証言タイトル「シ−ブックと『セシリー』」
内容クロスボーン・バンガードがどんなに高説をたれようと、モビルスーツという軍事力を持って出てきたのなら……それは武力制圧しか考えてないんですよ。
だったら、僕たちも同じように抵抗するしかないでしょう?
すべてのことは、この戦いが終わってから考えればいい。
死んでしまえば、なにも出来ないんですから
インタビュー人物シーブック・アノー
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。

Vガンダム

カードページへ
証言タイトル「『ウッソ』とクロノクル」
内容白いモビルスーツ……ガンダムは、抵抗のシンボルという伝説がある。
まさかと思っていたが、リガ・ミリティアが実際にそれを用意してくるとは。
まったく、ここ近頃はそのガンダムといい、
わけのわからぬ子供のおかげで醜態をさらす羽目になるなど……くっ、改めて気を引き締めねばならない
インタビュー人物クロノクル・アシャー
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
文中の「わけのわからぬ子供」を戦いに巻き込んだのはこの人の所業である。

ゾロ(クロノクル専用機)

カードページへ
証言タイトル「ウッソと『クロノクル』」
内容べスパって、宇宙の人たちでしょ?
なんで地球にまで……
マスクを付けていた男の人だってそうです、そんなに地球の空気が嫌いなら、はじめから来なきゃ良いじゃないですか。
モビルスーツの戦いなんて、全然楽しくありませんから!
でも
なぜだかわからないけど、動けてしまうんですよ
インタビュー人物ウッソ・エヴィン
備考ユニバーサルセンチュリーコレクションキャンペーンより。
ウッソは現地に住む住人であるため傍迷惑なことこの上ない

編集にはIDが必要です