葉鍵キャラを政治家に見立て葉鍵国を統べる仮想政界「葉鍵政界」の派生wikiです。葉鍵板を参考に、99%のネタと1%の知性で盛り上げ楽しんでいきましょう。(元は葉鍵政期スレのまとめwiki的位置づけでしたが、現在は三次創作サイトの方向に突き進んでいます。)

葉鍵政界の政治家
人名棗 鈴
出身リトルバスターズ!
所属葉鍵社民党
政治的思想・立場動物(猫)愛護主義

 棗 鈴(なつめ・りん)は葉鍵社民党党員。

 棗鈴は当初リトルバスターズ県での鍵社民党公認候補としての出馬を予定していたが、鍵社民党リトバス県連も参加するリトバス県超野党連合が統一候補を立てることになった為、その統一候補予備選に参加する。が、それを決定した会議上で坂上智代鍵社民党代表に対し「麻枝に贔屓されて図に乗っている」という発言をし、坂上代表の激怒を買うことになる。
 棗鈴からすれば嘘は言っていないというのが事実であり、また周囲もこの時点では棗鈴の予備選での勝利が有力視されていた為例え鍵社民党に除名されても彼女の立場は確保される(どのみちリトバス県超野党連合の公認を受ける場合それまでの所属党は離党するという取り決めであった)との読みから、特に動きを起こさなかった。だが予想に反して棗鈴は1票差で宮沢謙吾に敗れ、リトバス県超野党連合の公認は受けられないことになる。
 棗鈴が政治活動を継続するには鍵社民党から比例区で公認を受ける必要があったが、坂上代表との和解工作を何らしていなかった彼女は一気に政治生命の危機にさらされることになる。だがこの間隙を縫ってことみん新党一ノ瀬ことみ眠主党二木佳奈多が棗鈴の引き抜き工作にかかりだし、慌てた坂上代表は態度を軟化させる。本人からの直接の謝罪もあったこともあり、棗鈴は鍵社民党から比例区で公認を受けられることとなった。

 最近は仲間の猫たちを情報源とした間者活動を主に行なっている。また、鍵社民党中で、坂上代表に進言できる唯一の人物でもあり、葉勢力の統合を坂上代表に進言したのも棗鈴とされる。しかし、統合後はご意見番の座を柏木梓に奪われてしまったようである。

白チーズ?に所属しており、坂上党首の頭を痛める要因にもなってる。

 2008年葉鍵政界総選挙では鍵ブロックで3位当選を果たす。リトバス人気と猫集会でのこまめな活動などが評価された形になったのだろう。後に動物環境保護担当に任命されている。

 毒舌癖は健在で杏さん党柏木千鶴副委員長の胸囲水増し疑惑を追及し、柏木副委員長を激怒させたこともある。

 2010年葉鍵政界総選挙ではリトバス県超野党連合の解散に伴い、超野党連合所属の政治家は全員リトルバスターズ!県選挙区から立候補することとなり、棗鈴も同選挙区から立候補。この結果、残り2枠を6人で争う凄まじい決選投票をトップで当選。

 この選挙で葉鍵社民党は会派を組む食と福祉を考える会と併せて第一会派となり、杏さん党も党単独では第一党、会派としても第二会派となり、連立を期待されたが棗鈴はなおも千鶴胸囲水増し疑惑を追及し続け、党首脳部も自らの政策に固執し続けたことで連立協議は進まず、その隙をついて政権延命を画策する葉鍵自由同盟に市民が猛反発し、オカル党革命が発生する。

 革命後、白チーズ派はオカル党甘党と急接近し、甘党の美坂栞代表を革命勢力の統一候補として祭り上げる。棗鈴は表向きは先の連立協議の途中経過で連立政権の首班第一候補とされた兄の棗恭介を支持しつつ、裏で党内の非白チーズ派を棄権するように誘導し、この工作が功を奏して首班指名では白チーズ派が棗恭介に投票する一方で非白チーズ派は棄権し、美坂栞内閣が成立する。

 この裏工作の功績で白チーズ派も美坂栞内閣に入閣し、棗鈴は国家公安委員会委員長に就任する。ところが白チーズ派として文部科学大臣に任命された上月澪が自分は白チーズではないとして職務を放棄。これを見て棗鈴も職務を放棄して白チーズ活動に没頭し始める。

 他の美坂栞内閣閣僚も同様に職務を放棄し、美坂栞内閣は早くも死に体となる。一方で杏さん党の藤林杏委員長は連立協議の破綻以降引き籠り生活に入り、葉鍵社民党首脳部は連立協議再開の条件として自党の方針を受け入れることを要求し続け、この両党を含む連立協議再開の見通しも立たず、政治空白が生じ始める。その状況の中、兄の恭介は、この政治空白に乗じて葉鍵自由同盟が再起を画策していることを警戒し、棗鈴に、事実上葉鍵自由同盟の私兵部隊と化している国家人権委員会の監視の密命を与える。

 その後葉鍵社民党は木田恵美梨緒方理奈らの離党をちらつかせた捨て身の説得により態度を軟化させ、杏さん党との連立協議が始まり、藤林杏内閣が成立する。棗鈴は閣僚ポストを与えられなかったが白チーズ派の神尾観鈴が少子化対策・男女共同参画・過疎高齢化問題担当大臣に任命された。

 その後、党首坂上智代の提案により共謀罪が、リトバス県超野党連合に属していた眠主党二木佳奈多の提案により憲法擁護法案が、藤林杏政権成立に貢献し、白チーズ派とも仲の良い緒方理奈らの提案により人権法制が審議される。これを見た恭介は鈴に音無結弦独裁政権による人権侵害が問題化していたAngelBeats!特別開発地域での国家人権委員会周辺の動きの調査を密命する。

 その後人権法制の審議が紛糾し緒方理奈らが党の査問を受ける。ところがこのとき鈴が恭介に報告した情報が公開されてしまい、査問に使用されてしまう。白チーズ派ぐるみで緒方理奈との親交のあった鈴はこれを知って激怒し恭介に猛抗議するが、恭介は世界の秘密に関わるなどと意味不明な反論に終始して埒があかず、兄妹仲は大いに冷え込むことになる。

 離党騒ぎの再燃を恐れて査問はうやむやとなるが、鈴は引き籠りがちとなり、他のリトバス系議員とも疎遠になってしまい、白チーズ派からの励ましの声にも「もうがんばれない」とこぼすまでに至ってしまう。


           ∧_∧
         < `ш´>
       _φ___⊂)_   このページは未だに未完成である。
     /旦/三/ /|    有志諸君による有意義な文書の編集を望む。
      l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  |
      |超葉鍵政界|/

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます