デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


0弾

00-013Rタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 1600
必殺技ジオニック・タクティクス3200コスト5MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
備考有名な宇宙世紀の量産機はR・Cの2枚体制で出撃。
OA弾時点で、ザク兇念貳峭發ち躪臟塾呂離ードはビルドMS版を除けばM性能PRが一番強力なカードとなっている。ただ燃費は悪いが必殺威力は量産ザク兇涼罎任錬屋漫複錬腺驚道点)である。
また、量産機故専属のパイロットはいないため、当然のように専用機補正などない。選抜されたエースパイロットが乗ること前提のGN−Xやレギュラーキャラの愛機でもあるジェノアスとは一線を画している。尤も同じポジションのガフランドラドもいるし、後に名実ともにライバルであるジムの参入やB3弾で新たにリーオーが追加され、専用パイロットのいない量産機も数を増やしつつある。
アタッカーのステテンプレを守ったステータスをしており、必殺も燃費が悪目だがアシストに使えなくもない威力。昨今では珍しい実弾を使う必殺技なのだがガルマ専用ザクという上位機種がいる。
スピードが低いのは先制で強引に先手を取ればいいのだが、いつも都合よく発動するとは限らない。火力は覚醒とパイロットスキルで何とかできるので機体Lvの上昇でアビリティLvをあげておきたい所。
Z1弾からは開発系統システムが追加、シャアザクアッガイと共用するため、いきなり高レベルのアビリティを使用できたりもするようになった。CPUにやられたように、こちらも先制で敵隊長機を圧倒する事もできるが、総合火力を補っておきたいところ。
00-014Cタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 1000スピード 1900
必殺技ザク・マシンガン2600コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
備考ガンナーということを差し引いてもアタックが非常に低い。
OA3弾C:G−セルフ(宇宙用)が登場するまでは3ケタの能力はなかったので事実上の最低数値とみてよく、最も火力のない機体だった。
必殺技も威力不足気味だが、コストも低いのでコンスタントに必殺技を撃って火力を補うのが基本運用になるか。それでもサポートを受けるにしろサポートするにしろ、単体での攻撃は足止め目的を除き避けた方が良い。
余談だが、0弾時点で機体の予備機として支給されているのはこの機体(だったはず)。ICカードを挿している場合、機体経験値も入る。1弾からは別のザク兇支給された。さすがにこの機体では満足に戦えないからか。
とはいえ、最低のアタック値が逆に長所であり、敵情(相手側のスキル内容や発動条件及び撤退セリフ)を探ったり、下手に敵機を撃墜しないように立ち回るといった検証及び調査を目的とした使用に関しては高階級高レベルの機体しかないコマンダー等が運用する際に起用するのもアリだろう。
これらの目的とした場合のパイロットは低アタックは勿論、アタックバースト以外(バーストセリフ以外に当てても必ずアタックを上げてしまう為)でスキルにアタック向上(ただしガンナー以外のタイプ指定のスキルは発動しないので別)や先攻クリティカル、追加ダメージを持っていないパイロットが良く、主な候補としてはZ4弾RウラキZ4弾RチェーンTK3弾CアイーダTK6弾CカミーユVS5弾アミダ等がおすすめ。

2弾

02-032Rタイプディフェンダー
ステータスHP 2000アタック 1900スピード 1900
必殺技ジオニック・タクティクス3100コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
備考同じ量産機であるジェノアスと同様のまとまった性能を持って再度排出カードで登場。さらに0弾排出カードとあわせてタイプ3種が揃う。
しかし性能うんぬんよりも、これで「主力量産機隊」を組めるようになったのがうれしい。

4弾

04-029Cタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 1400スピード 1900
必殺技ジオニック・タクティクス2300コスト4MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
備考2弾ぶりの登場はやはり低めの能力ではあるものの上位演出技。
実はステータスだけ見れば0弾Cの大体上位互換であるが、必殺威力はワーストクラスである。おそらくパイロットアビリティを試してもらうためにこのようにしたと思われるが、低すぎて覚醒でもフォローしきれないほどである。Z1弾から下方修正を受け、覚醒で必殺威力が上がるのはディフェンスバーストのみなので必殺をカバーするのがなおさら難しくなった。
それでも使うなら必殺向上持ち覚醒にパーツなどで少しでも火力向上を狙いたいところである。

ジオンの興亡1弾(Z1弾)

Z1-005Cタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2100スピード 2000
必殺技ジオニック・タクティクス3000コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
備考宇宙世紀を舞台にした新シリーズに際して4弾以来の復帰。
ステータス合計値は5900。低レアのステータス基準向上により、長らく量産型ザク兇涼罎妊─璽垢世辰殖庵藤劼鯣瓦、トップになった。まさかのアビリティ・電刃で低いステータスもある程度補える。
また必殺性能がちょうど0弾R・2弾Rの中間くらいであり、それほどいい燃費ではないが使いやすいのは確か。
パイロットはその都度、必要な能力を補えるカードをチョイスしたい。パーツで地形補正や必殺威力+などもよい。

BUILD MS5弾(B5弾)

B5-002Cタイプアタッカー
ステータスHP 1500アタック 1500スピード 3000
必殺技ジオニック・タクティクス3000コスト3MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
備考B弾初登場。
ステータス合計値は6000となり、Z1弾時の性能を上回った。本弾カードは過去の登場機体に新アビリティを付加する傾向が多く本機もその一機…リーオーに似た構成になっている。
証言はガンダムビルドファイターズ第2ピリオドに出てきた1/48ザク兇侶錙L簑蠅侶錣錬/48ザク兇料環垢鰐365mmなので全長約130mmの1/144のザク兇犯罎戮襪般鵤廓椶梁腓さとなる。

BUILD MS8弾(B8弾)

B8-002Cタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 1600スピード 2400
必殺技ジオニック・タクティクス3000コスト3MSアビリティ狙撃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
備考狙撃で登場、アタックは強化したい。
なお本弾では好敵手・ジムがついにM化を果たした…が、これを黙って見ている元祖量産機ではなく…
余談だが、公式ホームページのカードリストで、フリーワード:狙撃、弾数:指定なし、バトルタイプ:ディフェンダーで検索すると、何故かこのカードがヒットする。

鉄血の3弾(TK3弾)

TK3-004Cタイプアタッカー
ステータスHP 2100アタック 2200スピード 2100
必殺技ジオニック・タクティクス3000コスト3Hアビリティトライブレイズ
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器打撃必殺武器実弾パイロット-
備考久々の排出は、何とトライブレイズ持ち。
ステータス配分も平均的で癖が無いのでパイロットで個性を出そう。
トライブレイズ持ちの量産機のカードとしては鉄1弾CPグレイズに次ぐ二番目のカードであり、量産機と言う印象的にも仲間と共に戦うというイメージにぴったりである。
他の勢力の量産機と並んで各界のエース機相手に一泡吹かせることもプレイスタイル次第で出来るのが本ゲームの醍醐味といえそうだ。その点では好敵手の同弾Rジム重量型配分の逆襲持ち)をアシストに付けてやろう。
イメージとしては一年戦争冒頭(1月3日〜10日)の一週間戦争(ブリティッシュ作戦もここに入る)を彷彿しそうだが、イラストは大晦日のア・バオア・クー戦。

鉄華繚乱3弾(TKR3弾)

TKR3-0037Rタイプディフェンダー
ステータスHP 3000アタック 2500スピード 2000
必殺技ジオニック・タクティクス3700コスト4MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器属性打撃必殺武器属性実弾専用パイロット-
備考1年ぶりに登場。
今弾追加のストーリーモード「ビルドファイターズ」にて、この機体の使用が特別任務となっていることにあわせた排出と思われる。一応ビルドMSで使用可能とはいえ、そちらは一等兵になるまで使用出来ないので、その点も考えているのだろう。
性能もチューンなしのビルドMSより遥かに使いやすい性能をしている(やられにくいという意味で)。
アビリティはありそうでなかった反撃であり、こちらは使うには機体Lvが必要不可欠だが、ビルドMS版も初期アビが回避でどっこいどっこいの為、結局チューン回数が稼げるまではこちらを使った方がいいという事になる。
パイロットはどちらかといえばHP・アタックを強化してやられにくくした方がいいが、メインに出したい場合は同弾Rハッシュあたりを載せるのもアリだろう。
イラストは脱走兵のククルス・ドアンが行った正拳突きで追っ手のザクを撃破するところ(後に量産型とは別機体として正式に参戦を果たした)。これが後になぐりあい宇宙に影響を与えていることを考えると、感慨深いものがある。

DELTA WARS 01(DW1弾)

DW1-001Rタイプガンナー
ステータスHP 2400アタック 2800スピード 3100
必殺技ジオニック・タクティクス4500コスト4MSアビリティ逆境
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
ヴァリアブル効果-
ACE効果-
備考2年4ヶ月ぶりに登場。
これまでのシリーズ(無印弾〜OA弾)の1弾では必ずガンダムが1番目に来ることがお約束であったが、CPに選出されることになったため、今回は量産型のザクIIが排出カードの1番を取る事になった。
アビリティは逆境。ミッションの雑魚相手ではまず発動しないので、ボス敵にぶつけたい。ステータスから、スピードバーストと組ませて追加ダメージを利用した攻撃で押したいところ。
ただ、必殺火力が低くこれ1本で仕留めるには心もとないので必殺追撃あたりを絡めたいところ。

プロモーションカード

BPR-077箔押しバージョンあり-タイプアタッカー
ステータスHP 2800アタック 2800スピード 2400
必殺技ジオニック・タクティクス3700コスト4MSアビリティ逆襲
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器属性打撃必殺武器属性実弾専用パイロット-
備考スペシャルカードパック11に封入。
遂に量産型ザクがM性能プロモになって登場した(しかも箔押し版ありで)。
ステータス合計値は8000で、性能はバランス型・逆襲持ちのアタッカー。ディフェンスバーストを乗せて低燃費逆襲必殺で押して行こう。
イラストはセイラのガンダムを捕獲しようと試みるコズン・グラハム搭乗機が描かれている。
しかし、後の伝説のニュータイプが駆る赤い砲戦機にコテンパンにされ、逆にとっ捕まってしまうのだが・・・。
証言は解り難いがリギルド・センチュリー時代の物であり、一見の価値あり。

その他

--タイプガンナー
ステータスHP 1500アタック 1400スピード 1700
必殺技ザク・マシンガン??00コスト4MSアビリティなし
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠×
通常武器実弾必殺武器実弾パイロット-
備考BG弾までの機体カードが無い場合の予備機のデータ(鉄血1弾から予備機がV作戦の3機(ガンダムガンキャノンガンタンク)に変更された)。
現時点で、パイロットのみを登録した場合に与えられる予備機のザク兇惑喀个気譴襪匹離競兇里發里砲盂催しない。
ステータス合計値は4600で、もしこれが排出されていたなら、ワースト1をひた走る貧弱機体である。これを使うよりは中古ショップなどでCやRを適当に買って使う方がまだ精神的にやさしいと思われる。
BG弾時点ではプレイヤー側と敵側の機体性能のインフレに合わせてBG弾のC並みまでステ合計が引き上げられている(ステは全て2000前後配分のフラット型)ほか、アビリティが無かったのも1機目がガンナー・回避、2機目がディフェンダー・反撃、3機目がアタッカー・先制となり、必殺コストは全て4(威力は確認できないが多分どの機体も同じだろうか)。また攻撃タイプによりザクマシンガンかヒートホークで変わる(ディフェンダータイプはヒートホーク)。
勿論、ジオニック社の機体Lvがあてがわれる為、機体Lvとパイロット次第では何とかなったりする。とはいえ、予備機体が1機のみなら配備される機体は必ずガンナーの回避持ちになってしまう(そのため、3機目のアタッカー・先制が使いたい場合は3機全てを予備機にしないといけない)ため、あえて使う意味は殆ど無いのは今も変わらない。

機体解説


登場作品機動戦士ガンダム、その他一年戦争を描いた派生作品
機動戦士ガンダムΖΖ
ガンダム Gのレコンギスタ(特殊)
開発系統ジオニック社(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ジオン系
格闘武器ヒート・ホーク打撃
射撃武器ザク・マシンガン
M−120A1を使用
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSB1弾
ビルドMSオリジナルの初期機体版
本ゲームオリジナルの金ザクも存在。
証言
特記事項本ゲームでは当時未参戦だったギラ・ドーガザクウォーリアのほか
ハイザック、ガザC(Z)ガザD(ZZ)ジェニス(X)ジン(SEED)
といった各世界の量産機の代役を演じている。
∀作品内においても見た目はザクそのまんまなので、
ミリシャのボルジャーノン役に∀ガンダムの取り巻きとして使用されており、
ミッションでもそのまま演じている。

ジオン公国軍の主力MS。
一年戦争当時、ジオン、地球連邦の両軍を通じて最も多く生産されたMSであり、後に開発される(アナザーガンダムを含めても)すべてのMSという機動兵器の始祖となった機体の2代目。
劇中ではザクとしてのみ呼称され、「ザク供廚量松里映像作品で使われるようになったのはOVA「MS IGLOO」からであったりする

※この前には「旧ザク/ザクI」(MS−05)と呼ばれる機体が存在する。
後にORIGIN版が参戦した。

当時のロボットアニメで「量産機」というカテゴリーで始祖となった機体あり、小隊を再現するべくプラモも大量に売れることになった。
この要素は後のガンダム作品すべてに受け継がれている。
汎用性や信頼性が非常に高く、同じ機体の中にもF型(C型から対核装備をはじめとするデッドウェイトを外した汎用型)、J型(陸戦用)Jc型(陸戦用改修機、08小隊に登場)、C型(冒頭の核攻撃用のみ、後は改装されF型かJ型のみ)S型(指揮官機型)といったバリエーションが存在するほか、現地でのカスタマイズやエースパイロット専用仕様・専用の塗装MSVで追加設定されたものや後のOVA作品などで登場した幾多のバリエーションをはじめとして、バリエーションは無限に近いと言える。極めつけは頭部が流用されたアプサラスシリーズライノサラスで、MSの中では最も想像力が試される機体ともいえよう。
※本ゲームでは、0弾Rのカードの箔に記載されている形式番号などから考えると汎用型のF型のようだ。
陸戦用のJ型、それをベースに高機動化を図ったG型を経てグフが生み出されている。

一年戦争でのジオンでの敵機の知名度一位は「白いヤツ」ことガンダムだが、両軍合わせて全体的な知名度ではザクがぶっちぎりの一位でありジオンはもちろん連邦やその関係者にもその名は多く知れ渡っている(08に登場したゲリラ達にはさすがに機体名は知れ渡ってなくザクの事を一つ目トゲ付きと渾名を付けていた)。


本機の技術はジオンだけではなく連邦でも使われており、連邦のMS達は鹵獲したザクを徹底的に分析、解析した事で得たデータを元に
ザクを上回るMSとして連邦が乾坤一擲の策として発動したV作戦で開発されたガンダムなどをはじめとするRXシリーズの機体が実戦投入されていく事となる。
一部のザクはそのまま鹵獲機として使われており、IGLOOでは鹵獲したザクを使い、味方のふりをしてジオンの基地を襲撃するセモベンテ隊が存在する。
所属を明確にせずに交戦した場合、国際法上戦争犯罪にあたり
 当然のことながら同部隊の存在や記録は公には存在しない。
 しかし、この部隊で得たMSの運用ノウハウは後進の教育に生かされている。


※この機体はF型をベースにバージョンアップを図ったF2型(とあるカードにも写っており、参戦が待たれる)。
終戦後もジオンから接収した本機の色を塗り替え訓練(アグレッサー)機などに使用されていた。
そのため、ジオンの残党からは「見るに忍びん」という声も。
また、ジオンと連邦の技術を取り入れて作られたのがハイザックである。
で、そのハイザックがジオンのザクを馬鹿にしているという風に受け取り、怒ったアクシズの技術者たちが生み出したのがザクIIIである。

武器は120mmザク・マシンガン(M-120A1)ヒートホーク280mmザク・バズーカなどが有名。
クラッカー(手投げ拡散爆弾)3連フットミサイル、などの外付けオプション武装や
マゼラトップ砲といった戦地改修装備など非常に豊富。
そのうち別の武装で登場することもあるのだろうか。
(ガンダムTV版本編ではそういった武装を一切持たず岩投げでアムロのコアファイターを落としたり、鉄拳正拳突き)で追っ手のザクを倒したククルス・ドアンというザクパイロットが登場し、本ゲームでも鉄華繚乱3弾Rのカードイラストは彼の活躍シーンがモデルとなっていて、VS弾でプロモーションカードとして新規参戦を果たした。)

本ゲームで名有りのパイロットがよくこれに乗っているが、実際にカード化されて乗ったことのあるパイロットはノリス・パッカードお芋さんダリル・ローレンツのみである。
ただし、どちらも原作ではカスタマイズされた量産機故に本ゲームの一般仕様とは異なっている。
※ZZのミッションでヤザン・ゲーブルが乗っているのはゲゼの代役であり、本機ではない。


ノリス大佐が乗ったのはこの機体。
上記のJ型をベースに局地的な改良が施されたJc型(外観の一番の違いは右肩のシールドにスパイクが追加されているところ)である。


ダリル曹長(当時)が搭乗していたのはこちら。
サイド4宙域に展開するリビング・デッド師団に配備された機体はMS自体を射手として備えられた大型砲ビッグガン(ザクキャノンの腰のマシンガンと同名だが別物)との連携を基に作られたスナイパー仕様である。

バリエーションの中で一番有名なのが、S型のシャア専用ザクであろう。
本ゲームではシャア専用以外のバリエーション機として
Fs型R−2型R−1型R−A型FZ型R型(リユース・P・デバイス搭載モデル)R−AB型R型ベースの形式不明機が存在。
シャア機以外全機(上記Fs型〜R−1型)に共通して演出技ラストではクラッカーを投げるなど、モデリングの一部が共通している。
詳細は各機体ページで。


ガンダムビルドファイターズでは全国大会第2ピリオドで1/48のザク(3連フットミサイルやクラッカーを装備したJ型。上記の物を改造したもの)がマシタ会長の指示で乱入しスタービルドストライクガンダムを襲った。
しかし周辺にいた者たちの援護で怯んだところをディスチャージ・ライフルモードで撃破された。
なおアメイジングエンペラー
双方ともに高機動型ザク(R−1A型、黒い三連星仕様)がベース機となっているため本機とは異なる。
※初代「ビルドファイターズ」展開当時は可動などが昨今基準のザクのガンプラが
 高機動型系列(RGもあったが…)しか存在しなかったことによる

「ガンダムZZ」ではハンマ・ハンマの攻撃で頭部を失ったZガンダムが事前に回収した本機の頭部を一時的に装着し、Zザクとして出撃した。しかし味方にうっかり誤射に遭うなどの憂き目に遭った。

「G−レコ」ではキャピタルの建物内で保管されたクラシックモビルスーツコレクションの1機
という形でカメオ出演している。

2018年5月5日にNHK BSプレミアムで放送された「全ガンダム大投票40th」にて、本機はMS部門の第19位と、発表された上位25位の中で量産機としては最高位となった。


上位演出技・ジオニック・タクティクス
ザク・マシンガンを乱射の後、クラッカーを投げる。

クラッカーはこの必殺技時のみの使用であるが、本来は地上用であるJ型が多く使用した武装。
技自体はR−2型等の派生ザクにも受け継がれる。
向こうはほぼ完全な宇宙用なのだが、ツッコミ禁止。
タグ

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です