日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

曹洞宗に於ける檀信徒(在家信者)向けの喪儀法のこと。いわゆる「お葬式」。具体的内容は、授戒菩薩戒血脈が授与される)と念誦、そして引導という三部構成である。また、行法としては、資料的に確認出来ないけれども、曹洞宗成立当初より行われていたと思われる(道元禅師の記録の中に、在家信者の「臨終行儀」を行ったと思われる文脈が1箇所あり、またそれに類する見解を出している箇所が2箇所ある[『正法眼蔵』「大修行」巻、『知事清規』「監院」項]。一部俗説に、道元禅師が在家信者の葬儀を否定したという人もいるが、明確には否定しておらず、謬見である。また、亡僧喪儀法は明らかに修行されている)が、具体的には永平寺5世・義雲禅師小仏事法語の中に、在家信者と思われる2人の大姉に対して引導が行われ、また太祖瑩山紹瑾禅師の編んだ『瑩山清規』(1324年成立)にも、檀信徒向けの供養(喪儀では無い)が入るなどしており、この辺から徐々に明文化し行われるようになったと推定される。

南北朝時代から、室町・戦国期を経て、江戸時代全般にわたって、曹洞宗では檀信徒への喪儀法が全国に敷衍している。元々は、亡僧喪儀法を転用したものであったらしい。

また、現在の行法は、『昭和改訂 曹洞宗行持軌範』(1950年)に於いて確立された「檀信喪儀法」を原型としており、(その後若干の文言や名称の修正が行われているけれども)この段階でほぼ現状の喪儀法が確定している。しかも、宗門の公式な文献でなければ、既にその前から行われていたことは明らかである。

【内容】

現行の「檀信徒喪儀法」の項目に書いてある行法をその順番通りに列挙していくと、次の通りである。なお、意味合いの違いを踏まえ、行持の切れ目に一行間を入れる。

臨終諷経遺教経舎利礼文

通夜諷経(経や回向は適宜)

剃髪出家の偈剃髪の偈
授戒懺悔・〈洒水三帰三聚浄戒十重禁戒血脈授与

入棺諷経大悲心陀羅尼
棺前念誦十仏名・舎利礼文)
挙棺念誦?(大悲心陀羅尼、鼓鈸三通、行列、大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼)
※ここまで内諷経

引導法語大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼、鼓鈸三通、引導)
⇒ここで弔辞・弔電
⇒引導の際、仏事師を更に加えて、三仏事などを行う場合がある。
山頭念誦?(十仏名・読経〈経は適宜〉、鼓鈸三通)
⇒ここで荼毘(火葬)。ただし、地域によっては喪儀の前、或いは前日などに火葬のみ先に行う「骨葬」と呼ばれる慣習を持つ地域がある。

安位諷経?(大悲心陀羅尼)

【檀信徒喪儀法略法】

本来、上記の「檀信徒喪儀法」は、荼毘(火葬)を当日に行うとして、内諷経なども丁寧に行われる必要がある。しかし、現状、葬儀社の会館などを用いる場合、或いは施主家の意向などによって略される場合があり、また、骨葬を行う場合には、「入棺諷経」などの位置付けが曖昧になる。よって、そのための檀信徒喪儀法略法も、『行持軌範』には示されている。

・剃髪
・授戒

・棺前念誦
・棺前諷経
・回向
・鼓鈸一通
・大宝楼閣善住秘密根本陀羅尼

・引導法語
・葬送念誦(山頭念誦)
・葬送諷経
・回向

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます