" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

今井科学

クリックにて原寸 800 pixel x 542 pixel に復帰します。

ノースロップ・グラマン QF-3000E


『超時空要塞マクロス リメンバー・ミー 』(Family Soft)より

  • 『QF-3000T』 とすべきでは?

New Model Kit

  • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,024 pixel x 768 pixel

原型機「ゴースト・バード」(2種類)

引用注意

本図面は刊行書籍が現役発売中の為、入門案内としての例示に留めます。 操縦繭(まゆ)内部など拡大図は下記出典資料を御購入下さい。
また例示は下記出版社の任意の購買支援を目的としており、書籍の売上げを阻害する意図を有しません。


出典

マクロス・サーガ第1話「ブービー・トラップ」【Booby-Trap】より

全体図(脚上げ、迎え角7度)

マクロス・クロニクル 第48巻 第8頁 より

PNG形式

スマートフォン用【.jpg】形式

Honneamise 1/72 Macross QF-3000 Ghost Kit Preview

制作記事と模型の出来の評価(英語)
価格【MSRP】:$98.00 USD ($108.12 CAN/ € 76.37 EUR)



写真画像はE型


名称

QF-3000 ゴースト

企業意匠識別文字/図案

ノースロップ・グラマン社意匠識別意匠文字図案(ロゴ文字/マーク)

寸法

全長16.0 m
全高6.3 m
全幅7.2 m
乾燥自重12.0 t

就役履歴

QF-3000A:UNDF空軍に於いて2006年を通して、非武装の実験プラットホームとして役に立ちました。
QF-3000B:UNDF空軍に於いて2007年を通して武装実験プラットホームとして役に立ちました。
QF-3000C:-D 型 に代替されるまで、2008年前半からRDF空軍に就役しました。
QF-3000D:-E 型 に代替されるまで、2008年後半からのRDF空軍に就役しました。
QF-3000E:2009年からRDF 宇宙軍で、そして、2012年から2020年までRDF空軍と海軍に於いて供給されます。

  • QF-3000A: Served as an unarmed experimental platform with the UNDF Air Force in 2006.
  • QF-3000B: Served as an armed experimental platform with the UNDF Air Force in 2007.
  • QF-3000C: Served with the RDF Air Force from early 2008 until replaced by the -D.
  • QF-3000D: Served with the RDF Air Force from late 2008 until replaced by the -E.
  • QF-3000E: Served with the RDF Spacy from 2009, and with the RDF Air Force and Navy from 2012 until 2020.

派生型

(A/B)Unmanned実験的なファイター。
(C)無人戦闘機。
(D)無人高高度の戦闘機。
(E)無人航空宇宙の戦闘機。

  • (A/B) Unmanned experimental fighter.
  • (C) Unmanned fighter.
  • (D) Unmanned high-altitude fighter.
  • (E) Unmanned aerospace fighter.

機関:

主機

-C 型ジェネラル・エレクトリック F110ターボファン・エンジン×1基。
-D/-E型中島航空発動機製造株式会社(当時)/ P&W / ロールス・ロイス plc FF-2001 プロトカルチャー (資源)核融合反応タービンエンジン×1基。
主機推力:11,300kg(113kN)×1、オーバーブースト時22,600kg(226 kN)

副機

全型共通
ロケットダイン【Rocketdyne】 DRaE-3
ラムジェット/反動推進エンジン
尾部に×2基。
各々10,900kg(109kN)の推力で合計推力は 21,800kg(218 kN)。

発電機

E型のみ

-E 型のみ宇宙空間での機動の為のスラスターの詰め合わせ(アソート)

  • (-C Variant) 1 x General Electric F110 turbofan.
  • (-D and -E variants) 1 x FF-2001 fusion turbine in tail section, providing 113 kN of thrust, 226 kN in overboost.
  • (all variants) 2 x Rocketdyne DRaE-3 ramjet/reaction engine in tail section, total thrust 109 kN each.
  • 8 x protoculture cell for power generation.
  • (-E variants) Assorted thrusters for space maneuvering.

性能

最大速度(大気圏内)5,272 kph (高度 30,000 m に於いて)
最大速度(海面)1,200 kph
失速速度245 kph
最大初期上昇率毎分 33,000 m
大気圏内航続距離(全型)無制限*1
宇宙空間航続距離(E型のみ)デルタ-v 限界 2.4 kps
Power-cell持久力100時間の完全な機能。
設計荷重限界 20g. (オーバーブースト時の 2.1g エンジン加速能力に於ける。)

  • Maximum speed (atmosphere): 5272 kph @ 30,000 m. / 1200 kph @ sea level.
  • Stall speed : 245 kph.
  • Maximum climb rate : >33,000 meter/minute.
Range (space) : Delta-v limit of 2.4 kps (-E variant only).
Powercell endurance : Full function for 100 hours.
Design-g limits : 20 g. Engines capable of sustained 2.1 g acceleration in overboost.

電子装置

操縦及び機動統制&火器管制装置

Piloting Control System:
  • 2 x Robotech Research Group mk3 Heuristic Expert Piloting/Combat System.

電波探知・追尾

すべての高度(広範囲な表面の検索、攻撃、ナビゲーションとマッピング・モードだけでなく)の目標のヒューズAWG-20 X帯パルス・ドップラー・レーダー、提供している長期の発見と追跡。

  • Hughes AWG-20 X-band pulse-Doppler radar, providing long-range detection and tracking of targets at all altitudes, as well as extensive surface search, attack, navigation, and mapping modes.
X帯域マイクロ波の帯域の一つ。
センチ波であるSHF帯《周波数: 3GHz〜30GHz、波長: 10cm〜1cm》の帯域と重複する部分がある。

その帯域は《周波数 8〜12GHz、波長2.5〜3.75cm》。
衛星通信バンドでは、アップリンク 8GHz、ダウンリンク 7GHz。
パルス・ドップラー・レーダー
(Pulse Doppler Radar)
レーダーが受信した信号にパルス連続処理とドップラー処理を加えるもので、ミキサーとバンドパス・フィルターを使用して目標物からの反射以外のものを排除するレーダー。地上や海面のクラッターなどを除去できる。

ドップラー技術を使用することで、目標の接近率を知ることもできる。

光学追尾

トムソン CSF DOS-1900
マルチバンド・デジタル・カメラ・システム
中距離全姿勢、球面・全天の全高度の赤外線画像及び可視光帯域画像・紫外線帯の探知および追跡機能。
トムソン CSF LT-3多波長・レーザー光波測距儀とレーザー目標指示装置(ディジネーター)。
カール・ツァイス TS-1D可視光帯域と赤外線スペクトラム帯域(IR)の超長距離望遠カメラ配列

  • Thomson DOS-1900 multi-band digital camera system, for medium range spherical UV, infra-red imaging and optical band detection and tracking
  • Thomson LT-3 multi-frequency laser ranger and designator
  • Zeiss TS-1D long range telescopic array for visible/IR spectrum.

戦術電子戦システム【TEWS/Tactical Electronic Warfare System 】

(TEWS/Tactical Electronic Warfare System )
受信機1エレクトロニカ・サンテルノ【 Elettronica Santerno】 レーダー警告レシーバー (RWR)。
受信機2オルデルフト【OlDelft】 赤外線警告警告レシーバー (IRWR)。
妨害装置ウェスティングハウス・エレクトリック【Westinghouse Electric / WEC】(Westinghouse)ALQ-200 能動型 ミサイル・センサー妨害装置。
追尾妨害消耗品チャフ・ディスペンサー(チャフ散布器)/フレア放出機。

  • Tactical Electronic Warfare System (TEWS):
  • Elettronica Radar Warning Receiver (RWR)
  • OlDelft Infra-red Warning Receiver (IRWR)
  • Westinghouse ALQ-200 active radar jammer
  • Chaff dispenser
  • Flares
  • Active missile jammers.

武装

固定火器

GU-9 55mmは、単砲身自動砲×6門; 砲は毎分250発/分にAPFSDS(機甲部隊Piercing Fin-Stabilized Discarding Sabot)と曳光粘着榴弾【HESH-I / High Explosive Squash Head- Incendiary】弾を発射します。各々の砲は、96発の弾薬供給を持ちます。
全火砲は、側面(各々の側への3門)に装備されています。

  • 6 x GU-9 55mm single barrel autocannon; cannon fires APFSDS (Armor Piercing Fin-Stabilized Discarding Sabot) and HESH-I (High Explosive Squash Head-Incendiary) rounds at 250 rounds/minute. Each cannon has an ammunition supply of 96 rounds. All cannons are side mounted, three to each side.

誘導火器

各々4本のユーロミサイル/ボーイング GA-80 スター・ストライク【Starstrike】を発射することが可能な2箇所のミサイル倉。宇宙空間での運用に特化している。

弾頭はレイセオンRaytheon】社の AAM-1 スティレート【Stiletto】の弾頭のそれと等しく、こうしてユーロミサイル/ボーイング GA-80 スター・ストライク【Starstrike】は、「完全撃ち放し」【burn and drift】 戦術ミサイルであると定義される。

有効射程と速度は不明【n/a】で、デルタ−V能力は 2 kpsである。

ミサイル倉は、「ゴースト 3000」横の胴体に埋め込まれてていて、装甲カバーが内側に滑動して露出されます。

  • 2 x missile bay each capable of launching four StarStrike missiles each. Warhead is equivalent to the one on the Stiletto missile, and the StarStrike utilizes 'burn and drift' tactics. Delta-v capacity 2 kps. The missile bays are recessed in the side fuselage of the Ghost, and are revealed as armored covers slide inwards.


装甲

ゴーストの装甲は、先進のチタン鋼合金から成ります。

装甲は全ての(マイクローン歩兵の)小火器を止め、より大型の歩兵連隊火器(例えば12.7mmの機関銃弾)に対する良好な保護、ゼントラーディ【Zentraedi】の軽機動兵器に搭載された、22.3mm自動砲の榴弾(りゅうだん、High Explosive、HE)に対する公平な抵抗を定めます。

The armor of the Ghost is composed of an advanced titanium-steel alloy. The armor stops all small arms fire, provides good protection against heavier infantry weapons, such as a 12.7mm machinegun round, and fair resistance to light mecha-mounted weaponry, such as the Zentraedi 22.3mm HE autocannon round.

開発と就役歴史


QF-3000 C ゴースト・ドローンは、バルキリー(VF-1 シリーズ)可変戦闘機/ベリテックへの補足とUNDFの他のファイターの役をするようになっていました。

そのように、初期型は、長距離大気圏内飛行のための従来型のジェネラル・エレクトリック F110ターボファン・エンジンと速度の余分の爆発のためのブースターとしての2基の複合型|ロケットダイン【Rocketdyne】 DRaE-3
ラムジェット/反動推進エンジンを備えていました。

無人機(ドローン)は少しの翼もなくて、その代わりに、離陸しているままでいるために、リフティングボディ【揚力胴体構造】 に頼りました。


QF-3000 C型 ゴーストはRDF空軍だけによって得られました、そこで、それは限られた数に勤めました。

彼らが部門(空軍のもの)に入った時から1年が過ぎる前に、それが可能なまだspace-でなかったけれども、C派生型は最大の高度活動のための中島航空発動機製造株式会社(当時)/ P&W / ロールス・ロイス plc FF-2001 プロトカルチャー (資源)核融合反応タービンエンジンでの改修でした-。

この新しい派生型 -D型は、RDF空軍と海軍によって購入されました、そして、代わりましたによって-Zentraediホロコーストの後までE。

新しい高高度の変形はRDF 宇宙軍の関心を刺激しました。そして、それはすぐに宇宙空間航行能力がある派生型を開発し始めました。


この変形、-Eは宇宙軍によってすぐに手に入れられました、そして、ホロコーストの後のSDF-1 マクロスの復帰の後、残りの空軍と海軍派生型旧型はこの標準にアップグレードされました。


奇妙なQF-3000 Eは、2009年の、そして、アームド級・軌道上移動型プラットフォーム&ドック【ARMD】(アームド級・宇宙空母)マクロス島基地に、そして、SDF-1 マクロス自体に配置されました。


しかし、ゼントラーディ【 Zentraedi 】の豊富な戦術と戦争技術の為に、これらの航空機の戦術的な有用性が疑わしいことを示しました、そして、それらは主に護衛または防御の能力で使われました。

ゴーストの大部分の初期の進行は、ZentraediホロコーストとDolzaの要塞への攻撃において破壊されました。


後ほど、新しく造られた無人機(ドローン)はホロコーストを逃れたアームド級・軌道上移動型プラットフォーム&ドック【ARMD】(アームド級・宇宙空母)に基づきました、しかし、REFが衛星ティロルの為にフォールド航行した頃には、全てはすぐ-VQ-6X ヴァンダル半可変・遠隔操縦型無人戦闘機や、その後継機である、シャドウ影次元装置搭載のVQ-6S/X アサヴァン可変自律型無人戦闘機【VQ-6A/VQ-6S/X】と代替されて、廃棄されました。

これが言われて、操縦された飛行機が多勢無勢な環境の時、、ゴーストは良い囮機であるだけでなく、一部のパイロット(その人は無人機(ドローン)が目標の豊富な環境で優れた火力支援を提供するのを感じました)にまだ人気がありました。


The QF-3000C Ghost drone was designed to act as a supplement to the Valkyrie series Veritech and other fighters of the UNDF.

As such, early versions were equipped with a traditional turbine for long range atmospheric flight, and two hybrid ramjet/reaction engines as boosters for extra bursts of speed.


The drone did not have any wings, but instead relied on body lift to stay airborne.


The QF-3000C Ghost was acquired exclusively by the RDF Air Force, where it served in limited numbers.

Before a year had passed since they entered service, the Air Force's -C variants were refit with a fusion turbine for extreme altitude operations, though it was not yet space capable.

This new variant, the -D, was purchased by both the RDF Air Force and Navy, and was not replaced by the -E until after the Zentraedi Holocaust.

The new high-altitude variant piqued the interest of the RDF Spacy, which immediately began to develop a space-capable version.


This variant, the -E, was immediately procured by the Spacy, and after the return of the SDF-1 after the Holocaust, the remaining Air Force and Navy variants were upgraded to this standard.


Spacy QF-3000Es were stationed on Macross Island in 2009, and on the Armor series orbital platforms and on the SDF-1 itself.


However, combat experience showed that the tactical usefulness of these craft was doubtful, due to Zentraedi tactics and technology, and they were mainly used in an escort or defensive capacity.

Most of the early runs of the Ghost were destroyed in the Zentraedi Holocaust and the attack on Dolza's fortress.


Later on, newly built drones were based on the Armor ships that had escaped the Holocaust, but all were soon replaced by VQ-6As and decommissioned by the time the REF folded for Tirol.


This being said, the Ghost was still popular with some pilots, who felt that the drones provided excellent fire support in target-rich environments, as well as being good decoys when the piloted planes were vastly outnumbered.

原文解説文(英語)Northrop QF-3000 Ghost Drone Fighter

ノースロップ(ノースリップ)*2関連記事

ジョン・ヌーデセン・ノースロップ【John Knudsen Northrop】の記事へ

関連機種


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます