" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

名称

ガス惑星ファントマの第三の衛星(月)「ティロル」

【The 3rd. Monn of Fantoma 】

ようこそ!

ファン制作映像(2004)ティロルの戦い

  • 今から九年前の作品なので、CGが拙いのは容赦願いたいとのこと。


一見地球のどこかのバーかクラブのような光景


これはヴァリヴェール恒星系衛星ティロルの星都ティレシア【Tiresia】の2030年代の光景。
レベッカ・ニックス文化統制官による UEEF(2002年の公式設定書き換え【再起動】以前は REF)の将校クラブ創設による慰安処を兼ねていました。

「原住民」の中には「進駐軍」の兵士と混血をした結果「英語」に抵抗の無い者も出始めていましたが、一方で暗に地球文化を強制する動きを警戒して反対運動に出る者も出始めていました。


記事の詳細の『ウィキペディア日本語版』への移行について

衛星『ティロル』の概要と天体情報、文明の概史解説については、その公共性と可読性能(読みやすさ)を考慮して本記事より分離し、『ウィキペディア日本語版』の記事

ティロル (架空の衛星) に移しましたので、そちらをお読み下さい。


ここではウィキペディアの制約からアップロード不可能な衛星『ティロル』の画像と注意を掲載しました。

Robotech ® RPG資料本(コアブック)第8巻:「強襲部隊」より


ワイルドストーム社シャドウ・クロニクルへの序曲第1頁より

場所はこの天体の主要支配文化民族である「テイレシアース」人の首都(星都)「テイレシア」
渡航者に関する外務省の注意喚起文書より
  • ゾル人という呼びかけは、本来、地球人や同星系の他の異星人が後付けした蔑称で、かの地でこの名称を使うことは好ましくない。

    またティロリアンは、本来『衛星ティロルの人間』という意味で、地球でいえば地上の様々な民族や国家を全て「○○星人」と一括り(ひとくくり)にするのと同じくらい曖昧な語彙(ごい)である為、使用には注意を要する。

エターニティ社「ゾア・デリルダの伝承」第一章 より

|

線画設定(センチネルズ・ハンドブック)

  • 「中央広場」の日本語の注意書きがあり、日本国内、或いは日本人による美術設定と推察される。


エターニティ社『ロボテック II:センチネルズ』漫画版(1993年)より

  • およそ人間、もう少し正確に云えば「ヒューマノイド」としての感情や形状を維持しないインビッドにとって、戦場で女性や子供に手を出さない等の人類的な規則は通用しない。
  • 我々は、どうしても人類的尺度で対象を捉えてしまうが、この現象を卑近な例で置換するならば、人類が害虫や鼠(ねずみ)等の哺乳小動物をに対して、屠殺時にオス/メスや、「成人・子供・老人の区分」(言い換えるなら成体から幼生、老体)等を歯牙にも掛けずに殺戮を実行するのと同様の現象である。
  • ゾア・デリルダ」著:「博物誌」【Naturalis Historia】より。

    なお、生物呼称に関しては、衛星ティロルの生態系の生物の彼の国家の言語「テイレシアース語」にて記載された生物を、太陽系第三番惑星の自然生態系に於いて尤も近い生物の通称に置換してあることをご了承願いたい。(翻訳者:ゆい奈) 


解放後の情景

注意


我々地球人は、ティロルを便宜的に「惑星ティロル」と呼ぶが、これは地球主義的思想上、やむを得ないものであるが、当地の民間人の心境を考えれば、この「惑星ティロル」の語の使用には細心の注意が必要である。

なぜならば、かの遠征軍艦隊の汚点である、反逆者トーマス・ライリー・エドワーズ准将の配下の「幽霊部隊」と文化教化隊が行った、地球文化と「英語」を話すことの強制の多くが、この「惑星主義」の原理に基づいていたからである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます