" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

友好同盟・技術提携条約の調印式

出典1

  • 一般市場に於いて発売されている『 Robotech: Prelude to The Shadow Chronicles 』【ISBN 978-1-4012-2816-3 / カナダも同】より。(正規購入による入手)

どこか人造人間「エヴァンゲリオン」の素体を、2m台に縮小した風貌の初期スケッチ


出典2

一般市場に於いて発売されている『 The Art of Robotech: The Shadow Chronicles 』【ISBN 978-1-933330-29-7】より。 


(正規購入による入手)

総統 【Führer】

弩級戦艦(旗艦) に於いて大局的な戦略指示に関わる。

呼称は総統【Führer】。

どことなく科学忍者隊「ガッチャマン(初代)」の総裁エックス*1 を思わせる古めかしい設定が逆に新鮮に感じる逆説的な演出。








【背景】

ハイドニットは人工天体球「ヘイドンIV」【Haydon IV】 の世界に住んでいて、それらの外観を覆い隠すローブを纏う。

特徴を特定するものは、それらのローブで照り映える単一の球体のロボットの目(カメラ・アイ)です。

目は、様々なハイドニット間で異なるように見えるが、これが種族に由来するものか、年上階級の中の個々の特性であるかどうかは、知られていない。

ローブを脱いだ後に、胸部と頭部だけが彼らの本体で明らかな状態で、ハイドニットは、浮体として外見上の腕も脚も無い状態で現れる。

撃たれた後に、緑がかっている流体は彼らの傷の上に見られましたが、これが機械的な流体(オイル等の)かプロトカルチャー (資源)の「血液」かそれとも『何らかの彼らの実体の本体』であるかは明らかにされていません。

彼らが住んでいる世界は実際に彼等の認識の拠点、種族を誘導する強力な知性である機械的な構造物です。


それは巨大なハイドニットの眼(カメラ・アイ)に類似していて、1つのホログラフィのイメージは、ハイドニット司令旗艦上でそれが指示を追随者に渡して存在している。

ハイドニットは、常に認識の計画を示して、予測に従って実行する。

注目に値するハイドニットは、アンドロイドジャニス E.M.を含んでいる。

ジャニス E.M.は、人類(Tirolian/ゾル人含む)とハイドニット技術の両方を使って(ハイブリッド)構成された。

The Haydonites live on the world of and wear robes that mask their appearance.

The one identifying feature is a single spherical robotic eye that glows in their robes.

The eye appears to differ between the various Haydonites but whether this is an individual characteristic among the race or a rank of seniority is not known.

After the robe is removed, the Haydonites appear as a floating body with no apparent arms or legs with only a chest region and the heads being apparent on their bodies.
After being shot, a greenish fluid was seen on their wounds but whether this is "blood" or some form of mechanical fluid or protoculture is not known.

The world they live on is actually a mechanical construct which is the home of The Awareness, a powerful intelligence that guides the race.

It resembles a large Haydonite eye, a holographic image of one was present on the Haydonite command ship where it passed its instructions to its followers.

The Haydonites always refer to the plans of the Awareness and go according to its predictions.

Notable Haydonites include the android Janice, who is constructed from both Human and Haydonite technologies.

種族の歴史

遠い昔に、ハイドニット達は、最初のインビッドの故郷の世界の表面を破壊した。

この本当の理由は彼らがプロトカルチャー (資源)を恐れたという事実を超えては、決して説明されなかった。

2種族間のこの遭遇は、ハイドニットをインビッドの女王リージスをして「シャダウの子ら」【the Children of the Shadow】と引き合いに出される災いをもたらした。

オリジナルのセンチネル漫画によると、ゾア・デリルダ 【Zor Derelda】は彼の最初の死(クローンを含めた表現)となる出来事が発生する以前に惑星「ヘイドンIV」の知性体と親交があった。
また、これらの漫画は、インビッドが二枚舌を通して何とか惑星を占領したと述べ、惑星の防衛システムを起動したジャニス E.M.だけが、何とか惑星上から異星人を強制退去させることが出来た。

しかしながら、「シャドウ・クロニクルへの序曲」の漫画に於いては、遠征艦隊が到着する前に、「ヘイドンIV」はインビッドの摂政リージェントから既に解放されていた。

ハイドニットとの次の有名な遭遇は、遠征艦隊軍がロボテック・マスターズ(ゾル人)【Robotech Masters】と共に和解するために衛星ティロルの周辺衛星軌道に到着した時である。
代わりに、彼らはインビッド摂政「リージェント」【Regent】と宇宙空間のその領域で彼ら自身の帝国を形成するのを試みた彼らの軍隊を発見した。

ハイドニット達は、インビッドと戦う為に遠征艦隊軍の軍事力を加えたセンチネルズ【Sentinels】を形成した多くの種族の1つであった。

ハイドニットは、センチネル戦争のときにインビッド摂政リージェント]【Regent】に対する戦いの間、遠征艦隊軍への技術援助を提供した。

同時に、ハイドニット達は、彼等の人類支援の詳細が、彼等ハイドニット自身が他の種族に乱されずに平穏に暮らしたがっていたので、このことを秘密にして、その他の種族によって擾乱されないように太陽系の地球より来た人類(遠征艦隊軍)に頼んだのだと説明した。

ハイドニット達は、過去にインビッドの魔手で苦しんだと主張して、彼等が何故遠征艦隊軍を支援したがっていたかを説明する口実に、この上記説明を使用した。

第三次星間戦争の末期に、「シャダウの子ら」(影の子ら)【The Children of Shadow】としてインビッドに知られているハイドニット達は、彼らの同盟国を裏切って、作品世界に見られる動力源としてのプロトカルチャー (資源)を利用する全ての種族を滅ぼすことを試みた。

In the distant past, the Haydonites destroyed the surface of the first Invid homeworld.
The true reason for this was never explained beyond the fact that they feared Protoculture.
This encounter between the two races would result in the Invid to the Haydonites as the Children of the Shadow.

According to the original Sentinel comics, Zor communed with the planetary intelligence of Haydon IV on one occasion before his first death.

These comics also stated that the Invid managed to occupy the planet through duplicity and only Janice who activated the planet's defenses managed to force the aliens off the planet.

However, the Robotech:Prelude to the Shadow Chronicles comics show that Haydon IV was already freed from Invid occupation before the REF arrived.

The next noted encounter with the Haydonites was when the Robotech Expeditionary Force arrived around Tirol to make peace with the Robotech Masters.

Instead, they found the Invid Regent and his forces which attempted to form their own empire in that region of space.

The Haydonites were one of the many races that formed the Sentinels which joined forces with the REF to combat the Invid.

The Haydonites provided technological assistance to the Robotech Expeditionary Force during its fight against the Invid Regent during the Sentinels War.

The Haydonites claimed to have suffered at the hands of the Invid in the past, and used that to explain why they wanted to assist the REF.

At the same time, the Haydonites asked that details of the Haydonite assistance be kept secret as the Haydonites wished to live in peace and not be disturbed by other races.

At the end of the Third Robotech War, the Haydonites, known to the Invid as the Children of the Shadow, betrayed their allies and attempted to destroy all races that used Protoculture as a power source as seen in Robotech:

シャドウ・クロニクル

シャドウ・クロニクル【影の年代記】

インビッドの使者(コンタクティ)である[アリエル>アイシャ]](又はエリアルとも発音)によると、ハイドニット達は、自身が「強大な力を恐れる」ので、プロトカルチャー (資源)(彼らが「プロトカルチャー・アディクツ(中毒者)」と呼ぶ)を使用する如何なる種族をも滅ぼすことを試みる。

地球の最終的な奪還攻撃のために、ハイドニット達はインビッドに対する兵器と防衛技術を人類に提供し、この中には、致死的なS型中性子【Neutron-S】弾頭が含まれた。
S型中性子【Neutron-S】弾頭は、事実上大量破壊兵器であり、何百万人もの民間人を殺して、半分の地球を荒らすだろう。
しかし、北アメリカ大陸の「レフレックス・ポイント」【Reflex Point】での第一のインビッド群居に対する遠征艦隊軍・分遣隊の敵の地表面の襲撃が失敗するなら、弾頭が群居を破壊するのが必要であると予想された。

しかしながら、ガーフィッシュ級改造の調査艦デュカリオン【Deukalion】兵器テストの大失敗、およびインビッド女王リージス【Regess/Regis】による発言は、遠征艦隊軍から隠されたハイドニット達の与えた兵器が、まさにどれくらい強力であるかを示唆する。

特に上記の弾頭はそうであった。

ハイドニット達は、遠征艦隊が「S型中性子超時空戦略核ミサイル」("Neutron S Type Super Dimensional Strategic Nuclear Missile")ミサイル兵器を使用して、地球のインビッドを破壊すると予想した。

インビッド女王リージスは彼女が、新世界に彼等の民(彼女は「子供たち」と呼ぶ)連れて行くと決めたとき、その陰謀をくじいて、彼女が立ち去る際に、「S型中性子超時空戦略核ミサイル」を破壊した。

「S型中性子」弾頭が「レフレックス・ポイント」に命中したなら、まさに何が地球に起こったかは未知であるが、デュカリオン【Deukalion】兵器テスト(新しいブラックホールの創造を引き起こしたように見える)は、地球 (現在、生命の花が適切に成長できる唯一の知られている惑星環境) が全く完全に破壊されたかもしれないと示唆される。

さらに、インビッド女王リージスは、この弾頭が、最初のインビッドの故郷の世界、惑星「オプテラ」【Optera 】に対して使用された兵器であると認め、そして、最初の最初のインビッドの故郷の世界ののアリエル(又はエリアルとも発音)からの幻視は完全に荒廃した世界を明らかにしました。

インビッドが逃れて、ハイドニット達は、遠征軍艦隊本隊に焦点を合わせることを決定した。
彼らは宇宙ステーションリバティ(惑星リベルテ?へのオマージュ)に於いて遠征艦隊攻撃し、そしてハイドニット達が遠征艦隊軍に提供した技術が、ハイドニット達が壊滅的な効果に利用可能な弱点を隠していたことが明らかにされた。
ステーションを防衛する遠征艦隊軍の艦船の大部分は全滅させらたが、リバティで備蓄されたS型中性子弾頭の1つが自爆するように設定されて、結果として起こる爆発は、ハイドニット艦隊の全体を破壊可能な位大きかった。

宇宙ステーション「リバティ」に於ける戦いに続くハイドニットの計画は、現在、明かされていない。

しかし、彼らハイドニット達が、SDF-3パイオニアとそのプロトカルチャー (資源)・マトリクス《遠征軍艦隊が、より多くのプロトカルチャー (資源)エネルギーを発生させる唯一の方法 》を捜し求めていて、宇宙ステーション「リバティ」でそれを見つけると予想したのが知られている。

それでも、SDF-3 パイオニアの場所を見つけるのが、ハイドニット優先であると仮定するのは、当然である。


The Shadow Chronicles.


According to the Invid Ariel, the Haydonites attempt to destroy any race that uses Protoculture energy (which they call "protoculture addicts") because the Haydonites "fear its awesome power...".


For the final REF assault on Earth, the Haydonites provided humanity with weapons and defenses against the Invid, including the deadly Neutron-S warhead.

The Neutron-S warheads were effectively weapons of mass destruction and would kill millions of civilians as well as devastate half of Earth.

But it was anticipated that if the REF ground assault against the primary Invid hive at Reflex Point failed, then the warheads would be needed to destroy the hive.

However, the catastrophic results of the Deukalion weapons test, as well as comments by the Invid Regess, suggest that the Haydonites concealed from the REF exactly how powerful the warheads were.

The Haydonites expected that the REF would use the Neutron-S weapons and wipe out the Invid on Earth.


The Regess foiled that plot when she decided to take the Invid to a new world, and destroyed the Neutron-S missiles as she left.

While it is unknown exactly what would have happened to the Earth if the Neutron-S warheads had hit Reflex Point, the Deukalion weapons test (which appears to have caused the creation of a new black hole) suggests that Earth (currently the only known location where the Flower of Life can properly grow) may very well have been completely destroyed.

With the Invid having fled, the Haydonites decided to focus on the REF.

Further, the Regess recognized the warheads as weapons that had been used against the first Invid homeworld, and a vision from Ariel of the first Invid homeworld revealed a completely ruined world.

They attacked the REF fleet at Space Station Liberty, and it was revealed that the technologies that the Haydonites had provided to the REF had hidden weaknesses that the Haydonites were able to exploit to catastrophic effect.

Most of the REF ships defending the station were wiped out, but one of the Neutron-S warheads stockpiled at Liberty was set to self-destruct, and the resulting blast was large enough to wipe out the entire Haydonite fleet.

The Haydonites' plans following the battle at Liberty are currently unrevealed.

But it is known that they were searching for the SDF-3 and its Protoculture Matrix (the only way for the REF to generate more Protoculture energy), and had expected to find it at Liberty Space Station.

It is logical to assume that locating the SDF-3 is still a Haydonite priority.

【技術】


第三次Robotech戦争が所有できるくらい高度であった筒状に形成された軍艦の大艦隊を集めた後に、ハイドニットはシールド技術を所有する。
指揮艦船は宇宙艦船を破壊可能な複数のエネルギー・ビームを解放可能であった。


The Haydonites after the Third Robotech War amassed a large fleet of cylindrical shaped warships which were advanced enough to possess shield technology.

The command vessels were capable of opening up to fire multiple energy beams that were capable of destroying starships.



また、彼らがREF遠征艦隊軍に提供した影次元技術を オーバロード(過負荷)にさせるか、凍結させることが可能な「かく乱破壊波」(disruptor-wave)を放射可能であった。

また、彼等の艦船も、その跳躍限界は実際に知られていないが、超空間フォールドが可能であった。

ハイドニット達は、二通りのエネルギー兵器で武装された翼状の放熱翼板を持つ戦闘機「レイス など」を使用する。

そして、そのデザインに於いて、リメイクされたGALACTICA/ギャラクティカ・シリーズ「サイロン・ベーススター」(リ・イマジニングシリーズ版) 【Cylon Basestar】戦闘機と幾分似ている。


They were also capable of firing a disruptor wave that was capable of immobilizing or overloading the Shadow technology they provided the REF.

Their ships were also capable of hyperspace folds though the limits of this are not truly known.
The Haydonites made use of wing shaped fighters that were armed with dual energy weapons;
and were somewhat similar in design to the Cylon fighters of the re-imagined Battlestar Galactica series.
Cylon Base starsCylon Raiders



また、彼らは それらがその形状に於いて昆虫に似たインビッド達のそれに幾分類似した地上機動兵器を利用した。

どうやら、これらの地上機動兵器は、ハイドニットからの指揮が機能的に残っているのを必要とし、ハイドニットへの損害は機体の非活性化につなげることが可能だった。

ハイドニット達は主としてREFのシャドウ装置とシンクロ(キャノン)兵器技術の開発に責任がありました。

これは、大部分は一旦彼らがインビッドを打ち破り、なんとか宇宙ステーション「リバティ」でREF艦隊を損なうことが可能であれば、これらを全滅させる予定だったからである。

They also made use of mecha which were somewhat similar to the Invids in that they were insect in shape.

Apparently, these mecha required command from a Haydonite to remain functional and damage to the Haydonite can lead to the deactivation of the unit.

The Haydonites were primarily responsible for the REF's development of Shadow devices and Synchro weapon technology.

This was mostly because they had planned to destroy the REF once they had defeated the Invid and managed to devastate the REF fleet at Space Station Liberty.

【外観】


In the Sentinels novels by Jack McKinney, the Haydonites were mostly represented by Sarna and Veidt who were charter members of the Sentinels.
架空の文書からの引用を用いる作風が有名な『ジャック・マッキニー』(ブライアン・デイリーとジェームズ・ルセーノの共同執筆ペンネーム)による「センチネルズ」【Sentinels】小説では、ハイドニットの類型は「ロボテック II:センチネルズ」の創立委員であった女性型「サーナ」【Sarna】と男性型「フェイト」【Veidt】によって殆ど代表される。

They originally appeared as floating robed beings with armless bodies, hairless, mouthless faces and a jewel-like object on their forehead.
彼らは、当初より、浮揚するローブを腕のない胴体にまとい、頭髪の無い口の無い顔、および彼らの額の上には宝石のような物体が装着された特異な存在で登場した。。

This jewel was capable of emitting an energy beam.
この宝石(のような物体)はエネルギー・ビームを放つことができました。

Ambassador Veidt makes an appearance in the Robotech:Prelude to the Shadow Chronicles comic book miniseries in his redesigned form.
「フェイト」【Veidt】大使は、(小説だけでなく)「ロボテック:シャドウ・クロニクルへの序曲」の漫画作品にも2007年のセンスで再デザインされた(再設計された)形態で登場する。

It is not clear whether Veidt is one of the Haydonites depicted in the movie Robotech:The Shadow Chronicles as none of them are ever named.
映画「ロボテック:シャドウ・クロニクル」本編の中で描かれた「ハイドニット」のうちの誰も名前が挙げられないので、「フェイト」【Veidt】大使がこれらのハイドニットの一員であったどうかは明らかではない。

With the relegation of the Robotech novels to secondary continuity, it is assumed by fans that the depiction of the Haydonites in the final novel The End of the Circle is no longer considered correct - although information presented in the Senitnels novels (13-17) may still be accurate.
ファンによって、最終的な新しい「エンド・オブ・サークル」【End of Circle】のハイドニット達の描写、がもはや正しいと思われないと仮定されます

二次的連続性を持つ「ロボテック」小説への左遷で、「ロボテック II:センチネルズ」【Senitnels】小説(13巻〜17巻)に提示された情報は、まだ正確であるかもしれませんが、最終的な小説における、ハイドニット達の描写が修正するとエンド・オブ・サークル【"The End of the Circle,"】 「円環の終末」という、もう考えられていないファンによって思われます。

漫画版に於ける「ノーザ種族」との外見の酷似


  1. トライ・チャージャー
  2. トライ・チャージャー (変形過程)
  3. ノーザ・レイカー

関連項目

参考記事

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます