" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方

Rook Bartley by Neldorwen (Marianela Giola)

Rook Bartley by Hikaru84

ツイッターより

  • クリックにて、原寸画像 1,448 pixel x 2.448 pixel ( 2.5MB ,PNG )を展開します。

2014年で放映31周年を記念して・実写風



  • クリックにて原寸 800 pixel x 618 pixel に復帰します。


10/12 ROBOTECH Mospeada01 by FranciscoETCHART

野生的な眼差しが素敵!!

2014年の新作

  • Christian Kaw による作画



実写映画・想定配役



Rook Bartley by LeElf
  • クリックにて原寸 1,131 pixel × 707 pixel に復帰します。

Mospeada_Doujinshi_by_Tonotech

Fuke et Rose_by Mika Akitaka

名称

ルック・バートレイ
Rook Bertley

日本版名称 

日本版:フーケ・エト・ローズ(ロゼ)

Japanese defined full name : Houquet et Rose

原設定(故・アニメック より)

  • クリックにて原寸 985 pixel x 1,391 pixel に復帰します。

シーエムズ・コーポレ−ション製品

 

コスプレ

ファンアート

アマゾン出典

CVR-3F騎乗服と共に


  • Otaku2.com より引用

大半のセル画は海外コレクターの手に

  • 日本では殆ど顧みられることがない為、そのセル画【背景無し】は英語オークション業者の手によって大半が海外で競売に掛けられ、よって、鮮明度・人気度の高いキャラクターセル画の大半が海外にある。

  • 常に VR-038L バートレイ(車体名称)に騎乗している印象が強い彼女。このセル画も「バートレイ」の背景動画が紛失しているが騎乗中のもの。

前世紀1986年 コミコ社漫画表紙より


ブラックソーン出版【Blackthorne Publishing 】
「ロボテックの描き方」新世代編(1987-1988)より

クリスタル・ドリーム(発売中止)

水晶夢【Crystal Dreams】 開発者GameTekが破産した為に、1998年の発売前に製作が中止された同名の NINTENDO64 ゲームの漫画化より。

ファンアート【Fan-art

木星衛星基地【Jupiter - Base】の所属記章(インシグニア)

前世紀(80年代初頭)の日本版本編より

◆【ルック・バートレイ:データ】  

名称ルック・バートレイ
英文字綴りRook Bartley
日本版名称フーケ・エローズ
日本版英文字綴りHouquet et Rose (フーケ・エト・ロゼ)
通称ルック 或いは フーケ
通称英文字Rook 或いは Houquet
初登場時年齢16歳
身長不明
体重不明
血液型不明
共演スコット・バーナードレイミント・ラブル
声優スージー・ロンドン【Susie London】
日本版声優土井美加

◆【ルック・バートレイ:プロフィール】

16歳の地球生まれの「ツッパリ少女」。インビット占領下の地球で暮らしていたが、家を飛び出し放浪の旅に出た。

旅の途中で倒れた地球降下部隊の女性兵士を看取った際、体格の似通っていた彼女からVR-038L バートレイ]を形見として受け取った。

後にスコット・バーナードたちと合流し、インビッドとの戦いに身を投じる。

当初は飄々として能天気なレイの態度に突っかかることも多いが、その仲は徐々に互いを意識するものへ変化していく。

◆【ルック・バートレイ:ストーリー】  

◆【ルック・バートレイ:商品】   

アメリカでは『ロボテック』(Robotech)の第3シーズンとして再編集・放映され、日本以上の人気を獲得した。


この作品では『超時空要塞マクロス?』の時代の20年ほど後の同じ時系列上の世界であり、レギオストレッドバルキリー(VF-1 シリーズ)の後継機という設定となっている。

また、2007年には新作「シャドウ・クロニクル」(The Shadow Chronicles)のDVDが発売された。

これは、Robotech:The New Generation(モスピーダ)の最終回部分をリメイクし、その後の展開も描いた作品で、CGによるレギオストレッド、インビット、新作画のサイクロン(一般名称)や、一部の旧作キャラクターがデザインをリファインされて登場する。

各話のタイトルに、音楽用語が使われている。

また番組のタイトルは、学研が発売した小冊子によれば、後述のレイたちが用いるライドアーマーの機体名に由来すると説明されている。

また、劇中で「HBT」という燃料が登場するが、これは「GAS」を一文字ずつずらした単語である。本当にHB某という水素燃料を開発していた大学の研究室から、放送を見て何の略かという問い合わせがあり、真相を教えられて「ブッとんだ」というエピソードがある。

バルキリーがF-14 トムキャットを基本にデザインしたのに対し、レギオスはF-18(現在のF/A-18 A/C ホーネット)をベースにしたという説もあるが、番組企画時の「ベクター」戦闘機は特にF-18に似てはおらず、また実際、基にしたという関係者の発言も確認できない。

またライドアーマーのバイク形態が、当時最新モデルであった「スズキ・カタナ」をベースにしているとも言われる。

【プラモデル】

・20011年現在、イマイ版の可変モデルをアオシマが再発売している。

【トイ(国内版)】

・2007年2月、ワンダーフェスティバルにおいてシーエムズコーポレーションがレギオスとトレッドの発売を発表。後にモスピーダ、ブロウスーぺリアが発表された。その後、モスピーダ(スティック・レイタイプ)は翌年の1月、レギオス、トレッドは3月(そのうちイオタはシーエムズホームページ限定で、ゼータはネット通販限定で発売)、ブロウスーぺリアは9月に発売された。

女性用ライディング・スーツ(素体)を新造したフーケ・エローズ搭乗の「バートレー」(VR-038L)や、スー・グラハム(シノブ・竹内)搭乗の「シャドウ【ダーク】・バートレー」(VR-038LS)も2008年末に発売予定。

なお、モスピーダの一般兵士タイプと指揮官タイプ、スティック・レイタイプモスピーダ2種とブロウスーぺリアのスペシャルカラーバージョンが会場限定で発売された。

2007年7月、青島文化教材社よりトイナミ社(Toynami)のレギオス3種類を、国内向けにミサイル・ポッド他の追加パーツや関節強化を加え新世紀合金のブランドでOEM生産して発売予定と発表した。スケール表記は1/48。

なお、他のラインナップはトレッド(トイナミが開発しているものとは別物)が発表されたが、結局発売には至っていない。

この他、2009年初頭の販売を目指して「株式会社ビーグル」より、1/10完全変形の「ライドアーマー&アーマー・バイク(VR-052F/T モスピーダ)」が発売予定で、その完成度の高さから、ロボテック公式サイト(www.robotech.com)では、逆に海外トイナミ社で自社製品企画を破棄して同ビーグルの製品をOEM(他社ブランドの製品製造)又はそのまま同社より輸入する形で米国他の海外圏で「マスターピース・コレクション」として発売予定と発表されるなど話題となっている。

【トイ(海外版)】

2004年にアメリカの玩具メーカーのToynami社からRobotechの商品化が発表され、レギオス(alpha)の非変形のアクションフィギュアと可変トイ(生産数限定のマスターピース・ブランド)が販売された。

前者は国内ではエポック社が「モスピーダ」ブランドとして販売、後者はロボテックブランドのまま一部が直輸入された。また、可変トレッド(Beta)も開発中だが、設計や造型に時間がかかっている。数年後の2008年、年内に発売すると発表された。
タツノコとビッグウエストの権利裁判闘争の結果、ロボテック公式サイトでの通販は日本国内からは利用することが出来ない(発送先にJapanの指定が出来ない)ため、アオシマによる正規販売以前は個人が渡米した際の土産物として手荷物で持ち込むか、第三国を経由して輸入されるかしか入手方法がなかった。

【DVD】

2001年に単品版・全6巻が、2007年にComplete BOXがコロムビアミュージックエンタテインメントより発売。特に後者は、税込み9,975円と、単品版3枚分より安価となっている。
可変TOY
シーエムズコーポレーション・ライドアーマー「バートレー」【VR-038L】
【フーケ・エローズ/海外版名:Rook-Bartley搭乗】
・BRAVE合金モスピーダシリーズ/品番:CMS652403/メーカー希望小売価格:7,350円

全高約120mmの小スケールサイズ。
バイクからライドアーマーへの変形を実現。
ライディング・スーツは女性用タイプを新規造形し、武装は「RL-6 ビームバズーカ」を装備!
ボーナスパーツとしてフーケの素顔パーツが付属。
さらに番組のマスコットキャラクターであるミントのフィギュアが立ちポーズとタンデム・ポーズ
の2種付属!!
タンデムパーツは別売りのモスピーダ・スティックタイプに乗せれば劇中シーンの再現が可能。


シーエムズコーポレーション・ライドアーマー「ダーク・バートレー」【VR-038LS】
スー・グラハム【Sue-Graham】搭乗
『シノブ・タケウチ』

・BRAVE合金モスピーダシリーズ/品番:CMS652434/メーカー希望小売価格:7,350円

全高約120mmの小スケールサイズ。
バイクからライドアーマーへの変形を実現。
ライディング・スーツは女性用タイプを新規造形し、上記バートレーと並んで『ダークバートレー』
が登場!!
装着者のジュピター・ベース【日本版設定:ムーンベース】第36分隊報道班所属、スー・グラハム【Sue-Graham]]】日本版設定:『シノブ・竹内』にはM312SC 軍用記録カメラ【M312SC Military-Recording-Camera】が付属!
さらにボーナスパーツとして素顔パーツも付属。

2008年12月発売予定のダークモスピーダと揃えてさらに広がるモスピーダの世界。

◆【ルック・バートレイ:メモリー】  

 
● 最後まで突っ張り通したキャラ造詣は、ツンデレなる形容詞に代表される、軟派な女子(登場人物)が多い昨今では貴重な存在。

土井美加(どい みか、1956年8月4日 - ) 氏がこういう硬派な、しかも10代の少女も演じられることが判明した貴重な作品。

このページへのコメント

20011年に発売とはたまげたなぁ・・

0
Posted by ロボテックとか認めねーわw 2016年08月14日(日) 14:01:31 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます