" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

人名英文字

Dennis Brown

初期設定 (当初の階級設定は「大尉」)

話数サブタイトル邦訳放映日曜日区分
17.バイオサイカー生或る魂達
テレパシスト
1984.08.19日曜

  • クリックにて、原寸 1,513 pixel × 568 pixel 画像に復帰します。
  • 画像をクリックにて原寸画像 1,517 pixel x 736 pixel を展開します。

所属


  1. Dennis Brown is the TASC commander of the Black Lions Squadron.
  2. クリックにて原寸 879 pixel x 1,015 pixel に復帰し、実寸画像を展開します。


本来は陸海局所属だが・・・

  • 陸海局の管轄である戦術軍団【Tactical Corps / TC】で採用の後、航空宇宙局に転科したという異色の経歴を持つ。もっとも戦術軍団に於いてもパイロットとして近接対地航空支援に当たっていたので、航空機と無縁ではない。(日本版の戦略隊所属にも関わらず第三次攻撃隊に選抜された矛盾を解消するロボテック版独自設定。)

ロボテック版公式設定


Strike Fighter Squadron 213 (VFA-213) Black Lions
第213 戦闘/打撃飛行大隊『ブラック・ライオンズ』

軽・可変戦闘機・『VF-8 ローガン』「ブラック・ライオン VI」

  • 【 Logan, Black Lion VI 】
出典

  • Dennis Brown is the TASC commander of the Black Lions Squadron .
日本版の矛盾設定
戦略隊の雄(エース)、デニス・ブラウン中尉

  • 秋田書店「月刊・マイアニメ」西暦1984年9月号の第59頁より
▼日本版の英訳名の詳細は、「Zormaster氏のページの画像に焼きこみの英文」を参照されたい。
日本版ロボテック
内閣府直属
Under the direct control of the Cabinet.
総司令部直属
Under the direct control of the general headquarters.
惑星グロリエ憲兵隊
【Grorie Military Police / GMP
全領域統合憲兵軍
【Global Military Police / GMP
陸海局地上作戦部門 / Department of Surface Operations
戦略隊

【Tactics Corps / TC】
戦術軍団

【Tactical Corps / TC】
 

アーミング・ダブレット装備種別

  1. SCEAシリーズ(Southern-Cross Spacy Environmental Armors )→サザンクロス宇宙軍・環境装甲服
  2. SCBAシリーズ(Southern-Cross Army Battle Armors )→サザンクロス陸軍・戦闘装甲服

日本版ロボテック
内閣府直属
Under the direct control of the Cabinet.
総司令部直属
Under the direct control of the general headquarters.
惑星グロリエ憲兵隊
(Grorie Military Police/GMP)
全領域統合憲兵軍【Global Military Police /(GMP)】
陸海局地上作戦部門 / Department of Surface Operations
戦略隊【Tactics Corps/TC】戦術軍団/ Tactical Corps (TC)
空宇局航空宇宙作戦部門 / Department of Aerospace Operations
宇宙隊
【 Tactics Space Corps / TSC】
宇宙部隊 / Cosmic Unit (CU)、又は戦術宇宙軍団(師団)Tactics Space Corps / TSC
宇宙機甲隊(Tactics Armored Space Corps / TASC)戦術機甲宇宙軍団(師団) / Tactical Armored Space Corps (TASC)

本編から

作品区分話数サブタイトル
(読み)
放映日曜日区分
超時空騎団サザンクロス15「Love Story」
(ラブ・ストーリー)
1984年7月29日日曜
ロボテック:マスターズ52【Love Song】
(ラヴ・ソング)
1985年7月平日
(月〜金までの帯番組)
後方に背景的に写っているのは、 VF-7 シルフィード可変戦闘機VERITECH)の一部。


「すみません、ブラウン中尉」

『なにも謝ることはない、ラーナ少尉、よく(第三次攻撃隊の選考から)落としてくれた』

「だって貴男は宇宙機甲隊の大事な人、それにロルフ閣下が一番信頼なさっている方だわ」

『この第二次攻撃隊は、ロルフ閣下以下 「徹底抗戦派であるレオン総司令に反対する者ばかり」 が選ばれている。ラーナ、それは上から送られてきた選択ファイルを見れば一目瞭然(いちもくりょうぜん)だ。』

  • 「ラーナ少尉」から、名前での呼びかけ「ラーナ」に変化している点に注意!

『つまり邪魔者は全て 前線基地 「アルス」に送り込んでしまえというわけだ。』

『俺が(地上である惑星)グロリエに残れば、こちらの状況をロルフ参謀総長に知らせることが出来る。』

『ラーナ、君のミスはまさにグッド・タイミングだったというわけさ』

声優

日本版

ロボテック版



公式ページ 
http://www.catalanomusic.com/ 

概要

  1. ラーナ・イザヴィア こと ノヴァ・サトリ (壮年期) の思い人。
  2. 入隊当初は陸海局の戦術軍団(師団)(日本版での戦略隊)に所属していたが、配置転換により空宇局に異動。 

物語中での位置付け

マスターズ・サーガ
クロード・レオン こと アナトール・エリ・レオナルド(レナード)の策略により、参謀総長(総司令官副官)ロルフ・エマーソン に組する者として、本来は対象者でないにも関わらず、ラーナの人選リストの不注意による誤選択(ケアレス・ミス)により危険な『第三次攻撃隊』に編入される。
ラーナ(ノヴァ・サトリ)はこの件に関して、デニスに謝罪しますが、彼はこのことを気にすることなく、むしろ栄誉であると返答します。

第一波から第三波までの各作戦状況一覧表

ジュネーヴ級の解説より引用
攻撃回数(波)登場話数(日本版)登場話数
("Robotech"版)
作戦内容
第一次攻撃第13話

「Triple Mirror」
(トリプルミラー)
50. “ Triumvirate ”・衛星基地「アルス」回復作戦
第二次攻撃第14話

「Iron Lady 」
(アイアンレディー)
51.“ Clone Chamber ”惑星グロリエと衛星「アルス」基地からの挟撃作戦
第三次攻撃第17話

「Bio Psycher 」
(バイオサイカー)
54. “ Mind Games ”戦略機甲隊宇宙機甲隊によるゾル艦占拠作戦

マリーを庇(かば)って

マリーは、ジル・リジーナとは仲が良くない


駄目な軽薄男であっても惚れたものは仕方がない?

シャルル(シーン・フィリップ)と彼の(幾多もいる中の昔の)元彼女の1人「ジル」との一件で妬けを起こして、軍用ジープ(サザンクロス軍・汎用軍用車輌 記事参照。)を暴走させるマリー・アンジェル こと(マリー・クリスタル)。

現場に居合わせた ジャンヌ・フランセーズ こと ダーナ・スターリング、さらに 憲兵軍 少尉の ラーナ・イザヴィア こと ノヴァ・サトリ にブラウン中尉はこう応えます。

会話採録

『事情は後だ・・・アルス 基地の英雄が営倉入りはまずい・・・ラーナ、君が口裏を合わせてくれれば済むことだ、第二次攻撃隊から外された男が自棄(やけ)になって暴走した・・・いいだろう?』

「2、3日は営倉入りよ」

『そいつは願ってもない、取り調べは君にお願いするよ』

第三次攻撃隊

  • 西暦1980年代当時の粗製乱造の大量制作時代の影響で作画が良くないのが惜しまれます。
1984年8月19日(日曜)に日本版初回放映の、


・日本版 第17話 「 Bio Psycher」(バイオサイカー)
 
ロボテック版 第54話【Mind Games】(心理戦) より。

会話採録

第三次攻撃隊の 宇宙機甲隊 こと「戦術機甲宇宙軍団」選抜時に

「いよいよですね」

『ああ、今度は激しい戦いになるだろう』

「ご健闘をお祈りしています」

『ありがとう、ロルフ参謀総長と一緒に戦える、思うところだ。では』

「あの・・・ご無事で・・・ご帰還を・・・」

『また会えるさ、きっと! じゃ!』

出発前に彼に「ご無事で・・・」と返答したラーナ(ノヴァ・サトリ)の心境はどのようなものだったのでしょうか・・・

第二衛星アルスにて

  • 1984年9月16日(日曜)初回放映 日本版 第21話 「ナイトメア」【Nightmare】/ ロボテック版 第58話【The Final Nightmare】(最後の悪夢)の回、第2衛星「アルス」【Aluce=ラテン語で芸術の意味】にて。

ゾル(マスターズ≒支配達)と

ゾル人アズシャール級母艦に回収された、ロルフ・エマーソンマリー・アンジェル こと マリークリスタル と。

1980年代当時の粗製乱造の大量制作時代の影響で作画が良くないのが惜しまれます。

関連記事


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます