" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

子記事表記

本記事に馴染まない、二次的連続性作品でのブリタイは・・・下記に移動させました!

スノーク・スタジオLLC

  • Sunok Studios LLCは2019年1月にロボテックのライセンスを取得したばかりの新興参入企業ですがツボを押さえた商品選択で勝負のようです。予想通り太い首は自作の顔で差し替え可能な設計。入手は輸入海外トイショップ一択なのが残念ですが。







どことなくシャアのような・・・

シャドウ・クロニクルへの序曲に於いて、シャア・アズナブル少佐を思わせる仮面の人物となった。

「ロボテックの描き方:マクロス・サーガ篇」より

  • 当時の欧米人にとって 所謂「アニメ体型」や、表情をはっきり表現する誇張手段としての、特に女性キャラクターの「大きな瞳」はカートゥーンに似ていながら、それとも異なる「東洋の神秘の技(わざ)」であり、一般大衆が真似てファンアートを描くのは困難を極めた。
  • この為、ロボテック・シリーズを真似て書く為の指南本が、複数の出版社から発行されたが、最も体系的に此れを行ったのが、ブラックソーン【blackthorn】〔スピノサスモモ〕出版【Blackthorne Publishing 】であった。

  • The Official How to Draw Robotech Vol.02 - 22

自軍統制の為に通常体へ

自艦隊の統制の為に司令代行より戦線復帰の要請があり、マイクローンサイズから通常態に戻った。右目の損傷がある上に、『指揮官用の体躯はマイクローン装置の動作保障の対象外』の為、装置の管理と各段階の調整にはエキセドル・フォルモがつきっきりで操作に当たった。



ブリタイ司令、悪い統合軍の艦隊を成敗だ!

コミコ【Comico】社グラフィックノベル『起源:ロボテック』版

Graphic Novel Robotech:"Genesis"
作画:Neil D. Volks. / 彩色:Tom Vincent

ウォルトリップ兄弟作画『ロボテック II:センチネルズ 』より

雷(イカヅチ)級・超時空大型戦艦「ユトランド」【jutland 】*1 【Jutland】の艦長『ダ・クルツ』【Da Cruz】(姓のみ。名は不明。エリザベートとの説あり。)(女性)とモニター越しに会談するブリタイ。
この場面は、ジャック・マッキーニの小説 第16話 "World Killers" に由来する。

極端な漫画的誇張

場面を見る限りでは 20倍では利かないサイズに描かれているが、設定上のゼントラーディは人類の7倍程度。ロボテック版設定。日本版では約5倍と記載されている。

概要

「マクロス・サーガ」に於いても、基本的に設定は日本版と同じで、名前もブリタイ【 Breetai 】である。

漫画版のオリジナルストーリーでの出番が多く、テレビシリーズのパイロット版アニメである「ロボテック II:センチネルズ」【Robotech II: Sentinels】では、マイクローン化したが為に、今まで巨人状態で使用していた仮面(マスク)が大きすぎて使用出来なくなったので、新たにマスク付きの、マイクローン・サイズの戦闘用ヘルメットをエミール・ラング博士に依頼作成してもらい、着用している。



アカデミー社【 Academy comics 】の「ロボテック:ウォリアーズ(戦士達)」【 Robotech: Warriors 】やDCコミック社の子会社、ワイルドストーム【 Wildstorm 】社の「シャドウ・クロニクルへの序曲」【 Robotech: Prelude to the Shadow Chronicles 】で、インビッド(Invid)の女王リージス【 Regis / Regiss 】の摂政「リージェント」【 Regent 】に対して、『超時空騎団サザンクロス』に登場するバイオロイドの改良新型バイオロイド・インターセプターを駆って、リサ・ハイエス(壮年期)【 Lisa Hayes 】(早瀬 未沙)艦隊総司令(階級は中将)や、リック・ハンター(老年期)【 Rick Hunter 】(一条 輝)提督を守って死闘を繰り広げ戦闘中生死不明【 Missing In Action / MIA 】*2となるまで、OVAやコミック版、小説版等の様々な媒体で活躍する。


また、マスクを被る原因となった顔の傷については、エターニティ【 Eternity 】社のオリジナル・コミック「レジェンド・オブ・ゾア」(ゾア・デリルダの伝承)【 Legend of Zor 】に於いて、ゾア・デリルダ(『超時空騎団サザンクロス』のサイフリート・ヴァイス【 Zor Prime 】を守ろうとして加粒子砲付きグラブ【 Invid Shock Trooper 】(『機甲創世記モスピーダ』のインビッドに撃たれたものであることが描写され、別の3つ以上のコミックス版でも、その際の状況が、回想等の場面描写手法で描かれている。

マクロスへの帰着【Return to Macross】ムジヴ・ラヒマン【Mujib Rahiman】氏作画による


ビル ・スパングラー【 Bill Spangler 】氏の作画による

ウォルトリップ【 Jason & John Wartrip Brothers】兄弟の作画による、同一場面

同一場面のセンチネル第三冊版 ゾア・デリルダの視点


二次的連続性作品による分岐


小説、「ジェイソン&ジョン・ウォルトリップ兄弟【Jason Waltrip and John Waltrip】のセンチネル漫画、某有名同人漫画(完成度の高さで聖典扱い)はいずれも二次的連続性作品として扱われる。
二次的連続性作品に於ける3つの分岐
A. 「赤い彗星」某人物のようなキャラクターの描かれ方をしていて、その後も生き延びる。
B. インビッド摂政「リージェント」と相討ちになる。
C. トーマス・ライリー・エドワーズが姦計を用いて、摂政リージェントを始末した後、エドワードとブリタイが一騎打ちをして行方不明になる。

など、少なくとも、2010年10月時点の公式の設定以外にも3種類の結末分岐がある。
B. インビッド摂政「リージェント」と相討ちになる。の原画

主要な連続性作品による結末


1. リサ・ハイエス(壮年期)艦隊総司令は、センチネル住民を長らく苦しめていた大虐殺の首謀者で、捕虜に対する人体実験で戦争犯罪知的生物*3の摂取「リージェント」とREF遠征艦隊反乱軍首謀者トーマス・リリイ・エドワード、以上2つの対象者の抹殺を、センチネル同盟及びハイドニットとの秘密友好同盟により依頼されていた。
2. トーマス・リリイ・エドワード【 Thomas Riley (T.R.)Edwards 】が、インビッド摂政「リージェント」と同時にブリタイ・クリダニクの居ることを知りながら島風級巡洋(宙)戦艦2番艦イカロス【 SDBC-15 UES Icarus 】*4を自動砲撃させ、2人ごと始末。
3. その後、SDF-3 パイオニアに座乗するリサ・ハイエス(壮年期)艦隊総司令は戦地から脱出するヴィンス・グラントリック・ハンター提督らの情報から、反乱軍首謀者トーマス・リリイ・エドワードが主砲軸線上に居る事を確認。
4. 反乱軍首謀者トーマス・リリイ・エドワードの処刑の絶好の機会と解釈した、リサ・ハイエス(壮年期)艦隊総司令は副官「リリィ・ラ・サール」【 Lilly Lasalle 】少尉に命じて、シンクロ・キャノンを発射させた。

死体は確認出来なかったが【 MIA / Missing In Action 】『作戦行動中行方不明・戦闘中行方不明』として、情況から判断して死亡確実を推定された。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます