" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ロボテック:実写映画の構成案

  1. Exhibit A – #110, Att. #1 in Harmony Gold U.S.A., Inc. v. Harebrained Schemes LLC (W.D. Wash., 2 17-cv-00327) – CourtListener.com.htm(  Harmony Gold USA、Inc . v。Harebrained Schemes LLC 展示物A -文書#110、アタッチメント#1 WDワシントン州地方裁判所 ドケット番号: 2:17-cv-00327 )
  2. PDF Download







うわさ

その昔、「高畑 勲」が旧知の「吉田 竜夫」〔吉田竜夫は1977年に亡くなっているので、時期的に弟の吉田健二の可能性あり。 〕と出先で出会って話し込んでいると、タツノコ・プロダクションのテレビアニメシリーズの放映権がアメリカで売れたとかで、そのまま飲みに行くことになった。 そういえば金額的に幾らで売れたのかと聞くと、吉田氏は満足気に約60万円程と答えた。 酔いが回っていたのと、奢(おご)りということもあり、その場はそれは良かったなと一緒になって喜んでいたそうだけど、酔いが醒めてから冷静に考えてみたら、このままいくと日本のアニメはやっぱりヤバいんじゃないかと暗い気持ちになったらしい。

内部検索案内

  • この案内は、Google など検索エンジンにより初訪問される方が毎月100人を超えるページ、つまり当方ロボテック・クロニクル以外には資料がない〔代替性がない〕記事の冒頭に表示します。
見たいページの探し方
  • 実用関連記事 (調停案)-ニコニコ動画/静画/大百科のプレミアム会員加入につき、2016年2月2日に当方で最初の原型となる新記事作成。メガゾーン関連を補正頂いた“10”氏に感謝します。

超時空シリーズ、マクロスシリーズとの相関・概念図




  1. ベリテック ロボテック・クロニクル内部記事より。
  2. ベリテック 【VERITECH】 - Wikipedia -

『超時空要塞マクロス』第24話 グッバイ・ガール

シグナルだわ:「貴君の、目的の、達成と、マクロスへの、無事帰艦を、祈る」

  • JPEG 画像 ( 102.74 KB ) , 957 pixel × 639 pixel ( 660 pixel × 441 pixel で表示)
2016 年 09 月 16 日 (金) 15:27:48 の匿名書き込み

2016年に入った近年、北アメリカ大陸でもロボテック・シリーズの第一世代編「マクロス・サーガ」はマクロスシリーズの原点にして初代の原作「超時空要塞マクロス」の二次創作にすぎないという認識で一致しつつあるようだ。
原作「超時空要塞マクロス」英語字幕版DVDが米国で発売されているほか、Netflix でも原作「超時空要塞マクロス」 (翻案と改作の為されていない、日本におけるオリジナルの設定に基づくオリジナル版)の配信が行われ、実写映画のシリーズ第一作 「ロボテック:マクロス・サーガ」の監督に決まった中華系オーストラリア移民三世の「ジェームズ・ワン」 (繁体字 = ・子仁 , James Wan) 監督が 「翻案元の原作である超時空要塞マクロスに配慮する」 との発言をしている。
その動画は驚いたことに長い間日本国の原作の権利保有法人と敵対していた「ハーモニーゴールド USA」社のウェブページにて公開中である。

この「ハーモニーゴールド USA」社側の譲歩の原因は、ハリウッドの脚本家組合などが、ロボテックシリーズの翻案元「マクロス・シリーズ」側の帰属国である「スタジオぬえ」とその商標権の管理法人である「株式会社ビックウエスト フロンティア」の持つ著作者人格権に対する米国側著作権・商標権管理法人の侵害行為について是正するようにと「ハーモニーゴールド USA」社側にクレームをつけたことによる。
ロボテックシリーズの各々の三世代(三部作)のOP、およびEDのフィルムに翻案元の 原作テレビアニメシリーズ版『超時空要塞マクロス』・「メガゾーン23」・『超時空騎団サザンクロス』・『機甲創世記モスピーダ』 の原作スタッフ(個人・集団/法人)の名前を表示していないことが、「著作者人格権」 の 「氏名公表権」 を侵害しており、ストーリと物語構成・シリーズ設定の変更を事前に「株式会社ビックウエスト フロンティア」代表取締役会長である「大西義昌」と「河森正治」 に承諾を得ていない行為が 著作者人格権の 「統一性保持権」の侵害に当たる、ということらしい。
ようやく米国の " 日本アニメ輸入業関係者以外の " 一般コンテンツ制作者たちも、原作 テレビアニメシリーズ版『超時空要塞マクロス』の著作権を買ったという理由だけで身勝手な内容改変が許されないという、あたりまえの現実を認識し「ハーモニーゴールド USA」社に抗議をするだけの状況に直面しつつあるようだ。

同じ状況の裁判事例で原著作者の請求を認めたものに、1976年のモンティパイソンが米ABCを訴えた事例があるが、裁判は原著作者(著作者人格権の保持者)の勝訴で終わってるので、この判例に鑑みれば、原作保有国家である日本側が有利ではある。
米国弁護士の話では、認められるのは英国の著作者限定の可能性が高く、しかも消費者保護目的でなければ 原作の権利保有法人が テレビアニメシリーズ版『超時空要塞マクロス』 の制作元であることを根拠としても 「ハーモニーゴールド USA」社の主張を覆す裁判には勝てない可能性があるらしい。
さらに最悪なのは、原作保有国である日本側が同じ裁判を起こして勝訴したとしても、そもそも日本国外に対する一切の国際頒布・国際」販売権を持っていない以上、訴える意味すらない (法廷用語でいう 「訴えの利益が存しない」 ) という事実がある。
現在、「ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント (米国)」 と 「コロンビア映画」 という和解調停法人を交えて、双方が利益になる合意案を模索中である。

(ここからは私の予想)

河森側が出してる条件は2点
1.ロボテックが二次創作作品であることの確認
2.日本側スタッフの氏名をロボテックの作品中に出すこと

以上、日本側として当然の要求に思えます。

長文ごめん。

目次 【Index】

  • 放映32周年年記念に海外で作成された 超時空騎団サザンクロス 全英文字のロゴマーク
  • 実写版機甲創世記モスピーダ
  • ロボテック版の各種商標識別図記号
  • 続報:漫画版の扱い
  • 漫画リメイク選択基準+作品に独自性があるか否か
  • 仮想の想定記事であることの「明記」表示

    本記事は西暦2017年の現時点では架空の想定記事 です。

    記事に引用されている各企業は実在する企業及び団体ですが、記事に記されている内容そのものは現時点では事実ではなく、「架空」(フィクション)となります。

    ニュース記事本文

    ハリウッド・リポーター、及び日本国『○×□業界新聞』2021年 3月 22日月曜日〕 UPI通信社 発より引用

    記事見出し

    1. ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント【Sony Pictures Entertainment Inc.】 (本社:カリフォルニア州 カルバーシティ) 
    2. コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ【Columbia Pictures Industries Inc.】 (本社:カリフォルニア州 カルバーシティ) 

    合弁事業体 は 2021年 3月 22日月曜日〕、『超時空要塞マクロス』など日本アニメ3作品の米国翻案版である『ロボテック』シリーズに関する、新作『シャドウ・クロニクル』〔『影の年代記』〕を含めた日本国でのコンテンツ使用権について、バンダイビジュアル株式会社【BandaiVisual Co., Ltd.】(本社:東京都品川区)との間で歴史的合意に達したと発表した。

    ロボテック・シリーズは米国放映の地上波アニメ作品のうち、日本国の「機動戦士ガンダムシリーズ」に匹敵する知名度を持つ最大のヒット作品であり、最大の懸案事項となった『マクロス・サーガ』の扱いについて、日本側 商標権ビックウエスト【Big West Advertising Co., Ltd./BWA】(本社:東京都千代田区)、米国側ロボテック商標権ハーモニーゴールド USA【Harmony Gold USA】(本社:カリフォルニア州ロサンゼルス)、加えて著作権者スタジオぬえ(本拠地:東京都練馬区)と竜の子プロダクション【TatsunokoProduction Co., Ltd.】(本社:東京都国分寺市)間で、長年にわたって日本国の法廷で訴訟が繰り広げられ、問題の解決は絶望視されていた。

    記事の詳細

    ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 とバンダイビジュアルは記者会見において、米国で放映されたロボテックと 超時空要塞マクロスとの関係について、次の通り説明した。

    ハーモニーゴールド USAクリエイティブ・ディレクタートミー・ユン【Tommy_Yune】氏は、シアン・マクロス 級・ティロリアン辺境艦隊・長距離砲艦&播種艦【ASS-1】の西暦1999年の落下により、この宇宙系の時間軸が複数に分岐した』と説明。
    この為に両者は異なる分岐を持つ「別の作品」ではあるが、同時に「同じ宇宙を起源とする姉妹作品」、つまり一種の平行世界である と定義した。*1

    また日本国では無名で、「商標権」或いは「著作権」、意匠権を有する日本側企業から商業的に無価値であると看做(みな)され、放置され続けてきた結果、幸か不幸か長年に渡る訴訟の対象外であった『超時空騎団サザンクロス』と『機甲創世記モスピーダ』に対する各々のロボテック版翻案作品である『マスターズ』(意味:【ゼントラーディ人の】支配者達 )と『ニュー・ジェネレーション』(意味「新世代」)の関係についても同様に、上記の設定により各世界がもつれて互いに認識できないパラレルワールドであるという公式設定を新たに設けて、『併存について問題ない状態』にした。

    その上で、2007年の米国独自作画の新作 シャドウ・クロニクル(邦訳例:「影の年代記」)、「シャドウ・ライジング」(邦訳例:「影の勃興」)を含めて、バンダイビジュアルが日本語版ロボテック字幕版翻訳販売を行うことになったと発表。

    スタジオぬえのデザインを使用することにつき、実写新作映画化の際に新たに発生する意匠利用権の権利金(ロイヤリティ) や 契約金額など、金銭に関する具体的な契約内容は公開されていない。
    ハリウッド実写映画ロボテック マクロスサーガ用イメージボード。スタジオぬえ許諾は無事取得できるのだろうか?
    許諾が必要なデザインが イメージボード中に3つも!
    The required design of consent. It is three in an image board! Is studio Nue consent acquirable safely?
    実写映画用の小道具
    HBT「複合水素燃料」3号 標準規格筒 レギオス, トレッド用。 
    1. サイクロン・シリーズ はより小型の『4号筒』を用いる。
    2. 海外ロボテック版の正式名称は プロトカルチャー (資源) No.3 tube


    メガゾーン23〔第1部 のみ〕より
    • VFH-10 オーロラン 「固定翼機」戦闘機 形態。クリックにて原寸 1,942 pixel x 629 pixel に復帰します。






    これら3作品は、日本国での作品製作の費用分担が複数の会社に分かれているにもかかわらず、竜の子側が関係各社の調整を企らず「著作権放棄」の形で各作品を売却し、米国側では最低65話以上という米国放映シンジケートの規準に合わせる為に、3作品の世界を同一のものとして整合性が図られた経緯があるため、問題が深刻かつ複雑化した経緯がある。
    なお、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 側は ロボテック実写版の全世界の映画公開を控えており、巨額の費用を投じた マクロス・サーガ の日本国への配給を法的に差し止められることは、費用回収に影響を及ぼすだけでなく、今後の第ニ作以降のシリーズ継続に関わることから、和解を勧告した経緯がある。
    同族経営企業ハーモニー・ゴールド USA社を買収により傘下に収めることによる問題解決

    しかし、商標権或いは著作権の一部を保有する、ロボテック側のハーモニー・ゴールド USA及び竜の子プロダクション各社、デザイン意匠権を有するマクロス側のビックウエストほかの各社は和解勧告を頑迷に拒否、両者は話し合いに入る気配すらみられなかった。

    このため、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 は俗に言う「冷戦状態」中の両社を丸ごと買収することで問題を一気に解決する計画を内々に進めていたところ、急遽バンダイビジュアル側からソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 に対して日本側の仲裁役としての申し出があり、18ヶ月にも及ぶ史上初のマクロス側3社*2と1デザイン事務所、米国側3社による「和平会談」が開かれ、二週間前に条件付き合意が成立、初期段階の文書作成の期間を経た上で、今日の記者会見の運びとなった。

    なお、今回の記者会見において、関係各社はその詳細な経緯についての明言を避けている。

    関係者によると、ロボテックとマクロス側の関係各社の訴訟問題は、国際的な人気コンテンツであるマクロスシリーズの海外展開、つまり輸出の支障になっており、  原案者が生存している間(著作権保護期間) *3に 早期決着することにより全世界展開を推し進めたい米国ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 側と マクロスシリーズ、特に自社提供作である、最新作「マクロス・フロンティア」や「マクロス・デルタ」の販路を国外にも拡大したい日本側バンダイビジュアルの思惑が一致した事情に基づく合意ではないかという憶測もあり、今後の展開に注目が集まっている。

    今回の合意については、米国を始めとするファンダム界ではマクロス・フロンティアの正式ライセンス商品(これまでは個人輸入、又は違法と黙認の境界に位置する「ファンサブ」以外に作品を鑑賞する手段が無かった。)、を期待してこの動きを歓迎する向きが大勢であるが、旧くからの日本版原典主義者の間には反発もある。

    また、日本のファンダム世界に於いては、一般にロボテックシリーズの内容は知られておらず、無許可で米国側が日本の原作を翻案翻訳した海賊版(ブートレグ)に等しい作品であるという誤解も根強く、字幕版の市場動向調査を踏まえた上で発売が予定されている、同ロボテック・シリーズのアニメ版の日本人声優による『日本語の吹替版」に於いて、英語会話内容の再翻訳或いは原典会話内容を反映させるかの翻訳運用の扱い、及び米国側の声優や歌手による歌曲の翻訳版での扱い(そのまま使用するのか、日本側歌手で吹替えるのか、或いは原典の歌曲と差し替えるのか)も含めて、今後の動向が注目される。

    商標の混同防止策について (マクロスのみ)

    日本版TVシリーズ『超時空要塞マクロス』

    現在、日本国内での商標権の混同を生じる「おそれ」がある 原典日本国作品は、下記の 『超時空要塞マクロス』 になる。

    TV版『超時空要塞マクロス』
    タイトル商標識別図記号
    (ロゴマーク)

    俗に言う「日本のマクロス(シリーズ)」は、『ロボテック:マクロス・サーガ』との混同による誤解の問題が生じやすいことから、店頭での『マクロス・サーガ』の販売はなされず、興味あるユーザーが申込みをする形での機会選択を必要とする通信販売の形態をとる。*4

    日本国内の知名度の極めて低い、他の2作品

    日本国内では ロボテック = マクロス とまで誤解され、知名度の極めて低い「これら2作品」については、以下の措置が採用される。


    日本版「機甲創世記モスピーダ」のタイトル商標識別図記号(ロゴマーク)
    日本版「超時空騎団サザンクロス
    のタイトル商標識別図記号(ロゴマーク)

    放映32周年年記念に海外で作成された 超時空騎団サザンクロス 全英文字のロゴマーク
    • クリックにて、720 pixel × 413 pixel に復帰します。


    以上の2作品、
    1. ロボテック:マスターズ』【The Robotech Masters】
    2. ニュー・ジェネレーション』【The New Generation】
    については、日本国内に於ける知名度が極めて低く、混同による誤解の問題が生じ難いことから、一般店頭での販売形態を行う。
    但し、米国側ですら30年以上前の古作品であり、売れ行きに期待が持てない両作品の流通数は ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 の映画公開に合わせての販売となるため、販売数量は、市場調査を兼ねた試験販売的な数量となる。*5}

    実写版機甲創世記モスピーダ

    ロボテック版の各種商標識別図記号

    シリーズ統合商標識別図記号
    ロボテック:『シリーズ』統合商標識別図記号(ロゴマーク)
    SDF-1 マクロス 乗組員標識別図記号
    SDF-1 マクロス 乗組員 関連商品 
    標識別図記号(ロゴマーク)
    SDF-3 パイオニア 乗組員標識別図記号
    SDF-3 パイオニア 乗組員 関連商品 
    標識別図記号(ロゴマーク)
    インビッド侵攻・シリーズ(ゲーム・漫画・RPG本)関連商品 標識別図記号
    『インビッド侵攻』シリーズ(ゲーム・漫画・RPG本)関連商品 
    標識別図記号(ロゴマーク)
    遠征軍艦隊の艦隊章
    遠征軍艦隊
    (United Earth Expeditionary Force 、旧称 Robotechnology Expeditionary Force 翻訳 
    OTMロボット工学に基づく軍備による遠征軍)の艦隊章。

    生命の花」をモチーフに図案化したもの。そのまま標識別図記号(ロゴマーク)として流用される。

    続報:漫画版の扱い

    ロボテック・シリーズでもっとも米国独自色が出ている漫画版の扱いについては、『主要な連続性作品』と定義されたワイルドストーム社出版分については、ロボテック版と明記した上でそのまま翻訳出版されるが、二次的連続性を持つと左遷された、他の出版社から出された作品について、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント と コロムビア・ピクチャーズ・インダストリーズ 合弁事業体 が設立した日本法人である『ハーモニー・ゴールド・ジャパン社』は、『日本国内の読者の嗜好に適した素材はシャドウ・クロニクルへの序曲の例に倣い、新たな日本人の作家、或いはオリジナルの作家の手により、現代の作画技術と、主要な連続性を持つ作品年表の設定に合わせる形で描き直される。』と発表している。

    作品候補として、以下の作品が挙げられている

    翻訳出版

    描き直し候補作(年代順)

    紀元前


    • クリックにて 700 pixel x 525 pixel 原寸画像を展開します。

    第一世代

    • マクロスへの帰着
    • 士官学校ブルース (小説『早瀬未沙 白い追憶』とは別世界と明記)
    ジュネーヴ大学にて、エミール・ラング宇宙工学学科教授と。

    リサ・ハイエスと、エミール・ラング教授との相互関係は「冬月コウゾウ」教授と教え子の「碇ユイ」との関係を思い出させます。




    (『マクロス・ゼロ』とは別世界と明記)

    第二世代

    表紙 VHT-2・A2型スパルタスと記念写真


    (新設定と全七巻の構想原稿に基づき、日本人作家によるリメイク)
    • 不満分子の蜂起
    (日本人向けに『レベルリオン』(反乱)と改題予定)

    第三世代

    • インビッド戦争
    • インビッド戦争:余波 (日本人向けに『メガロード・ミッション』と改題予定。第10話以降のメガロード調査隊のアカデミー社廃業により中断した企画を最新デジタル技術で描き直し、完結させる。)


    第四世代

    漫画リメイク選択基準+作品に独自性があるか否か

    1. ロボテック世界の根幹に関わるか、或いは世界観の正当な拡張に寄与しているか
    2. 読者を魅了する要素(キャラクター、物語、構成、絵柄《但し描画家交替で補完可能》、設定)が二つ以上あるかどうか

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます