" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

第2巻の表紙画廊 (第29頁・3種類)

2019年11月13日〔水曜日〕発売の『第2巻』の表紙

Remix "issue Two". (The release date : November 13th. 2019)
Story by @brendenfletcher
Art by: @iq40mail

  1. Cover A: Robert Wilson Iv (@robertwilsoniv )
  2. Cover B: Elmer Damaso (@iq40mail )
  3. Cover C: Rico Renzi (@whoisrico )

  1. Cover B: Elmer Damaso〔表紙 B:エルマー・ダマソ〕。背景の男性はジャック・ベイカー、レギオスの無人機版『ベクター』【Vector】を有人化した機体に搭乗。
  2. 『ベクター』【Vector】は機甲創世記モスピーダに登場するベリテック可変戦闘攻撃機であるVFA-6 レギオスの初期設定での名称。


  1. Cover A: Robert Wilson Iv 〔表紙 A:ロバートウィルソン Iv〕。
  2. 機体は、バルキリー(VF-1R シリーズ)バトロイド形態。


  • Cover C: Rico Renzi〔表紙 C :リコ・レンツィ〕

日本の Amazon にて Kindle書籍 が購入可能

ロボテック:リミックスの電子書籍 Kindle 版〔のみ〕は洋書〔英語版のみ〕として日本Amazonにて第1巻を皮切りに米国時間の各々の巻の発売日以降に順次購入可能になりました。






標題

ロボテック:リミックス

標題の英文字【 Series title 】

Robotech Remix

「リミックス・シリーズ」一連系列記事

  1. リミックス 01
  2. リミックス 02 
  3. リミックス 03

第2巻の登場人物の一覧(第4頁)

第06頁

第07頁

第08頁

第09頁

第11頁



サミー・ポーターは巨人の「フルサイズメルトラーティ 【Me'eltraeti】 サイズ」に転向し、彼女はマイクローン・サイズに縮小した「ミリア・ファリーナ」「Micronized Me'eltraet」Miriya Parina(Parino)に会った。
サミー・ポーター、彼女は強くて巨大な体(50フィート以上の巨人)を持ち、発掘と土木工事に従事して利用しています。

Robotech "Remix" Volume 02 , Giantess Ms. Sammy Porter transfer into giantess "full-size Me'eltraeti size" and she met "Micronized Me'eltraet" Miriya Parina (Parino).
Sammy, she has a strong and huge body (giantess 50 feetb over) and engaged in excavation and civil engineering work to utilize .

第12頁

第13頁

第14頁

第15頁

第16頁


第18頁

第19頁

第20頁

第21頁


第22頁

第23頁

第24頁

第25頁

第26頁

第30頁


私は1977年の11月(21日)の干ばつの終わりの暴風雨の間に生まれましたが、人生ではあらゆる種類の天気に満足しています。

私は生涯、サンフランシスコ湾岸地域(ベイエリア)に住んでいて、現在は夫、アーティストのブライアン・ベリュー、息子のマテオ、娘のミーナ、猫の「ジェニー・フリント」と「フィリッパ・ピュリップ」(ピッパ)、そして「クラッカー」という名前の非常に怠惰な顎髭トカゲと空間を共有しています。

2008年にサンノゼ州立大学の「創作文筆課程」(クリエイティブライティング・プログラム)を修士課程で卒業し、マージョリーマクラフリンフォーレンドルフ賞を受賞しました。 2006年、私の短編小説「パンチータのアシカ」はAWPイントロジャーナル賞を受賞し、コロラドレビューに掲載されました。

私のフィクションでは、Strange Horizo​​nsでの初期の作品からアンソロジーのコミックまで、「本を棚に戻せ:ベルとセバスチャンアンソロジー【 Put The Book Back On The Shelf: A Belle And Sebastian Anthology 】と、「これはお土産:スペアミント&シャーリーリーの歌」、そして「女性学:空間」【 Womanthology: Space 】、私の小説 『Half a Person』では、それが平凡なものであっても魔法の感覚を吹き込むよう努めています。

  • Put The Book Back On The Shelf: A Belle And Sebastian Anthology (English Edition)


Womanthology: Space (English Edition)


  • Half a Person


2003年1月から2012年1月まで、コミックおよびグラフィックノベルの出版社SLG Publishingの編集長を務め、2012年1月から2015年4月まで、Image Comicsで販売、広報、マーケティングを担当しました。
2015年から2018年までの教育における漫画の使用および出版社における漫画経験。

2006年、コミック業界での仕事に対して、Luluの友だちの「特別な女性」賞を受賞しました。
今週の出版者たち【Publishers Weekly】の「漫画人生」【Life in Comics】コラムを3年間執筆し、ブライアン・ベリュー【Brian Belew】が描いてComic Book Resources 'Robotで公開したコミック「Heaven Knows I's Miserable Now」でポップカルチャーが私の人生に与えた影響を調査しました6ブログ。

現在、パブリッシャーウィークリーのグラフィックノベルをレビューし、自分の小説とグラフィック・ノベルの執筆に取り組んでいます。

私は窓の外を見て、スミスに耳を傾け、「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」とクレオパトラ 7世 (VII)に深く魅了され、ボルテール、「ルネ・マグリット」、「ビョーク・グズムンズドッティル」の3人と誕生日〔11月21日〕を共有し、コロンビアの小説家「ガブリエル・ガルシア=マルケス」のように成長したいと思っています。
英語原文
I was born during a drought-ending rainstorm in November, but in life I am pleased with all sorts of weather. I have lived all my life in the San Francisco Bay Area and currently share my space with my husband, artist Brian Belew, my son Mateo, daughter Mina, cats Jenny Flint and Philippa Purrip (Pippa), and a very lazy bearded dragon named Crackers.

I graduated from San Jose State University’s creative writing program in 2008 with a Master of Fine Arts degree and was the recipient of the Marjorie McLaughlin Folendorf Award. In 2006, my short story “Panchita’s Sea Lion” won an AWP Intro Journal Award and was published in The Colorado Review.

In my fiction, from my early work in Strange Horizons to my comics in the anthologies Put The Book Back On The Shelf: A Belle And Sebastian Anthology and This Is A Souvenir: The Songs Of Spearmint & Shirley Lee, and Womanthology: Space, to my novel Half a Person, I strive to infuse a sense of magic even when about it is about the mundane.

From January 2003 until January 2012, I was editor-in-chief at the comics and graphic novel publisher SLG Publishing and I worked in sales, public relations, and marketing at Image Comics from January 2012 until April 2015. I also assisted with marketing for the comics education company and publisher Comics Experience from 2015 until 2018.

In 2006, I received the Friends of Lulu “Woman of Distinction” award for my work in the comics industry. I wrote my “Life in Comics” column for Publishers Weekly for three years and explored the influence of pop culture on my life in “Heaven Knows I’m Miserable Now,” a comic drawn by Brian Belew and published at Comic Book Resources’ Robot 6 blog. Currently, I review graphic novels for Publishers Weekly and work on writing my own novels and graphic novels.

I love to look out windows and listen to The Smiths, have a deep, abiding fascination for Wolfgang Amadeus Mozart and Cleopatra VII, share a birthday with three of my favorite people — Voltaire, René Magritte, and Björk — and wish I could grow up to be like Gabriel García Márquez.

文章優先
イーアソスは男子を欲していたために、アタランテーは生れると山に捨てられた。
狩人の一団が見出して養育するまで、アタランテーは雌熊に乳を与えられていたという。
この雌熊はアルテミスが送ったものである。

このようないきさつから、アタランテーはアルテミスにならい、成長しても結婚せずに処女を守り、武器を携えて狩に明け暮れた。
アタランテーはイアーソーン率いるアルゴナウタイに参加し、帰還後、ペリアースの葬礼競技ではアキレウスの父親ペーレウスとレスリングして勝ったともいう。カリュドーンの猪狩りにも参加し、メレアグロスによって一番の手柄とされた。

アタランテーの名声が高くなったため、求婚者たちが押し寄せた。

そこでアタランテーは、結婚の条件として、求婚者が彼女自身との競走に勝つこととし、競争に負けた者は殺されるとした。
ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』によれば、まず男を先にスタートさせ、武装したアタランテーが追い抜いた時点で男は射殺されたという。アタランテーは生きている人間のうちで最も足が速かったため、多くの若者が命を落とした。



PRESENTING A SERIES OF THOUGHT-PROMONG COLUMNS BY A VARIETY OF CONTRIBUTORS !
THE PROTO COLUMN BY JENNIFER DE GUZMAN (OCRによる解析結果)
帯文字
OF FOOT-RACES AND VERITECH FIGHTERS There is a story about a woman who was raised outside the world of men to be a fighter, a warrior, a hunter - with no conception that her sex could be a weakness, her gendef a lability. Secure in her strengths, she's convinced no man can best her, Indeed for a long time none do, and their lifeless bodies are her proof of her supenority. But then one does beat her. And our protagonist isn't exactly subdued or tamed or humbled., but she is irrtrigued. Finally, someone who can challenge her Or so I like to imagine it, Because the narrative of the woman who can't respect a man idnless he is her superior assumes that it is a woman "s natural role to be submissive, and that is not what l'cl call the woman in this story. If you think the woman in this story is Miriya = the .Zentraedi pilot who learns to love a human, Max Sterling, after he defeats her in combat, at a video game, and in a knife fight (worst first date ever?) - that's understandable. But shers not. While the story follows the same beats as that of Miriya and Max, the one l'rn thinking of is much older: the Greek myth al Ata!anta. Suckled by a bear and raised by hunters after her scummy father lett her in the woods as an infant because she was a girl, Atalanta made a fairly typical vow in Greek mythology - to never have sex with a man. The strict separation of the sexes in Zentraedi culture mirrors this, though as far as I know lvtliriya never shot two rapacious centaurs with arrows and killed them, as Atalanta did. Miriya's prowess in battle mirrors that of Atalanta as well. Boar-hunting, wrestling. foot-races - Atalanta proved herself superior to the men she faced in all of these. The foot-races were particularly brutal for them She would marry the man who managed to beat her but the losers would be summarily executed.
WOULD YOU LIKE A COLUMN ? JUST DROP US A LINE AT : ROBOTECH COMIC @ TITAN EMAIL.COM
コラム
Atalanta left a trail of men% heads rn her wake, until a man named Melanion slowed her down with a trail of magical golden apples given to him by Aphrodite herself_ Max didn't cheat to beat Minya, either in battle or at the video game, but, to me, her feats of bravery are nevertheless more profound than his. She root only leaves behind the only society she has ever known to try to integrate into a literally alien culture, but she takes it upon herseff to fight against those irlirheo were formerly her own people. 111 admit that my memory is a bit hazy about what happens after Minya and Max marry and Diana is born, but its my nature as a writer to Imagine and invent (just as it is for the creators of Robotech Remix).
"WHAT DO THE STORIES OF ATALANTA AND MIRIYA MEAN? THERE AREN'T EASY ANSWERS..."

Since I was a little gFrl watching %biotech for the first time, that impulse has made my musings fill in the gaps in the canon storyline. And in the stories of both Atalanta and Minya, many of the gaps come between their actions - their inner lives. What does it feel like to have been raised for one life and to then choose another? Do they have regrets? Are they glad for their new circumstances even while cursing that what brought them there was a moment of weakness? Atalanta beguiled by Aphrodite, Minya flustered by her own pride - what they valued most, their resolve, was riot enough to overcome a stronger force. There must have been a moment for both of them when it seemed like everything they knew(' but themselves was a lie. Miriya„

in this moment, believed herself too weak to live and asked Max to kill her. just as Atalanta killed the men whom she defeated. Arid again. I ask myself - what do the stories of Atalanta and Miriya mean? There aren't easy answers. Both are predicated on the idea that if a man wants a woman to love him, he has to win her. He has to make her believe that he deserves her But is he proving that he is her equal or is he demonstrating that he is her superior? In the case of Atalanta, it's neither - Melanion has to cheat to boat her. But with Minya and Max? Where we are watching from our culture, we might see a man dominating a woman - and since Robotech was created within the cultural context of the 1980s, perhaps that would be the obvious interpretation. But we can also choose to view the story from the perspective of someone within the story - from that of Miriya herself. After all, Miriya is not a mere Micronian as we are; she is a Zentraedi. from a culture that values strength and domination = and in exploring that, a multitude of possibitities bloom.

• Jennifer de Guzman is a writer from the San Francisco Bay Area where she reviews graphic novels, writes fiction. drinks tea, and nurtures her latest pop culture obsessions.. Her short comics story "The Vesta," with artist Leigh Dragoon. was published iirrWomanthcdogy: Space and her novel Half a Person is available digitally. She has an IYIFA in literature and creative writing.r a fact that she tries to drop into casual conversation as much as possible.
翻訳

OF FOOT-RACES AND VERITECH FIGHTERS 徒歩競走 と ベリテック可変戦闘機

これは、男性の世界の外で戦闘機、戦士、ハンターになるために育てられた女性についての物語です-彼女の性が弱さであり、彼女のgendefが不安定であるという概念はありません。彼女の強さを確保し、彼女は誰も彼女を最高にできないと確信している、確かに長い間誰も彼女をしない、そして彼らの生命のない体は彼女の忍耐の彼女の証拠である。しかし、その後、彼女をbeatります。そして、私たちの主人公は正確に抑制されたり調教されたり、謙虚にされたりはしませんが、彼女はおかしくなります。最後に、彼女に挑戦することができる人またはそう私はそれを想像するのが好きです、なぜなら、男性を無頓着に尊敬できない女性の物語は彼が彼女の上司であると仮定するので、それは女性「従順であることの自然な役割であり、それはこの物語の中で女性を呼んでいるものではありません。この物語の女性がミリヤ=人間であると考えるなら、人間であるマックス・スターリングを愛することを学ぶパイロット。ナイフの戦い(史上最悪の初デート?)-それは理解できますが、そうではありません。ストーリーはミリヤとマックスと同じビートに沿っていますが、考えているものははるかに古いです:ギリシャ神話アルアタ!彼女は少女だったので、彼女の幼い頃に森の中で彼女を手放した後、アタランタはギリシャ神話でかなり典型的な誓いを立てました-男とセックスしないように。私が知っている限りでは、lvtliriyaは決して2匹の強烈なケンタウロスを撃ったことはありませんが、Zentraedi文化の性別はこれを反映していますアタランタがしたように、矢を投げて殺した。ミリヤの戦闘力は、アタランタのそれも反映しています。イノシシ狩り、レスリング。フットレース-アタランタは、これらすべてで直面した男性よりも優れていることを証明しました。彼らにとっては足跡は特に残忍だった。彼女は彼女を打ち負かした男と結婚したが、敗者は即座に処刑された。
あなたはコラムが好きですか?ただドロップするだけでUS:ROBOTECH COMIC @ TITAN EMAIL.COM
コラム
アタランタは、アフロディーテ自身から与えられた魔法の黄金のリンゴの軌跡でメラニオンという名前の男性が彼女を遅くするまで、男性の頭の跡を残しました_マックスは、戦闘でもビデオゲームでも、ミンヤをMinすためにチートしませんでした、しかし、私にとっては、彼女の勇気の偉業はそれにもかかわらず、彼よりも深遠です。彼女は、文字通り異質の文化に溶け込もうとすることを知っている唯一の社会だけを残しますが、彼女は以前は自分の民族だったirirheoと戦うためにherseffにそれを取ります。 111私の記憶は、ミンヤとマックスが結婚し、ダイアナが生まれた後に何が起こるかについて少し曖昧であるが、想像し、発明する作家としての私の性質は(ちょうどRobotech Remixのクリエーターのためであるように)認めている。
「アタランタとミリヤの物語はどういう意味ですか?簡単な答えではありません...」

私が初めて%biotechを見ていたgFrlが少なかったので、その衝動によって、私のストーリーがキヤノンのストーリーラインのギャップを埋めました。そして、アタランタとミンヤの両方の物語では、ギャップの多くは、彼らの行動の間で生じます-彼らの内面の生活。ある人生のために育てられ、別の人生を選んだとはどう思いますか?彼らは後悔していますか?彼らがそこに来たのは弱さの瞬間だったと呪いながら、彼らは彼らの新しい状況に喜んでいますか?アフロランテに惑わされたアタランタは、自分のプライドに動揺したミンヤ-彼らが最も評価したもの、彼らの決意は、より強い力に打ち勝つのに十分に暴動でした。彼らが知っているすべてのことのように思えたとき、彼らの両方のための瞬間があったに違いない( 'しかし、彼ら自身は嘘だった。ミリヤ„

この瞬間、自分は弱すぎて生きられないと信じ、マックスに彼女を殺すように頼みました。アタランタが負けた男たちを殺したように。再び乾燥します。アタランタとミリヤの物語はどういう意味ですか?簡単な答えはありません。両方とも、男性が女性に彼を愛して欲しいなら、彼は彼女を勝たなければならないという考えに基づいています。彼は彼女に彼女に値すると信じさせる必要がありますが、彼は彼が彼女と同等であることを証明していますか、それとも彼が彼女の上司であることを証明していますか?アタランタの場合、それはどちらでもありません-メラニオンは彼女をボートするためにチートする必要があります。しかし、ミンヤとマックスとは?私たちの文化から私たちが見ているところでは、男性が女性を支配しているのを見るかもしれません-そして、ロボテックは1980年代の文化的文脈の中で作られたので、おそらくそれは明白な解釈でしょう。しかし、ストーリー内の誰かの視点から、ミリヤ自身の視点からストーリーを表示することもできます。結局のところ、ミリヤは私たちのように単なるミクロニア人ではありません。彼女はZentraediです。強さと支配を重視する文化から、そしてそれを探求する中で、多くの可能性が咲きます。

•ジェニファー・デ・グスマンは、サンフランシスコ湾岸地域の作家であり、そこでグラフィック小説をレビューし、フィクションを執筆しています。彼女はお茶を飲み、彼女の最新のポップカルチャーの強迫観念を育てます。アーティストのリー・ドラグーンとの彼女の短い漫画物語「The Vesta」。 iirrWomanthcdogy:Spaceと彼女の小説Half a Personはデジタルで入手できます。彼女は文学と創造的な執筆にIYIFAを持っています。rできるだけカジュアルな会話に取り込もうとするという事実。

両親

妹(次女、三女)

次女
三女

シリーズ構成

  1. ジャンヌ・フランセーズ第一次星間大戦に介入する為に時を遡り、幾多の死を回避したが、父のマクシミリアン・ジーナスと実母であるミリア・ファリーナが一緒に居ない時間軸を生じ、結果として彼女が知る姿と異なる世界を産み出した。
  2. マクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナの長女『ダーナ』〔「超時空騎団サザンクロス」のジャンヌ・フランセーズ〕とムジカ・ノヴァボウイ・エマーソン。〔別の世界線における結婚式の演奏会の記録ホログラフィ〕。そして現在の世界線での養母役は、ミリア・ファリーナである。

Dana time travelled back in time to intervene in the First Robotech War, averting a lot of death but making a timeline where Max and Miriya aren't together so she never sees him become the father figure she knew.

シリーズの概要

2019年7月19日「オタクニュース」(Flickering Myth | Geek News) の記者「ガリー・コリンソン」(Gary Collinson) は、2019年7月18日(太平洋夏時間) サンディエゴのコミコン・インターナショナル会場において、タイタン・ブックス社がネーム作家「ブレンダン・フレッチャー」(Brenden Fletcher) 、作画「エルマー・ダマソ」( Elmer Damaso)ほかによる新しい漫画シリーズ『ロボテック:リミックス』シリーズを開始することとし、その第1巻を2019年10月9日に発売すると発表した。

また「コミック・ウォッチ」(Comic Watch)の「ロス・ハッチンソン」(Ross Hutchinson) も同様の内容を報道すると共に、漫画シリーズ第1巻の本編のサンプルを2ページ分掲載した。

2019年7月22日(東部標準時)"Den of Geek"(「オタクの巣」を意味する)の記者「シャムス・ケリー」(Shamus Kelley) は、独占記事としてロボテック:リミックスシリーズ のデザインと新しい登場人物のキャラクターデザインを公開した。

  • 刊行巻数の総数は全25巻を予定している。
リミックス同一の艦船に乗り合わせている一家である、マクロスサーガ編のマックス艦長とミリア作戦指揮官、そして夫妻の長女であるダーナ・スターリング〔 超時空騎団サザンクロスジャンヌ・フランセーズ 〕との関係を主軸とするシリーズ。
伝統的なマスターズの物語のその後をマクロス編の登場人物〔ダーナの両親ほか〕を登場させて描く。
なおロボテックシリーズの原初設定とは異なり、原作の超時空要塞マクロスと同様に「ブリッジ・バニー」(ヴァネッサキムシャミー )は生存する別分岐の物語構成。
巻数未定。
2019年10月9日に第1巻
娘【長女】ダーナ〔ジャンヌ〕、父『マックス』,母『ミリア』
  • Elmer Damaso_〔エルマー・ダマソ〕による
  1. 【左】娘〔長女〕:ジャンヌ・フランセーズ
  2. 【中】父:マクシミリアン・ジーナス
  3. 【右】母:ミリア・ファリーナ
表紙

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます