" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

第4巻の表紙画廊 (第28頁・3種類)

標題

ロボテック:リミックス

標題の英文字【 Series title 】

Robotech Remix

「リミックス・シリーズ」一連系列記事

両親

妹(次女、三女)

次女
三女

日本 Amazon にて 第4巻 のKindle書籍 が購入可能

第01頁から第04頁 / 全34頁

  1. 第02頁:Credits〔クレジット、奥付〕※ 洋書には通常は奥付はなく扉に標題、著者名、出版社、出版年等を記す。
  2. 第03頁:The story so far〔これまでの経緯, これまでのあらすじ〕
  3. 第04頁:The cast〔登場人物〕





第05頁 / 全34頁

第06頁 / 全34頁

  • 「SDF-3 パイオニア」艦内宇宙港にてインド出身の歌手「アーナ」は「リサ・ハイエス」遠征艦隊軍提督 の出迎えを受けた。

第07頁 / 全34頁


第08頁 / 全34頁

第09頁 / 全34頁

第10頁 / 全34頁

第11頁 / 全34頁

第12頁 / 全34頁

第13頁 / 全34頁

第14頁 / 全34頁

第15頁 / 全34頁

第16頁 / 全34頁

第17頁 / 全34頁


第18頁 / 全34頁

第19頁 / 全34頁

第20頁 / 全34頁

  • インド出身の歌手「アーナ」と「リサ・ハイエス」遠征艦隊軍提督は、ゾンビ化したゼントラーディ兵一団の襲撃を受ける。

第21頁 / 全34頁

  • インド出身の歌手「アーナ」と「リサ・ハイエス」遠征艦隊軍提督を襲ったゾンビ化ゼントラーディ兵一団は謎めいた操縦士の搭乗する赤いバイオロイドの特殊攻撃で破壊された。

第22頁 / 全34頁

第23頁 / 全34頁

第24頁 / 全34頁

第25頁 / 全34頁

第26頁 / 全34頁

第27頁 / 全34頁

  • Doctor Who -The thirteenth doctor - (「ドクター・フー」-13人目の医師-) の第1巻の広告。

第28頁 / 全34頁

  • 第4巻の表紙画廊 (第28頁・3種類)

第29頁/全34頁



ニック・コクラン / Nick Cochran ( @mfdragonzord )

ロボテックは、如何にして私にテレビをもう一度楽しむ方法を教えたか

最近の人々のテレビの見方はご存知でしょう。テレビを見ることは、以前よりもずっと受動的です。

Netflix(ネットフリックス)またはHulu〔フールー〕に乗って作品を選べば、-BAM!- あなたはもうシリーズ映像作品の四季の中に居ます。
友人が映像作品の最新シーズンを見たかどうか尋ねると、あなたはそうではないことを認めることができますが、あなたは何かをしている間に振り向いて配信サービスを実行します...そして-出来上がり-
あなたは追いついています、友人と最新の映像作品シリーズの話題について話すことができます。

何らかの理由で、作品に参加するだけではうまくいきませんでした。
長い間、座って映像作品シリーズを見ることができませんでした。
私は何かに興味を持ち、それを視聴し始め、それから定かではない確信できない理由で落ちます。

私たちが望むあらゆる作品への即時アクセスのこの世界では、私が興味を持つべきと理解している映像作品から跳ね返りました。

何度も同じことが起こります:私は映像作品を視聴し始めて、本当にそれに夢中になって、ほんの数話のエピソードの後にそれを落とす【ダウンロードする】でしょう。

非常に多くの異なる作品を視聴するための多くの異なる試みの後、何も変わらないようでした。

それはすべてRobotechで変わりました。
私はポッドキャスト(RoboSkull Cast)を共同主催し、映像作品と漫画(ポッドキャストを開始する前に、私は実際に見たり読んだことがなかった)について話します。今では。

私たちは月に1回、映像作品を録画しますが、数時間前にエピソードを見るようにしているので、心に新鮮です。
問題なくRobotechについていくことができました。
私が見ようとした他のどのシリーズよりも楽しむことができました。

月に1回または2回だけ映像作品にさらされることは、数日または数回にわたってシリーズを参加することとは全く別の、非常に異なる料金がかかります
元々放映されていた映像作品を帯番組〔月曜〜金曜〕の映像作品シリーズのような視聴習慣で週に5回見ています。

あなた自身を制限しているとき、各エピソードはより特別になります。
他の人のために全て一緒に実行された可能性のある登場人物たちの熱いビートは、今では遥かに焦点を当てています。
シリーズ初期のエピソードで、私はリン・ミンメイを擁護したことを思い出し、私の共同ホストであるシャマスは、それは珍しいことであると述べました。

私がこの新しい方法で映像作品を視聴していたという事実は、彼女が登場人物として誰であるかについて本当に考えるようになり、人々が過去に行ったかもしれないと思うよりも遥かに有利になったことを意味しました。

「次回は、ひとときを過ごし、ロボテックのような映像作品をピックアップして、より系統的な段取り(ペース)でそれについて説明してください」

私は彼女が誰であるかについて本当に考えなければなりませんでした。なぜなら、1か月に1回若しくは2回それを視聴するだけで、視聴マラソンをしていなかったからです。
個々の登場人に歯を本当に沈めることができたので、理解しやすくなりました。

リック・ハンターは非常に欠陥のある登場人物であり、アメリカンシネマの大抵ほとんどの主人公の度量ほどでないことを理解することは、私が映像作品を視聴し駆け回っているだけでは実現できなかったことです。

通常、ミックスで失われるのは些細なことで、今では表面に浮かんでいるので、集中できます。
映像作品に参加した場合、個々のエピソードはミックスで失われてしまいます。

はい、単にゲームをプレイしてヒットするよりも映像作品を視聴するのは遅いですが、個々のエピソードに焦点を当てることで、物語を本当に楽しむことが出来ます。

この方法でRobotechを見るのは、面白くてユニークな経験でした。映像作品の可能性を実際に飲むことができるからです。

ピックアップされた小さな登場人物たちの要素が非常に多いため、シャムスは以前にシリーズをメイラスニングしたときに見逃していました。

一緒に私たちは両方で非常に多くのニュアンスを発見しました。物語や音楽の手がかりとしても、メディアを消費するまったく新しい方法であり、より魅力的な方法です。

ですから、それで多分、次に貴方が自らのテンポの速い人生に於いて暫しの時間がある時には、Robotechのような映像作品を選択して、もう少しきちんとした場所に行ってください。
そのことが、貴方が望み提示する世界に、本当に貴方の歯を沈めることに繋がるでしょう。

これまでより少しスローダウンするだけで何かを本当に楽しむことができます。

人生は短い、プロトカルチャーをお楽しみください。

良いものを持っている、
ニック


Nick Cochran(@mfdragonzord)は、10年近く彼のお気に入りの番組についてポッドキャスティングしてきたSFおよびTVファンです。彼は現在、「roboskullcast.libsyn.com」でRobotechについてpocdcastを行っています。

画像透かし彫りの優先露出

原文英語【HOW ROBOTECH TAUGHT ME TO ENJOY TV AGAIN 】
  • HOW ROBOTECH TAUGHT ME TO ENJOY TV AGAIN

You know how people watch TV nowadays. Watching TV is much more passive than it used to be.
You can get onto Netflix or Hulu and pick a show and - BAM! -you're already four seasons in.
When a friend asks you if you've seen the newest season of a show, you can admit you haven't but then turn around and put it on while you're doing something else... And - voila - you are caught up and can talk with your friends about it.

For some reason, just binging a show has never worked for me.
For the longest time, I haven't been able to sit down and just watch a series.
I would get interested in something, start watching it, then fall off for reasons I'm unsure of.
In this world of instant access to any show we want, have bounced off of things I KNOW I should be interested in.

Time after time, the same thing would happen: I would start a show get really into it, then drop it after only a few episodes.

Nothing seemed to change after many different attempts to watch so many different shows.

That all changed with Robotech.
I co-host a podcast (RoboSkull Cast) that talks about the show and the comics (which, prior to starting the podcast I'd never really seen or read), and that's kept me watching when I probably would have dropped any other series by now.

We record our show once a month, and I make sure to watch the episode just a few hours before, so it's fresh in my mind, I've found that I've been able to keep up with Robotech without an issue and I've grown to enjoy it more than any other series I've tried to watch.

Only being exposed to a show once or twice a month has a very different feering than binging a series over a few days or even
watching a show as it originally aired, five time a week.

Each episode becomes more special when you're limiting yourself.
Character beats that may have all ran together for others get much more focus now.
In an early episode of the series, I recall defending Minmei and my co.host, Shamus, remarked that was a rarity.

The fact that I was watching the show in this new way meant I got to really think about who she was as a character and came away from it much more favorably than I think people may have done in the past.

"MAYBE NEXT TIME YOU HAVE A MOMENT, PICK UP A SHOW LIKE ROBOTECH AND GO ABOUT IT AT A MORE METHODICAL PACE"

I got to really think about who she was simply because l was watching it once or twice a month and not marathoning it, and that made all the difference.

Getting to really sink my teeth into each individual character really helped me understandcinde them better.

Figuring out that Rick is a deeply flawed character, and not at all like most protagonists is something I never would have been able to do if I was just rushing through the show.

It's the little things that normally get lost in the mix that can now float to the surface and I can focus on.

If I binged the show, individual episodes would end up lost in the mix.
Yes, it's slower to watch than if I just hit play and let it all run through, but I can really enjoy the senes by focusing on each individual episode.

It's been an interesting and unique experience watching Robotech this way because I can really drink in the show's potential.

There are so many little characters elements picked up that Shamus had missed when he had mairathoned the series previously.

Together we both discovered so many nuances in the story or even a deep as the musical cues.
It's a completely new way for me to consume media and it's more enticing way of doing it.

So maybe next time you have a moment in the middle of your fast-paced life, pick up a show like Robotech and go about it at a bit more of a methodical place.

Really sink your teeth into the world that it presents you.

Truly enjoy something by just slowing down and I'm sure it'll make it just that much sweeter.

Life's short, enjoy the protoculture.

Have a good one,
Nick


Nick Cochran ( @mfdragonzord ) is a sci-fi and TV fan who has been podcasting about his favorite shows for nearly ten years, He currently pocdcasts about Robotech at "roboskullcast.libsyn.com"

第30頁/全34頁 〔次巻・第5巻の予告 〕

  • 2020年2月発売予定

第31頁/全34頁

第32頁/全34頁

表紙 A

  • 2020年1月8日(水曜) 発売予定 第4巻 Cover-A Elmer Damaso (@iq40mail ) 〔 表紙 A:エルマー・ダマソ 〕 作画。クリックにて PNG型式の画像原寸 1038 pixel x 1575 pxel (1.46 MB) を展開します。左よりリン・ミンメイ、インド系歌手「アーナ」、リック・ハンター。、

表紙 C

  • 2020年1月8日(水曜) 発売予定 Cover C : Rico Renzi ( @whoisrico )〔表紙 C:リコ・レンツィ〕。第4巻表紙。クリックにて PNG型式の画像原寸 1038 pixel x 1575 pxel (1.59 MB) を展開します。VF-1 バルキリー または、VF-1J バルキリー

表紙 B

  • 2020年1月8日(水曜) 発売予定 第4巻 Cover-B Daniele di Nicuolo ( @imkota )〔 表紙 B:ダニエル・ディ・ニコロ 作画 〕 クリックにて PNG型式の画像原寸 1038 pixel x 1575 pxel (3.07 MB) を展開します。
  1. リサ・ハイエス(早瀬未沙)
  2. リサ・ハイエス (ファンアート)(早瀬未沙ファンアート)
  3. リサ・ハイエス (センチネル版)
  4. リサ・ハイエス(提督就任期)(早瀬未沙:遠征艦隊軍・提督就任期)
  5. リサ・ハイエス(壮年期)(早瀬未沙:壮年期)



両親

妹(次女、三女)

次女
三女

シリーズ構成

  1. ジャンヌ・フランセーズ第一次星間大戦に介入する為に時を遡り、幾多の死を回避したが、父のマクシミリアン・ジーナスと実母であるミリア・ファリーナが一緒に居ない時間軸を生じ、結果として彼女が知る姿と異なる世界を産み出した。
  2. マクシミリアン・ジーナスミリア・ファリーナの長女『ダーナ』〔「超時空騎団サザンクロス」のジャンヌ・フランセーズ〕とムジカ・ノヴァボウイ・エマーソン。〔別の世界線における結婚式の演奏会の記録ホログラフィ〕。そして現在の世界線での養母役は、ミリア・ファリーナである。

Dana time travelled back in time to intervene in the First Robotech War, averting a lot of death but making a timeline where Max and Miriya aren't together so she never sees him become the father figure she knew.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます