" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

画像資料

「シマカゼ」級巡宙戦艦(初期型)シンクロ・キャノンは装備していない。

2番艦記事の分割案内

  1. イカロス
( 島風級巡宙戦艦2番艦【SDBC-15 UES Icarus】)

艦級

  • 島風級・超時空準宙戦艦
個艦名称と艦歴:
1SDBC-14UES 島風2042年就役運用中
2SDBC-15UES イカロス2041年就役運用中
3SDBC-16UES ル・トリオンファン2043年就役運用中
4SDBC-17UES ナイト2044年就役運用中
5SDBC-18UES シロッコ2045年就役運用中
6SDBC-19UES 狭霧建造中断-
7SDBC-20UES ヒーロー建造中断-
8SDBC-21UES マエストラーレ建造中断-
9SDBC-23名は割り当てられず建造中断-
10SDBC-24名は割り当てられず建造中断-
  • 注意:遠征艦隊軍は、船自体の公式船体数に影響の無い彼らの船に対して一時的な戦術的な艦籍番号を割り当て塗装します。
  • 例えば、「イカロス」【SDBC-15】はトーマス・ライリー・エドワーズの反乱の間、番号『99』を実行しましたが、最終的なインビッド戦争の間、彼女は戦術的な番号『86』を割り当てられました。

  • Designation:Shimakaze Class Super Dimensional Battlecruiser
  • Names and disposition:
SDBC-14UES ShimakazeCommissioned 2042In service.
SDBC-15UES IcarusCommissioned 2041In service.
SDBC-16UES Le TriomphantCommissioned 2043
SDBC-17UES KnightCommissioned 2044In service.
SDBC-18UES SciroccoCommissioned 2045In service.
SDBC-19UES Sagiriconstruction suspended-
SDBC-20UES Heroconstruction suspended-
SDBC-21UES Maestraleconstruction suspended-
SDBC-23no name assignedconstruction suspended-
SDBC-24no name assignedconstruction suspended-
  • Note:
the REF paints temporary, tactical numerical designators ontheir vessels which are not related to the official hullnumbers of the vessels themselves.
  • For example, the Icarus SDBC-15 carried the number '99'during the Edwards Rebellion but during the final Invidbattle, she was assigned the tactical number '86'.

乗員定数

艦内乗組員450名
航空群人員300名
  • 生命維持限界は完全な戦闘人員定数約1,000名の臨時冗員(この場合の乗員の総合計は1,750名となる)の備えがある。

  • Ship's complement:
Ships' crew450 men
Air group300 men
  • Life support limits are for a full combat complement andabout 1000 supernumaries (1750 men total).

寸法:

全長548m
全高主船体頂部まで100m、最上部までの147m。
全幅238m
質量作戦運用質量52万8,450 t.
推進剤
搭載量
最大6万530 t.

  • Dimensions:
Length548 m over all.
Height100 m over the main hull, 147 m over all.
Width238 m over all.
Mass528,450 metric tons, operational.
Fuel Mass60,530 metric tons, maximum.

推進システム:


  • 主動力システム:
RRG Mk.31プロトカルチャー (資源)供給式反射炉。
  • 推進システム
島風級の動力装置は、最大出力による過熱により、自動遮断装置が出力を自動停止するまでの70分間 677 Terawattsを、伝達可能で、この間は最大出力で作動可能。
機動スラスター (14):操向可能な噴射口を持つ核融合プラズマ反応反動推進エンジンの集合体。
4基は前方船体、4基は後部船体の周囲、残り4基は船体の片持ち部(アウトリガー)の上下であり、そして2基は支持架(パイロン)により支えられた格納庫の各側面に位置する。
反動質量スラスター(2):後部実船体の向こう側を越えて設置される、ティロル・エンジニアリング・NET-23 核融合プラズマ反動スラスター。
反動質量スラスター(2):ティロル・エンジニアリング・NET-24 核融合プラズマ反動スラスターはそれぞれの格納庫の支持構造の後部に取り付けられた。
非常スラスター(4):主反応翼状スラスターの内側の2つの垂直配置と対になるプロトカルチャー (資源)エナジャイザー付きの「スネクマ【SNECMA】 BCET-6T 核融合プラズマ反動スラスター」。

  • Main power system:
RRG Mk.31Protoculture-fueled Reflex furnace.
  • Propulsion systems: The powerplant of a Shimakaze-class vessel can deliver upto 677 Terawatts of power, and can operate for seventyminutes at maximum power before overheating.
Maneuvering thruster(14)Fusion-plasma reaction thruster clusters with steerablenozzles.
Four are located around the forward hull, four around the aft hull, four above and below the hull outriggers, and two on each side of the hangar support pylons.
Reaction-mass thrusters (2)Tirol Engineering NET-23 fusion-plasma reaction thrusters,mounted above the other in the rear hull.
Reaction-mass thrusters (2)Tirol Engineering NET-24 fusion-plasma reaction thrusters,one mounted at the rear end of each hangar support structure.
Emergency thrusters (4)SNECMA BCET-6T fusion-plasma reaction thrusters with protoculture energizer paired in two vertical arrangementsto the inside of the main reaction wing thrusters.

反重力システム(1)

  • 4基の RRGタイタン反重力ポッド。

・Anti-gravity system (1):Four RRG Titan anti-gravity pods.

フォールド装置

  • RRG (Robotech Research Group) Mk31 空間フォールドシステム(1):
  • このシステムは、球体のフォールド気泡を発生させることが可能で、フォールド半径で数隻の管腔下の船を輸送できる。

  • Space Fold (1):RRG (Robotech Research Group) Mk31 spacefold.
This system can generate a spherical fold bubble and cantransport several subluminal ships in its fold radius.

惑星能力

島風級はその反動スラスターと反重力システムを通して最小限の大気中の能力を持っている。
しかしながら最高速度と機動性は低く、外皮の構造に過度に負荷ストレスを与えないように細心の注意を払わなければならない。

船体支持の備えの無い地点に着陸する際、巡宙戦艦は、格納庫、外側のセンサー配列、および貨物倉への損害を防ぐために、マイナス99% の局所的な加速度で常に船体の反重力装置を作動させなければならない。

適切な船体の支持足場を備えた着陸地点を準備したならば(反重力装置を停止した)「冷たい」着陸が可能である。
一般的にこの着陸手法は、艦隊の基地でのみ利用可能である。

船が水に浮かぶので、海洋着水は推奨された着陸方法である。
しかしこれは、特にデストロイドなどの機動兵器にとっては、船内の出入口を制限するだろう。

  • Planetary Capabilities:
The Shimakaze-class has minimal atmospheric capabilitiesthrough its reaction thrusters and anti-gravity system.
However, maximum speed and maneuverability are low andextreme care must be taken not to overstress the hullstructure.
While landed in an unprepared location, the battle cruiser must operate her antigravs at -99% local g at all times to prevent damage to the hangars, outer sensor arrays, and thecargo hold.

A 'cold' landing can be made if the landing spot has been suitably prepared with support scaffolding.
Typically this is only available at fleet bases.

As the ship will float, an oceanic landing is the preferredlanding method.
However, this will limit the accesibility to the ship,especially for mecha.

持久力と移動力の限界

消耗品持久力は、最大1年。その後、島風級は物資補充する必要がある。
水の蓄えは、殆んど完全にリサイクルされる。多くの遠征艦隊所属の乗組員は艦内の未使用の空間に水耕法の植物の施設を加えた。
しかし、この限られた新鮮野菜や果物の供給は、乗組員を無期限に扶養する為には不十分である。
機動兵器の消耗品の在庫(主にミサイル)は限られている。
島風級は20日間以上連続した戦闘行為を支えることが出来ない。

反応炉は、通常の使用水準で約25年、反応剤促進剤(エナジャイザー)【Energizer】の再処理の必要無しで機能することが可能。

主推進力システムは全力で、最小の反応効率の推力で最高13.8 Giga-newtons、または最大効率設定推力で僅か 0.35 Giga-newtons を出力可能。
低出力水準で、これらの推力は、相応してより小さい。

全力で、島風級は 0.1Gの巡航加速で最大170kpsの デルタ-v を達成可能、1.0Gの戦闘加速で最大 34kps のデルタ-v、そして、2.5Gの船腹加速の最大 9.5kpsのデルタ-vを実行可能。
低出力水準で、これらの範囲は相応してより小さい。

最大持続大気・重力圏内速度は、マッハ1に制限されている。

反重力システムの最大の浮上時間は、「プロトカルチャー (資源)供給と整備条件だけによって制限される。

  • Endurance and mobility limits:
The dry stores endurance is one year maximum;after that, the battlecruiser needs to restock.
Water stores are recycled almost totally, and many crewsadd hydroponic plants to unused spaces, providing the crewwith a limited supply of fresh vegetables, but this isinsufficient to provide for the crew indefinitely.
The mecha consumables supplies (mainly missiles) are limited;the Shimakaze is unable to sustain continuous combatoperations for much more than 20 days.

The Reflex furnace can function for about 25 years atnormal usage levels before an energizer rebuild isnecessary.

At full power, the main propulsion systems can produce upto 13.8 Giganewtons of thrust at a minimal reaction mass efficiency profile, or as little as 0.35 Giganewtons of thrust at a maximum efficiency setting.
At lower power levels, these thrusts are commensurately smaller.
At full power, the Shimakaze-class can achieve a maximum delta-v of 170 kps at the cruising acceleration of 0.1gees, a maximum delta-v of 34 kps at the battle acceleration of 1.0 gees, and a delta-v of at most 9.5 kps at the flank acceleration of 2.5 gees.

At lower power levels, these ranges are commensuratelysmaller.

The maximum sustained atmospheric speed is Mach 1.

The maximum hover time on the anti-gravity systems is limited only by the protoculture supplies and maintenancerequirements.

兵装システム:

RRG シンクロ・キャノン Mk.1A(1)この重艦船由来の火器には、14万kmの有効射程がある。
全力でその火砲には、20Mt核融合爆弾相当の有効利得があり、典型的な宇宙戦では、より高率の発射間隔を許容する為、砲は150Ktの減格設定で発射される。
ゼントラーディの砲艦か、マクロス級・超時空要塞やそれらの派生艦船と異なり、最新の技術に基づくこの火器は分裂する艦首を必要としない。
火器は中央の前方船体の隙間に位置している。
ボフォーズ RL-45
2連装・粒子ビーム砲搭 (1)
島風級の上部船体には、地球統合宇宙軍の通常用いられる最大級の砲塔が設置されている。
この火器は、5秒周期で 9,000MJ の総衝撃エネルギーの持続ビームを発火する。
Mk.410 重垂直発射【VL】
ミサイル発射筒(30)
重砲塔の後方と艦橋塔の正面には、2列×15基の30本の重ミサイル発射筒が格納されている。
ミサイル格納筒は実際に重対艦船・長距離ミサイル「スカイロード」【Skylord】を含む標準の遠征艦隊軍・対艦ミサイルのいずれも発射可能。
ミサイルは格納筒の2列間に位置しており、60本の「スカイロード」【Skylord】ミサイル、又はより多くの小型のミサイルに十分な格納容量を持つ。
RF-10T 個艦防御砲塔(5)5基の標準の遠征艦隊軍 CIWS 砲塔が戦闘司令塔の周囲に設置される。
各々の粒子ビーム砲搭は、それぞれ毎秒 320 MJ 、或いはより高率の発射間隔を持つ為の比較的低出力の粒子エネルギーを発火可能。

Weapon systems:・RRG Synchro Cannon Mk.1A (1): This heavy ship-borne weapons has an effective range of 140,000 km; at full power it has the effective yield of a 20 Mt fusion weapon, but in typical space battles the cannon is fired at a reduced setting of 150 Kt, which allows for a higher rate of fire.

Unlike the Zentraedi Monitor, or the Macrossbattlefortresses and their derivatives, this weapon, based upon the latest technologies, does not require a split-boom.

The weapon is located in an aperture in the central forward body.
・Bofors RL-45 twin Particle Beam Turret (1).
The upper hull of the Shimakaze class mounts one turret with the largest cannons in general use with the Robotech Defense Forces.

The weapons have a cyclic rate of five seconds and fire a sustained beam with a total impact energy of 9000 MJ.

・Mk.410 heavy VL missile tube (30).

Behind the heavy turret and in front of the bridge tower thirty heavy missile tubes are mounted in two rows offifteen.

The tubes can launch virtually any of the standard REF anti-ship missiles, including the heavy Skylord weapons.

A missile is located between the two rows of tubes,sufficient for 60 Skylord missiles, or a larger number of smaller missiles.

・RF-10T Point Defense turrets (5):
Five standard REF CIWS turrets are mounted around the command tower.
Each can fire 320 MJ of particle energy four times persecond, or a smaller yield at a higher rate of fire.

航空群と機動兵器の定数

主発進格納庫24機のVF/A-6 レギオス]/VQ-6 無人レギオス【ASAVAN】(*)
副格納庫12機の VF/B-9 トレッドか他の機動兵器。
艦内2艇の RC-4 ラビット 軽人員/貨物連絡艇(シャトル)。
  • 注意:少なくとも各々のパイロットに割り当てられる個人装備に由来する変数となる、各員に1台が割り当てられるサイクロン(一般名称)可変・自動二輪車輛が、艦内警備やその付随任務(連絡や艦内侵入者偵察など)に利用可能。
  • 主船体の格納庫には、24機の単機の VF/A-6 レギオス]/VQ-6 無人レギオス【ASAVAN】(*)に替えて、合体した「VF/A-6 レギオス]+ VF/B-9 トレッド」10組をのセットを格納するのに十分な容積がある。

Air group and mecha complement:
・24 VF/A-6 Alphas/VQ-6S ASAVANs(*) in the main launch bay,
・12 VF/B-9 Betas or other mecha in the secondary hangars,
・2 RC-4 Rabbit light personnel and cargo shuttles.

Notes:At least one Cyclone mecha is available for each pilot, as well as a variable number for ship security and such.
There is sufficient room in the main hull hangar for ten Alpha/Beta combinations instead of the 24 Alphas.

電子装置

大型のプロトカルチャー (資源)探知器は、この島風級に導入され、しばしば20天文単位【AU】の距離でインビッドらのエネルギー反応の構成を検出・特定可能。
受信アンテナは貨物室の下に設置される。

島風級は全ての同型艦艇がシャドウ技術によるプロトカルチャー (資源)放出を抑制する遮蔽装置(ステルス機能)を備えている。

- Electronics:
  • A large Protoculture detector, capable of detecting andidentifying Invid energizer configurations at distances ofover 20 AU is often installed in this class.
    The antenna is mounted under the cargo bay.
  • The Shimakaze class are all equipped with Shadow cloaking devices.

設計註記:

Shimakaze級の設計は遠征艦隊軍の3つのより古い艦船級に代替可能な艦船を設計する試みを始めました:

トリスター(トライスター)級・大型巡宙戦艦、バトル級重巡宙艦、およびガーフィッシュ級斥候軽巡宙艦を点灯します。

サイズでバトル級重巡宙艦におよそ匹敵する船上でこれを達成できることが初期段階で望まれていましたが、これは不可能であると判明しまし、それがトリスター(トライスター)級・大型巡宙戦艦より大きくなるまで、設計は拡大成長しましたがそれでも、雷(イカヅチ)級より幾らか小さい空母ですが。

この成長は、Shimakaze-級が多くのより小型の艦船を代替可能な程度には決して生産性が良くないことを意味しましたが、より専用の対艦船駆逐用途の艦船級が、雷(イカヅチ)級空母を護衛することを意味したように、結局この設計を受け入れました。

またモジュール方式の多くがガーフィッシュ級斥候軽巡宙艦で使用されている状態で、島風級は設計されました。

艦首全体は低い主要なボディー部のようにボルトされ、独立した外皮区画として設計されました。
これは次にそれらの艦艇との代替が予定されていたガーフィッシュ級斥候軽巡宙艦のような信じられない柔軟性をデザインに与えたでしょう。
同様に外皮デザインは、要求は惑星表面に到達可能な装甲貨物部のために立案されたが、また艦隊巡宙艦として使われるとき、用意を整えた光線とミサイル装備は艦船に一流のより多くの火力を区分します。

しかしながら2029年に、新型艦の2番艦イカロストーマス・ライリー・エドワーズの反逆の間に盗まれました。
船が改装されたとき、従来型の反射砲とほとんど同じくらい強力だが、より速く発火可能な状態の新型のより高信頼で多量でない砲が新設計の艦首部を登りました。

即座にこの艦首部は、分析コピーされて、次に、全ての島風級の為の標準区画になりました。

大型のプロトカルチャー (資源)探知器は外皮の下の貨物付属に最も一般的に取り付けられます。

島風級には六角形の外皮があって、2つの片持ち(アウトリガー)で、センサーシステム装着機関部、格納庫、および外皮の前進の区画が取り外し可能ですが、上で同じくらい説明されているのが現在の操作上の継手の下にいつもシンクロ・キャノン砲を含みます。
外皮の下側の後部の部分は、別の専門化している外皮部をそこに付けることができるように開いています。

固定外皮の上側の前進の部分は重艦船火砲と重いミサイル発射装置を含んでいます。

ミサイル弾倉の下では、2つの迅速な発射湾が外皮の各側面にある状態で、レギオス格納庫は位置しています。

司令塔はCIWS砲座によって保護された主船体上で上昇します。

片持ち(アウトリガー)部分はトレッド戦闘爆撃機か他の機動兵器(デストロイド)と、追加センサー砲座のための追加格納庫を含んでいます。

島風級の提案された命名計画は第二次世界大戦時代の駆逐艦で、この艦級の為に想定された大量建造生産に見合った名前の非常に多数が建造された日本の艦級のものでした。

Design notes:
The Shimakaze class design started as an attempt to designa vessel that could replace three older ship classes in theRobotech Expeditionary Forces:
the Tristar-class large cruisers, the Battle-class heavycruisers, and the Garfish-class light scout cruisers.
Although it was intially hoped that this could be achievedon a vessel roughly comparable in size to the Battle-class,this turned out to be impossible and the design grew untilit was larger than the Tristar-class, although stillsomewhat smaller than the Ikazuchi-class carriers.

This growth meant that the Shimakaze-class would never be numerous enough to replace the many smaller vessels, but the design was eventually accepted as a more dedicated shipkiller vessel meant to escort the Ikazuchi-class carriers.

The Shimakaze-class was designed with much of themodularity also used on the Garfish-class.

The entire nose was designed as a bolt-on, stand-alone hullsection, as was the lower central body section.

This would have given the design an incredible flexibility,like the Garfish-class they were then still slated toreplace.

Similarly with the hull design, requirements were drawn up for armored cargo sections that could be delivered to planetary surfaces, but also beam and missile armedsections to gove the class more firepower when used asfleet cruisers.

However, in 2029 the second of the new cruisers, theIcarus, was stolen in the course of the Edwards rebellion.
When the vessel was retaken, she mounted a new design nosesection with a new type of cannon, almost as powerful as areflex cannon, but faster firing, more reliable and lessvoluminous.
In short order this nose section was analyzed and copied,then became the standard section for all Shimakaze-classvessels.
A large protoculture detector is most commonly mounted onthe cargo-attachment underneath the hull.

The Shimakaze-class has a hexagonal hull, with twooutriggers that mount engines, hangars and sensor systems.The forward section of the hull is detachable but asexplained above, under the current operational fitting,always contains a Synchro cannon.

The lower aft part of the hull is open so that anotherspecialised hull section can be attached there.

The upper forward part of the fixed hull contains the heavyanti-ship cannons and the heavy missile launchers;underneath the missile magazine the Alpha hangars arelocated, with two quick-launch bays on each side of thehull.
A command tower rises over the main hull, protected by theCIWS emplacements.

The outriggers contain additional hangars for Beta fightersor other mecha, as well as additional sensor emplacements.

The proposed naming scheme for the Shimakaze class was forWorld War 2 era destroyers, a very numerous category ofnames which would have sufficed for the large productionrun envisioned for this class.

開発及び運用歴

歴史:元々雷(イカヅチ)級空母の汎用護衛艦艇の類型になるように、以前の第二世代(開発系列図 (艦船)参照)の3種類の異なる艦船級に以降の代替を意図したが、島風級はインビッドを地球から排除する試みの間の「白い象」(始末に困る物の意味。詳細は欄外註記*1 )であることが判明した。

女王リージス率いるインビッドは重戦艦を使う正攻法よりはむしろ、非武装の衛星軌道上の空母「シェルドゥ」からの大規模な自爆テロを専ら戦術として用いた。
自爆テロ戦術の採用は、空母「シェルドゥ」級の存在を「必要以上に重い大型軍艦への選択から回避保護させる方向」に専念させることが出来た。
雷(イカヅチ)級空母は、自らより効率的にこの脅威に対処可能と考えられ、これらは搭載している多数の艦隊防衛戦闘機、及びインビッドのモルスク【Mollusk】級空母とはかなり対等に渡り合える、第二世代艦艇に較べて小型だが多数の火砲により説明された。

結果として、この島風級の建造は第5番目の個艦、「UES シロッコ」の後に縮小された。

6番艦〜10番艦の個艦が既に建造始動され、艤装仕上げをしていない艦船が衛星ティロル近くに格納されたが、他の全ての先行発注品の構造物理が他船に流用されるか、または廃棄された。

既に言及されたように、2番艦、UESイカロストーマス・ライリー・エドワーズ准将の謀叛の間に、盗まれた。
その時、島風級の1番艦「島風」は進宙はおろか未だ竣工完了すらしていなかったが、島風級の基本設計はこの闘争において、島風級2番艦、UESイカロスが新装備の主砲シンクロ・キャノンで超時空揚陸艦トクガワ級の1番艦隊 SLS-01「UES トクガワ」を滅ぼしたとき立証された。

2番艦「UESイカロス」もまたハイドニット軍との初戦に於ける殊勲的な戦歴活動を得た。

History:

Although originally intended to replace three differentship classes and later to be the multi-purpose escortcompanion to the Ikazuchi-class carriers, the Shimakazeclass turned out to be something of a white elephant during the attempts to dislodge the Invid from the Earth.

Rather than with heavy warships, the Regis's Invid almost exclusively used massive suicide attacks from unarmed orbital carriers.
This made the existance of a ship class devoted to protect the carriers from heavy warships super flous.

The Ikazuchi-class carriers were considered capable of dealing with this threat themselves more efficiently, onaccount for their large number of defensive fighters, and their smaller but more numerous cannons, which were quite capable of dealing with the Invid Mollusk carriers.

As a consequence, production of the class was curtailedafter the fifth unit, UES Scirocco.
The sixth through tenth vessel had already been started,and the unfinished ships were stored near Tirol, but allother long-lead items were used for other ships orscrapped.

As related, the UES Icarus was stolen during the EdwardsRebellion.
At that time the first of the class had not even beenfinished yet, but the basic design of the Shimakaze-classwas proven in this conflict, when the UES Icarus destroyedthe battleship UES Tokugawa with her new main cannon.
The other ships of the class did not take part in thisconflict, as they were still incomplete and the REF did notneed to use unfinished ships to deal with the rebels.
One consequence of this action though was the production of Synchro cannon forward modules for all Shimakaze classships.
After the rebellion the nameship was completed and three more units entered service, typically serving as the escort squadron for the battle fortresses of the REF.

During the final battle of the Third Robotech War, four ofthe five vessels of the class formed the Bombardment Groupwith the SDF-4 Liberator.
The UES Icarus also gave sterling service in the firstbattles with Haydonite forces.

原文英語解説

参考記事(第1/第2世代艦船との対比)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます