" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

エイミーの墓

本人画像(生前)

最後に試験飛行を行った機体

VFX-6 ジニーア 【 VFX-6 "Genia" 】*1


テスト・パイロット
西暦2025年、グレンデール・フォッカー飛行場跡地


(連邦航空局識別番号


FAA identifier: wv66【 GWV, WV66 】



に於いて、戦闘機形態からバトロイド形態への遷移テスト中に


予期せぬソフトウェアの不具合が発生、


急遽「戦闘機形態」に復航変形を行おうとしたところ、


そのまま制御不能となり、墜落炎上した。

Google 地図情報【グレンデール・フォッカー飛行場跡地】



不審な事故頻発による開発中止

アナトール・エリ・レオナルド(クロード・レオン)【Anatole EliLeonard/Claude Leon】の墜落した異星の船〔後の『SDF-1 マクロス』〕から獲得されたロボット工学技術【Robotech-nology】と、その応用であるベリテック【VERITECH】機動兵器に向かった彼の猛烈な反対は、テストパイロットエイミー・デボラ・ポラード【Amy Deborah Pollard】の生命の犠牲を要求した遠征艦隊軍【UEEF】 VFX-6ジニーア【Genia】註記*2可変戦闘機に関する疑わしい一連の飛行事故に関して、調査が入った際に容疑者になりました。

事故はその後、破壊活動 (『ジール・ヴォーデル』博士の犯罪【Dr. Gilles Vaudell's Crimes】と呼ばれる) による、考え抜かれた計画的な行為であることが後に明らかにされました。

そして、それらは彼の前の元補佐官に依って調整されていました。

アナトール・エリ・レオナルド(クロード・レオン)【Anatole Eli Leonard/Claude Leon】は、この事件に関して決して公的に関与を指摘させられませんでしたが、彼が地球統合軍・国防軍【UEDF、旧称:RDF】及びそれに関連した、如何なる機動兵器(メカ)の双方も不信頼にさせて評価を落とす意図を持つ計画を組み合わせたという疑いは高いまま残っていました。

アナトール・エリ・レオナルドは自らのデストロイド計画、別名プロジェクト・エクスキャリヴァー【"Project Excalibur"】を確実に実行させる為の工作であるという意見も未だ残ったままでした。

レギオスの空軍系企業提出の競作機

ジニーアは 空軍系企業が*3ビッカース&クライスラー・コンチネンタル連合に 『自分達なら同じフレームを使ってもっとましな機体を作る』 と統合政府に技術開示命令を出させて開発した機体です。

デモンストレーションカラーがスカル大隊なのは、ロックウェル&ベル(艦上機ノウハウはノースロップ・グラマン関与)側の逆襲の意図が見え隠れします。

祝・初の日本人によるイラスト


画像の出典:「VFX-6 ジニーア」_「あ〜る」のイラスト 【 pixiv 】 1,476 pixel × 1,476 pixel ( 660px × 660px で表示) クリックにて原寸 pixel 画像を展開します。

競争試作の敗因は?

レギオスに較べ長大な航続力(プロトカルチャー (資源)/HBT交換間隔は1年を保証)やインビッド以外の外敵(ハイドニット)にも対応可能な汎用性、機動力などに勝っていながら競争に破れた。原因は陸軍系企業の妨害の他にインビッドに特化したレギオスと違い、ミサイル追加パック( FASTパック )が必要など、バルキリー同様「器用貧乏」に陥ったことも敗因でした。

関連項目

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます