" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

マスターファイル のお知らせ

VFH マスターファイル オーロラン

【 VERITECH Fighter / Helicopter Master File VFH-10 Auroran , VFH-12 Supreme-Auroran 】

可変戦闘機 VFH-10 オーロラン 右センサーポッド接続部

この視点では見えなくなってしまう、右側のセンサーポッド(ガンポッドパイロン)の構造を透視図で作成。


可変戦闘機オーロラン:下腕変形過程1(phase01-03)

  1. 過程01から過程06までの一連の系列は、整備モードが呼び出されたときにのみ両腕の変形と移動を再現可能とする、動作試験のためのオーロランの固定翼形態における特別な状態です。
  2. VERITECH Fighter VFH-10C "Auroran" (AGAC) : The series sequence 01 to 06 arts are a special condition in AGAC's fixed wing mode to test the reproducible movement of the arm movement only when the maintenance mode is called.

可変戦闘機オーロラン:下腕変形過程2(phase04,phase05,phase06)

固定翼』航空機形態の平面図

固定翼X字翼「クロス・ファイター」形態、及び『後退翼』の高速一撃離脱戦闘機「クルセイダー」形態の平面図を示す。

This aircraft transforms into fixed X - wing mode slightly before the helicopter 's never - exceed speed (Velocity never extended , Vne.), And when it gets faster, fixed X - wing is retracted and "Y" is inverted the aircraft transform it into high speed jet mode with swept wing.

実際にバトロイド形態に変形可能な機体

足裏と手指

オーロランの操縦席の前面パネル


  1. 3月3日12時30分更新:サイクリック・スティック、コレクティブ・レバーのヘリコプター操縦系統と理解されるよう、操作機器の説得力を改良。
  2. (Updated on March 03 at 12:30) :
Improved convincing power of operating devices so that it can be understood as a helicopter control system of cyclic stick and collective lever.

  1. 2019年2月28日23時10分更新:バトロイド形態用の「Da 'Vinci II」手首および5本指・遠隔操作・精密制御システム
  2. JST 23:10 February 28 2019 update :
"Da' Vinci II" hand and five-finger manipulator precise control system for Battloid mode.

中期型 Block 44

  1. 2019年2月28日23時10分更新:バトロイド形態用の「Da 'Vinci」手首および5本指・遠隔操作・精密制御システム
  2. JST 23:10 February 28 2019 update :
"Da' Vinci " hand and five-finger manipulator precise control system for Battloid mode.



(Early production model) block 02
F-35のコックピット
VFH-10A 操縦席の前面パネル (Instruments Panel)


側面


HUD〔ヘッドアップ・ディスプレイ〕
  • F-35 のような簡素な一体型ディスプレイの装備されたオーロランだが、予備だろうか?




可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」3形態の平面形比較図

(正規ジャイロダイン形態)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」
変形レバー
スロットルと同じく、ファイター、ヘリコプター、バトロイド の三形態に対応して、3本。




かな
スロットル配置




操縦席の後方




コクピット






VFH-10A 操縦席の前面パネル (Instruments Panel)
  1. It is unpublished in the general public though lineart (Settei art) of VFH-10A AGACs "Auroran" is drawn.
  2. Therefore, the film that takes a picture of the cockpit and the instrument board of VFH-10A is scarce.
  3. Original S.D.C Southern Cross ep.18 “Triple Mirror" (Robotech Masters ep.50 Triumvirate corresponding) ,capture from the screen of time duration about 18:54.



基本型・発展型・変形過程・CG画像 記事のお知らせ

基本型 VFH-10 については、煩雑(はんざつ)回避の為、
下記を参照下さい。VFH-10 オーロラン

  1. 発展型 「VFH-12スーパー・オーロラン」 は生産拠点が北欧(スウェーデン SAAB社)と日本国(川崎重工業)に分割され、地域派生型が生じています。
  2. また、特性や運用が基本型と異なる為、下記の記事に移行しました。
発展型 "VFH-12 Super Auroran" については、煩雑(はんざつ)回避の為、
下記を参照下さい。スーパー・オーロラン
変形過程については、オーロラン(変形過程)
【 VFH-10 Auroran Transformation sequence 】
に移しましたので、そちらをご覧下さい。
手脚ユニットを排除した派生型については、オーロラン (派生型)をご覧ください。

CG画像については、オーロラン (CG画像)【 VFH-10 Auroran CG-images 】に移しましたので、そちらをご覧下さい。

目次 【Index】

  • 固定翼』航空機形態の平面図
  • 実際にバトロイド形態に変形可能な機体
  • オーロランの操縦席の前面パネル
  • 中期型 Block 44
  • ガンポッド無し
  • (固定翼形態)可変戦闘機「VFH-10 オーロラン」
  • 基本型・発展型・変形過程・CG画像 記事のお知らせ
  • 目次 【Index】
  • 機体側面
  • (新訂版)ロボテック ® RPG資料本 : マスターズ・サーガの画稿
  • バトロイド形態の最新画像
  • 当時のセル画より
  • 作画資料(固定翼,The fixed wings mode)
  • 固定翼形態
  • ストックホルム駐屯地の隊内標識から
    •  
  • ライセンス生産拠点の一つ、サーブ社 【 SAAB 】
  • 掲載元作品


  • 機体側面



    (新訂版)ロボテック ® RPG資料本 : マスターズ・サーガの画稿

    航空騎兵機として運用された「VFH-10B(後期生産型、B型は大気圏内の戦術空軍・陸軍航空隊専用に最適化された)の夕刻の峡谷での戦闘場面。
    本機の夜間戦闘能力はこのような場面でも有効だった。
    左側:原画右側:実書籍の表紙
    Palladium Books INC. Robotech®: The Masters Saga Sourcebook
    『アポロ 岡村』【Apollo Okamura】氏 の画稿より。

    バトロイド形態の最新画像

    パラデイウム社資料本より

    • ブライアン・マニング氏による作画。

    回転翼形態

    X字翼は宇宙空間では、放熱板とスラスター・モーメント・アームとして機能し、死荷重とならない工夫がされている。

    • 宇宙空間での活動「時間」は VF-1 バルキリーFASTパック装備の2倍。これは第二世代の高効率・低燃費スラスターと推進剤のイオン・プラズマ化による高出力&小型化に負うところが大きい。これに対応する為に廃熱効率も向上の工夫が必要とされた。

    • I correct "Coaxial roter" miss-used jet blast nozzle directions. 背部の回転翼の羽根の先端部の噴出口の向きの間違い〔両端が互い違いになるのが正解〕を訂正した制式設定画。


    1. 背部の回転翼の羽根の先端部の噴出口の向きの間違い〔両端が互い違いになるのが正解〕が訂正されていないのに注意されたい。
    2. ブライアン・マニング氏による原画。翼端のノズルの位置が二重反転ローターとしても、スラスターとしても間違えていますが、参考までに掲示します。
    (Brian Manning misunderstood the aerodynamics theory )
    • 画像クリックにて、原寸 横 1,710 pixel × 縦 2,052 pixel を展開します。

    バトロイド形態の頭部

    ジャケット内容の抜粋 詳細は、「ジョルジュ・サリバン」記事「EP盤 コンパクトディスク・アルバム」にて解説してあります。

    •  High Difefinition 1,692 pixel x 1,452 pixel image for PC. Please click thumbnail, so you can view the orijinal size !
    • 高精細度画像(high definition , HD )。クリックにて原寸 1,692 pixel x 1,452 pixel 画像を展開します。


    • For mobile phones. 携帯電話の表示用の縮小リサイズ画像。クリックにて原寸 960 pixel x 929 pixel に復帰します。


    • 携帯電話の表示用の縮小リサイズ画像。クリックにて原寸 960 pixel x 480 pixel に復帰します。

    近代映画社 ジ・アニメ 1984年7月 第 116 頁 - 第 117 頁



    当時のセル画より

    宇宙空間戦闘に於ける、戦闘機形態(俗称:クルセイダー・モード)のオーロラン。
    構図から判断してランディング・フリゲート側のガンカメラ等からの撮影と推測される。


    • 2015年2月19日(木曜)新作 バトロイド形態。クリックにて原寸 1,327 pixel x 2,048 pixel に復帰します。

    作画資料(固定翼,The fixed wings mode)



    • Rebuild VFH-10(-12) AGACS "Auroran" heavy fighter configuration drawn by studio MMG.
    • クリックにて、原寸 802 pixel x 791 pixel に復帰します。

    Deviantart より(ROBOTECH: First Meeting)

    • ROBOTECH: First Meeting クリックにて Onedrive 上リンク、PNG形式 原寸 2,560 pixel x 1,440 pixel ( 2.32 MB ) に移動します。


    試験航宙から太陽系の外惑星に戻って、サザンクロス軍戦術宇宙機甲団 【TASC】小艦隊は、高高度衛星軌道でゾル人艦隊に予想外に遭遇します。引き続いて起こる衝突(戦術宇宙機甲団)【TASC】では、VFH-10X (後の VFH-12 スーパー・オーロラン)として洗練を施された最新可変戦闘機VERITECH Fighter)は、射撃します。

    ゾル人の素早いバイオロイド/攻撃航空機に対して、そして、VFH-10A型 オーロランとして完全な生産に命じられたすぐ後、装甲ジャイロダイン攻撃ヘリコプター(AGACs)の性能は典型的であると考えられました。
    戦術宇宙機甲団 【TASC】
    ここでは、第23攻撃群が地球への彼らの帰還に関してゾル人艦隊の斥候艦船群に包囲され、指揮官機オーロランモデックス番号222号機 は短い戦いの中で捕えられます。
    ウィリアム・ヴァンス少佐[LCDR](コールサイン「緑の騎士」)の指揮官機 モデックス番号222号機は、数人の操縦士がゾル人の戦闘機動兵器の最初の観察により 3機の未確認のバトロイド型・機動兵器(後にバイオロイドと命名)が、大きな「宇宙サーフボード」(後にバイオバーと命名)に乗っていると主張していた。
    「ウィリアム・ヴァンス少佐」は、最終的に戦術宇宙機甲団 【TASC】の戦列から急速に立ち上げられた、初の実戦オーロラン飛行/航宙戦隊を指揮した。
    彼は、ゾル人アズシャール級・旗艦で戦略機甲師団 第15分隊の第三次攻撃団としての敵艦占拠作戦の突入時に戦死しました。

    この仕事は、長い間私のデスクトップに多くの他のアートワークのように眠っいました。2014年が始まるころ、私はようやく、それを終えることに手が回り始めました。ソフトウェア「MANGA STUDIO 5.0(CLIP STUDIO PAINT Pro)」でスケッチされて、色をつけられます。

    Returning from a shake down cruise to the outer planets of the Solar System, an Army of the Southern Cross TASC flotilla unexpectedly encounters the Masters fleet in high Earth orbit. In the ensuing clash, the Tactical Armored Space Corps (TASC) newest Veritech the VFH-10X is baptised by fire. The performance of the Armored Gryro Attack Chopper (AGACs) was deemed exemplary against the nimble Bioroids attack craft of the Masters, and soon after the type was ordered into full production as the VFH-10A Auroran. Here an Auroran carrying the Modex 222 is captured amid the brief battle as the 23rd Strike Group skirts the picket ships of the Masters fleet on their return to Earth. 222 piloted by LCDR William Vance, callsign "Green Knight", served with distinction claiming 3 unidentified Battloid-type Mecha riding large "Space Surfboards" as several pilots recounted their first look at the Master's combat mecha. LCDR Vance rose rapidly through the ranks of the TASC to eventually command one of the first active Auroran squadrons. He was killed in action during the insertion of the 15th Squad on the Master's Flagship.
    This work, like many others has been sitting on my Desktop for years. Started in 2014, I finally started to get around to finishing it. Sketched and colored in Managed Studio 5.

    固定翼形態


    1. S.D.C. Southern Cross episode 16 "Hunter Killer" (August 5, 1984 on aired in Japan ), and it is Robotech Masters episode 53 "The Hunters " to correspond to this.
    2. The image is captured from the screen of time duration about 19:11 of original S.D.C. Southern Cross episode 16 "Hunter Killer" .


    • Thanks to Mr. Brian Denmeade . Episode 51 Clone Chamber AGACS launch, VFH-10A "Auroran" in fixed winged fighter mode . 579 x 436 pixels, 308 KB , remasterling by Corel Paintshop Pro X9 ( Ultimete Edition ) in January 02 2017 .(Japan Standard Time)

    AGACS,VFH-10A Auroran:The fixed winged fighter mode now re-cloloring brush up for a new film in 2017.

    • 画像クリックにて、 横 910 pixel × 縦 698pixel 原寸画像を展開します。




    • クリックにて原寸 720 pixel x 480 pixel に復帰します。


    • コックピット容積とパイロット対比参考。

    1984年当時の資料

    【本稿・国内共に初公開のファイター形態上面詳細画】 Re-mastered Protoculture_Collection 映像特典の設定資料線画集より。_Ex_04_Mecha_Southerncross_designs_12/29


    • Protoculture_Collection_Ex_04_Mecha_Southerncross_designs_13/29


    • 【ファイター形態下面。戦闘機形態の下面が空気抵抗の塊のVFA-6 レギオスを反面教師として、空力的に格段に洗練されているのが判る。
      これは、YF-21の処理を参考に、突出部、特に脚部をカバーで覆う空力レイアウトを採用した為。】

    • バトロイド形態背面。回転翼はファイター形態に準じて折り畳むことも可能
    ※ 回転翼先端をバーニア・スラスターとして使用の為、展開している。

    • クリックにて 1,942 pixel x 629 pixel に復帰します。
    • ファイター形態正面・甲板員の低位置から見上げる構図で撮影
    ※降着装置・首脚(ノーズギア)1点・主脚(メインギア)2点の内、主脚(メインギア)は、バトロイド時の胸部パネル部に2点全てが収納し完結するように設計されている。

    後方







    中島 NBS-2

    高推力・プラズマ衝撃拡張ブースター
    ×3基。
    尾部の拡張ブースターとして、各50kNの固定出力。プラズマ・イオン推進により姿勢やトルク制御に使われる。
    なお、テイルローターは本機3基のプラズマ・イオン推進出力、同軸二重反転ローター構造、ホットサイクル方式により不要となる。

    これは広義ではノーター・システムNOTAR / No tail rotor】の一部である。
    他の多くのヘリコプターが備えるテイルローターに相当する飛行装置の一形式の名称。テイルローターと同様に、ヘリコプター特有の回転運動(トルク)を打ち消すための機体固有の仕組み。
    2016年12月31日(土) 19時13分 改訂版
    • PNG 画像 ( 312.8 KB ) : 1,276 pixel × 960 pixel ( 660 pixel × 497 pixel で表示 )


    2016年12月31日(土) 08:06 初版
    • PNG 画像 ( 312.8 KB ) : 1,276 pixel × 960 pixel ( 660 pixel × 497 pixel で表示 )

    バトロイド形態

    短射程のミサイル



    変形


    かな

    ロボテック II:センチネルズ漫画版 より

    ウォルトリップ兄弟『ロボテック II:センチネルズ』漫画版


    • (→ 画像は本編13話、14話、22話より。)

    生産“ ブロックII ” 画像(2013年)


    1. 自身の「オーロラン」系列の専用機としては2代目になる 『 ブロックII AJACS 』  ベリテックの傍らに立つ 戦術宇宙機甲師団マリー・アンジェル・クリスタル小尉。
    2. 彼女、クリスタル少尉は、マスターズに対して抵抗を続けている地球統合軍の姿勢を体現する頑強な撃墜女王【Aces】の1人でした。
    3. 原画は アドビ フォトショップ CS4 による描画スケッチ、描線と着色です。
    • PNG 画像 ( 1.23 MB ) クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。
    • VFH-12 『 スーパー・オーロラン 』ブロック II:VFH-10系において、ミサイル迎撃や照準用として使用されていた低出力の「E-19 コルト【COLT】レーザー砲 」は重量軽減と、“吊下重量強化箇所”〔ハードポイント〕倍増に伴う空力抵抗の補償の見地から廃止されたが、工場によっては生産ラインの混乱を避ける為にそのままとし、"現地部隊の判断に取り外しを任せた"生産機体もあった。
    • また、吊下重量強化箇所〔ハードポイント〕は必要のないときは2基だけ懸吊架(けんちょうか、パイロン)を吊り下げる時もあったが、配線や主翼の強度補強はきちんと4箇所分の作業が行われている。

    • クリックにて 1,920 pixel × 1,200 pixel に復帰します。
    • " Black Lion " by LeElf
    1. Strike Fighter Squadron 213 (VFA-213) Black Lion
    2. Black Lions Squadron - Robotech Visions Wiki


    ホセ・オーティスによる塗装図

    ストックホルム駐屯地の隊内標識から

    ライセンス生産拠点の一つ、サーブ社 【 SAAB 】
    1. スーパー・オーロランに関わる空中勤務員&地上勤務員たちの有志による自作で、食堂や整備区画ハンガー、ブリーフィング室入口などの公共空間に、未だに残存していた VF-1VF-3000VF-5000VF-4CVF-7C/DVF/A-6_"J" 飛行隊と差別化する為に、また部隊の結束と仲間意識を高める為に1枚づつ支給・掲示された。
    2. 部隊標識(インシグニア)はステッカーをそのまま流用し、描いた機体の胴体や小翼に貼り付けている為に、右斜め上から見下ろす構図にも関わらずパースがついていないのは、手作り故のご愛嬌。
    3. 主翼下の“吊下重量強化箇所”〔ハードポイント〕に吊り下げる、ミサイル懸吊パイロンが4箇所に増えたこと、さらに機首ターレット、つまりバトロイド時の頭部に設置されていた「E-19 コルト(COLT)レーザー砲 」が廃止されているのが基本型との識別点。ただし生産施設の現場の混乱を回避するため、頭部武装をそのまま搭載した生産拠点〔川崎重工業など〕もあったので、これのみをもってVFH-12と断言することは出来ない。

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます