" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

リパブリック&フェアチャイルド【 VA-7 サンダーボルト ||| 】

  • 「MBR-04 トマホーク」と 「MBR-07 スパルタン」の特性を持ち、『A-10 サンダーボルト II』 風味の可変攻撃機に・・・クリックにて原寸 1,000 pixel x 752 pixel に復帰し、実寸画像を展開します。

統合陸軍機甲部隊・操縦士の募集ポスター


陸軍の想定

  1. 地上侵攻部隊を迎撃するデストロイドとアーマード・バルキリー
  2. 陸軍の想定は外れた。実際にはこのような状況は、ゼントラーディ艦隊が崩壊した大戦後にしか起こり得なかった。
  3. それでも、後々のフロンティアの状況をみるに、開発意義は無駄ではなかったと言えるだろう。

部隊記章(インシグニア)

反統合同盟のデストロイド

Daimler Hyperspace Corporation
Rubin Central Science Bureau for Marine Engineering Octos

表紙(「デストロイド:SDF-1 マクロス護衛任務」)

表紙:プロジェクト・エクスキャリヴァー【"Project Excalibur"】


リンク引用に留める理由

記事内容の評価が固定されるまでの当分の間、デストロイド・シリーズの総称と開発に関する記述は、日本版ウィキペデイアの記事をリンク参照で引用することとします。

ウィキペデイア記事引用表記

アカデミー社(廃業)出版物

原文表題Destroid(Macross Missions)
邦訳表題デストロイド (SDF-1 マクロス 護衛任務)
解説SDF-1 マクロス護衛に関わるトマホーク操縦士の佐藤 健 伍長(Corporal Ken Sato)と新入りだが士官学校出の為に、いきなり上司として配属されたクリス・ヒラリー少尉(Lt. Chris Hillary)間の反発と男女間の友情がテーマ。


後に"Destroids"から"Macross Missions"に改題。

廃業経緯


1996年、ハーモニーゴールド USA 社はアカデミー社のロボテックのライセンスを突然取り消し、南極出版社(アンタクティック / Antarctic Press)社にライセンスを与えた。
理由は発表されていないが、最も予想され得る取り消し理由として業界関係者は、南極出版社がハーモニーゴールド USA 社に対してより多くのライセンス料を支払うことを申し出たとみている。
アカデミー社はその後、直ぐに事業を閉じた。
1996年10月末、ハーモニーゴールド USA 社はアカデミー社のロボテックのライセンスを突然取り消し、南極出版社(アンタクティック / Antarctic Press)社にライセンスを与えた。

理由は発表されていないが、最も予想され得る取り消し理由として業界関係者は、南極出版社がハーモニーゴールド USA 社に対して「より多くのライセンス料を支払うことを申し出た」とみている。

アキッド・レイン・スタジオ【Acid Rain Studio / 酸性雨スタジオ】による「ゴシック小説」から題材を採った吸血鬼シリーズなど、他分野の漫画の出版も開始し、経営の多角化を目指していたとはいえ、総売上の過半数を占めていたフラグシップ・シリーズであるロボテック・シリーズのライセンス取消しの影響は大きく、アカデミー社はその後直ぐに(同年11月)事業を閉じた。



デストロイド・ジョーク 1





デストロイド・ジョーク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます