" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

ちゅうい!

ワープロの時代からミサをタイプ打ちすると美沙の文字が出ます。
この誤変換は劇場版「超時空要塞マクロス 〜愛・おぼえていますか〜」(英語識別コード:DYRL)の時代からクレジット表記ミスで有名です。

英語の Lisa Hayes は正確な国際発音【IPA】 表記では「リサ・ヘイエス」、或いは「リサ・ヘイズ」がより正確な発音ですが、日本への紹介の際は「リサ・ハイエス」としました。


これは、日本語の Misa と Lisa の音韻一致を重視した、主要スタッフの「グレゴリー・スネゴフ」氏(スコット・バーナード役の声優兼務)の意向で、日本人への紹介時は音韻を清音にすることで、女優としての氏名の普及効果を意図したものです。


似たような例としては「インカ帝国」の初代皇帝「マンコ・カバック」が歴史書などの学術文書以外では日本語では女性器を意味する性的隠語を指すことから「カバック」皇帝と婉曲された経緯があり、これらと同様の配慮によるものです。

ウォルトリップ兄弟の漫画版

結婚前夜

結婚式当日


初夜前後

諍い

泣き顔に至るまでの展開が強引、また表情を含めたデッサンにも問題があり、日本漫画の上達絵に慣れた漫画ファンからは、「これではコメディではないか」と批判が寄せられた。
目線と表情とのバランスが変?・・・ではないでしょうか?(ゆい奈)デッサン勉強しましょっ!

3人の私生活

センチネル版



同じページ内にいる2人の女性は、上官の【リサ・ハイエス/リサ・ハイエス (センチネル版)/リサ・ハイエス(壮年期)(早瀬未沙)】と、と同僚の【ジーン・グラント】。
この3人は私生活では一緒に行動する傾向があった。

惑星プラクシスのアマゾネスの巨人達と

ターミネーターイノガニック (インビッド)との交戦で、
惑星プラクシス【Praxis】のアマゾネスの巨人達【Giantess】に勇敢さを称賛された場面。



ミリアは女医である【ジーン・グラント】から懐妊を告げられる。

二次的連続性作品とされている為、この胎児が誰かは特定出来ないが、年代から逆算すれば、次女オーロラ・スターリング或いはマイア・スターリングであるのは間違いない。

なお、左上コマの2m大の女性(巨人)はプラクシアン【Praxian】(成人の平均身長は2m〜3m)のプラクサ【Praxa】。
身長だけではなく、頭骨の大きさからして人類と異なる点に注意!) 註記:*1


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます