" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

超時空騎団サザンクロス35周年

  • 人間のつきあいにはとても興味があるの


  • 13:15 辺りから

科学調査艦「デュカリオン

  1. シャドウ・クロニクル」(Robotech:The Shadow Chronicles)時代では、 サザンクロス軍崩壊後に、遠征艦隊軍(UEEF/REF)の科学調査艦「デュカリオン」の艦長として、深宇宙の科学探査に活躍し、技術少佐に昇進している。
  2. 更には ヴィンス・グラント 艦長の片腕として航空宇宙重巡宙艦「イカロス」に乗船し、他の同作品の登場人物と共に リック・ハンター (一条輝) 提督や リサ・ハイエス (早瀬未沙)艦隊司令を捜索・救助に向かうなどの活躍をみせる。
  • クリックにて原寸 697 pixel x 697 pixel に復帰します。

目次 【Index】

  • ジョナサン・ウルフ と
  • 目次 【Index】
  • 2014年10月3日 [金曜] の新作
  • スタッフ用・作画資料より
  • コスプレ(注:男装コスプレです)
  • シャドウ・クロニクル」本編より
  • 「ロボテックの描き方」サザンクロス編【1987-1988】より
    •  
  • 左端にオーロランが確認出来る。
  • 氏名
  • 称号
  • インデックス  
  • ◆【ルーイ・ニコルス:データ】  
  • デヴィッド・ミルバーン【David Millbern】
  • 雷轟(らいごう / ローリング・サンダー)
  • ◆【ルーイ・ニコルス:プロフィール】  
  • シャドウ・クロニクルに於ける活躍
  • ◆【ルーイ・ニコルス:ストーリー】  
  • ◆【ルーイ・ニコルス:ウンチク】  
  • ◆【ルーイ・ニコルス:商品】   
  • プラモデル
  • ◆【ルーイ・ニコルス:メモリー】  
  • 貴女ならどちらを選ぶ?「実写版俳優の配役」
  • 親項目


  • アパレル




    • 本編から
    9/12 ROBOTECH Southern Cross03 by FranciscoETCHART

    2014年10月3日 [金曜] の新作

    • クリックにて原寸 1,400 pixel x 805 pixel に復帰します。
    • ファンアート制作集団『ロボテック・ヴィジョン』【ROBOTECH vision】
    Facebook アカウント要 パソコン用Web頁URL
    https://www.facebook.com/robotechvisions
    Facebook アカウント要 モバイル用Web頁URL
    https://m.facebook.com/robotechvisions

    スタッフ用・作画資料より

    1. 超時空騎団サザンクロス スタッフ用作画資料
    • Please click, so you'll peruse origjinal size 1,200 pixel x 850 pixel


    • Please click, so you'll peruse origjinal size 1,200 pixel x 850 pixel


    • Please click, so you'll peruse origjinal size 1,200 pixel x 850 pixel


    • Please click, so you'll peruse orihjinal size 1,200 pixel x 850 pixel

    コスプレ(注:男装コスプレです)

    「ロボテックの描き方」サザンクロス編【1987-1988】より

    左端にオーロランが確認出来る。
    ブラックソーン(blackthorn)出版【Blackthorne Publishing 】
    「ロボテックの描き方」サザンクロス編(1987-1988)より。




    氏名

    日本語カタカナ変換

    ルーイ・ニコルス

    原文英文字

    【 Louie Nichols 】

    称号

    工学博士 / 知能情報工学 / 電子工学 博士号
    【 Ph.D in Engineering / Ph.D Thesis / Ph.D Electronics 】



    (超時空騎団サザンクロス本編第16話「ハンターキラー」より。)


    ストーン・ブリッジ出版
    カリフォルニア州・バークレー
    一般市場に於いて発売されている『 The Art of Robotech: The Shadow Chronicles 』【ISBN 978-1-933330-29-7】より。(正規購入による入手)

    ◆【ルーイ・ニコルス:データ】  

    日本語変換名称ルーイ・ニコルス
    原文英文字【 Louie Nichols 】
    日本版呼称ルーイ・デュカス(るーい・でゅかす)
    【 Louis Ducasse 】
    登場作品超時空騎団サザンクロス
    シャドウ・クロニクルへの序曲『「影の年代記」への序曲』
    シャドウ・クロニクル(影の年代記)
    通称「ルーイ」 → 後に『 Dr.Louie 』 (ルーイ博士)
    身長 cm(調査中)
    体重 kg(調査中)
    血液型A型(調査中)
    年齢16歳〜2066年 現在生存中
    階級伍長(サザンクロス軍崩壊後、遠征艦隊軍【EF】にて「技術少佐」に昇進)
    他共演ジャンヌ・フランセーズジャニス・イー・エム
    主な搭乗機VHT-2A1/A2 スパルタス
    HWR-00-MK.3 デストロイド・モンスター(カスタム名:)(レーダー手&車長)
    声優デヴィッド・ミルバーン【David Millbern】
    日本版声優二又一成

    デヴィッド・ミルバーン【David Millbern】


    南極出版社【南極出版社(アンタクティック・プレス / Antarctic Press】社が、1997年から1998年まで販売した漫画版。

    ◆【ルーイ・ニコルス:プロフィール】  

    1. ★プロキシマ星系(Proxima system)の惑星「リベルテ」(liberté:フランス語で「自由」を意味する)の地方都市出身。
    2. 戦略機甲隊全ての分隊を含めても並ぶものの無い、所謂「メカおたく」で、整備員に任せることを潔しとせず、暇さえあれば、銃やメカの整備をしている。
    3. メカの扱いにかけては天才的で、独力でサポートシステムを開発してしまうほど。
    4. 第6話「プレリュード」の回においても、資材部より提供された『VR-ARV』オプション・カメラの整備状況が劣悪なのを自ら確認し、調整するなど、整備の人的資源に問題のあるサザンクロス軍の尻拭い的役割を果たしていた。


    (写真は第6話「プレリュード」の回において、「戦略機甲隊」ルーイ伍長が使用した「VR-ALV」《ヴァーチャルリアリティ・オールヴュー》オプション装備の状況)
    • クリックにて原寸 705 pixel x 525 pixel に復帰します。


    また、第16話「ハンター&キラー」においては、特殊技術院将校「クロムウェル少佐」が、アーケードゲームに於いて常勝し続ける、彼の開発した戦術システムを「訓練兵のシュミレーション訓練システム」だと偽って開発させ、実際には、非人道的構造を持った射撃管制装置である(※)S.V.T.L(サイト・ビジョン・トラッキング・システム)に使用されているのにも一早く気付き絶望し、自分のアイディアが戦争の道具に利用された事に対し憤慨した上で、新型2A2型「スパルタス」を同システムごと火炎放射器で焼き払おうとする繊細な面も見せた。
    その後、ジャンヌ・フランセーズ隊長に一喝されると共に、同じ仲間を失うことになることを覚悟したサイフリート・ヴァイスの説得の言葉によって、我に返るエピソードがある。

    シャドウ・クロニクルに於ける活躍



    国内版ではその後の彼の消息は不明だが、海外版ロボテック:シャドウ・クロニクル(Robotech:The Shadow Chronicles)(A.D.2044〜)においては、サザンクロス軍崩壊後に、外宇宙遠征軍(Robotech Expeditionary Force)に編入、「ロボテック: シャダウ・クロニクルへの序曲」では、ガーフィッシュ級軽巡洋艦を改造したRDF遠征軍の調査艦デュカリオンの艦長として、深宇宙の科学探査に活躍し、技術少佐に昇進している。

    軍人らしくない物腰で、調査隊員からは、敬意を込めて彼の博士号(Dr.)をとって、ドクター・ルーイと呼ばれている。

    その後本編では、ヴィンス・グラントVince Grant)艦長の片腕として航空重巡洋艦「イカロス」に乗船し、主任オペレーター兼エンジニア(技術顧問を兼任)として登場。

    他の同作品のメンバーとともに他の同作品のメンバーとともに、『Rick Hunter』(一条 輝 (日本版))提督と『Lisa Hayes』(早瀬 未沙 (日本版))艦隊司令を捜索・救助に向かうなど活躍をみせている。

    ※ S.V.T.L.:→標的の動きの特性を学習し、連射速度、同時発射数、ロックオン特性を自動的に調整するもので、操縦者兼射撃手、又は複座機におけるガンナー(射手)の標的追随特性を飛躍的に改善する。 

    このページのトップへ  

    ◆【ルーイ・ニコルス:ストーリー】  

    ◆【ルーイ・ニコルス:ウンチク】  

    ●眼鏡系だけど、今風のメガネフェチ向けの男子キャラではない。でもなぜか、英語圏では結構隠れファンが居る。英雄的で手が届かないキャラよりは人間的な二枚目半なところが魅力かも?

    このページのトップへ  

    ◆【ルーイ・ニコルス:商品】   

    資料


    音楽CD

    ★英国経由

    ★米国経由


    このページのトップへ

    プラモデル

    1984年6月発売予定とされながら、結局未発売。



    附属の素顔は「ボウイ」ではあるが、ルーイ・デュカスの装備は基本的には一般兵である彼と同様のものである。

    《三社統合番号.11》
    戦略機甲隊スーツ「コマンダー・ボウイ」(1/12)
    螢▲螢だ宗当時800円。
    No.5の頭部・武器・盾・小物の入れ替え。足はメタルとプラ製両方付属。キーホルダーのメタルエンブレム付。



    このページのトップへ

    ◆【ルーイ・ニコルス:メモリー】  

    ●「シャドウ・クロニクル(影の年代記)」の映画本編で「ジャニス・イー・エム」の正体が機械であること「ハイドニット」の尖兵であったことを知った上で、人間の女性として扱える態度は彼ならではのもの。
    トビー・マグワイア【Tobey Maguire/Tobias Vincent Maguire】氏による実写映画第1作「マクロス・サーガ」が吉と出るか凶と出るかは『未だ未来は混沌として未確定』(天空のエスカフローネ【The Vision of Escaflowne】ドルンカーク談)ですが、
    どのような実写化の未来が待受けているにせよ、「シャドウ・クロニクル(影の年代記)」の登場人物たちの行く末は他の媒体や別題名の作品でもよいので。きっち決着を付けて欲しく思料します。
    ●他の作品でも単なる「メカヲタク」な登場人物は多々ありますが、第16話「ハンター・キラー」【Hunter&killer/ 索敵と殺戮】/ロボテック版:第53話『 The Hunters 』の 川崎 知子(かわさき・ともこ) のような脚本があってこそのもので、深みのあるキャラクターに仕上っています。

    貴女ならどちらを選ぶ?「実写版俳優の配役」

    実写でやるならデヴィッド・ミルバーン【David Millbern】

    実写でやるなら「アーサー・サンチアゴ」 【Arthur Santiago】

    アレックス・ロメロ【Alex Romero】の声優。画像はIMDB で公表されている分につき、肖像権問題回避。



    このページのトップへ

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます