" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

お断り

諸外国では「航空自衛隊」は実質「空軍」として認識されています。

特に自衛隊の英訳、SDF / Self Difence Force 中 Force(フォース)の語彙(ごい)を「隊」としているのは日本語特有の当て字であり、そもそも英訳自体が適切に行われていません。


したがって、本記事は、その軍組織の国際社会での共通認識に基づく表記に補正してあります。

  • 660 pixel x 371 pixel PNG 画像をクリック にて F-35A 69-8701 1,920 pixel x 1,980 pixel ( 799.18 KB ) 原寸画像を展開し表示します。


Flash & javascript が機能しない「携帯電話」利用者むけの書籍画像 と Amazonリンク (画像クリックで該当書籍のリンクへ移動)

目次 【Index】

  • Flash & javascript が機能しない「携帯電話」利用者むけの書籍画像 と Amazonリンク (画像クリックで該当書籍のリンクへ移動)
  • 目次 【Index】
  • F−35A型の導入についての自民党宇土隆史議員の質問
    •  
  • 出典URL
  • 海兵隊向け「F35型」を初納入 米ロッキード
  • 生産ブロック毎の耐空性能工・向上計画
  • 少し大人になってみる?
  • 実は ロシア連邦の Yak-43(Yak-143) の劣化コピー?
  • 導入予想図
  • 主な派生型
  • F-XにおけるF-35選定を巡る問題点:政治主導と文民統制 - Togetter
  • Twitter より
  • 次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム
    •  
  • 政府、 次期主力戦闘機を 「F35」 に決定 −国内企業の参画拡大焦点
  • 次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム
    •  
  • 政府、 次期主力戦闘機を 「F35」 に決定 −国内企業の参画拡大焦点
  • 次期戦闘機、F35に決定=性能重視、唯一の第5世代―政府
  • 殲撃20型(歼-20、ピンイン:Jiān-20)
  • ロシア空軍
  • 場所
  • Japan F-35 buy big victory for troubled program !
  • F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料
  • ディヴィッド・ウォーレン 駐日大使「最後のお願いに参りました !」
  • 次期主力戦闘機 欠陥問題を見極め選定を!
  • 米国防総省の内部報告書でレポートされたF-35の4つの問題
  • 逆転勝訴の交渉術
    •  
  • twitter での遣り取りにより一部撤回
  • リンク
  • 参考図書
  • プロジェクト内部記事
  • 関連内部記事
  • F−35A型の導入についての自民党宇土隆史議員の質問

    海兵隊向け「F35型」を初納入 米ロッキード

    • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,282 pixel x 769 pixel
    • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,497 pixel x 703 pixel
    • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,800 pixel x 940 pixel
    • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 1,164 pixel x 767 pixel


    -
    2012.1.12 14:37 [安全保障]

    米海兵隊に納入された最新鋭ステルス戦闘機F35B=11日、フロリダ州のエグリン空軍基地(米ロッキード・マーチン社提供・共同)
     米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンは11日、レーダーに探知されにくい最新鋭ステルス戦闘機F35の完成機2機を初めて海兵隊に納入したと発表した。

     納入されたのは垂直離着陸能力を持つF35B。海兵隊用に開発され、日本政府が昨年12月に航空自衛隊の次期主力戦闘機に決定した空軍向けのF35Aとはタイプが異なる。

     2機は11日、南部フロリダ州のエグリン空軍基地に到着。パイロット養成用として使用される予定という。

     F35をめぐっては、国防予算削減の観点から開発費の高騰が問題視されている。(共同)

    生産ブロック毎の耐空性能工・向上計画

    • Please Double-click, so you'll peruse orijinal size 830 pixel x 624 pixel

    少し大人になってみる?

    不毛な 諍い(いさかい)
    F-35 ライトニング と ユーロファイター タイフーン の不毛な日本国内信者同士のたたき合いって、実は無駄なような気がする。 納税者の立場で国内中小企業の技術者の育成維持を鑑みて、その時の時勢に適した機種を根号配備すれば良かったのでは?
    胡散臭いロッキードという企業の悪どさを感じながら、 F-35そのものには罪は無い。 企業を憎んで機体を憎まず の見解を表記
    三軍共用戦闘機統合打撃戦闘機計画 Joint Strike Fighter / JSF 】に関しては、マーティン・マリエッタ社・・・ではなくロッキード社の過去の企業姿勢が容認出来ない為(ここが肝心)、F-22 ラプターの廉価版である F-35系列 A/B/C派生種には否定的な私ですけど、納税者としては当然の反応です。

    日本国空軍(航空自衛隊は諸外国では「空軍」と認識されているので、以後この呼称。)が 飽くまでも「F-22」の兄弟姉妹機を欲しがった以上、この「出来レースの結果としての、「駄目な幼い男の子」がなんとか成人式に出られる程度には叱咤(しった)しながらそれなりの応援はします。

    実は ロシア連邦の Yak-43(Yak-143) の劣化コピー?

    • スカンクワークスも地に墜ちたものね・・・
    twitter より
    • ゆい奈 to kurinya

    ゆい奈 to numanyan : F-35 ライトニング II に限らず、マクドネル・ダグラス AV-8B ハリアー IIも「垂直離陸」は軽荷状態なら可能です。

    但し有償荷重を有効に使いたいので、大抵はスキージャンプ式の飛行甲板等で短距離離陸・燃料や搭載武器投下後に垂直着陸となるわけです。


    クローズド・カップデルタ翼は、エンジン推力に対して余裕の無い欧州戦闘機の事情があります。

    エンジン開発に米国程予算を掛けられないので、機体規模は米機より小型となり、ステルス性先尾翼形式 (カナード/エンテ)やデルタ翼形式の「翼平面形」が不利と判っていても、デルタ翼に傾くしかない。


    ロッキード・マーティン社から「A・S・ヤコヴレフ記念試作設計局」にライセンス料金が支払われていること、つまり「海賊版(ブートレグ)」で無い正規の技術特許取得による開発であることは知っています。
     
    F-35の設計にスカンクワークスが干与していないことについては、今調べています。
     
    取り敢えず、取り消し線で消しておきます。(・・・中略・・・)技術提携は悪いことではないんです。

    問題はその応用方法に独創性が無くて、悪い意味で強度や構造の冗長性がオリジナル(原型機)のロシア機より低下している点。


    > ロッキード F-35 ライトニング II の Yak-43 (Yak-143) 模造機の疑惑問題
    軽荷状態 って?
    1. 本来は船舶用語。 厳密な意味においては、飛行士(パイロット)及びその他の搭乗員(航法士官、電子士官、機銃操作員)を含まず、更には兵装(ミサイル、爆弾、機関銃弾)、貨物、燃料、その他(缶水、清水、飛行士の私物である食料)、死荷重であるバラスト等を一切積まない状態を指す。
    2. しかし艦船と異なり、航空機の場合は稼働可能状態でない空虚な状態での重量を論じることは余り意味が無い為、航空機が飛行可能な最小限度の装備重量(試験飛行などが当たる)、操縦士官(その他の搭乗員含まず、飛行運用に必要な最小限)、用務に必要な最小限の燃料(30分程度)と潤滑油のみを搭載した状態を意味で用いられることが多い。
    載荷重量トン数【 Dead weight tonnage : D.W.T. 】
    載荷重量トン数とは、船舶の航行の安全を確保することができる限度内における貨物等の最大積載量を表すための指標として用いられる指標。

    人または貨物その他の物(燃料、缶水、清水、乗組員、食料、バラスト等)を積載しないものとした場合の軽荷状態の吃水に対する船
    舶の排水量と、比重 1.025 の水面において 計画満載喫水線に至るまで人または物を積載するものとした場合の排水量との差を1000kgを1として、「トン」付して表すものです。



    Yak-141 派生型

    Yak-141M各所をステルス性を考慮して改良した改設計型。開発計画の中止により計画中止。
    Yak-43ヤコブレフが独自に計画したYak-141Mの発展型。エンジンをクズネツォフ NK-321に換装した機体。
    LFIのヤコヴレフ候補機。Yak-143とも呼称される。
    Yak-201Yak-43の更なる発展型。機体外観は F-35B に近いものとなっている。LFSのヤコヴレフ候補機。

    導入予想図

    • 軽空母用・艦上戦闘機 F-35 B (短距離離陸/垂直着陸 型)

    主な派生型

    形式番号主発動機(エンジン)と解説
    【基本型】
    通常離着陸
    (CTOL)
    F-35AF135-PW-100
    F-35Aに使用される通常離着陸 (CTOL) 型である。
    ドライ時での最大出力は111kN、アフターバーナー使用時には178kNとされる。全長5.59m。
    短距離離陸・垂直着陸
    (STOVL)
    F-35BF135-PW-600
    F-35Bに使用される短距離離陸垂直着陸 (STOVL) 型である。
    バイパス比は0.56であり、圧縮比は28。最大推力43,000ポンドで、STO推力は38,100ポンドとされる。

    ホバー推力はリフトファンの20,000ポンド、メインエンジン15,700ポンド、ロールポストの3,700ポンドの合計で39,400ポンドとなる。インレット直径1.17m、エンジン最大径1.27m、リフトファン径1.30m、全長9.37m(リフトファンを含む)である。
    艦載機
    (CV)
    F-35CF135-PW-400
    F-35Cに使用される艦載 (CV) 型である。全長5.59m。

    F-XにおけるF-35選定を巡る問題点:政治主導と文民統制 - Togetter

    Twitter より

    • 7atran小林 紀幸
    F35を購入するなら、垂直離着陸型の方が日本には良い。

    単純にF35Aだけなら滑走路をやられたら離着陸に支障が出るが、垂直離着陸型なら道路で補給が出来る、本当に非常事態が発生した場合には、狭い日本にはF35の垂直離着陸型こそ最適になる。

    開発にえらく時間が掛かっては居るが…

    次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム

    東京新聞:次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム(TOKYO Web)

    防衛省は次期戦闘機(FX)をF35とする方針を固めた。

    米軍でさえ運用していない開発途上の機体を選定する前代未聞の事態となった。

    未完成の機体を選んで「空の防衛」は大丈夫なのだろうか。

    F35は開発が遅れ続け、先月、米政府が米議会に「二〇一八年ごろの開発終了」と正式に報告した。防衛省が納期とする一七年三月にどう考えても間に合わないが、米政府は「間に合う」と安請け合っている。

    米政府が予算編成権を握る議会に嘘をつく筈も無いので「間に合う」は日本向けのセールストークか、単なる意気込みの表明と考える外ない。

    「米空軍では使えない未完成の機体」でも、日本の航空自衛隊には提供するというのだろうか。

    その場合、日本は操縦士の安全や防空態勢の弱体化と引き換える形になる。

    F35の開発に出資したオーストラリア、カナダ連邦でさえ導入見送りを検討する中、日本は絶好のお得意さまなのだろう。

    来年度予算で購入する最初の四機は米政府が価格や納期に決定権を持つ対外有償軍事援助(FMS)の枠組みで提供される。

    防衛省に示した価格、納期などの条件が一変するおそれがある方式だが、米国製を選んだ以上、言いなりになってしまいかねない。

    一九八〇年代の次期支援戦闘機(FSX)選定では、米国製のF16戦闘機を母体に日米が共同開発すると決まった途端、米国は約束を反故にして心臓部にあたるソフトウエアの開示を拒否した。ちゃぶ台返しは経験済みである。

    FMSで納入される機の価格が高騰したり、納期が遅延すれば、その後、導入される四十機近い機体の価格も上がり、導入時期がずれ込む。

    F35と交代するF4戦闘機は退役するため、戦闘機が不足する事態も予想される。

    それさえも織り込み済みというなら、航空機業界で囁やかれていたように、FX選定はF35を導入する為の「出来レース」だったと批判されても仕方がない。

    選定作業の途中でF35の深刻な不具合が伝わり、与野党の防衛族議員から「FXは空中戦に強い欧州製のユーロファイターとし、およそ十年後に予定されるF15戦闘機の後継機選びでF35を候補にする」との二段階論が浮上したが、実現しなかった。

    「最新鋭機がほしい」という航空自衛隊のがむしゃらな突っ張りが日本をとんでもない方向に導く虞れが強い。
    政府、 次期主力戦闘機を 「F35」 に決定 −国内企業の参画拡大焦点

    日本国政府は2011年12月20日(火曜)、航空自衛隊の次期主力戦闘機 【FX】を F35」 に決めた。
    FX は老朽化が進んでいる 「マクドネル・エアクラフト( マクドネル・ダグラス F-4 EJ 改 ファントム II」 の後継機。
    米欧 9カ国の共同開発機で、ステルス性や状況認識能力などが高い  第5世代戦闘機 。

    防衛省は 西暦 2012 年度以降に 42 機を取得。 「中期防衛力整備計画」 (西暦 2011年− 西暦 2015 年度) で 12 機を整備する。

    2012 年度予算案で 4 機分の取得経費を計上し、2012 年度分の調達費は 1 機当たり約 99 億円(機体本体のみ)

    製造・修理を担当する国内企業として機体を三菱重工業エンジンを IHI、ミッション系アビオニクス (航空機用電子機器) を三菱電機と主契約3 社を選んだ。(日本側分担率 36 %、飽くまでも予定!)

    次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム


    東京新聞:次期戦闘機 未完成F35で大丈夫か:社説・コラム(TOKYO Web)

    防衛省は次期戦闘機(FX)をF35とする方針を固めた。

    米軍でさえ運用していない開発途上の機体を選定する前代未聞の事態となった。

    未完成の機体を選んで「空の防衛」は大丈夫なのだろうか。

    F35は開発が遅れ続け、先月、米政府が米議会に「二〇一八年ごろの開発終了」と正式に報告した。防衛省が納期とする一七年三月にどう考えても間に合わないが、米政府は「間に合う」と安請け合っている。

    米政府が予算編成権を握る議会に嘘をつく筈も無いので「間に合う」は日本向けのセールストークか、単なる意気込みの表明と考える外ない。

    「米空軍では使えない未完成の機体」でも、日本の航空自衛隊には提供するというのだろうか。

    その場合、日本は操縦士の安全や防空態勢の弱体化と引き換える形になる。

    F35の開発に出資したオーストラリア、カナダ連邦でさえ導入見送りを検討する中、日本は絶好のお得意さまなのだろう。

    来年度予算で購入する最初の四機は米政府が価格や納期に決定権を持つ対外有償軍事援助(FMS)の枠組みで提供される。

    防衛省に示した価格、納期などの条件が一変するおそれがある方式だが、米国製を選んだ以上、言いなりになってしまいかねない。

    一九八〇年代の次期支援戦闘機(FSX)選定では、米国製のF16戦闘機を母体に日米が共同開発すると決まった途端、米国は約束を反故にして心臓部にあたるソフトウエアの開示を拒否した。ちゃぶ台返しは経験済みである。

    FMSで納入される機の価格が高騰したり、納期が遅延すれば、その後、導入される四十機近い機体の価格も上がり、導入時期がずれ込む。

    F35と交代するF4戦闘機は退役するため、戦闘機が不足する事態も予想される。

    それさえも織り込み済みというなら、航空機業界で囁やかれていたように、FX選定はF35を導入する為の「出来レース」だったと批判されても仕方がない。

    選定作業の途中でF35の深刻な不具合が伝わり、与野党の防衛族議員から「FXは空中戦に強い欧州製のユーロファイターとし、およそ十年後に予定されるF15戦闘機の後継機選びでF35を候補にする」との二段階論が浮上したが、実現しなかった。

    「最新鋭機がほしい」という航空自衛隊のがむしゃらな突っ張りが日本をとんでもない方向に導く虞れが強い。
    政府、 次期主力戦闘機を 「F35」 に決定 −国内企業の参画拡大焦点

    日本国政府は2011年12月20日(火曜)、航空自衛隊の次期主力戦闘機 【FX】を F35」 に決めた。
    FX は老朽化が進んでいる 「マクドネル・エアクラフト( マクドネル・ダグラス F-4 EJ 改 ファントム II」 の後継機。
    米欧 9カ国の共同開発機で、ステルス性や状況認識能力などが高い  第5世代戦闘機 。

    防衛省は 西暦 2012 年度以降に 42 機を取得。 「中期防衛力整備計画」 (西暦 2011年− 西暦 2015 年度) で 12 機を整備する。

    2012 年度予算案で 4 機分の取得経費を計上し、2012 年度分の調達費は 1 機当たり約 99 億円(機体本体のみ)

    製造・修理を担当する国内企業として機体を三菱重工業エンジンを IHI、ミッション系アビオニクス (航空機用電子機器) を三菱電機と主契約3 社を選んだ。(日本側分担率 36 %、飽くまでも予定!)

    次期戦闘機、F35に決定=性能重視、唯一の第5世代―政府

    • 時事通信 12月20日(火)10時35分配信

    政府は20日午前、安全保障会議を開き、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に米ロッキード・マーチン社製の「F35」を採用することを決定、この後の閣議で了承した。

    F35は、候補となった3機種の中で、最先端の機能を有する唯一の第5世代機。
    中国やロシアが第5世代機の開発を進めていることもあり、性能を最優先して選定した。

    F35の開発は米、英など9カ国が共同で手掛け、現在も開発が続いている。

    全長約16メートル、全幅約11メートルの単発機

    レーダーに捕捉されにくいステルス性能や、レーダーで捉えた敵機情報を味方の複数機で共有できる「データリンクシステム」などの高い技術を備えている。

    防衛省は調達価格について、2012年度予算ベースで、スペア部品などを含めて1機当たり約99億円としている。 

    殲撃20型(歼-20、ピンイン:Jiān-20)

    【Chengdu J-20】 (Jian-20)


    中国が高性能の「第5世代」機「殲-20(歼-20、ピンイン:Jiān-20)または殲撃20型」を開発するなど、東シナ海の海・空軍力のバランスが崩れかねない情勢だ。制空権の喪失という事態を避けるため、空の抑止力強化は当然である。

    F35を選定しようというのは、「第5世代」機としての性能に加えて、日米同盟の観点から米軍との間で相互運用性が求められる要因も大きい。

    だが、導入計画は整備費も含めると1兆円規模にのぼる。肝心の米国がF35の開発や配備計画をどうするか明確にしなければ、日本の機種選定の意義も揺らぎかねない。懸念を残したままで、どうして国民の理解が得られるのか。

    本格的な選定作業は9月下旬に始まったばかりだ。この間、一川保夫防衛相は「安全保障は素人」などの発言や資質を問われて参院で問責決議を受けた。

    防衛省は米国で欠陥問題が表面化した後、米政府側に事実関係を照会したとしている。しかし、その重要性を踏まえれば、本来は防衛相自身が訪米するなどして調査に当たるべき問題だ。

    次期主力戦闘機の選定は、日本の空の安全を担う重大事案だ。野田佳彦首相が一川防衛相について「適材適所」などと庇っていることが、今回の不適切な対応を結果として招いているといえる。
    PAK FA 【設計局内開発名称:И-21 (T-50)】


    ロシア語・英読み変換Perspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks Frontovoi Aviatsii
    キリル文字Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации
    英語Future Air Complex for Tactical Air Forces
    日本語軍向け 合体
    MAKS(ロシア語: Международный авиационно-космический салон, 国際航空宇宙サロン)は、ロシアで奇数年の8月に開催される航空ショーである。モスクワ近郊のジュコーフスキーにあるジュコーフスキー飛行場で行われ、ロシア航空機産業の見本市となっている。
    開催日程
    • 2011年:8月16日(火曜)〜21日(日曜

    場所

    HPH Suhoi T-50 PAK-FA 1/48

    見出し翻訳
    日本政府が トラブル続きのF-35を購入決定したのは、偉大なる勝利!

    Japan F-35 buy big victory for troubled program !

    ロッキード社公式意見:

    「より多くの顧客が購入することによる、生産価格の低減は、アメリカ三軍にとって朗報となるであろう!」


    機械翻訳作業ファイル:「ロッキード公式:より多くの顧客が米軍のために低い生産費を助けることができました。」

    • ポール・カレンダー 梅津 【Paul Kallender-Umezu】 - 防衛ニュース
    • 掲示: 西暦2011年12月20日(火曜日)の米国 東部標準時午前2時34分12秒
    翻訳途上表示
    本ニュース記事は粗訳のみの段階です! 速やかに本格翻訳を行います!

    東京発:ボーイング「F/A-18 E/F スーパー・ホーネット」艦上戦闘/攻撃機と「ユーロファイター・タイフーン」制空戦闘機に関してロッキード・マーチン社の侵攻戦闘攻撃機 F-35を選択した2011年12月20日(火曜日)の日本政府の発表は、困窮していた統合攻撃戦闘機【 JSF / Joint Strike Fighter Program 】部隊配備計画の為の思わぬ幸運として特徴付けられました。

    これは非常に専門的で詳細で厳しい競争でした。

    「多くの国が、日本の決定を『 F-35 侵攻戦闘攻撃機の 円熟と能力の強い 正当性評価』 と見なすでしょう」と、ロッキード・マーチン社の F-35 の国際ビジネス開発のディレクター「デイヴ・スコット」氏は言いました。

    先週の金曜日(西暦2011年12月16日)から遅れた発表が F-35 を支持して行くと予想されました。

    F-35 は現在、約80億ドルで評価された契約に基づく約42機の老朽化している 三菱 F-4EJ 改 ファントム II (原型機初飛行は 55年前:1958年5月27日)を代替するでしょう。

    日本人の防衛省の職員によると、各々の単機のジェット機の取得費用は1億 1,400万ドル (約89億円)です。

    日本の防衛大臣(直訳は「国防相」)、「一川 保夫」氏は、彼が言うには「公開かつ公開された非常に厳格な評価」に基づき、 ロッキード・マーティン社の F-35 ライトニング II が、以下の4区分の評価基準での総合点で高評価を勝ち取ったと記者会見で発言しました。
    1. (1)性能
    2. (2)経費
    3. (3)国内製造の可能性 
    4. (4)納入後の支援態勢(アフターサービス) 註記*1
    結果は、F-35 が評価で「最も良い」(他の評価語は「良い、普通、やや悪い、悪い」) を手に入れたということでした。
    しかしながら一川 保夫氏は4箇所の評価点(パラメーター)で、 「最も重要なのが性能である」と言いました。

    Japan’s Defense Minister Yasuo Ichikawa said at a news conference here that the F-35 had won after what he called “both an open and very strict evaluation” based on scoring four categories: performance, cost, local industrial participation and logistical support. “The result was that the F-35 got the best score.”However, Ichikawa said, “of the four parameters, the most important was performance.

    私たちの将来の戦闘機の国家の安全要求について考えるとき、様々な国の周辺で、様々な安全保障(セキュリティ)環境、動向、および変化を考えなければなりません。

    これから見て、私たちは「これらに応じることが可能な戦闘機の必要性」を変化させる必要があります。
    ロッキード・マーチン社によると、西暦2016年に最初の4機の航空機を配送するでしょう。(同社の公約では・・・)

    スコット氏は、ボーイング「F/A-18 E/F スーパー・ホーネット」艦上戦闘/攻撃機と「ユーロファイター・タイフーン」制空戦闘機などの第4.5世代戦闘機が健闘を提供しましたが、多分に米国の輸出販売取引商戦への勝利にしっかり留めるのを「後押し」したのは F-35 のステルス能力であると発言しました。

    第四世代戦闘機を遥か遠くに超えた能力がある、次世代(自称)F-35 侵攻戦闘攻撃機。

    この機体には、上記全ての3つの能力と、彼が語った「相互運用性」(第五世代戦闘機に必須)があります。

    確かに、ステルス能力第四世代戦闘機を超えた防空のための必須要素になっています。

    ロシア連邦と中華人民共和国の両国が第五世代戦闘機を開発しており、そこで第五世代戦闘機の初期原型機を飛行試験し、第四世代戦闘機を脆弱化させる艦載・地対空ミサイルの開発をも行っています。

    6月の東京でリスク・コンサルティング会社を興している「ユーラシア・グループ」【Eurasia Group (English)】の相談役&顧問(コンサルタント&カウンセラー)「奥村 淳」氏は、日本の政府が恐らくは決定の槌を立てたのだろうと言いました。

    F-35 が選り抜きの戦闘攻撃機であった様々な理由があります。:政治的、技術的、そうして、我々の隣国が導入している同じもので(横並び意識の結果)」と、彼は言いました。

    “There are all sorts of reasons why the F-35 was the fighter of choice: political, technical, and with what our neighbors are up to,” he said.

    統合攻撃戦闘機【 JSF / Joint Strike Fighter Program 】部隊配備計画統合攻撃部隊プログラムが米国で困難に陥っているとき、勝利は来ます。

    3,820億ドルの価値がある発注での合計 2,440 機 の航空機による、米国・国防総省に於ける近年で最も大きな兵器開発計画は、費用の増大を背景として予定より約5年遅れ、技術的、政治的なもつれを通じて強打されています。

    With 2,440 planes on order worth $382 billion, the Pentagon’s biggest weapons program is about five years behind schedule and slogging through cost, technical and political entanglements.

    国家予算赤字を切り裂くことについて合意する連邦首都ワシントン D.C.の失敗が、この航空機の派生型【A(通常型:空軍用)/ B(短距離離陸&垂直着陸:海兵隊の強襲揚陸艦、又は軽ヘリ空母保有海軍用)/ C(海軍・正規空母の艦上運用)型】のいずれか或いはその3種全ての数の削減に至るかもしれない間、最近の米国・国防総省報告は、解決される必要がある13箇所の欠陥を明らかにしました。

    A recent Pentagon report revealed 13 flaws that need to be fixed, while failure in Washington to agree on federal budget deficit slashing may lead to cuts in either or both the number and variants of the plane.

    スコット氏は、日本の申し出【Proposals】の為の公開された厳しい要求【Request】を獲得すると前進への運動量を、この計画に齎(もたら)すことが可能であると発言しました。

    プログラムの八か国の海外のパートナー国からの注文には、約700機の F-35 注文数があります。

    「イスラエル共和国とオーストラリア連邦と話題の渦中の日本・立憲君主国に関して、各々の新しい追加機数の発注があることは、開発費用を低減させる生産規模に関わる、全ての参加国に利益をもたらします」とスコット氏は発言しました。

    「航空機生産数が日本からの注文で制限されている間(ブラックボックス&制限付きライセンス生産)、日本国の地場産業は、その取引からかなりの利益を受け取るでしょう。」
    とスコット氏は言い足しました。

    ロッキード社は日本の製造ラインのうち、最終的な組立点検施設、主要機体構成部(コンポーネント)、及び副次機体構成部(サブコンポーネント)組み立て作業を提供する予定にしています。

    日本国が F-35 パートナー・プログラムの参加国(メンバー)では無いので、日本国による F-35 の調達が アメリカ合衆国から渉外国への軍事航空兵器販売(輸出)【 Foreign Military Sales 】の過程であるでしょう。

    「我々の地場パートナー国(の企業)がこのプログラムから実質的に利益を得る。彼らには、最終的な「組立て」(アセンブリ)、多くの機体構成(コンポーネント)とシステムの製造、構造部品、および発動機(エンジン)組立があるでしょう。」

    とスコット氏は発言しました。

    しかしながら、奥村【Okumura】は、F-35の選択が、この戦闘機が「次々期・主力戦闘機選定」の選定に関して(マクドネル・ダグラスF-15 J / DJの後継機)【 F - XX 】プログラムの為の 自動更新選定 、日本の F-15 J / DJ の古い機体群への日本の次世代の高級な商品購買を形成する100機以上の主力戦闘機の 当然の後継の交換機種であることを必ずしも意味しない と警告しました。

    「過去に、航空自衛隊は、ある機種に不具合があった場合、その国の空軍の全機が飛行停止になる危険を避ける等の航空防衛の保険確保の目的を以て、異なる役割の為の、多くの異なった機種の戦闘機があるのを好みました。 そして、覚えておいて欲しいのは、局所的に生産される F-35 が、多ければ多いほど、費用はさらに増加するということだ。」   彼はこう発言しました。

    And remember, the more F-35s that are produced locally, the more the cost will increase,” he said.

    More customers could help lower production costs for U.S. military, Lockheed official notes
    By Paul Kallender-Umezu - Defense News Posted : Tuesday Dec 20, 2011 2:34:12 EST

    TOKYO — Japan’s announcement on Tuesday that it has selected Lockheed Martin’s F-35 over Boeing’s F/A-18 Super Hornet and the Eurofighter Typhoon has been characterized as a big win for the troubled Joint Strike Fighter program.

    “This was a very detailed and rigorous competition run very professionally. Many nations will look on Japan’s decision as a strong validation of the F-35’s maturity and capability,” said Dave Scott, director of Lockheed Martin’s F-35 International Business Development.

    The announcement, delayed from last Friday, had been expected to go in favor of the F-35, which will now replace about 42 aging Mitsubishi F-4EJ Kai Phantoms under a contract valued at about $8 billion.

    The cost of each jet is $114 million (8.9 billion yen), according to a Japanese Ministry of Defense official.

    Japan’s Defense Minister Yasuo Ichikawa said at a news conference here that the F-35 had won after what he called “both an open and very strict evaluation” based on scoring four categories: performance, cost, local industrial participation and logistical support. “The result was that the F-35 got the best score.”

    However, Ichikawa said, “of the four parameters, the most important was performance. When we think about our national security needs for our future fighters, we have to consider various security environments, and the movements and changes by various countries. In view of this we need to have a fighter that is capable of responding to these changing needs.”

    According to Lockheed Martin, the first four aircraft will be delivered in 2016.

    Scott said that while the Super Hornet and the Eurofighter Typhoon put up a good fight, it was probably the F-35’s stealth capability that helped it clinch the deal.

    “The F-35’s capability is far beyond that of fourth-generation fighters. It has interoperability with all three services,” he said.

    “Certainly stealth is becoming the essential component for air defense beyond fourth-generation fighters. Both Russia and China are developing and testing early models of fifth-generation fighters, and there is also the development of surface-to-air missiles on ships that makes fourth-generation fighters vulnerable.”

    Jun Okumura, a counselor for Eurasia Group, said the Japanese government had probably made a sound decision. “There are all sorts of reasons why the F-35 was the fighter of choice: political, technical, and with what our neighbors are up to,” he said.

    The win comes at a time when the Joint Strike Fighter program is running into trouble in the U.S.

    With 2,440 planes on order worth $382 billion, the Pentagon’s biggest weapons program is about five years behind schedule and slogging through cost, technical and political entanglements.

    A recent Pentagon report revealed 13 flaws that need to be fixed, while failure in Washington to agree on federal budget deficit slashing may lead to cuts in either or both the number and variants of the plane.

    Scott said that winning an open and rigorous Request for Proposals in Japan could bring forward momentum to the program. There are about 700 F-35s on order from the program’s eight overseas partner nations.

    “With Israel and Australia and Japan on board, each new additional quantity of orders brings benefits for all involved, with scale of production lowering costs,” Scott said.

    While the number of planes is limited in the Japan order, local industry would receive substantial benefits from the deal, Scott added.

    Lockheed is offering a production line-final assembly and checkout facility in Japan, as well as component and subcomponent assembly work. Japan is not a member of the F-35 partner program, so the procurement of F-35s by Japan will be through the Foreign Military Sales process.

    “Our local partners will benefit substantially from the program. They will have final assembly, manufacture of a number of components and systems and structural parts, and engine assembly,” Scott said.

    Okumura cautioned however that the selection of the F-35 does not mean that the fighter is an automatic choice for the F-XX program, a 100-plus fighter replacement for Japan’s aging fleet of F-15s, that will form Japan’s next big-ticket purchase.

    “The Air Self-Defense Forces have in the past preferred to have a number of different fighters for different roles. And remember, the more F-35s that are produced locally, the more the cost will increase,” he said.
    参考図書




    問題点

    • 課題
    概念実証機X-35の製作と飛行試験やF-35としての採用決定までは極めて順調に見えた計画であるが、幾多の国際共同開発機、あるいは空海軍共通機の例に漏れず、計画総コストや1機あたり単価の大幅な増加が問題となった。機体自体も、1フレームをベースに各タイプを開発する為、どれかひとつのタイプの設計の問題が発生した場合、他のタイプの設計にも大きな影響が出ると懸念されていた。

    また、開発各国の様々な要求を満たす為に重量も超過気味となり、あらゆる部分の再設計や仕様変更によって予定の重量内に収めるべく努力がなされた。空軍・海軍・海兵隊、あるいはF-35を購入予定の各国の戦術機開発・取得のための予算のほぼすべてがこの計画に注がれている点も問題となっている。現実にF-35の単価上昇や計画の遅れが発生していることで、埋め合わせのために現用機を延命したり再生産したりする必要性があり、その分F-35の予算を減らさなければならない。

    しかし、各国各軍の利害調整のうえで巨額の予算を投じられた大規模プロジェクトから勝手に予算を取り上げて計画から抜け出すわけにも行かず、各国軍のジレンマは大きい。

    2011年1月6日、海兵隊型のF-35Bについてロバート・ゲーツ国防長官は、システム開発実証(SDD)が2016年まで遅れ、初期作戦能力獲得は2017年になる見込みと、2年以内に改修ができないあるいは計画通りに進展がない場合は、開発が中止になるだろうと発表した。アシュトン・カーター国防次官は、現在のアメリカの財政状況を鑑みて「高額になりすぎて負担しきれない」として、計画の見直しが必要だと指摘した。

    価格

    予定価格は次々と上昇した。 2002年の時点では5,000万ドル。 2007年には1.5倍の7,500万ドル。

    2010年3月12日に米国会計検査院(GAO)が上院軍事委員会(SASC)に報告したところによれば、F-35Aのフライアウェイコストは1億1,200万ドル。

    2010年11月には2010年度2度目のF-35の開発の遅れが発表されており、開発コストは50億ドル増える見通しなので、1機あたりでは、上記の1億1,200万ドルからさらに上昇する見込み。F-22の製造コスト1億3,000万ドル と大差ない価格となるとの報道はあったが、開発コストも含めたF-22の価格は2億5000万ドルなので F-22の概略半値と考えてよい。

    2011年3月には、開発費を含めた合計コストが、米国のインフレのせいもあって1億4,000万ドルになったため、例によってF-35の開発費を含めた合計コストと、F-22の開発費を含めない製造コストを比較して、「F-35の価格はF-22を上回る」という誤った報道が出た。

    2011年10月現在、Wikipedia 英語版では、本体が 1億4,000万ドル〜1億5,000万ドル程度、交換部品・装備込みで1億8,000万ドルという数字が出ている。

    但し、新規開発機でコストや重量の膨張はありふれた事象である。

    運動性能のみに頼った空戦思想がベトナム戦争時代の戦訓に基づくものであり、日本の航空メーカー関係者はF-35とF-X売込みで競合関係にあるボーイング社と関係が深く、ボーイング社から日本と提携航空メーカー関係者に、F-35のネガティブ情報が入り易い事などを指摘する向きもある。

    2011年11月21日発売の『JWings』2012年1月号(イカロス出版)では、現在F-35Aの価格は機体のみで推定6,500万ドルで、開発コストも固定されているため、これ以上の価格上昇の心配はないだろうと記されている。

    F35 空対空ミサイルとステルス性能に疑問 米国防総省内部資料

    • 2011.12.15 20:06 [安全保障]

    【ワシントン=佐々木類】

    航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として防衛省が採用を内定したF35について、米国防総省が調達・生産計画の再考を提言する内部資料を作成していたことが分かった。

    資料は、選定に当たり防衛省が最重視したステルス性や空対空の戦闘能力について疑問を呈する内容となっている。

    内部資料は「F35の(開発と生産の)同時遂行に関する簡易調査書」で計20ページ。11月29日付で、報告者は、国防総省のアハーン次官補代理(戦略・戦術システム担当)ら計5人。

    それによると、F35試作機の米英両軍のテストパイロットは、
    1. (1)攻撃能力
    2. (2)(被弾や事故時の)生存可能性
    3. (3)旋回や上昇など飛行性能について、「運用上深刻な影響を及ぼす可能性」を挙げ、敵戦闘機を攻撃する空対空ミサイルの発射についても問題を指摘した。また、敵防空能力を制圧するF35の電子戦能力についても「特別な懸念」を示している。

    空対空の攻撃能力に不可欠なステルス性のほか、とりわけ重要なのが、いち早く敵を察知し、ミサイル攻撃できる能力だが、テストパイロットらは、航空自衛隊が最重視するこれらの性能にも疑問を呈していた。

    調査書は「今後の生産を中止するような根本的なリスクは認められなかった」としながらも、これらの問題点により「設計の安定性で信頼に欠ける」と結論。「調達・生産計画の真剣な再考」を促している。

    今回、数々の問題点を指摘した内部資料の存在が明らかになったことで、日本がF35を選定しても、実戦配備の行程には不透明な部分が残されるといえる。

    ディヴィッド・ウォーレン 駐日大使「最後のお願いに参りました !」

    • ディヴィッド・ウォーレン 駐日大使



    日本の次期主力戦闘機(FX)選定で欧州共同開発のユーロファイターの売り込みを図る英国のウォレン駐日大使は15日、共同通信とのインタビューで、内定が伝えられる米国主導で国際共同開発中のF35と、ユーロファイターの両機種を採用することも選択肢として考慮されるべきだとの考えを明らかにした。

    選定競争で劣勢が伝えられる中、単独での受注は極めて困難とみて、複数機種の選定に持ち込もうとする姿勢を明確にした。

    大使は「私の(日本政府への)メッセージは両方を導入することは可能ということだ」と明言し、両機の特徴について

    F35は「攻撃(侵略)的戦闘機」、
    ユーロファイターは「防御的」と説明。

    英国も既にF35を購入したと述べた上で、両方の戦闘機保有は「合理的」で「まさに英国が行おうとしているものだ」と訴えた。(共同通信)

    次期主力戦闘機 欠陥問題を見極め選定を!


    日本国政府が近く安全保障会議(西暦2012年12月20日に延期)で航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に決定しようとしている米ロッキード・マーチン社製最新鋭戦闘機F35「ライトニング II」の欠陥が表面化している。

    米国防総省高官が指摘した欠陥には
    1. 隔壁に亀裂が入る」
    2. 「空母着艦用の後尾フックが作動しない」

    など重大なものもある。

    レビン上院軍事委員長らはパネッタ国防長官に詳細な欠陥の内容と改善費用の説明を求め、国防総省は全体の開発調達計画を遅らせる見通しという。

    米国内でこれだけ問題化しているのに、日本政府は不具合の改善見通しなどをきちんと見極めようとしているのか。
    日本と同様にF35導入を予定していた豪州(オーストラリア)はすでに早期購入を断念し、共同開発国のカナダ連邦も調達に慎重な姿勢に転じた。

    防衛省は、敵のレーダーに捕捉されにくい「ステルス性」などを理由として来年度予算案に4機分の取得経費約500億円を計上し、最終的には約40機を導入したい考えだ。

    米国防総省の内部報告書でレポートされたF-35の4つの問題

    1. 空中戦時を想定した戦闘機動をすると、予想していた振動よりもはるかに酷い振動のために、ステルス・コーティングがはがれ、機体構造骨格(フレーム)に亀裂(クラック)が発生する

    2. 先進ヘルメットマウント・ディスプレイには、夜間や悪天候の操縦者に潜在的な敵の攻撃目標がよく判るように支援するだろうと期待したが、結果として未成熟で、従来の戦闘機の既存のシステムの能力よりも劣っている。
    その理由は、飛行中の振動が原因である

    3. 統合パワーパッケージ(酸素発生装置、コックピット内圧保持・供給装置の集合体)は、恐ろしいほどに信頼性が欠如していることが証明された。

    4. 空母着艦の為の艦上型 F-35C の現在のテールフックは問題がある為、新しい着艦拘束鉤(テールフック)を設計・製造し、来年2012年の初頭から実験を続ける予定だが、報告書は問題が F-35 自体の基礎設計にある為、この問題を解決するには 艦上型 F-35C を新たに再設計する必要がある。

    逆転勝訴の交渉術

    『空軍』制服組が上申しても16日最終決定の野田総理でタイフーンに逆転、或いはF-35導入繋ぎ機数採用の可能性がある。

    大震災で赤字国債過去最高の大蔵省が黙っていないから。

    ヘリコプター護衛艦用に航空自衛隊管轄で空母航空団を組織して海上自衛隊の全通甲板軽空母にF-35 B型を10機程度展開。

    残りはユーロファイター・『タイフーン』で良いのでは?
    twitter での遣り取りにより一部撤回
    • obiekt_JPJSF to @yui1107

    尖閣諸島は目と鼻の先なのですから、那覇基地から戦闘機を飛ばして(空中給油機を使ってもいい)も十分届きます。
    軽空母には対潜ヘリコプターを積んで、上空援護は陸上基地からの戦闘機で事足りる筈です。
    空母とは遥か遠くの海外遠征で使う兵器であり、本土防衛には不必要です。

    リンク


    次期戦闘機、F35選定へ=第5世代機で「性能重視」−防衛省

    防衛省は13日、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に米ロッキード・マーチン社製のF35を採用する方針を固めた。F35は候補の3機種の中で、レーダーで捉えにくいステルス性や情報ネットワーク性能に優れた唯一の「第5世代」戦闘機。近く岩崎茂航空幕僚長が一川保夫防衛相に機種選定案を上申する。

    16日にも安全保障会議(議長・野田佳彦首相)で正式決定する運びだ。

    今後30〜40年の運用を想定する空自は機体の先進性が重要と判断。

    これを踏まえ、一川防衛相は13日午前の記者会見で「(機種選定が)最終段階を迎えたことは事実だ。
    選定に当たって、基本的に性能重視ということに尽きる」と強調した。
     

    FXは老朽化したF4戦闘機の後継機で、防衛省は2012年度予算案に4機分の調達費を要求。16年度から引き渡しを受け、最終的に約40機調達する。FX選定ではF35のほか、米ボーイング製のFA18、英BAEシステムズなどによるユーロファイターの3機種が候補になっていた。

    防衛省は選定に当たり、各メーカーなどから提出された提案書を基に、性能や価格、国内企業参画などを評価して選定を進めていた。

    F35は、ステルス性やレーダーで捉えた敵機の情報を複数機で共有できる「データリンクシステム」など先端技術を備えている。
     
    ただ、同機は開発が遅れており、防衛省が条件とする16年度中の納入が間に合わない可能性が指摘されている。

    防衛相は会見で、F35の開発の遅れについて「その都度、全て確認しながら最終的に評価していく」と語った。
    • (2011/12/13-13:18)

    1.F-35A(通常離着陸型)

    2.F-35B(短距離離陸・垂直着陸型)

    3.ユーロファイター「タイフーン」


    • F35、次期主力戦闘機に…最新ステルス機

    narge_narge_(なるげ)さんの意見

    F-35?ステルスありきの「出来レース」に疑問。F-35はライセンス生産出来ない。全てのメーカーが生産ラインを永遠に放棄するはず。

    これで日本は軍用機の自力生産能力を失い、永遠にアメリカの言うなりに戦闘機を購入することになる。えっ、戦闘機自体要らないって? フフフ♪www

    参考図書

    航空自衛隊次期戦闘機F-35ライトニングII (世界の傑作機別冊)


    ATD‐X 心神 vs ロッキード・マーティン F-35 ライトニング II【『丸』2012年1月号別冊】





    プロジェクト内部記事

    関連内部記事


    このページへのコメント

    >FX選定はF35を導入する為の「出来レース」だったと批判されても仕方がない。
    米映画[レモ、第一の挑戦]みたい、あの映画で悪徳軍事企業のAR60小銃のテストをしていた米軍のシーンで。
    射撃をしていた兵士が銃が破裂して死んでしまうシーンがある。
    シャドウクロニクルのハイドニットみたいな仕掛け(イランへ輸出したF14用ミサイルのでイラン革命のときに中枢の部品壊してグラマン社が逃げてる)なんて仕掛けられたら、どこかの国に情報が洩れて悪用されるかも。

    0
    Posted by 森 和正 2017年07月08日(土) 13:30:11 返信

    コメントをかく


    「http://」を含む投稿は禁止されています。

    利用規約をご確認のうえご記入下さい

    Menu

    1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
    2. ロボテック:実写映画の構成案
    3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
    4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
    5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
    6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



    開く(Open)

    の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

    Variable Fighter / Attacker MASTER File

    管理人/副管理人のみ編集できます