鉄拳8を初心者向けに攻略するwikiです。

スマホ・タブレットの方は、ページを最下部にスクロールさせて、パソコン画面に切り替えて下さい。


1、クマ・パンダを知る

どんなキャラ?

  • 鉄拳8では唯一の獣キャラ
    • パンチ技のリーチが長く、キック技のリーチは短い。
    • 上半身の食らい判定が大きく、足元の食らい判定は小さい。
  • クマとパンダの違い
    • 基本的な技の構成や性能は全く同じで違いは無い。
    • ヒート中限定で出せる一部の技にのみ、差がある。

期待の新技

    • クマ版剛掌波。発生の早い中段攻撃。
    • 三島家の雷神拳で締める3段技。コンボに使いやすい。

2、戦略解説

立ち回りの基本

基本の方針
まずは次の5項目を確実にこなせるようになりましょう。
  • 近距離では『』『』 『』で牽制。
  • 中距離では『』『』を適度にぶっ放して威嚇。
  • 攻め込まれたら『 』『』で暴れ。
  • 相手が固まったら『』や『』でガードを崩す。
  • 相手が技を空振りしたら『 』でスカ確
技性能解説
  • (発生10F、上,中,中、トルネード)
    • ジャブ始動の3段技。
      • 初段ヒットで3段目まで繋がり、更にコンボで追撃できる。
      • コンボは『> 』がお手軽高火力。
      • 3段目をガードされると大きな反撃を受ける。
    • 追い込まれた時の暴れに。
      • 10Fカウンターとしてはリターンが非常に大きい。
      • 適度に撃てば相手に攻めるのを躊躇わせることができる。
      • リスクも非常に大きいので、連発はしないように。

  • (発生19F、中段)
    • 低姿勢で鋭く踏み込んでから大振りのアッパーを繰り出す大技。
      • ヒット後は『』で拾う高火力コンボが決まる
      • ダウンした相手に当たるので起き攻めにも使える
      • ガードされても距離が離れるので反撃を受けにくい。
    • ただしリーチの長い技には反撃を受ける。
      • 相手キャラによっては大きな反撃を受けるので、連発は避けたい。
      • 反撃には慣れがいる。反撃してこない相手には出し放題。

  • (発生12F、中段)
    • フロントキック。クマパンにとって非常に貴重な中段の小技。
    • 接近戦はこれと『』で凌いでいきたい。

  • (発生21F、下段、しゃがステ)
    • 下段。ヒットで有利、カウンターでコンボ。
    • コンボは『』がお手軽。

  • (発生15F、中,中)
    • 発生とリーチに優れた浮かせ技。
    • 相手が技を空振りしたら、これですかさず反撃したい。
    • ガードされると浮かされるので、適当に打つのは厳禁。

攻めを覚える

 クマパンにはハンティングスタイルという四足歩行の構えがあります。
 下段が弱体化した本作では、この構えからの攻めが重要になっています。
  • ハンティング移行コマンド
    • :その場で構える
    • :ジャンプパンチ後に構える
    • :タックル後に構える

  • ハンティングスタイル中に出せる技
    • :中段2発。発生早い。
    • :下段。しゃがステ付き。
    • 前転

3、空中コンボ

トルネードやられ

コンボ始動技

ノーマルヒット
  • 立ち途中
カウンターヒット

トルネード対応技

空中コンボ

簡単




壁コンボ

  • 壁やられ
      • 更に『』で起き攻め可。

4、ヒートモード

 発動中限定で出せる技が、クマとパンダで異なります。
  • クマ or  (発生15F、特殊中段、削り)
    • クマ版風神拳。ヒットでコンボが決まる。
    • ガードされても、体力を削りつつ有利を取れる。
    • 一八麗奈のものと違い、しゃがんで回避されない。
  • パンダ (発生16F、中,中,中)
    • シャオユウの『』をベースにした飛び蹴り。
    • ガード時、大幅有利な状態で座り()へ移行。
    • 』と『』で2択をかけたり『』から更に攻め込める。

 現状ではクマの方が高性能とされます。

ヒート中の効果

    • 前転(しゃがんだ状態で)に攻撃判定が付く。
    • 前転中にガードブレイク判定が付く。
      • ガード時『』で追撃できる。

 この2点と好相性なのが、『』です
  • (発生37F、中段)
    • 一回転しながら両足を振り下ろす大技。
      • 発生は非常に遅いが、ヒットでコンボ、ガードで大幅有利。
      • 攻撃中に 入れっぱなしで前転に移行。
      • ヒット時、『前転中』で拾ってコンボに行ける。
    • ヒート中は強化された前転から一方的な択を仕掛けられる。
      • 前転中:ガードを弾き、『』が確定する。
      • 前転中:中段コンボ始動技。
      • 前転中:下段。

5、確定反撃

立ちガード後

  • 発生10F
    • 多くの浮かせ技や多段技に決まる。まずはこれを確実に。
    • ヒット後は大幅に有利。
  • 発生15F
    • コンボ始動。リーチが長い。
    • ガードされると浮かされるので確実に当てたい。

しゃがみガード後

  • 発生11F:立ち途中
    • ほぼ全ての下段に決まる。まずはこれを確実に。
    • ヒット後は大幅有利。
  • 発生13F立ち途中
    • 多くの下段に決まる。
  • 発生15F立ち途中
    • コンボ始動。大振りな下段をガードできた時に。

このページへのコメント

立ち回りの基本欄にある近距離の牽制技のうち、6LPはLP単押しと出る技が同じだと思うのですが…

0
Posted by 名無し(ID:A1HuSem2dA) 2024年03月15日(金) 19:59:36 返信数(2) 返信

すみません、前作のコマンドが残っていました。修正しました。

0
Posted by  banken24 banken24 2024年03月16日(土) 00:42:45

ありがとうございます!初心者からすると編集してくれる方々はとってもありがたいです!

0
Posted by 名無し(ID:A1HuSem2dA) 2024年03月16日(土) 11:09:51

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
コマンドの画像が正しく表記されない方は
パソコン画面に切り替えて下さい