デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


BUILD MS2弾(B2弾)

B2-029Pタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 3500スピード 3000
必殺技トランザム・セブンソード5200コスト6
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考当然のようにPで登場。ステータス合計値は8500。
アビリティはモーションパターンの元祖の為か、トランザムでの収録。後発のおかげで後半主役機のP劇場版主役機のPを上回る性能を持つことになった。ただし、ステの配分やアビリティ・成長タイプの問題で突撃を持つ同弾CPダブルオーや同じアビリティを持つZ2弾P同弾CPクアンタなどと比べて一長一短な為、より一層の使い分けが肝要である。
ステータスは3000台2つでアタック重視、トランザム持ちの宿命かやはりHPが低め。またコス6最高威力を6弾FXより5弾またいでついに更新した。
パイロットは参戦記念の同弾R刹那と行きたいが…耐久面がZ2弾PクアンタZ3弾Pウイングゼロなどではないにせよ低くまとまりがちなのであまり相性はよくないのが難点。B7弾より実装の共鳴スピバに対抗しやすい点は見逃せない。とはいえ高いアタックに追加ダメージスキルで通常・必殺火力共に高水準でまとまるが、アビリティがトランザムという事を考えればZ2弾P版で、発動しなかった時の予防策を張っておく方が無難かもしれない。おまけにラウンド2でコスト5・威力6700になった必殺でのアシストという強力なバックアップ要員にもなる。鉄華繚乱にて再びPレアになった繚乱1弾刹那なら軽減パーツ有りでコスト5又はコスト4・威力7200と非常に優秀な必殺燃費をガンダム系を味方につけるだけで出来るようになった。必殺どころかスピードやアタックまで補える優れものでアタックに至ってはなんと補正なしで7000になる。
それ以外のパイロットならB1弾Mジュドーならトランザムとパイロットスキルで耐久面に特化した形になるし、アタックバーストならZ3弾Pヒイロ6弾Pアムロあたりなら火力補填出来てミッション攻略に役立つはず。
B2-030Cタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 2200スピード 2000
必殺技GNブレイド3400コスト4MSアビリティ電刃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考刹那の最初の愛機はP・C・CPの3枚体制。
今回から参入するGコマンダーなら開発系統:ソレスタルビーイングのレベルが必要になる場合は当然お世話になることもある。現在は不要だが、「SP」や過去弾ではビルドMS・ガンダムスローネツヴァイを開発する際に開発系統のレベルが一定数要求されていた。
ちなみに刹那機唯一の電刃持ちだったりするのでBG6弾C刹那(特別任務「コモンカードのみでクリアしろ!」の場合はこっち)や鉄5弾付帯Mなどでどんどん防御ダウンさせつつスピード奪い、メインは必殺で攻めるという運用法が出来る。
余談だが、本ゲームでは通常攻撃はGNショートブレイド&ロングブレイド。エクシアの象徴的武装のGNソードは上位演出技のほか、双撃アビリティとガンナーの通常攻撃時に使用。
B2-067CPタイプディフェンダー
ステータスHP 2500アタック 3000スピード 2500
必殺技トランザム・セブンソード5200コスト7MSアビリティ速烈
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
GNドライヴ太陽炉:毎ラウンドスピード+300
備考ガンダム00の本格参戦記念、GNドライヴキャンペーンの1枚。トップを飾るのはやはり主役機のエクシア。ステータス合計値は8000。
速烈も含め当然のごとくアタックの高さを基調にした機体となっている。速烈機にありがちだったHPの低さもこの機体に限っては2500と標準より高めなのでパイロット次第で一発受けきる程度の耐久性を持たせやすいのが特徴。その代わり、成長タイプは機体設定にのっとった標準型であり、一線で活躍してきた速烈機体たちに火力で劣るのには注意。
適正はダブルオーへの系譜を意識した地上◎以外はいたって普通のガンダム系適性であるが、GNドライヴがあるため基礎スピードは実質2800ととらえてよいため、実質ステータス総合値は8300となる。適性を逆に伸びしろととらえ適性向上パーツで向上していけば+500もされ、さらに後半ラウンドになればなるほど先攻は取りやすくなるものの、速烈用のスピードが足りない場合はやはりスピードバーストを乗せたい所か。宇宙ではアクシデントがあるのを鑑みて出撃させないなど、そういった細かい面での対策も心得ておきたい所。
パイロット候補はやはり同弾R刹那だろうか。P版よりもスピードバーストである事や追加ダメージスキルを存分に生かせる上に、刹那自身の低めのスピード補正もエクシア側でフォローが効くので相性は抜群。刹那唯一の高レアアタックバースト、0弾Mも高いスピードを確保しやすいこの機体に乗せれば活躍しやすいだろう。
それ以外のパイロットならやはり確定クリティカルスキル持ちであるZ3弾RジョニーZ1弾MドモンB4弾Mレイジでその火力を存分に引き出してやりたい所か。近年ではおなじみのアタック確定組…B5弾MマフティーB6弾Mユウでさらに切れ味を増すことが出来る。特にマフティーは高いアタック補正で火力を上げつつ不足気味のスピードをGNドライヴで補う形となり、攻撃を受けて覚醒出来れば更に加速可能。「正義のための戦い」を存分に行えることだろう。ただし、成長傾向は標準型なのでクリ型に比べて火力面で今一歩劣る所と、HPがやや低く纏まる点があるので過度な信用は禁物。ボーナスこそないが成功傾向がクリ型と同じ緑の速烈+適性の同じB7弾CP黒獅子が出撃枠の競合するライバル関係になりそうだ。(アタックはこちらが高いが必殺燃費は向こうが上)
証言は作中でガンダムと最初に戦った不死身の異名を持つのあの人が語っている。

BUILD MS3弾(B3弾)

B3-028Rタイプアタッカー
ステータスHP 1800アタック 3000スピード 2200
必殺技トランザム・セブンソード4000コスト5MSアビリティ双撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考Mを飛ばしてセブンソードR落ちはビルドMS版で披露した双撃を実装して登場。
ステ配分もビルドMS版とほぼ一致するがHPとスピードの配分がややバランスよりになっている。とはいえ昨今は基礎HPが2000未満なのは場合によっては一撃死する事もある為、対策は講じておきたい所。またビルドMS版をチューニングしてあればビルドアクションの存在もあり、ステ合計はそちらが自然と勝る形になるのでこのカードを無理して使う必要はないが、貴重なビルドMS枠を他のMSに譲りたい時はこのカードの出番もあるか。
パイロットは専用パイロットの各種刹那…だとHPがやや心もとなかったりするので、安定を図りたいならB2弾Mサーシェスあたりが適任か。HP補正は元より、1R限定アタックダウンスキルが心強い。高速化しての双撃狙いならZ3弾PヒイロあたりならHP補正あたりのバランスを見ても適任か。

BUILD MS6弾(B6弾)

B6-026Mタイプガンナー
ステータスHP 2400アタック 3000スピード 2500
必殺技トランザム・セブンソード4800コスト6
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性ビーム必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考改造機の登場やリアルグレードの発売に合わせたのか、セブンソードM落ち。ステータス合計値は7900。
初の排出版ガンナーでもあり、これでSECを除くすべてのレアリティが揃った。ちなみに後の新シリーズ・BG弾でアメイジングエクシアその後の本機がSECで登場しているので、それを合わせれば擬似的にだが制覇した事にはなる。さらに後のVS3弾においてさらなる改修機が登場しているので実質制覇したとも言えるか。
B2弾Pと比べ、HPは上昇したもののそれ以外の数値が減少し、ほぼタイプ違いという点のみが利点の下位互換となっているが、バランスがいい配分のおかげでメインもアシストもこなせる良カードという見方も出来るので、そこまで欠点らしい欠点でもない。
パイロットは同弾Mタツヤを乗せれば、トランザムが万一発動しなくてもパイロットスキルにより十分耐えられるか。それ以外にもZ2弾P刹那で攻防を安定させてみたり、B2弾R刹那で先手をとって、追加ダメージの乗ったトランザム(先攻時スキルが乗る為)をお見舞いするのもいいだろうか。どちらも専用補正でアシスト要員としても中々の性能になる。
証言ではガンダムアメイジングエクシアの事が語られているが、前述の通りBG3弾にて参戦した。

BUILD MS8弾(B8弾)

B8-033Mタイプガンナー
ステータスHP 3000アタック 3200スピード 1800
必殺技トランザム・セブンソード5600コスト7
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性ビーム必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考再び青のトランザムでM排出。ステータス合計値は8000。
前回と打って変わって重量型配分となりアタックや必殺コスト帯を引き上げ攻撃的な印象に。御多分に漏れず3つのステータスの中でアタックが最も高いのは相変わらずといえよう。スピードが更に下がった分HPが上がり、エクシアの中で最も打たれ強くなっている。また、コストと共に増大した必殺威力も頼もしいがコスト計算は忘れずに。
使い方はステが似るZ3弾PZ同様トランザム受けでの活躍がメインになるはずだが、共鳴スピードなどのトランザムが発動しない攻撃には注意。対人ルール戦ではB5弾Pアムロなどの半減スキル持ちを載せて受けをトランザムのみに頼らないようにしておくと使い勝手が良くなるだろう。ミッションでは封じスキルに注意しつつ、BG1弾Rシーブックのような半減スキル持ちディフェバで固めても役目を十分に果たしてくれるはず。
ちなみにイラストは、アビリティそのままのトランザムモードのもの。

BUILD G1弾(BG1弾)

BG1-081CPタイプアタッカー
ステータスHP 1600アタック 3300スピード 3300
必殺技トランザム・セブンソード4800コスト6
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
ボーナスバトルパートナーレベル+1
備考2回目のCPで排出(1回目は参戦弾のB2弾)。新アビリティ持ちで登場。ステータス合計値は8200。
アタック・スピードに優れる一方で低いHPは無双の発動を阻害しやすい為、高めのHP補正をもつパイロットでのフォローは必須。それ以外では素性がよく使いやすいエクシアなので無双の運用如何に関わらずエクシアを使いたいというならお勧め出来る一枚。とはいえ、本当に活躍させたいならこのカードを使った後に開発できるエクシア(G)が基礎アビリティで突撃持ちなのでそちらを使っていった方がよいかもしれない。
数少ない専用パイロットのカードではZ2弾P版の刹那を使えば無双を使用した後でもアシスト要員など戦力にしていけるが、HP補正がやや辛いかもしれない。一応、HP回復手段を組み込む事で補助も出来るので、確実な無双発動の際には一考したい。
その他パイロットではZ4弾Mロウや同弾M劾、B5弾PアムロB8弾Mキンケドゥのような高いHP補正のパイロットで使いやすいものは多く存在するので好きなパイロットを使おう。
証言者はマリナ・イスマイール。後にバトルパートナーに昇格した。

BUILD G6弾(BG6弾)

BG6-022Cタイプガンナー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2000
必殺技トランザム・セブンソード3500コスト4MSアビリティ不沈
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考00特集の中1stシーズンから唯一再排出。
アビリティはビルドMSの通常版のみが保持していた不沈。ただしタイプがディフェンダーからガンナーに変更されている。
ステはフラットなのでどこを補強するかで使い勝手を大きく変えられるが、必殺火力が低燃費なので不沈受けには向かないのが難点。メインには押し出しにくいため、使うとしてもラウンド途中での削り役程度に留めた方がいいだろう。
図らずもこのアビリティが復活した本機が本弾のSECになるのはただの偶然か、いや、必然かもしれんな・・・。

鉄華繚乱1弾(TKR1弾)

TKR1-032Cタイプディフェンダー
ステータスHP 3300アタック 2200スピード 1000
必殺技トランザム・セブンソード3600コスト4MSアビリティ烈破
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考1シリーズまたいで素の後継機共々コモンで登場。
HPに重きを置いた烈破持ちであり、BG4弾Pデスティニー以来の烈破持ちの主役機であり、スピードはBG5弾C真武者同様1000と一切無駄のない完成したステータスに仕上がっている。
成長傾向や配分、地形適正の関係で火力こそ向こうより大幅に劣るが、その反面耐久性は抜群に向上している。必殺燃費も大幅に軽くなっているので、基本は味方をアシストしつつもアシストカットを誘発させ、カットしてきた敵機を烈破で返り討ちにするという戦法が使いやすい。
パイロットには同じコモンであるBG1弾C刹那を乗せると、ラウンド1からGパワーを補充しつつ必殺威力を上げる事も出来る。高レアなら欠点の必殺の基礎火力を上げるZ2弾P、防御ダウンで火力の底上げを図る鉄5弾M、相性こそ悪い(スピードの補正が高い)が、スキルで必殺火力が高められるBG6弾CP(これを乗せる場合はアシスト必殺がメインとなるだろう)など、ディフェバが多いので選択肢に困る事はないだろう。
イラストは外部からトランザムが初めて発動し、の手に渡ったツヴァイ戦で窮地を機動力で覆し、圧倒したシーン。

OPERATION ACE 03(OA3弾)

OA3-027Cタイプアタッカー
ステータスHP 2300アタック 2500スピード 2300
必殺技トランザム・セブンソード3800コスト3
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ACE効果味方にガンダム系MSがいると、ずっと必殺技+500。
備考約2年ぶりの排出。フラット気味のステータスでトランザム持ち。コストバトルやコモン指定の特別指令などで反撃系のアビリティが欲しい時に重宝するだろう。

DELTA WARS 01(DW1弾)

DW1-017Pタイプガンナー
ステータスHP 3500アタック 1900スピード 5200
必殺技トランザム・セブンソード5800コスト5MSアビリティ突覇
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:ガンダムエクシアリペア
開発系統ソレスタルビーイング
(成長傾向:標準型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系
太陽炉搭載機
タイプアタッカー
ステータスHP 3500アタック 4900スピード 2200
必殺技ヴァルネッド・ソードダンサー6400コスト6MSアビリティ解滅
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ACE効果-
備考新シリーズは4年9ヶ月ぶりに、新効果持ちのPで登場。ステータス合計値は10600。
こちらはスピードの高いステータスで、アビリティは突覇と使いやすいアビリティとなっている。
乗り換え後の機体がアビリティレベルが必要なアビリティなのでこのまま戦うのがいいが、状況に応じて変えるといいだろう。
エクシアリペアでは解滅に変更。乗り換え前とは違い、アタック、HP、スピードの順に低くなっていくステータスに変わり、アビリティは解滅とある程度のアビリティレベルが無いと不発しやすいものとなっているので、レベルが低いうちはこちらに変えない方が使いやすいかも。
DW1-095ANNIV.タイプアタッカー
ステータスHP 2600アタック 3300スピード 3000
必殺技トランザム・セブンソード6300コスト6
MSアビリティ共撃
トランザム
トランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ヴァリアブル効果-
ACE効果-
備考DW1弾のアニバーサリー2枚目でも登場。ステータス合計値は8900。
こちらは、リペアへの乗り換えは無いので、パイロットは自分の好みで合わせるといいだろう。
アタックが高めのステータスで、アニバーサリー特権のダブルアビリティは共撃とトランザム。トランザムで攻撃をかわして、共撃で攻撃が主な使い方となるだろう。急襲あたりには、スピードバーストで対抗したい。
DW1-098PARAタイプガンナー
ステータスHP 3500アタック 1900スピード 5200
必殺技トランザム・セブンソード5800コスト5MSアビリティ突覇
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:ガンダムエクシアリペア
開発系統ソレスタルビーイング
(成長傾向:標準型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系
太陽炉搭載機
タイプアタッカー
ステータスHP 3500アタック 4900スピード 2200
必殺技ヴァルネッド・ソードダンサー6400コスト6MSアビリティ解滅
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ACE効果-
備考こちらは上記Pのイラスト・仕様違いの特別バージョン。ステータス合計値は10600。

プロモーションカード

BPR-009C扱いプロモタイプアタッカー
ステータスHP 1200アタック 2500スピード 2500
必殺技トランザム・セブンソード4400コスト6
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考トライエイジトーナメント2013年9月大会参加賞として配布されるカード。2013年10月から放送されたガンダムビルドファイターズ展開の関係上で1か月のみの配布と微妙にレアなカード。
性能としては、B弾C相当ステでトランザム持ちの宿命かHPが極端に低く対策は必須。スピードはCのアタッカーとしては中々のものなので、HPとトランザムの威力の元であるアタックを重点的にフォローする事で使いやすくなるはず。
カードデザインは22話でサーシェスのスローネツヴァイと対峙した際のワンシーン。
余談だが裏面の証言が、珍しくパイロットの刹那本人となっているが、1弾CPで登場しているので実は初めてではなかったりする。また、刹那はこの後も度々証言者として他弾のCPSECにまで登場している。
VPR-039-タイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 3500スピード 3500
必殺技トランザム・セブンソード4300コスト4
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)(OA3弾〜)
備考2017/11/16〜ガンダムベース東京でガンプラ等商品購入者に配布。PGエクシアの発売を記念した特別カード。ステータス合計値は9200。
VS3弾での排出はなかったため久しぶりの登場となった。M相当の合計値で、初となる緑のトランザム持ちで登場し3タイプが出揃うこととなった。
PGの売りである発光パターンの再現はアビリティとNSP02で使われているシアンピンクの2色箔押しで再現。
イラストは森下直親氏。幾多のガンプラのパッケージ(主にHG系)、ガンダムウォーシリーズでおなじみ。本ゲームには初参加となる。
DPR-001-タイプアタッカー
ステータスHP 3900アタック 3200スピード 1400
必殺技トランザム・セブンソード5300コスト5
Hアビリティトランザムトランザム発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器属性打撃必殺武器属性打撃パイロット刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ヴァリアブル効果乗り換え後の機体:ガンダムエクシアリペア
開発系統ソレスタルビーイング
(成長傾向:標準型)
機体特殊系統・特殊機能ガンダム系
太陽炉搭載機
タイプディフェンダー
ステータスHP 3900アタック 2600スピード 2000
必殺技ヴァルネッド・ソードダンサー5800コスト6MSアビリティ奮迅
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロット刹那・F・セイエイ
刹那・F・セイエイ(1st)
刹那・F・セイエイ(ELSバージョン)
ACE効果-
備考DELTA WARS 01稼働記念ヴァリアブルカード出撃キャンペーンで配布。ステータス合計値は8500。
こちらのアビリティはトランザム。ステータスが耐えるのに適しているが、ラウンド1での乗り換えは難しいので(ヴァリアブルカードのページ参照)、トランザムを使った後に機体を変化させことになる。当然、急襲相手に狙われたら、何とか耐え凌ぐしかない。
エクシアリペアでは奮迅に変更。乗り換え前のエクシアとあまり変化のないステータスだが、乗り換え前がトランザムなのでトランザムを使った後か相手に急襲持ちがいて乗り換え手段が整っていたら、こちらに切り替えるという使い方が主となる。

機体解説


HGのエクシア(リペアII含む)にはサーベル/ダガー刃がないので
GNビームサーベル/ダガー刃(SB9)についてはデュナメス項参照。
登場作品機動戦士ガンダム00 1st Season
開発系統ソレスタルビーイング(成長傾向:標準型)
その他特殊系統ガンダム系・太陽炉搭載機
格闘武器GNブレイド
GNソード・ライフルモードとシールドを腕に装備した状態でブレイドの二刀流攻撃
ガンプラのHG、RGでは攻撃モーションを再現できない
1/100のMGなら可能。
打撃
射撃武器GNソード・ライフルモード
※GNソードで回転斬り→ライフルで射撃
 通常攻撃以外はライフルのみを使用
 胴回し回転斬りは1stオープニングの再現
ビーム
ディフェンダー通常武器:格闘武器
双撃GNビームサーベル×2→GNソード
※逆ハの字に切り裂いてからソードを展開して縦に斬る
 (アルヴァアロンに止めを刺したシーンの再現)
打撃
ビルドMSB2弾
BG1-081CPを使用した場合のG版
コンプリートモードオールクリアボーナスのCOMP版とDW1弾からのオペレーションモード「ガンダム00 1st」編にて獲得できるR版も存在
証言
特記事項ハイパーアビリティ・トランザムのモーション元
(初トランザム時の攻撃回避→反撃)。
B3弾特別ミッションで排出に先駆けてガンナー版が登場、
初期OPでおなじみの胴回し横回転斬りが追加された。

私設武装組織・ソレスタルビーイング(以下、CB)が
来るべき武力介入のために開発した機動兵器・ガンダムの一機で、その第3世代目にあたる機体のひとつ。
本機はガンダムマイスターである刹那・F・セイエイのパイロット特性等を鑑みた、接近戦用の機体で、
全身に装備された7本の剣、セブンソード(本機の開発コード)を持ち、それらを駆使しての戦闘を得意とする。
この機体の元になったアストレア(下記参照)譲りの広い関節構造は、
他のガンダムと比べてエクシアに多機能性を持たせており
チューン次第で様々な役割を担う事も可能であった。
キュリオスの変形やヴァーチェの分離機構など特殊なものを除く)
これはひとえにエクシアが武装のみで接近戦用という用途を担っているだけだからでもある。

武装は前述のセブンソードの名の通り、
基部にGNビームライフルを持つ折りたたみ式の大剣で本機の主武装でもあるGNソードを筆頭に、
武力介入開始後に追加された実体剣のGNロングブレイド(長剣)とGNショートブレイド(短剣)、
肩アーマー、腰のリアアーマーに2本ずつ装備されたGNビームサーベルと計7本の剣を装備。
そのリアアーマーの2本はGN粒子の出力を調整されてビームダガーとなっているが、調整しなおす事で両者の役割を入れ替える事も可能。
ビームダガーはマイスターの刹那がよく投擲武器として使用しており、
スローネツヴァイのGNファングに投擲して迎撃した事もある。
これらの剣を適宜使い分ける事で様々な戦況に対応、装備が破損してもすぐに補充が利くという一面も持っている。
セブンソードの内3本(GNソード、GNロングブレイド、GNショートブレイド)はGN粒子をまとわせる事の出来る実体剣であるが、
これらはGN粒子を使用したバリア、GNフィールドを貫通することができ、
組織の内紛等でGN粒子を使用した技術が漏洩した際、
もしくは他のガンダムに対しての抑止力の意味も持つ。
他には左腕にEカーボン製のGNシールド、両手首の外側にGNバルカンを装備。
GNバルカンはエクシアの武装の中で威力は低いが、実体弾ではなくGN粒子によるビーム速射砲である為、最初期の三大国家群(ユニオン人類革新連盟(人革連)AEU)のMS達には十分な脅威だった。

CBは来るべき武力介入に備え、そのための機体を建造すべく
必要な技術を取得する為に試作機体を複数作成していた。
第1世代はGN粒子を利用した武装のテストベットであるオーガンダム

第2世代は公式外伝で登場したエクシアのプロトタイプ的機体・ガンダムアストレアをはじめとした4機のガンダム。

第2世代までの機体は実戦用の機体ではなく、
少数精鋭での武力介入の為に必要な機体を作る為のテストベットであった。

動力源はGN粒子を生成しながら
そのGN粒子で稼動するGNドライヴ(太陽炉)
GN粒子は炉内で半永久的に生成され続ける為に事実上機体の稼働時間は無限に等しいという破格なものである。
更にはGN粒子を利用した武装などは、圧倒的な破壊力を有しており、
三大国家群のMSの標準をはるかに凌駕していた。
※半面、装甲については、全世界のMSが一般に使用しているEカーボンを使用することで技術漏洩を防ぐ。一部使い捨て武装についても同様

AEU領内の軌道エレベーター「ラ・トゥール」近隣での武力介入において初めて投入され、
パトリック・コーラサワーAEUイナクトを撃墜。その存在を全世界に知らしめる。
以後も数々の武力介入で活躍するが、専属マイスターと敵パイロットとの技術差に加え、
圧倒的な物量差やそれを逆手に取った戦術などで圧倒されることも多かった。
セルゲイ・スミルノフグラハム・エーカー等)


※パッケージアートが繚乱1弾Cのカードイラストと同じ場面のためこちらを採用
その後、22話にてサーシェスが奪取したスローネツヴァイとの戦いで撃墜の危機に瀕するが、
アレハンドロ・コーナーイオリア・シュヘンベルグを殺害した際に発動されたヴェーダのシステムトラップにより、ガンダム各機に搭載されたブラックボックス、トランザムが起動。猛反撃とばかりの高機動による攻撃で、チームトリニティを壊滅させたサーシェスを撃退する。

太陽炉の技術が漏洩し、全29機のGN−X…国連軍との戦闘の中、
機体に蓄積したGN粒子を全面開放することで機体性能を3倍相当に引き上げ、
攻撃力・防御力・機動性のすべてを向上させるこのシステムで、ガンダム達はかろうじてその優位を保つ。
しかし、アレハンドロの駆る大型MA・アルヴァトーレによる
母艦・プトレマイオスの撃沈、
デュナメスをはじめとした他ガンダムの喪失(太陽炉はCBが回収、キュリオスはマイスターともども敵に鹵獲)等もあり、
組織は壊滅的な被害を受ける。
エクシアもアルヴァトーレおよびそのコアMS・アルヴァアロンを撃墜後、
グラハムの駆るGNフラッグと相討ちし、いったん歴史の表舞台から姿を消した。
それから4年後・・・。


本機のバリエーションとしては、アヴァランチユニットを装着した高機動型のガンダムアヴァランチエクシア
それに宇宙用のダッシュユニットを追加したガンダムアヴァランチエクシアダッシュがある。

「ガンダムビルドファイターズ」ではPPSE社ワークスチームが本機(但しリペアII)をベースとしたガンプラ、ガンダムアメイジングエクシアが登場し、準決勝でジュリアン・マッケンジーが駆るガンダムF91イマジンと激戦を繰り広げながらも勝利した。
そしてトランザムブースターを装備し決勝の相手にイオリ・セイ&レイジ組が控えようとしていた中
マシタ会長の謀略でファイター共々闇に落ちてしまうのだった・・・。


「ガンダムビルドファイターズ バトローグ」の第4話では、
PGサイズの機体が登場。
レナート3兄弟(マリオ・フリオ・セリオ)のGN−X部隊の前に立ちふさがり、
その巨大なサイズで圧倒するが、
フリオとセリオのGN−X IVがトランザムを発動させつつエクシアを引きつけながらマリオのストライカーGN−Xが特攻をかけ、
最後はエクシアともども自爆した。

2018年5月5日にNHK BSプレミアムで放送された「全ガンダム大投票40th」にて、本機はMS部門の第22位だった。


上位演出技:トランザム・セブンソード
トランザムを起動し、高速機動で相手に接近したのち
手前から奥側に切り抜け→奥側から手前に切り抜けと連続攻撃の後に
GNブレイドからGNソードに持ち替えて突撃。斜め下から斬り上げて締める。
攻撃終了後に相手が爆風に包まれている中、トランザム状態の解除が行われるが
専用のトドメ演出は無し。

イメージソースであろう、劇中でのトランザム初回起動時に
技量的に格上であったスローネツヴァイを
手玉に取った全方位多方向からの斬撃の嵐を思い起こさせてくれる。

なお、エクシアの代名詞ともいえるGNソードはここおよび双撃の使用である。
後にガンナー通常攻撃の初撃がGNソードによるOP再現のアクロバティック斬りであったため、使用回数が増えている。

Menu

メニュー(7/22更新・DW02)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW02カードリスト
DW02IGN
DW02CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です