ラテン文字などの拡張補助文字や人工文字、ユニコード絵文字など特殊文字に関するウィキです。

トキポナ表意文字一覧 > トキポナ表音文字一覧】カテゴリです。
ここでは簡体式トキポナ表音文字に使用されると推測される固有名詞表記用トキポナ表音文字を取り上げます。

訳音字 - Hanzi Syllabary

https://zh.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%A4%96%...
中国語における漢字を使用した音節文字で、固有名詞表記に使用される。日本語の万葉仮名に似た漢字を音節文字として使用する方式である。
人名の女性形や地名によって異なる字母がある。
ここではトキポナに使用されるものを表記し、トキポナ絵文字による表記にトキポナ表語文字にある字母も併記。
  • 子音字は略語や人名に使用される子音字のみの表記も記載。
  • 女性形は《㊛》、地名用字母は《㊏》(※トキポナ語で〈地〉の意の《土/🏝/🌄》[ma マ]から)。
  • 《k》の前の[-n]字母を示す場合及び軟口盖鼻音〈NG, NK〉[-ŋ- ン]由来の固有名詞表記のものは音節の後に《ⓚ/㋗》を付加。トキポナ絵文字では母音の後に鼻音字NENA《🗻》[-n]を四角囲みNG《🆖》に置き換えて〈NG[-ŋ- ン/-ŋɡ- ング], NK[-ŋk- ンク]〉音由来の外来音であることを示す。
      • 〈UNG-[uŋ- ウン/uŋɡ- ング], UNK-[uŋk- ウンク]〉由来の外来音は、訳音字では〈ON[on オン]〉系の字母を用いるが、トキポナ各種文字では〈UN[un ウン]〉系の字母を用いる。
  • トキポナ・ラテン文字に本来存在しない字母における訳音字は【トキポナ表音文字一覧2のつづき】を参照。

ア行音 - A-Group

アラビア訳音字で〈エ〉を示す地名用訳音字《艾》は本来、正則語で〈ア〉[a]音を示すがエジプト・アラビア語などの口語音で〈エ〉[e]音として用いられる。英語などでは表外訳音字だが、固有名詞などの〈エ〉[e]系の音訳で多用される。
フランス語訳音字では地名表記に限り、オ[o]音は《奥》は広音・開音のオ[ɔ]、《欧》は狭音・閉音のオ[o]と区別される。
トキポナでは二重母音が存在しないため、語中・語末ではヤ行音[j]或いはワ行音[w]に母音の前に付加されたり、消音となる。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
a🦎
[❗]
🐊
[😅]
anアン🦎🗻🐊🗻
anⓚアン㋗🦎🗻
[🦎🆖]
🐊🗻
[🐊🆖]
e⏩️
[⏩️]
🔸
[🔸]
㊏e
enエン⏩️🗻
[➕]
🔸🗻
[🍒]
i⚙️📎
inイン⚙️🗻📎🗻
inⓚイン㋗⚙️🗻
[⚙️🆖]
📎🗻
[📎🆖]
o👁️
[👋]
👀
[👋]
㊏o
onオン👁️🗻👀🗻
unⓚ
[uŋ-]
ウン㋗👄🗻
[👄🆖]
u👄
unウン👄🗻
  • フランス語の鼻母音〈-N〉[˜]の訳音字は〈-AN, -EN〉[ɑ̃ アン]は《昂》、〈-IN, -YN〉[ɛ̃ アン]と〈-UN〉[œ̃ アン]は《安》、〈-ON〉[ɔ̃ オン]は《翁》を用いるが、トキポナ固有名詞ではラテン文字表記通りの[-n ン]音になる。
  • アラビア語訳音字のアイン《ع》に対応する表記は、〈ʻA・ʻĀ〉[ʕa(ː) ア(ー)]及び〈-ʻ〉[-ʕ ア又はウ]は a[ア]《阿》、〈ʻI・ʻĪ〉[ʕi(ː) イ(ー)]は i[イ]《伊》、〈ʻU・ʻŪ〉[ʕu(ː) ウ(ー)]は u[ウ]《乌》或いは o[オ]《㊏欧》と表記され、トキポナ音ではウ段は地名の場合は〈o〉[オ]、その他の固有名詞の場合は〈u〉[ウ]となる。
  • アラビア語訳音字のハムザ《ء》に対応する表記は〈ʼ〉[-ʔ 無音又はッ]は《厄》で、トキポナの固有名詞表記は発音されないため無表記となる。〈ʹA〉[ʔa ア《أ》]は e[エ]《埃, ㊏艾》、〈ʹĀ〉[ʔaː アー《آ》]は a[ア]《阿》、〈ʹI・ʹĪ〉[ʔi(ː) イ(ー)《إ/إي》]は i[イ]《伊》、〈ʹU・ʹŪ〉[ʔu(ː) ウ(ー)《أ/أو》]は u[ウ]《乌》となる。

ヤ行音 - J-Group

簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
j👤👶
ja👤🦎👶🐊
㊛ja
janヤン👤🦎🗻
[👤]
👶🐊🗻
[👶]
jeイェ👤⏩️👶🔸
㊛je
jenイェン👤⏩️🗻👶🔸🗻
jo👤👁️
[👜]
👶👀
[🍯]
jonヨン👤👁️🗻👶👀🗻
ju👤👄👶👄
junユン👤👄🗻👶👄🗻
ヤ行音で使用されない音節
〈ji〉[イィ]は《伊》[i イ]に置き換えられる。
簡/繁ラテンIPA片仮名シテU6
ji[i]イィ👤⚙️👶📎
jin[in]イィン👤⚙️🗻👶🐦🗻
jinⓚ[iŋ-]イィン㋗👤⚙️🗻
[👤⚙️🆖]
👶🐦🗻
[👶🐦🆖]
ジャ行音に由来する例外
ピンイン制定以前における中国語のラテン文字表記法のひとつである”ウェード式”では《J》は現行ピンインの《R》におけるリ[ʐ]音を示し、フランス語のジュ[ʒ]音に関連した訳音字のほとんどがピンインで《R》又は《ZH》[ʈʂ ヂ]と表記されるものを当てている。
現行正書法であるピンインでは《J》[ʨ ジ]は基本的に英語のヂ[ʤ]音に関連した字母に当てられるが、ガ行音[ɡ]に対応する字母が無い場合にも当てられる。英語の訳音字では本来語末のチ[-ʧ]を示す《奇》も語末のヂ[-ʤ]音を当てる例外が規定されているが、地名では語末のヂ[-ʤ]音に《季》を当てて区別される。
固有名詞の《J》がジャ行音の他にヤ行音[j]で読む固有名詞語源がある場合は、ヤ行音で読まれる場合がある。
フランス語・ポルトガル語・トルコ語などのジャ行音[ʒ→㊐ʥ-, -ʑ-→㊥ʐ, ʈʂ]や英語・マレー語などのヂャ行音[ʤ→㊐ʥ→㊥ʨ~ʈʂ]はトキポナ語ではス[s]音に置き換えられる法則からサ行音で読まれる。フランス語の訳音字では《雅》がジャ[ʒa]音を示す。
トキポナの外来語では日本語の”エモジ”に由来する〈Emoji〉[e.mo.si エモスィ]「絵文字, ピクトグラム」などが見られる。
簡体繁体ラテンIPA片仮名シテU6
j[si]
[ジュ]
👤
[☀️⚙️]
👶
[🌞📎]

[ジ]
ja[sa,
ja]
ジャ👤🦎
[☀️🦎]
👶🐊
[🌞🐊]
ヂャ
jan[san,
jan]
ジャン👤🦎🗻
[☀️🦎🗻]
👶🐊🗻
[🌞🐊🗻]
ヂャン
janⓚ[saŋ-,
jaŋ-]
ジャン㋗👤🦎🗻
[☀️🦎🆖]
👶🐊🗻
[🌞🐊🆖]
ヂャン㋗
je[se,
je]
ジェ👤⏩️
[☀️⏩️]
👶🔸
[🌞🔸]
ヂェ
jen[sen,
jen]
ジェン👤⏩️🗻
[☀️⏩️🗻]
👶🔸🗻
[🌞🔸🗻]
ヂェン
㊛jen
ji[si]👤⚙️
[☀️⚙️]
👶📎
[🌞📎]
jin[sin]ジン👤⚙️🗻
[☀️⚙️🗻]
👶📎🗻
[🌞📎🗻]
ヂン
jinⓚ[siŋ-]ヂン㋗👤⚙️🗻
[☀️⚙️🆖]
👶📎🗻
[🌞📎🆖]
jo[so,
jo]
ジョ👤👁️
[☀️👁️]
👶🐊
[🌞👀]
ヂョ
jon[son,
jon]
ジョン👤👁️🗻
[☀️👁️🗻]
👶🐊🗻
[🌞🐊🗻]
ヂョン
ju[su,
ju]
ジュ👤👄
[☀️👄]
👶👄
[🌞👄]
ヂュ
jun[sun,
jun]
ジュン👤👄🗻
[☀️👄🗻]
👶👄🗻
[🌞👄🗻]
ヂュン

カ行音 - K-Group

《金》は〈kin〉の他にジャ行音の〈jin〉に由来する音節に当てられる。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
k
[ㇰ]
🐟
ka🐟🦎🐟🐊
kanカン🐟🦎🗻
[🔗]
🐟🐊🗻
kanⓚカン㋗🐟🦎🗻
[🐟🦎🆖]
🐟🐊🗻
[🐟🐊🆖]
ke🐟⏩️🐟🔸
kenケン🐟⏩️🗻
[💪]
🐟🔸🗻
[📥]
ki🐟⚙️🐟📎
kinキン🐟⚙️🗻
[❕]
🐟📎🗻
[➰]
kinⓚキン㋗🐟⚙️🗻
[🐟⚙️🆖]
🐟📎🗻
[🐟📎🆖]
ko🐟👁️
[🍦]
🐟👀
[🍚]
konコン🐟👁️🗻
[💨]
🐟👀🗻
[💨]
ku🐟👄
kunクン🐟👄🗻

ラ行音 - L-Group

〈len〉と〈lun〉の表記は共に《伦》を用いる。
フランス語“-le”由来で、日本語で〈ル〉と表記されるものは《勒》を用いるが、トキポナによる固有名詞表記は不明。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
l
[ㇽ]
✋️👍
la✋🦎
[🔼]
👍🐊
[🔹]
lanラン✋🦎🗻👍🐊🗻
lanⓚラン㋗✋🦎🗻
[✋️🦎🆖]
👍🐊🗻
[👍🐊🆖]
le✋⏩️👍🔸
lenレン✋⏩️🗻
[👕]
👍🔸🗻
[👘]
li✋⚙️
[▶️]
👍📎
[🔺]
㊛li
linリン✋⚙️🗻👍📎🗻
㊛lin
㊏linⓚリン㋗✋⚙️🗻
[✋⚙️🆖]
👍📎🗻
[👍📎🆖]
lo✋👁️👍👀
lonロン✋👁️🗻
[📍]
👍👀🗻
[🙇]
lu✋👄👍👄
lunルン✋👄🗻👍👄🗻

マ行音 - M-Group

語末の〈-m〉は[-n ン]音となり、末子音[-n]の付く字母を使用する。
〈mon〉と〈mun〉の表記は共に《蒙》を用いる。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
m
[n]

[ㇺ]
💰
[🗻]
ma💰🦎
[🏝]
💰🐊
[🌄]
㊛ma
manマン💰🦎🗻💰🐊🗻
manⓚマン㋗💰🦎🗻
[💰🦎🆖]
💰🐊🗻
[💰🐊🆖]
me💰⏩️💰🔸
menメン💰⏩️🗻💰🔸🗻
mi💰⚙️
[👈]
💰📎
[👈]
minミン💰⚙️🗻💰📎🗻
mo💰👁️💰👀
monモン💰👁️🗻💰👀🗻
mu💰👄
[😹]
💰👄
[😻]
munムン💰👄🗻
[🌙]
💰👄🗻
[🌜]

ナ行音 - N-Group

日本語カタカナで〈ン〉のみを示す〈n〉に当たる字母は〈en〉と同じ《恩》となる。カ行音[k-]の前ではン[-ŋ-]音に変化し、訳音字に合わせて an《昂》[aŋ- アン], in《英》[iŋ- イン], kan《康》[kaŋ- カン], kin《京》[kiŋ- キン], lan《朗》[laŋ- ラン], lin《灵》[liŋ- リン], man《芒》[maŋ- マン], pan《庞》[paŋ- パン], tan《唐》[taŋ- タン], wan《旺》[waŋ- ワン]―と簡体式トキポナ漢字の綴りが発音に合わせて変化する字母がある。
日本語で〈ンヌ〉又は〈ーヌ〉と書かれるフランス語“-ne”由来の〈-n〉の表記は《讷》を用いるが、トキポナ簡体式表記では通常の〈-n〉字を用いる。
ニャ行[ɲ]は〈nja〉[ɲa ニャ](※但し、トキポナ日本式表記ではニャではなく〈ンヤ〉[-ɴ.ja- ンヤ]と綴られることが多い)のみで連字《尼亚》が使用され、女性人名はロシア系人名に限り《妮娅》と表記される。他の女性人名の場合で、例えばトキポナの作者ソニア・エレン・キサさんを示すときは〈人《索尼亚》/jan Sonja/👤🔣☀️👁️🗻👤🦎🔣〉[jan soɲa ヤン・ソニャ] のように通常の綴りとなる。
〈non〉と〈nun〉は共に《农》を使用する
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
n🗻

[ㇴ]
na🗻🦎🗻🐊
㊛na
nanナン🗻🦎🗻🗻🐊🗻
㊏nan
ne🗻⏩️🗻🔸
nenネン🗻⏩️🗻🗻🔸🗻
ni🗻⚙️
[👇]
🗻📎
[🙌]
㊛ni
ninニン🗻⚙️🗻🗻📎🗻
尼亚尼亞njaンヤ/
ニャ
🗻👤🦎🗻👶🐊
妮娅妮婭㊛nja
no🗻👁️🗻👀
nonノン🗻👁️🗻🗻👀🗻
nu🗻👄
nunヌン🗻👄🗻

パ行音 - P-Group

〈pon〉と〈pun〉の表記は共に《蓬》を用いる。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
p
[ㇷ゚]
🐞
pa🐞🦎
[🤨]
🐞🐊
panパン🐞🦎🗻
[🍞]
🐞🐊🗻
[🍞]
panⓚパン㋗🐞🦎🗻
[🐞🦎🆖]
🐞🐊🗻
[🐞🐊🆖]
pe🐞⏩️🐞🔸
penペン🐞⏩️🗻🐞🔸🗻
pi🐞⚙️
[⏹️]
🐞📎
[🎒]
pinピン🐞⚙️🗻🐞📎🗻
po🐞👁️
[🍀]
🐞👀
ponポン🐞👁️🗻🐞👀🗻
pu🐞👄
[📖]
🐞👄
punプン🐞👄🗻

サ行音 - S-Group

シャ行音[ʃ→㊐ɕ→㊥ɕ~ʂ]・チャ行音[ʧ→㊐ʨ→㊥ʨʰ~ʈʂʰ]・ツァ行音[ʦ→㊥ʦʰ~ʨʰ]は原則的にサ行音の字母が当てられ、ティ[ti]由来の固有名詞は《西/㊛茜/㊏锡》[si スィ]を使用する。
なお、女性形のシ[si]は訳音表外字の《茜》が多用されている。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
s
[ㇲ]
☀️🌞
㊛s
sa☀️🦎🌞🐊
㊛sa
sanサン☀️🦎🗻🌞🐊🗻
se☀️⏩️🌞🔸
senセン☀️⏩️🗻🌞🔸🗻
西si☀️⚙️🌞📎
㊛si
㊏si
sinシン☀️⚙️🗻
[🎁]
🌞📎🗻
[🌲]
so☀️👁️🌞👀
sonソン☀️👁️🗻🌞👀🗻
su☀️👄
[❔]
🌞👄
sunスン☀️👄🗻🌞👄🗻

タ行音 - T-Group

〈ton〉と〈tun〉の表記は共に《通》を用いる。
英語“te”由来で日本語で〈テ〉音となるものは《特》が用いられる傾向がある。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
t
[ㇳ]
🏠🏡
ta🏠🦎🏡🐊
tanタン🏠🦎🗻
[↩️]
🏡🐊🗻
[🚢]
tanⓚタン㋗🏠🦎🗻
[🏠🦎🆖]
🏡🐊🗻
[🏡🐊🆖]
te🏠⏩️
[🤜]
🏡🔸
tenテン🏠⏩️🗻🏡🔸🗻
to🏠👁️🏡👀
tonトン🏠👁️🗻🏡👀🗻
tu
[トゥ]
🏠👄
[✌️]
🏡👄
[🍂]
tunツン
[トゥン]
🏠👄🗻🏡👄🗻
タ行音で使用されない音節
ティ[ti]及びチ[ʧi]はトキポナに存在しない発音であるため、全てシ[si スィ]音の《西, ㊛茜, ㊏锡》に置き換えられる。
ツ[ʦu]は、ス[su]音の《苏》に置き換えられる。
トキポナ派生言語のトキマでは、ティ[ti]音が存在。
簡/繁ラテンIPA片仮名シテU6
ti[si]
[ティ]
🏠⚙️🏡📎
tin[sin]チン
[ティン]
🏠⚙️🗻🏡📎🗻

ワ行音 - W-Group

子音字のみの字母は語末の《夫》と語頭の《弗》があり、語末は省略されることが多く、語頭はウ[u]音の《乌》に置き換えられ、ウェールズ語訳音字などでは《乌》で統一されている。
アフリカ諸言語の訳音字では〈wi〉[ウィ]が《维》とヴァ行音[v]の訳音字に統一されている。
簡体繁体トキポナ片仮名シテU6
-w[無音]-🦅-🐦
w-[u-]🦅-🐦-
w[u-,
無音]
ウ[ゥ]👄,
🦅
👄,
🐦
wa🦅🦎🐦🐊
㊛wa
wanワン🦅🦎🗻
[☝️]
🐦🐊🗻
[🍁]
wanⓚワン㋗🦅🦎🗻
[🦅🦎🆖]
🐦🐊🗻
[🐦🐊🆖]
we
[ウェ]
🦅⏩️
[🔒]
🐦🔸
wenヱン
[ウェン]
🦅⏩️🗻🐦🔸🗻
wi
[ウィ]
🦅⚙️
[🙋]
🐦📎
winヰン
[ウィン]
🦅⚙️🗻🐦📎🗻
ワ行音で使用されない音節
〈wo〉[ウォ]は《奥》[o オ]、〈wu〉[ウゥ](アフリカ諸言語の訳音字では〈vu〉[ヴ]の《武》と共用)は《乌》[u ウ]に置き換えられる。
語中ではわたり音の[-w-]又は[-j-]が付加され発音が変化するか、発音されないケースとなる。
トキポナ派生言語のトキマではウォ[wo]音が存在。
簡/繁ラテンIPA片仮名シテU6
wo[o,
-wa]

[ウォ]
🦅👁️🐦👀
won[on,
-wan]
ヲン
[ウォン]
🦅👁️🗻🐦👀🗻
wu[u,
-ju]
ウゥ🦅👄🐦👄
wun[un,
-jun]
ウゥン🦅👄🗻🐦👄🗻

トキポナ・アルファベット

https://zh.wikibooks.org/zh-tw/%E9%81%93%E6%9C%AC%...
中国語版ウィキブックスの【道本語/發音】の項目で使用されているトキポナ・アルファベットの中国語における字母名は、無気音―カタカナ翻字で濁点《゛》が付くもの―の漢字が字母名として使用され、オ[o]音に近い〈ウオ〉系の音が当てられるものが多い。
参考にピンインの実際の発音に対応する漢字表記字母名及びユニコードの英語字母名に対応する注音符号―但し、e は《ê/诶・誒/ㄝ》[エー]、j は《y/衣/》[ィ]が本来のトキポナ音に近い表記だが、ピンインに対応する《e/鹅》[ヲー]と《j/ㄐ》[ジー]を表内に記載―と訳音字による母音字及び子音のみを示す漢字を記載し、注音符号の箇所は実際の発音を角カッコ囲みで併記。
ラテンAEIシテ字母名道本読み音名注音訳音
a🦎akesi
アケシ
Ā
[アー]
e🏪🛒esun
エスン
Ēi
[エイ]
鹅/

[ㄝ]
e🇬🇷⏩️elena
エレナ
i🔨⚙️ilo
イロ

[イー]
j🧍👤jan
ヤン

[ヤー]

[]
k🐟kala
カラ
Guǒ
[グオ]
lluka
ルカ

[ラー]
尔/
m💵💰mani
マニ

[ムー]
n⛰️🗻nena
ネナ
Nuó
[ヌオ]
讷/
o👁️oko
オコ
Ō
[オー]
奥/

または
欧/
p🐞pipi
ピピ

[ボー]
s☀️suno
スノ

[スー]

または
丝/
t🏠tomo
トモ
Duō
[ドゥオ]
u👄uta
ウタ

[ウー]
乌/
乌/
w🐦🦅waso
ワソ

[ワー]

または

Wiki内検索

メニューバーA

記号説明

  • [ ]…IPA発音表記及びフリガナ/意味
  • 【 】…特殊文字見出し
  • 《 》…特殊文字
  • 〈 〉…連字
  • 『 』…作品名
  • 〓…ユニコード未登録の字母
  • †…廃字, 携帯電話絵文字の代替テキスト
    • ‡…特殊な字母, 代用表記, 異体字


【略称】
  • IPA…国際音声記号
  • キルシェン…キルシェンバウム音声記号
  • i.t.a.…イニシャル・ティーチング・アルファベット
  • 大…大文字/小…小文字
  • 半…半角形/全…全角形

管理人/副管理人のみ編集できます