" /> UA-112510989-1

We've Inc. 旧「マクロスクロニクル」に習い Web 独自機能を加味した日本初のロボテック辞典です。

アラスカ、グランドキャノン竣工記念写真



字体 【英文字】

Thomas Riley (T.R.) Edwards

字体 【日本語】

トーマス・ライリー(リリィ)・エドワーズ

読みに関する注意

  • 英文字の人名の読み方については、その発音と頭蓋(とうがい)構造の特性の際から
  1. 「Riley」【Ri・ley】
  2. 発音記号【ráili】  発音々声ファイル

などに関して、日本語「カタカナ」変換に関して誤用や様々な慣用読みがある。

また【 Edwards 】「エドワーズ」 か 【 Edward 】「エドワード」かについても、様々な差異があるが、近年は極力、英語を母国語とする人々の発音表記に従い、可能な限り忠実にカタカナ変換し、再現する傾向が強まっている。

従って本ウェブサイトに関しても、開設以来の調査・研究の進展に伴い、より正確な日本語カタカナ変換表記に従って記事を作成した。

けだし【蓋し】、旧来の記事名で検索される利用者(ユーザー)の方もおられると推定されるので、旧記事名も併存して残置しておくこととする。

Wikipedia ロボテックシリーズの登場人物一覧 より

トーマス・ライリー・エドワーズ 准将 ( Thomas Riley Edwards , T.R. Edwards )
- マイケル・マコノヒー( Michael McConnohie )

ロイ・フォッカー大尉(当時)の永続的な好敵手として、第1世代のマクロス・サーガの冒頭の出来事に先行した年代に傭兵の戦闘機パイロットとして登場。
昇進競争においてロイ・フォッカーに敗れた後、ベリテック (Veritech)による可変戦闘機開発計画『プロジェクト・バルキリー』の初期開発段階である操縦士官育成と労務管理を担当する「G計画」の監督として従事した。
「G計画」後、アナトール・エリ・レオナルド大佐(当時)が地球統合政府に対する政治権力を手中に収める為、デストロイド開発計画「プロジェクト・エクスキャリヴァー」を続行させ、『プロジェクト・バルキリー』を中止に追い込む為の密偵として暗躍。地球衛星軌道上のコールサイン『アーマー・ワン』【Armor-1】宇宙ステーション(後の「アームド 01」 宇宙空母) に破壊工作員として熟練工「ショーン・アーノルド」(Shawn Arnold) を送り込み、これを乗っ取る陰謀計画を実行したがロイ・フォッカーにより阻止され失敗に終わる。

マクロス・サーガ 第27話でアラスカ基地の「グランドキャノン」施設に配置され、ゼントラーディ基幹艦隊の攻撃の間、エドワーズの顔は修復不可能な程の傷痕が残り、彼はその後終生その顔の傷痕を覆い隠す為に頭部から顔に掛けての左半面を覆う仮面を着用する。

リック・ハンターはアラスカ統合軍総司令本部基地の縦穴の残骸からリサ・ハイエスを救うことが出来たが、他の如何なる生存者も捜し求めてはおらず、リック・ハンターの不注意にせよ、他者を顧みない行動によって、エドワーズの恋人の救助の可能性を絶たれたことで彼女を死に追いやったと感じたエドワーズの激怒は、彼が「ロボテック II:センチネルズ」篇の筋書きと構成の中で実行される怨恨に基づく復讐劇と叛逆の物語を形成した。

こうして彼はリン・ミンメイ を拉致・幽閉し、私兵「幽霊部隊」(Phantom Squadron) を動かして、遠征艦隊軍というよりは 「リック」提督や艦隊総司令官「リサ」個人に対して叛乱を起こす。

  • クリックにて原寸 1,024 pixel X 1,655 pixel 復帰。
  • クリックにて原寸 1,024 pixel X 1,435 pixel 復帰。

ヴィンス・グラントを捕縛して対峙、得意気な表情

  • クリックにて原寸 1,024 pixel X 1,631 pixel 復帰。
  • クリックにて原寸 1,024 pixel X 1,597 pixel 復帰。
  • クリックにて原寸 1,024 pixel X 1,596 pixel 復帰。

愛用の大型防弾リムジン 【Armored Limousine " Phantom" 】

リムジンの愛称「ファントム」は後に彼の私兵「幽霊部隊」【Phantom Squadron】の名称となる。




マスク無しの素顔(壮年期:【センチネル版】の作画)

ロボテック II:センチネルズ 結婚式特別篇より


名誉欲と色情と

軍法会議で



統合軍事警察【GMP】裁判長・判事『ジャスティン・ハクスリー』【Justine Huxley】の訴訟指揮下でトーマス・ライリー・エドワーズ准将の行為を暴こうとするが・・・





トーマス・ライリー・エドワーズに飛びついた少年は、幼年時代のスコット・バーナード

幼年期12歳(本場面時、登場時は9歳)のスコット・バーナードに注意!




復讐の理由付け

他にも生存者が居たのに、なぜ自分の恋人リサ・ハイエスだけを救助して、俺達を見殺しにしたのか!  

写真画像(壮年期)

左:トーマス・ラィリィ・エドワーズ准将(大佐より昇進)、  右:ラズロ・ツァント 理化学博士 / 名誉教授

画像 (若年期)

「B.D,アンドリュース」【Brett David Andrews】大佐*1の偽名を使い、日本自治区で東京事変を企てた20代後半の写真。
日本人風に黒髪を染め、流暢な日本語で「安藤 誠一郎」を名乗ったとされる。

SVMC-21 ハーガン半可変自動二輪車輌を巧みに乗りこなし、性能的に劣る車体(単車)で民間人「マーク・ランドリー」の乗る次世代型・完全自動・可変車輌「モーダット」 /「 ガーランド」【GR-00X MODAT】/【GR-001 Garland】を追い詰めるなど、実戦経験も豊富だった。

概要

彼は、中止されたアニメシリーズロボテック II:センチネルズの筋書きの主要登場でした: センチネルズ(それは両方の一連の小説と漫画単行本として後で理解されました)

  • Overview
He would have been a maincharacter in the storyline of the aborted animated sequel series Robotech II: The Sentinels, which was later realized as both a series of a novels and comic books

人物コンセプトと創造

トーマス・ライリー【T.R.】・エドワーズは、彼がロボテック・シリーズの為に手製の「拡張された背景物語」の一部として、ロボテック・シリーズ製作者と作家カール・フランク・メイセックによって創作されました。

ロボテック II:センチネルズの重要な敵対者としての彼の役割への道を開く為に、エドワーズは前世紀である西暦1986年のロボテックの当時の新作アニメ動画企画のロボテック II:センチネルズ 【Robotech II : The Sentinels】で大きな位置を占めることを最初に目的としました:『ロボテック:ザ・ムービー』;【語られざる物語】この映画がビデオへの直接の日本版の登場人物 【 Megazone 23 Part 1 】の英語音声への吹き替えであったので、エドワーズはその映画の敵対者(単に「B.D.」という名の)英語版であることになっていました。

従って、彼の「名」は、当初【B.D.】であることになっていました。

その結果、彼の名前が元々「B.D.エドワーズ」であったこととされ、エドワーズと彼のロボテック II:センチネルズに於ける性格設計とキャラクターデザインは、「メガゾーン 23」【Megazone 23】/「ロボテック:ザ・ム−ビー:語られざる物語」【Robotech: The Movie , "Untold Story " 】での「B.D.」の外観に基づいて創作されました。

更にその結果、(メガゾーン23 PART I の)「B.D」と「エドワーズ」大佐が同一人物であるとする設定想定は破棄され、映画の悪漢は西洋の声優によって英語に吹き替えられた「B.D.アンドリュース」大佐として設定されました。

彼は基本的な視覚類似性を、元の「メガゾーン23 PART I」 の「B.D」に保有しましたが、設計されたエドワーズの登場人物の外観は、その金髪と同様に、軽めに「より ” 痩せこけた ” 顔」を持つように変更され、彼は新しいイニシャル「T.R.」(トーマス・ライリー)を得ました。
何年も後に、【Robotech Art 3:The Sentinels】で出版されるカール・フランク・メイセック自身の註記さえ:エドワーズを「B.D.」と呼称し続けていました。

ロボテック:ザ・ムービー;語られざる物語から取り除かれ、エドワーズは代わりに前世紀である西暦1986年8月にコミコ・コミックス社 の グラフィックノベル 「ロボテック創世記」Robotech:"Genesis":Graphic Novel】の頁中に於いて、カール・フランク・メイセックによって紹介されました。

この漫画は、ロボテック:マクロス・サーガの冒頭の出来事に先行した年代に「エドワーズ」を傭兵・戦闘機パイロットとして紹介し、彼をロイ・フォッカー大尉の永続的な好敵手(ライバル)として確立しました。

この物語もまた、1987年に「バランタイン・ブックス」【Ballantine Books 】によって出版された、「ジャック・マッキーニ」【Jack McKinney】の共同ペンネーム両氏によって執筆された、最初のロボテック・シリーズ小説構成にも翻案されました。

パートナー「マッチボックス・トイズ」【Matchbox Toys】の撤退は、最終的にロボテック II:センチネルズが既にその時点で作業が完成していた3話分のエピソードの映像フィルムを遺して、テレビシリーズの制作放映計画が撤回(キャンセル)される原因になりました。

この映像のフィート数は切り刻まれ再編集され、「1本の長編アニメ映画」の形式に纏められ、直接にはパラディウム社のTRPG本の補完資料として「VHSビデオテープ」の形で発売(リリース)され、声優「マイケル・マコノヒー」【Michael D. McConnohie】によって演じられたエドワーズは、ごく僅かの時間、簡潔に画面に登場したのみでした。

エドワーズを含むロボテック II:センチネルズ筋書きの残りは「狂気への最終的な降下」で、最終的に彼の死亡は、未だ製作されていない漫画部分に関するカール・フランク・メイセックの概略を基盤として、一連のもう5篇の「ジャック・マッキーニ」共同ペンネームの両氏によって執筆された小説シリーズを通して語られました。

ロボテック II:センチネルズ筋書きの漫画単行本版としての脚色版は1988年から1996年に掛けて、「ジェイソン」と「ジョン」の『ウォルトリップ兄弟』 【Jason Waltrip and John Waltrip brothers】によっても創作されたが、それがその結論に到達可能な段階に達する以前に1996年10月末の ハーモニーゴールド USA社のライセンス引き上げに伴う、アカデミー社の廃業によってキャンセルされました。

そして、その結果として、エドワーズの凶悪な意図が露呈した、巨大なクリフハンガー結末作劇手法で終わりました。

  • Character concepts and Creations

T.R. Edwards was created by Robotech producer and writer Carl Macek as part of the expanded back-story he crafted for the series.

In order to pave the way for his role as a key antagonist in The Sentinels, Edwards was first intended to feature in 1986's Robotech:The Movie; as this movie was an English dub of the direct-to-video Japanese feature, Megazone 23, Edwards was to be the English-language version of that movie's antagonist, simply named " B.D. ".

Consequently, his namewas originally to be B.D. Edwards, and his Sentinels character design was created based on the appearance of"B.D." in the Megazone 23 / Robotech: The Movie animation.

Per Macek's original vision, the movie would have taken place during theearly stages of the Macross portion of the Robotech storyline, in the early 2010s, but when the story was heavily revised for the final cut of the film,this time frame was advanced to the year 2027―a point in time when Edwards would not have been able to feature in the story.

Consequently,the plan to make B.D. and Edwards thesame character was discarded, and the villain of the movie was redubbed"B.D. Andrews".

While he retained hisbasic visual similarity to B.D. ,Edwards's character designed was modified to have blond hair and aslightly more gaunt face, while he gained the new initials "T.R." (thoughyears later, even Macek's own notes,as published in Robotech Art 3: The Sentinels, continued to refer to Edwards as "B.D.").

Having been removed from Robotech: The Movie, Edwards was instead introducedby Macek in the pages of Robotech: The Graphic Novel, published by Comico Comics in August 1986.

This comic introduced Edwards as a mercenary fighter pilot in the years that preceded the beginning of the Robotech television series, and established him as a perennial rival of Roy Fokker.

This story was also adapted into the first Robotech novel by Jack McKinney,published by Ballantine Books in 1987.

The withdrawal of partner Matchbox Toys ultimately caused The Sentinels to be cancelled after only approximately three episodes' worth of footage hadbeen completed.

This footage was cut together to form a "movie" of sorts that was released directly to video, and in which Edwards briefly appeared, voiced by actor "Michael McConnohie".

The remainder of the Sentinels storyline, including Edwards's eventual descent into insanity and ultimately, his death,was subsequently told through a series of five more McKinney-penned novels,based on Macek's outline for the unproduced cartoon.

A comic book adaptation of the Sentinels storyline was also produced by Jason and John Waltrip from 1988 to 1996,across two publishers, but was cancelled before it could reach its conclusion, ending on a huge cliff hanger as Edwards's evil intentions were exposed.

クリフハンガー作劇手法って?

  • クリフハンガー【 cliffhanger or cliffhanger ending.】
(「絶壁/絶体絶命」、或いは「絶壁/絶対絶命の結末展開」と邦訳されるが、英語の語意を外れる部分もある為、一般的ではない。)

作劇手法の一つで、絶体絶命の場面で物語が中断する(「次回に続く」となる)こと。

海外ドラマ(特に北米大陸の「アメリカ合衆国」)の用語としては、やや原義とは異なり、「中途半端で続きが気になるような最終回にする」という作劇手法を指す。

一般的にアメリカドラマシリーズの「最終回」という意味で使われることがある。

元々、1910年代 から 1920年代に掛けての米国の連続活劇は、殆どのシリーズが二巻ごとに、主人公が「崖からぶら下がった、生死を掛けた絶体絶命の場面」で終わっていた。
語源
崖 = クリフ、ぶら下がる = ハンガー より、これをクリフハンガーと呼んだ。

欧米のテレビドラマの場合、シーズン終了後に、番組を継続するかどうかが決められる場合が多いが、人気ドラマの場合、かなり早い段階で番組の継続が決定している場合も少なくない。

その場合、次のシーズンが始まるまで、視聴者の興味を惹き付けておくことが重要となってくる。

そこで、最終回を次のシーズンの冒頭話に続くような内容にする手法が考え出されたのである。

あるシーズンの最終回が前編、次シーズンの初回が後編と、完全に繋げてしまう手法が採用されることもある。

この手法を最初に用いたテレビドラマは「ダラス」で、社会現象になるほどの話題となった。

日本では、週刊漫画誌などで、クリフハンガーと同様の手法を使うことが多く、これを「引き」あるいは「引っ張る」と呼んでいる。
一般的なクリフハンガーの例
  1. 例1、銃声が聞こえた場所に行くと人が死んでいる。死者の身元は不明のまま終わる。
  2. 例2、中心人物が瀕死の重傷を負う。一命を取り留めたのか没したのかは不明。
  3. 例3、事件が未解決のまま終わる。
  4. 例4、絶体絶命のピンチになる(敵に追い詰められたり自分の立場が危なくなるような事件が起きたり)。
  5. 例5、敵の黒幕と出会う。だが視聴者には正体が分かる寸前で終わる(黒幕と対峙、「あんただったのか……!」となるなど 相手はもちろん後ろ姿)。
  6. 例 6、 ヒロイン系の場合、主人公が悪漢に襲われ、体力差により羽交い締めにされ、身体と貞操の危険に見舞われる。
    【次回の展開は自力解決型と、「白馬の騎士(王子様)救出」型に大別される。】

クリフハンガーで一番多いのが「誰が死んだのかわからない」である。

アメリカでは俳優との契約はシーズンごとに行われるので、契約交渉が失敗すると、その役者は次のシーズンでは突然ドラマから姿を消してしまう。

その為に、次のシーズンでその役者が出演しなくても差し支えないようにするために、このようなクリフハンガーを使うこともある。

例えば、何故か最終回になって俳優・女優の髪型が急に変わったりするのは、次のシーズンに出演するときにその髪型で出演する為である。
クリフハンガーの弊害
最近では(特にアメリカでは)この手法が非常に一般的な物となり、ドラマの継続が決定していないのにこの手法が用いられる場合がある。

そして、結果的にそのドラマが打ち切りになると、謎を多く残したまま、極めて消化不良な状態でドラマが終了してしまうことになる。

当然番組のファンとなった視聴者の失望は大きく、最近ではインターネット上で番組継続を嘆願する署名活動が組織的に行われたりする。
(ごく稀にではあるが、こうした視聴者の抗議や要望により、制作が再開されたり、完結編が作成される場合もある。)

更には、視聴者が打ち切りになったドラマの続きを「ファン創作」(ファンフィクション)として小説や自作漫画(ウェブ同人誌)で投稿するファンサイトもある。

西暦2002年のシリーズ再起動

ハーモニーゴールド USA【Harmony Gold USA】社が21世紀の幕開を迎えて、ロボテック世界(ユニバース)を、西暦2002年に再起動することに決めたとき、メディア・フランチャイズ(西暦1986年8月にコミコ・コミックス社 の出版した グラフィックノベル 「ロボテック創世記」Robotech:"Genesis":Graphic Novel】とロボテック II:センチネルズの筋書と構成【storyline】のような)の為に生産された「拡張されたロボテック世界」素材の多くは「二次的連続性」(新しい材料によって上書きされることが可能)の地位へと左遷されました。

この線に沿って、初期のエドワーズは西暦1986年8月にコミコ・コミックス社 の出版した グラフィックノベル 「ロボテック創世記」Robotech:"Genesis":Graphic Novel】で見られるように、エドワーズの初期の人物描写は漫画ミニシリーズである、ワイルドストーム【WildStorm】出版社より刊行された「ロボテック:星界から」【From the Stars】で再創造されました。

エドワーズはまた、ワイルドストーム【WildStorm】の「最後のロボテック・プロジェクト」(註記*2)である「シャドウ・クロニクルへの序曲」【Robotech: Prelude to the Shadow Chronicles】デジタル漫画ミニシリーズの各種単行本の中心人物でもありました。

これらの描画とネーム・シリーズの漫画を描いていた出戻り漫画作家「ジェイソン&ジョン・ウォルトリップ兄弟」【Jason Waltrip and John Waltrip 】によって書かれました。

シャドウ・クロニクルへの序曲は 、来るべき新しいアニメーション長編映画【 Animeted feature 】ロボテック新作への結実へ役立ち、シャドウ・クロニクルの時間枠は、ロボテック II:センチネルズの時間枠に対して、特定の詳細の多くが修正され、2002年のシリーズ再起動以後の出来事の事象(スケジュール)で異なったが、そして、それは概してウォルトリップ兄弟【Waltrips Brothers】が彼らの版の構想の下に、エドワーズのための新しい結末を含むロボテック II:センチネルズの筋書きを終えることを許しました。

When Harmony Gold decided to reboot the Robotech universe for the 21st century, much of the "expanded universe" material that had been produced for the franchise, like the graphic novel and the Sentinelsstoryline, was relegated to a positionof secondary continuity, free to be overwritten by new material.

In line this with, Edwards's early years, as seen in Comico's graphic novel, were re-imagined in the comic book mini-series, Robotech: From the Stars,published WildStorm.

Edwards was also at the heart of WildStorm's final Robotech project, Robotech: Prelude to the Shadow Chronicles, penned by returning creators Jason and John Waltrip.

Prelude served to link the upcoming new animated feature,Robotech: The Shadow Chronicles to the timeframe of The Sentinels, and although many of the specific details were different in the revised, post-reboot timeline, it broadly allowed the Waltrips to finish their version.of the Sentinels storyline, including a new ending for Edwards.

人物伝記 【Biography】

初登場時 
コミコ社 の グラフィックノベル 「ロボテック創世記」Robotech:"Genesis":Graphic Novel】彼が中佐であったとき、と「ジャック・マッキニー」両氏による「バトルクライ」【Battlecry】《「鬨の声」(ときのこえ)》小説化の始章は「エドワーズ」を紹介します。

そして、SDF-1 マクロスの落下事件とロボテック:テレビ・シリーズの始まりに先行した地球統合戦争 /【 Global Civl War 】*3の間の大東亜共栄圏Greater East Asia Co-Prosperity Sphere】の為の「戦闘機・傭兵パイロット」の働きをします。

彼らが戦場で催した多くの遭遇のために、漫画では彼とロイ・フォッカーの間で長年の競争を確立しました。
1999年7月に「異星人の宇宙船」が衝撃波を伴いながら、地球に落下着陸するのは、そのような二人の遭遇の最中です。

そうして彼等2人の敵対空戦は、その落下事象そのものによって、強制的に中断させられました。

ASS-1 異星人戦艦」到着に起因する政府の世界的な統一が引き起こす停戦に続いて、粉砕された異星人の宇宙船【Alien Space-ship 1 , ASS-1 】を調査する為のヘンリー J. グローバル 【Henry Josua Grobal】とロイ・フォッカー【 Roy Foccker 】 と並び派遣される調査団に、エドワーズは割り当てられます。

  • 【Early appearances】
Robotech: The Graphic Novel and the opening chapters of the Battlecry novelization by Jack McKinney introduce Edwards when he was a Lieutenant Colonel, acting as a mercenary fighter pilot for the Greater North East Asian Co-Prosperity Sphere during the Global Civil War that preceded the crash of the SDF-1 and the beginning of the Robotech television series. The comic established a long-standing rivalry between him and Roy Fokker, owing to many encounters they have had on the battlefield.

It is in the midst of one such encounter, in the year 1999, that the SDF-1 explosively arrives on Earth, forcing the two foes to breakoff their battle.

In the wake of the ceasefire that the global unification of government caused by the SDF-1's arrival precipitates, Edwards is assigned to the team that is sent to investigate the crashed spaceship,along side Fokker and Henry J.Gloval.

ロボテック II: ザ・センチネルズ

概要

西暦2009年に突発的に開戦した第一次星間大戦の間のエドワーズの活動は殆ど「年代記」(クロニクル)に登場せず、「非-編年史」となっています。(西暦2011年10月までの現在時:公式年表)

第5巻目の、そしてロボテック II:センチネルズ篇に於ける最終巻の小説、「ルビコン」は、テレビの連続番組エピソード、第27話「武力」【" Force of Arms "】(日本版の第一部の最終話「愛は流れる」【 Love Drift Away 】と等価)でゼントラーディ人艦隊の艦砲爆撃によって、地表が荒廃させられた際に、彼は戦争の最終段階でアラスカ基地の「グランドキャノン」【Grand Cannon】施設に配置されたこと明らかにしました。

このゼントラーディ基幹艦隊の攻撃の間、エドワーズの顔は修復不可能な程の傷痕が残り、彼はその後終生その顔の傷痕を覆い隠す為に頭部から顔に掛けての左半面を覆う仮面を着用していました。

リック・ハンター【一条 輝】はアラスカ統合軍総司令本部基地の縦穴の残骸からリサ・ハイエスを救うことが出来ましたが、彼は他の如何なる生存者も捜し求めてはおらず、リック・ハンター【一条 輝】の不注意にせよ、他者を顧みない行動によって、恋人の救助の可能性を絶たれ、死に追いやられたと感じたエドワーズの激怒は、彼がロボテック II:センチネルズ篇の筋書きと構成の中で実行される怨恨(ゑんこん)に基づく復讐劇と叛逆の物語を形成しました。

Edwards's activities during the First Robotech War, which broke out in 2009,are mostly unchronicled.
The fifth and final Sentinels novel, Rubicon, reveals1that during the final stage of the war, he was stationed at the Alaska Base Grand Cannon facility when it was devastated by the Zentraedi armada in the television series episode, "Force of Arms"【 愛は流れる / Love Drift Away 】 During this attack,Edwards's face was irreparablyscarred, and he forever after wore ahalf-cowl to cover his wounds.

While Rick Hunter had been able to rescue Lisa Hayes from the wreckage of thebase, he had not searched for any other survivors, and Edwards's fury at being left for dead by Hunter shaped a grudge he would carry throughout the Sentinels storyline.

第1幕

ロボテック II:センチネルズ篇としては最初の作品となるジャック・マッキニー両氏の小説の第1幕、通算で第8巻「魔手」【The Devil's Hand 】と「エターニティ・コミックス」【 Eternity Comics 】社の全16冊の第1巻で描写されたロボテック II:センチネルズ篇の最初の行為では、エドワーズは、准将の階級に昇進し「SDF-3 パイオニアの遠征艦隊」の一部になり、「ヴァリヴェール恒星系ガス惑星である「ファントマ」の衛星で、かつゾル人の故郷の1つであるティロルへの、ロボテック・マスターズ【Robotech Masters】の故郷へ、より多くの戦争を防ぐという望みを託した外交任務の為に地球を出発し、長距離「ミ・フォールド」(フォールド・イン)航行に入った。

しかしながら、エドワーズ准将の将来の更なる戦争を防ぐ彼自身の構想手法は、彼の私兵である「幽霊部隊」【 Phantom Squadron 】が征服可能な全ての異星人の軍隊を征服することで、その結果、「彼の統治下で」地球の安全保障を達成するというのが持論でした。

この結末を達成するために、リック・ハンターを始めとする現在の権力を掌握している提督たちを追放すること最初に見出し、まず手始めに、彼の新妻リサ・ハイエスとの結婚式を破滅させようと試み、次に遠征艦隊軍が凶悪な地球外のインビッドの魔手から衛星ティロルを解放する試みを始めるとき、彼らのあらゆる指揮権を切り落としながら、これを奪おうとします。

最終的に彼の忠誠な「幽霊支隊」部隊【"Ghost Squadron" unit】の支援により、「[[インビッド]」【Invid】部隊を統制監督する生体有機コンピューター「インビッド・ブレイン」【Invid Brain】の捕獲により、エドワーズは、衛星ティロルでの戦闘の終了を齎(もたら)しますが、彼自身の隠された野望の為に、その秘密を横取りする為に、「インビッド・ブレイン」を封印し、遠征艦隊軍の2人の提督、つまりは彼の復讐劇の主賓(しゅひん)から秘密を隔離し続けます。

In the first act of The Sentinels,covered in McKinney's novel The Devil'sHand and Eternity Comics' 16-issue first volume of the Sentinels series,Edwards is promoted to the rank of Brigadier General and becomes part ofthe "Pioneer Expedition", leaving Earth on diplomatic mission to Tirol,homeworld of the Robotech Masters, in hopes of preventing more war.

Edwards's personal means of preventing further war, however, is to conquerall the alien forces that he can,there by keeping the Earth safe and under his rule.

To achieve this end,he first seeks to take oust Rick Hunter, now an Admiral, from power,first attempting to ruin his wedding to Lisa Hayes, then under cutting his every command when the Robotech Expeditionary Force begins its attempt to liberate Tirol from the clutches of the evil alien Invid.

Ultimately, by capturing the Invid Brain, a living organic computer that controls the Invid troops, with the aid of his loyal "Ghost Squadron" unit, Edwards brings the battle on Tirol to an end,but keeps the Brain sealed away in order to plunder its secrets for himself.

第2幕

ジャック・マッキーニ両氏の小説版「ロボテック II:センチネルズ」第2幕(ロボテック・シリーズの通巻:第9巻)目である「邪悪な勢力」【Dark Powers】とエターノティ【Eternity】社の「ウォルトリップ兄弟」【The Wartrip Brothers】による合計21巻にも亘る漫画版第二冊の中篇でカヴァーされた劇中では、名義上のセンチネルド【Sentinels】( インビッドによって居住母星が全て征服された異星人の種々雑多な抵抗分子)が、彼らの故郷の世界を解放する際に遠征艦隊軍【UEEF, 旧称:REF】の解放への支援を求めながら、その現場に現れるのを劇中にみます。

異星人嫌いのエドワーズは、当初はどのような支援も拒否し、リック・ハンター名誉提督が、SDF-3 パイオニアによる探索のときに、彼らを解放軍に編入したままにするよう提案するまで、この態度を変更しませんでした。

ハンター提督夫妻と「彼らに忠実な多数の軍隊」が共に、各占領惑星*4の解放作戦に従事することで、軍組織の均衡が崩れると、エドワーズは、超時空要塞艦SDF-3「パイオニア」に残置された軍隊を任され預かることになり(惑星衛星軌道上で待機する留守番部隊)、彼自身の野望の結末に向かって全権を有している議会を操作し始めます。

彼はリック・ハンターの昔の恋人リン・ミンメイ 【Linn - Minmei】に執着し始め、インビッドの指揮官(摂政リージェント【Regent】)がリック・ハンターを殺害する試みに関して、このインビッド指揮官に「センチネルズ解放運動」に関する情報を流して、インビッド指揮官との秘密同盟に参加すると同時に、リン・ミンメイ に対し、彼、つまり「エドワーズ」自身を、「かつての彼女の恋人*5を愛したような深さ」で「力ずくで愛することを強いる」行動を起こすことを決心します。

エドワーズは彼が行為の結論で双方の彼の最終目標(ゴール)に関して成功したと考え、ハンター夫妻と他のセンネルズの種族達が(火山や地震が多く)地殻的に不安定な、巨人アマゾネス達の惑星「プラクシス」【Praxis】の地表で、未だ生き残っていることに気付いていません。

The second act of The Sentinels,covered by McKinney's "Dark Powers"and Eternity's second volume, runningto 21 issues, sees the titular Sentinels―a mismatched rebel cell of aliens whose planets had all been conquered by the Invid―appear on the scene seeking the UEEF(REF)'s help in freeing their homeworlds.

The xenophobic Edwards initially refuses any aid, until Rick Hunter proposes leaving the SDF-3 himself to join themon their quest.

With Hunter and a large number of the troops loyal to him thus removed from the equation,Edwards is left in charge of the military remaining on the SDF-3, and begins manipulating the plenipotentiary council to his ownends.

He begins to obsess over Rick Hunter's old flame Lynn Minmei, and resolves to force her into loving him,while at the same time entering into a secret alliance with the Invid leader,the Regent, feeding him information on the Sentinels' movements in an attemptto have Rick Hunter killed.

Edwards believes he has succeeded in both his goals at the act's conclusion, unaware that Rick and the Sentinels are still alive on the unstable planet Praxis.

第3幕

In the story's third act, told through McKinney's "Death Dance" and the 22-issue third volume of the Sentinels comics, published by both Eternity and Academy Comics, Edwards invites the Invid Regent to the SDF-3 for peace talks, then proceeds to manipulate events that lead to the Regent's apparent murder (in actuality, it is merely a clone who perishes, though even Edwards is unaware of this).

物語の第3幕は「ジャック・マッキーニ」両氏の小説版「ロボテック II:センチネルズ」(ロボテック・シリーズの通巻:第10巻)目である「死亡遊戯」【Death Dance】と「エターニティ」【Eternity Comics】社と、これを引き継いだ「アカデミー」【Academy Comics】の両方によって出版された 「ウォルトリップ兄弟」【The Wartrip Brothers】による合計22巻にも亘る漫画版第三冊によって語られ、エドワーズ准将は、インビッドの指揮官(摂政リージェント【Regent】)を和平会談の名目で 超時空要塞 SDF-3 パイオニアに招待し、摂政リージェントの見せかけ殺人に通じる出来事を操りかけます(現実には、叛乱軍の「エドワーズ准将」自身さえ、このリージェントの策謀に気づかないのですが、そこで滅んだのは、単なる影武者でした。)。

この行動は一つの戦争の激化の結果であり、そうしてこれらの事情下でエドワーズは、彼の「地球を乗っ取る計画」の為に、彼の支配下に置かれるであろう新しい艦隊の軍艦の建造と就役を議会に説得させることが可能でした。

しかし、彼の計画は、SDF-3パイオニアに乗船していた工学博士エミール・ラング、人類側に与したゼントラーディ人の同盟国の叛乱を容易にすることによって彼の野望を遅延させる、このエドワーズ准将のライバルの機知に富んだ姦計(かんけい)によって阻害されます。

In the story's third act, told through McKinney's"Death Dance" and the 22-issue third volume of the Sentinels comics,published by both Eternity and AcademyComics, Edwards invites the Invid Regent to the SDF-3 for peace talks,then proceeds to manipulate events that lead to the Regent's apparent murder (in actuality, it is merely a clone who perishes, though even Edwards is unaware of this).

This action results an escalation of war,and under these circumstances, Edwards is able to convince the council to commission the construction of a new fleet of warships that will be placed under his control, which he plans to use to take over the Earth.

His plans are stymied, however, by the machinations of his rival aboard the SDF-3, Doctor Emil Lang, who delays him by facilitating the rebellion of the humans' Zentraedi allies.

第4幕

エドワーズの悪事は「ロボテック II:センチネルズ」の「ジャック・マッキーニ」両氏の小説版第4巻(ロボテック・シリーズの通巻:第11巻)「世界を滅ぼす者達」【World Killers】と 「アカデミー」【Academy】社に引き継がれた「ウォルトリップ兄弟」【The Wartrip Brothers】による合計13巻に亘る第4冊で最終的に露見される。

センチネルズ異星人の代表がゼントラーディ人と共に衛星ティロルに戻って、反逆罪の申し立てに関してエドワーズ准将によって裁判に置かれるとき、エミール・ラング工学博士は、エドワーズが自ら彼の計画を明らかにするように欺くことが可能で、次にビデオ上に彼の抑え切れなくなった感情の爆発の表現を捉えて、議会の為にそれを再演します。

彼の邪悪な目的は暴露され、エドワーズ(元)准将、いえ今は叛乱軍の指揮官は、リン・ミンメイ【Minemi】を誘拐して、捕獲したインビッド・ブレインにより下層インビッドらの着用するバトル・ウォーマーの直援下で衛星ティロルの星都「ティレシア」から脱出します。

Edwards's evil is finally exposed in the fourth act of The Sentinels, asseen in McKinney's "World Killers" and Academy's 13-issue fourth volume ofthe comic series.

When representatives of the Sentinels returned to Tirol with the Zentraedi and are placed on trial by Edwards over allegations of treas on, Doctor Lang is able to trick Edwards into revealing his schemes,then capturing his outburst on video and replaying it for the council.

His wicked goals laid bare, Edwards kidnaps Minemi and flees Tirol,covering his escape with an army of Invid mecha controlled by the captive Brain.

Edwards proceeded to meet his end in the fifth and final installment of The Sentinels, told in the pages of McKinney's Rubicon; no direct comic adaptation of his novel was produced.

第5幕

ロボテック II:センチネルズ」の「ジャック・マッキーニ」両氏の小説版第5幕(ロボテック・シリーズの通巻:第12巻)「ルビコン」の紙幅(頁数)によって語られ、そして彼(「ブライアン・デイリー」【Brian Daley】氏が逝去したので単独執筆となった)の小説の記述によって創作された内容に関して、如何なる漫画版としての「直接の翻案が為されなかった」( 間接的な、元のシリーズと第一義的な連続性を持たない完結篇シャドウ・クロニクルへの序曲を除いて )5つ目の最終篇は、遂にエドワーズの結末に辿り着きます。

本クライマックスの章では、エドワーズ叛乱軍はインビッドの故郷、惑星「オプテラ」【Optera】に逃走し、彼の軍隊として機能する怪物の種族を設計する為に「進化の実験場」を使用するのを計画しています。

ガイノイドジャニス・イー・エムは叛乱軍の首班であるエドワーズ・元 准将の近くまで接近する為に、ホログラフィーオーバーレイリン・ミンメイに自らを擬装し、自らの第一素体を犠牲にして*6進化の実験場に彼をひっくり返したその瞬間に、エドワーズは、彼の一生を終えて死に至ります。

In this climactic chapter, Edwards escapes to the Invid homeworld of Optera, planning to use its Genesis Pits to engineer a race of monsters that would serve as his army.

Ultimately, Edwards perishes when gynoid Janice Em holographicallydisguises herself as Minmei in orderto get close to Edwards, then sacrifices herself to tumble him intothe Genesis Pit, ending his life.

ワイルドストーム社漫画版



翻訳途上

When the Robotech universe was rebooted for the 21st century, Edwards'soriginal debut story from Robotech: The Graphic Novel was overwritten by the new mini-series, Robotech: From the Stars.

ロボテック・シリーズ世界が、21世紀を迎えた翌年に再起動されたとき、エドワーズは、その原初の初登場の物語である西暦1986年8月にコミコ・コミックス社 の グラフィックノベル 「ロボテック創世記」Robotech:"Genesis":Graphic Novel】は、ロボテック・シリーズ全篇を通して観察しても、観客の前で初めてエドワーズが演じた作品でしたが、新しい6巻+資料本【Source Book】のミニシリーズ「ロボテック:星界から」によって上書きされました。

エドワーズの人物設定変更

この新しい話において、地球統合戦争が終わるまで、彼はロイ・フォッカーに会わないで、Veritech【ベリテック】による可変戦闘機開発の『プロジェクト・バルキリー』初期開発段階【操縦士官育成&労務管理担当-G計画参照]]】の監督として初対面し、遥かにより拮抗的(きっこうてき)でない関係をロイ・フォッカーと共有します。

しかし、エドワーズは実はアナトール・エリ・レオナルド(レナード)大佐の為の密偵(スパイ)で、秘密裏に新設の「地球統合政府に反対して、その残りを彼、つまりレオナルド(レナード)大佐の掌中に置く事が可能となるようにVeritech【ベリテック】による史上初の可変戦闘機開発計画『プロジェクト・バルキリー』を中止(シャットダウン)に追い込む為に暗躍しています。

しかしながら、フォッカー大尉がアナトール・エリ・レオナルド(レナード)大佐が地球衛星軌道上のコールサイン『アーマー・ワン』【Armor-1】宇宙ステーション、後の「アームド01」 宇宙空母 に破壊工作員として他の熟練工(ショーン・アーノルド)を送り込み、これを乗っ取る陰謀計画の完成を阻止するとき、計画は失敗に終わります。

In this new tale, he does not meet Roy Fokker until after the war has ended, and shares a far less antagonistic relationship with him as his supervisor during the early days of Veritech fighter development.

However, Edwards is actually a mole for Colonel Anatole Leonard, who secretly opposes the new Unified Earth Government and is working to get the Veritech program shut down so that its remnants can be placed under his control.

統合戦争後

  • 星界から・ミニシリーズの終結で、旧作であるロボテック II:センチネルズに於ける彼の運命は、地球統合軍「アラスカ基地/統合司令本部/ 戦略・重力場粒子破壊砲 グランド・キャノン」上に再設定されます。

At the conclusion of the series,Edwards is reassigned to Alaska Base,setting up his fate in The Sentinels.

ワイルドストーム【WildStorm】社の最終的な「ロボテック・プロジェクト」である「ロボテック:シャドウ・クロニクルへの序曲は、概してロボテック II:センチネルズの「有り得たかもしれないもう1つの筋書分岐」による物語の結末の実現の形式を採りました。

未完に終わった「ウォルトリップ兄弟」による独自のロボテック II:センチネルズ漫画翻案版シリーズの物語の筋は、ごく大まかに掻い摘まめば、エドワーズ准将の裏切りと叛乱が露見する場面で中断しています。

WildStorm's final Robotech project,Robotech: Prelude to the Shadow Chronicles, was an alternate conclusion of the Sentinels storyline, picking up―very broadly speaking―where theWaltrip's original comic adaptation ofthe series had left off, with Edwards's treachery being exposed.

時間軸は西暦 2043年(元のロボテック II:センチネルズ漫画が中断した西暦2027年頃から先の)にまで時計の針を進め、背景物語の多くの特異な詳細の多くは、改訂された時間表に於いて異なり、アニメーション映像の新作長編映画シャドウ・クロニクルに於ける、その役割設定の為にエドワーズ准将によって採用された、神秘的な新しい影次元技術の主要な追加を以って、しかしその物語は同様な基本の物語展開手法で、エドワーズ准将は、リン・ミンメイを略取し、インビッド摂政リージェントの軍隊の支援を用いて、惑星オプテラ【Optera】へ遁走します。

The timeline had advanced to the year 2043(where the original Sentinels comic had left off around 2027) and many of thespecific details of the back-story were different in the revised timeline, but the story proceeded in the same basic way, with Edwards kidnapping Minmei and fleeing to Optera with the aid of the Invid Regent, with the major addition of the mysterious new "Shadow Technology"being employed by Edwards in order to set up its role in the animated Shadow Chronicles feature.

インビッド母星「オプテラ」【Optera】上の最終的な対決では、ロボテック II:センチネルズ小説版・第5巻(ロボテック・シリーズ通巻12巻)『ルビコン川の決断』*7の場合のように、エドワーズは進化の実験場【Geniseis Pit】の竪穴に急落させられ、しかし、ウォルトリップ兄弟が、彼らの最初の漫画版翻案版の為に実行する予定だった結末に関する急展開において、彼は竪穴の落下後も生き残り、醜悪(グロテスク)な巨大な怪物となり、更にインビッド・ブレインと融合します。

ジャニス・イー・エム(初代:M1号)は、インビッドの母星である惑星「オプテラ」【Optera】衛星軌道上の SDF-3 「パイオニア」が調査して、発砲する信号ビーコンとして機能する為に犠牲になり、エドワーズ(元・准将)を消す為に、彼と一緒に破滅します。

In the final showdown on Optera, as in the Rubicon novel, Edwards is sent plummeting into the depths of the Genesis Pit, but in a twist on the ending that the Waltrip brothers had intended to implement for their original comic adaptation, he survives the pit and emerges as a grotesque, hulking creature, fused with the Invid brain.

Janice remains undoing, sacrificing herself to serve as a signal beacon for the SDF-3 in orbit above Optera to track andfire upon, obliterating Edwards.

第6巻

最初のロボテック II:センチネルズ筋書きから狂人のそれらと顕著に異なるエドワーズの性格の特定の面を、シャドウ・クロニクルへの序曲の最終巻である第6巻は特に詳しく述べます。

The final issue of Prelude, in particular, elaborates on certain aspects of Edwards's character that are noticeably different from those of the madman from the original Sentinels storyline.

エドワーズのリック・ハンターへのへの恨みは、単に彼自身の顔の傷跡にのみ由来するのみならず、彼が愛していた女性の「生命の灯火」が消えようとしている、将(まさ)にそのとき、アラスカ基地の廃墟からリックリサVF-1S バルキリーガウォーク形態で避難した瞬間を目撃したことに由来します。

Edwards's grudge against Rick Hunter is not merely over his own facial scars, but the life of a woman he loved who also perished in the ruins of Alaska Base as Rick and Lisa escaped.

彼の最終目標(ゴール)は地球の即時の支配でなく、実際インビッド女王リージス【Regess】からのその解放です。
そして、女王リージス率いるバトル・ウォーマー群は西暦2031年に地球の全てを征服し終えました。

His goal is not the immediate domination of Earth, but in fact its liberation from the Invid Regess, who had conquered it in 2031, a story thread only made possible by the advancement of the timeline over the original Sentinels setting.

そして、物語の筋道( 脈絡 )が当初ロボテック II:センチネルズの設定上の年表の進歩によって可能になるだけです。

関連人物(部下)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

  1. ロボテックシリーズの登場人物 - Wikipedia
  2. ロボテック:実写映画の構成案
  3. 超時空騎団サザンクロス雑誌記事
  4. 超時空騎団サザンクロス・故マイアニメ記事
  5. 超時空騎団サザンクロス と 故アニメック
  6. 機甲創世記モスピーダ と 故アニメック



開く(Open)

の Flash が機能しない Apple & 携帯電話 向けに、メニュー(左 Side-bar)の展開内容を記載 ↓

Variable Fighter / Attacker MASTER File

管理人/副管理人のみ編集できます