デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。


BUILD MS8弾(B8弾)

B8-043Pタイプアタッカー
ステータスHP 3400アタック 4000スピード 1400
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!7800コスト10MSアビリティ闘気
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器打撃必殺武器不明パイロットドモン・カッシュ
※公式では記載なし
備考ビルドMSif機体4機目は早々にゴッドマスターが収録。順番的には本来ディガンマ・アジールなのであるが、本弾で開発ミッションが配信されることやB6弾Pが下位技だったが故の救済もしくはZ1弾PZ4弾Pのシャイニングに倣っていると思うべきであろうか。
ステータス合計値は8800。性能についてはB1弾PフルアーマーZZによく似た高HP&アタックに超低スピードの重量型配分となっている。
重量型配分のステータスに対し、アビリティが闘気のため、あきらかに相性がよろしくないのがネック。一応地上ならスピード2400と及第点になる。局地は森林でも何とか+500のスピードを確保できる(地形+1で★にすることが出来る)ものの、水中はガンダム系定番の▲、森林がいい反面砂漠が×なので水中、砂漠では出撃させない方がよい(もはや、禁止に近いレベルで)。一応、スピードの遅さは先制対策になるはず。
と、ステでも重大な問題を抱えているのに必殺技がB6弾のSEC同様のコスト10という、ある意味ステよりも重大な欠点を持ち、二重に欠点を抱えているのがネック。円滑な運用をする為にはコスト低減はほとんど必須に近いが、闘気は通常攻撃でも圧倒的な攻撃力を発揮してくれるので、全く必殺を撃たないという手段もあるが、それだと鉄壁などのアビリティに引っかかってしまう…と一長一短な為、コマンダーの手腕が問われるテクニカルなカードとなっている。BG1弾で入手できたハロビーがあれば8まで低減され、これに単体・全体コストダウンなどを加えればある程度コスト面は緩和される。Gオーダー「戦場のコンサート」・「エイハブ粒子の供給」・クランクの教えがあれば、コストダウンをせず正気の沙汰では無い組み合わせ(Z3弾Mシロー等を僚機のパイロットに入れる)でも必殺を放てるようになるが、ラウンド2で勝負をつける必要がある。素の状態でもこのGオーダーを用意すれば無駄がない・・・というよりこのGオーダーの効果を最大限有効活用することができる。
パイロットは基本的には、スピードバーストかつ、スピード補正が高いものが望ましい。同じB8弾で言えば、Pウッソがステータス的にもかみ合わせがいい他、どんな時(※サポートアタックとトライブレイズの僚機を除く。ただ、闘気持ちをアシストに回すことはそうはないだろうが。)でもクリティカルの出るキンケドゥもお勧め。それ以外ならB1弾PキラZ3弾Rジョニー鉄2弾M白リディB6弾MユウBG2弾P部長等があげられるだろう。BG1弾からはバーストエールを駆使することで若干扱いやすくなった。必殺コストが気になるなら本機か僚機にB6弾Mサイ・サイシーあたりを置きつつ、必殺コストダウンパーツを付ける絡め手で対処したい。VS2弾Pセイなら、毎ラウンド必殺+2000・コスト−5スキルのおかげでラウンド3には11800・コスト1という破格の超低燃費のゴッドデビルフィンガーが完成するのでお試しあれ。
カード裏の証言は本機の必殺技の新たな前口上についてであり、ファンは必見。証言者はGガン系カードでお馴染みのあの人。

VS IGNITION 02(VS2弾)

VS2-045Cタイプディフェンダー
ステータスHP 2700アタック 2400スピード 1700
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!5000コスト6MSアビリティ不屈
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器打撃必殺武器不明パイロットドモン・カッシュ
※公式では記載なし
備考トライエイジオリジナル機体が初のC落ち。
本機初の不屈なので一見クリ型の不屈と相性が悪いようではあるが、数多のGコマンダーがB弾から始まって今日まで鍛えに鍛えた系統であるビルドMSなので、大半の人は見た目以上に頑強な仕上がりになるだろう。適正のよいところを利用すれば耐えるだけではなく先攻も狙っていける。
ただし、地形アクシデントで防御が下がる上に適性の相性が最悪の砂漠には出さないようにしよう。

VS IGNITION 05(VS5弾)

VS5-050Mタイプガンナー
ステータスHP 3600アタック 2500スピード 3200
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!5900コスト6
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器属性実弾必殺武器属性不明専用パイロットドモン・カッシュ
※公式では記載なし
備考Gガンダム特集弾により、ゴッドガンダムがベースの本機もMに昇格。ステータス合計値9300。
HPとスピードが高くアタックが低いいわゆる技巧型で、アビリティは無双。アタックの低さから先手撃破策より耐えて発動を狙い、使いきり後はアシストに回して必殺技を使うほうがいいだろう。尚、ガンナー・無双は排出カードでは鉄華繚乱4弾Mノイエ・ジール以来、プロモを含めるとプロモレッドウォーリア以来となるが、今回も高レアとBG2弾RX魔王以降低レアでの排出が無い。
耐えて発動を狙う以上、ディフェンスバーストと組むことが多くなると思われるので、アタックゲージブーストがスーパークイックになる砂漠での使用は止めたほうが良い。
VS5弾内に、半減スキルを持つパイロットは排出されないので、過去弾から探して使うのが良い。

OPERATION ACE 05(OA5弾)

OA5-041Rタイプアタッカー
ステータスHP 2100アタック 3700スピード 2500
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!5500コスト6MSアビリティ縛撃
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器打撃必殺武器不明パイロットドモン・カッシュ
※公式では記載なし
ACE効果ラウンド1のみ相手全員の反撃アビリティを封じる。
備考10ヶ月ぶりに登場。ゴッドデビルフィンガーR落ち。
これでゴッドマスターは基本レアリティ(P・M・R・C)をコンプリートしたことになる。
アビリティは縛撃とかなり強力。アタックが高くスピードもそれなりにあるので地上や森林では不発になっても素のスピードで先攻を取ることもあり、先攻時スキル持ちのパイロットをチョイスしてやるといいかも。逆に縛撃で出しぬく戦術を執る場合は砂漠や水中で出そう。
同弾Cドモンのスキルは「抑えられぬ怒り」と初出のミッションを彷彿とさせる(ただし、相手のドモンはスピバ)。
ACE効果は開幕のラウンド1指定での反撃封じ。対人で使用する場合はコストバトルにてよく出てくるOA2弾CPユニコーン(PS)前弾Pスタインなどが居る相手のデッキに対してちょっとした優位に立てるかもしれない。

DELTA WARS 02(DW2弾)

DW2-047Rタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 3700スピード 2600
必殺技双極!ゴッドデビルフィンガー!!6800コスト7MSアビリティ解滅
適性宇宙○地上★水中▲森林◎砂漠×
通常武器打撃必殺武器不明パイロットドモン・カッシュ
※公式では記載なし
ヴァリアブル効果-
ACE効果ラウンド1のみ相手全員のアタックを10%減少させる。
備考DW弾はRの解滅持ちで初登場。
解滅はある程度のアビリティレベルが求められるため、機体レベルの向上は入念に。
ACE効果はラウンド1のみの相手全体のアタック減少。
裏面の証言者はゲルマン忍者姿のダイバー。ビルドダイバーズ本編にも出てきた彼と思われる。

機体解説

登場作品「ガンダムトライエイジ」オリジナル
開発系統ビルドMS(成長傾向:クリティカル重視型)
その他特殊系統ガンダム系
格闘武器格闘→ゴッドデビル・スラッシュ(筐体では下位必殺の時にゴッドスラッシュ表記)
※2回構えを付けた後左右のパンチの後に斬る
抜刀時して構えた所でアタックゲージ及びバースト
スピードアクションもゴッドガンダムとは異なり、左手で競り合う
筐体とSPで構えの動作速度が異なりSPの方が少し速い
打撃
射撃武器エネルギー弾
※光弾状のエネルギーの塊をバトルモードで放つ
実弾
ディフェンダー通常武器:格闘武器
ビルドMSB6弾
証言
特記事項色は全体的に黒いものの、黒い機体には該当しない
先攻を取った時のモーションはフェニーチェと同一
闘気のデモで気合を溜めた後のモーションは筐体SPで異なっている。
筐体の方は公式の紹介ページAGEシステムの経験値取得画面でお馴染みのあのポーズ。

ゴッドガンダムDG細胞に侵されて変貌した姿(と、いうif設定)。
デザインはトライゼータから引き続き大河原邦男先生が担当している(設定画はそれっぽかったが、稼働特集で正式に判明)。
※カード化された際にGF13−017∞(ちなみにゴッドはGF13−017NJIIである)という形式が設定された
ガンダムファイター強靭な精神力によって悪魔の力を完全に押さえ込み、
『神の右手』と『悪魔の左手』を持つ究極のガンダムにパワーアップした。
※本編でもクーロンガンダムはDG細胞によってマスターガンダムへとなったが、
 マスター・アジア自身はDG細胞に侵されておらず機体を制御できているのでそれを踏まえていると考えられる

容姿はゴッドガンダムの白い部分以外の多くが黒くなり、右半分が青、左半分が赤のラインの入った姿に変化。
(背部のエネルギー発生装置や腕部Gナックルの形状も刺々しくなっている)
頭部には小さなマスターガンダムの角のようなものが生え、
胸部のエネルギーマルチプライヤーが2つ横に並んでメビウスの輪(無限大のマーク∞)を描いており、
腰には一際目立つ「G」マークのチャンピオンベルトのようなもの(後に超越者の証と判明)を付けている。
脚部形状等細かい部分も変更されており、
「ゴッドからさらに次の段階へパワーアップした機体」というデザインコンセプトもある。

中国語表記では天王神威高達(高達=ガンダムの意)と表記され、
名前から非常にカッコ良く仕上がっている。

ちなみに『悪魔の右手』と『神の左手』はネタ満載っぷりの前例からも察するに、
勇者王ガオガイガーの必殺技「ヘルアンドヘブン」(サブタイトルにもなっている聖なる左腕&滅ぶべき右腕)を意識しているのであろう。
(これにはOVA版の敵・パルパレーパプラス/パルパレーパプラジュナーが使用した技にも「ゴッドアンドデビル」が存在する。)


上位演出技:暴裂!デビルフィンガー!!
全身が黒紫であることと左腕から繰り出すところ以外は変身必殺の「爆熱!ゴッドフィンガー!!」とほぼ同じ。
ただし、敵専用であるためトドメ演出は無し。

ちなみに属性は打撃である。
※こちらは「降臨!最恐の邪神!」で登場する方のみが使用する。どうやらまだ制御できていない様子である。
CPU専用の上位演出技はバスターエンド以来。


上位演出技:双極!ゴッドデビルフィンガー!!
演出開始と共に左腕のGナックルが展開、エネルギー発生装置を展開し、
黒紫のゴッドフィールドを展開すると共に全身が黒紫に変色。
右腕のナックルガードが発光したと同時に苦しみながら
(DG細胞の誘惑を振り切っているのだろうか)
両手を前に組んだところで全身が金色のハイパーモードに変化。
(この時、背部のゴッドフィールドのみ紫色のオーラのようなものが残っている
また、キング・オブ・ハートの紋章が浮かび上がる。)
胸部のエネルギーマルチプライヤーが展開した後、相手に突撃、
左手の技を相手に打ち込んだ後に右手を重ね、属性不明の(下記)エネルギー波状にしたものを放射して締める。
(以上のモーションから演出時間も非常に長く、全機体でもトップクラスの長さで、最終ラウンドで放てばテーマソングの2番を確実に聞くことが出来る。)
トドメ演出ありで、その際はゆっくりとハイパーモードを解除して(金色から元の色へ)仁王立ちする。

技の初期が邪気眼を地でいっているがそこは突っ込まないのが吉。
むしろGガンダム的な展開を汲み取っている熱い必殺技だと受け入れたい。
上記のようにP証言欄には前口上も記載(証言ページ参照)。
また、ビーム・実弾・打撃のダメージ軽減系パーツに反応しないため、属性はないもの(不明)と考えられる(SP調べ)。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です