新書・叢書の全巻目録とタイトル一覧、各種のブックリストをあげていきます

東京外国語大学 イスラム関係推薦図書目録

http://www.tufs.ac.jp/library/guide/list/islam.htm...

種別著者書名版元
目録堀込静香編『アフガニスタン文献目録稿』日本・アフガニスタン協会
宗教ジル・ケペル『宗教の復讐』晶文社
宗教中村廣治郎『イスラームと近代』岩波書店
宗教井上順孝,大塚和夫編『ファンダメンタリズムとは何か:世俗主義への挑戦』新曜社
宗教ホセ・カサノヴァ『近代世界の公共宗教』玉川大学出版部
宗教中村廣治郎『イスラム:思想と歴史』東京大宅出版会
宗教平凡社[編]『イスラム事典』平凡社
宗教黒田寿郎編『イスラ-ム辞典』東京堂出版
宗教片倉もとこ『イスラームの日常世界』岩波書店
宗教東長靖『イスラームのとらえ方』山川出版社
宗教ブハーリー『ハディース:イスラーム伝承集成』中央公論社
宗教小杉泰『イスラームとは何か:その宗教・社会・文化』講談社
宗教井筒俊彦訳『コーラン』岩波書店
宗教中村廣治郎『イスラム教入門』岩波書店
歴史山内昌之『イスラームと世界史』筑摩書房
歴史藤田進『蘇るパレスチナ:語りはじめた難民たちの証言』東京大学出版会
歴史ウィルフレッド・キャントウェル・スミス『現代におけるイスラム』紀伊国屋書店
歴史加賀谷寛,浜口恒夫『パキスタン・バングラデシュ』山川出版社
歴史永田雄三ほか]『トルコ・イラン・アフガニスタン』山川出版社
歴史屋形禎亮,佐藤次高『西アジア』朝日新聞社
歴史フランシス・ロビンスン『イスラム世界』朝倉書店
歴史間野英二責任編集『中央アジア史』同朋舎
歴史間野英二責任編集『西アジア史』同朋舎
歴史蝋山芳郎『インド・パキスタン現代史』岩波書店
歴史東亞研究所[編]『印度・アフガニスタン國境:その紛争と民族(資料』東亜研究所
歴史近藤治『現代南アジア史研究:インド・パキスタン関係の原形と展開』世界思想社
歴史アーイシャ・ジャラール『パキスタン独立』勁草書房
歴史エドワ-ド・W.サイ-ド『イスラム報道:ニュ-スはいかにつくられるか』みすず書房
歴史アハメド・ラシッド『タリバン:イスラム原理主義の戦士たち』講談社
歴史デビッド・イスビー『アフガニスタン戦争:はるかな地の戦い』大日本絵画
歴史山上徹二郎編『アフガンアフガニスタン:写真集1978-1988』記録社
歴史三野正洋『わかりやすいアフガニスタン戦争:「赤い帝国」最強ソ連軍,最初の敗退』光人社
歴史余部福三『イスラーム全史』勁草書房
歴史アミン・マアルーフ『アラブが見た十字軍』リブロポート
歴史三浦徹『イスラームの都市世界』山川出版社
歴史加藤博『イスラーム世界の危機と改革』山川出版社
歴史冨岡倍雄『パレスチナ問題の歴史と国民国家:パレスチナ人と現代世界』明石書店
歴史バーナード・ルイス『イスラーム世界の二千年:文明の十字路中東全史』草思社
歴史トマス・ジョゼフ・アサド『アラブに憑かれた男たち:バートン,ブラント,ダウティ』法政大学出版局
歴史ハナン・アシュラウィ『パレスチナ報道官わが大地への愛』朝日新聞社
歴史佐藤次高,鈴木董編『都市の文明イスラーム』講談社
歴史鈴木董編『パクス・イスラミカの世紀』講談社
歴史坂本勉,鈴木董編『イスラーム復興はなるか』講談社
歴史岡倉徹志『サウジアラビア現代史』文藝春秋
歴史広河隆一『パレスチナ:瓦礫の中のこどもたち』徳間書店
歴史広河隆一『パレスチナ難民キャンプの瓦礫の中で:フォト・ジャーナリストが見た三十年』草思社
歴史奈良本英佑『君はパレスチナを知っているか:パレスチナの一〇〇年』ほるぷ出版
歴史広河隆一『パレスチナ』岩波書店
歴史アブドゥル・ハミード,アブドゥル・ガフール・チョウハダ『パキスタン』ほるぷ出版
地理モタメディ遥子『シルクロードの十字路で』実業之日本社
地理金子民雄『アフガンの光と影』北宋社
地理アンネマリー・シンメル『アンネマリー・シンメルのパキスタン・インド歴史紀行』大学教育出版
地理斎藤由美子『不思議の国パキスタン』東洋出版
社会山中一郎,深町宏樹編『パキスタン:その国土と市場』科学新聞社出版局
社会津田元一郎『アフガニスタンとイラン:人とこころ』アジア経済研究所
社会佐々木徹『アフガンの四季』中央公論社
社会辛島昇[ほか]監修『南アジアを知る事典』平凡社
社会片倉もとこ編『イスラーム教徒の社会と生活』悠思社
社会後藤明編『文明としてのイスラーム』悠思社
社会堀川徹編『世界に広がるイスラーム』悠思社
社会竹下政孝編『イスラームの思考回路』悠思社
社会湯川武編『イスラーム国家の理念と現実』悠思社
社会三浦徹,東長靖,黒木英充編『イスラーム研究ハンドブック』悠思社
社会高橋和夫『燃えあがる海:湾岸現代史』東京大学出版会
社会小杉泰編『イスラームに何がおきているか:現代世界とイスラーム復興』平凡社
社会山岸智子,飯塚正人編『イスラーム世界がよくわかる人々の暮らし・経済・社会』:亜紀書房
社会栗田禎子編『中東:多元的中東世界への序章』大月書店
社会加藤博『イスラム世界の常識と非常識』淡交社
社会宮田律『現代イスラムの潮流』集英社
社会小林豊『なぜ戦争はおわらないのか:ぼくがアフガニスタンでみたこと』ポプラ社
社会中村哲『アフガニスタンの診療所から』筑摩書房
社会山本芳幸『戦争しか知らない子どもたち:カブール・ノート』幻冬舎
社会田中宇『タリバン』光文社
社会小西正捷編『もっと知りたいパキスタン』弘文堂
社会宮田律『イスラムでニュースを読む:イスラム紛争の火種をさぐる』自由国民社
社会宮田律『イスラム・パワー:21世紀を支配する世界最大勢力の謎』
社会松浪健四郎『アフガニスタン褐色の日々』講談社
政治M.K.ユルゲンスマイヤー『ナショナリズムの世俗性と宗教性』玉川大学出版部
政治山中一郎編(研究双書『パキスタンにおける政治と権力:統治エリートについての考察』アジア経済研究所
政治山内昌之編『「イスラム原理主義」とは何か』岩波書店
政治ファーティマ・メルニーシー『イスラームと民主主義:近代性への怖れ』平凡社
政治内川秀二編『[緊急リポート]パキスタン-軍事クーデターの背景』日本貿易振興会アジア経済研究所
政治松原正毅編集代表,NIRA編集『lang=ZH-TWstyle=mso-fareast-language:ZH-TW>世界民族問題事典』平凡社
政治飯塚正人監『よくわかるイスラム原理主義のしくみ:テロと新しい戦争の深みを読み解く』中経出版
政治角間隆『ビンラディン対アメリカ報復の連鎖:ドキュメント・ノベル+用語解説』小学館
政治小杉泰『イスラーム世界』:筑摩書房
政治山内昌之『イスラームと日本政治』中央公論新社
政治西脇文昭『インド対パキスタン:核戦略で読む国際関係』講談社
政治山内昌之『イスラームと国際政治:歴史から読む』岩波書店
政治臼杵陽『原理主義』岩波書店
政治山中一郎編『パキスタンにおける政治と権力:統治エリートについての考察』アジア経済研究所
民族綾部恒雄監修『世界民族事典』弘文堂
医学提箸延幸『平和な国の医者だけど:アフガン戦傷者病院診療日誌』講談社出版サービスセンター
医学中村哲『ペシャワールにて:癩そしてアフガン難民』石風社
医学中村哲『医者井戸を掘る:アフガン旱魃との闘い』石風社
産業佐藤拓『パキスタン・ビジネス最前線:駐在員が見た実力と将来』ジェトロ
農業大野盛雄『アフガニスタンの農村から:比較文化の視点と方法』岩波書店
美術谷岡清『アフガニスタンの美』小学館
文学サーラ・スレーリ『肉のない日:あるパキスタンの物語』みすず書房
文学ドミニク・ラピエ-ル,ラリ-・コリンズ『今夜、自由を:インド・パキスタンの独立』早川書房

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

書籍目録

新書 収録タイトル一覧
新書の目次

新書御三家

  • 岩波新書(新赤版):
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501〜
  • 岩波新書(黄版):
No.1~396
  • 岩波新書(青版):
No.1~500No.501~1000
  • 岩波新書(旧赤版)
No.1~101

  • 岩波ジュニア新書:
No.1~500No.501〜

  • 中公新書:
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501~2000No.2001~


  • 講談社現代新書:
No.1~500No.501~1000No.1001~1500No.1501~2000No.2001~











選書・叢書 収録タイトル一覧
選書・叢書の目次



























英語学習書(1件)




全集

古典全集(1件)


美術全集(77件)


文学全集(作成中)


個人全集(作成中)



ブックガイド本の文献リスト













各種の受賞書籍リスト

各賞受賞作の目次










Wiki内検索

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

管理人/副管理人のみ編集できます