デジタルキッズカードゲーム「ガンダムトライエイジ」および3DSゲームソフト「ガンダムトライエイジSP」のWikiです。

開発系統:ビルドファイターズのMSの一覧(「ガンダムビルドファイターズトライ」登場分)。
系統はビルドファイターズですが、長くなってきたのでBUILD G1弾以降かつ
「ビルドファイターズトライ」登場機体はここに分割します。
「ビルドファイターズ」「ビルドファイターズA」「ビルドファイターズ炎」「キット&ビルト」「ビルドファイターズ バトローグ」はこちら。
ビルドMSシステムで呼び出し、開発する。
ここでは初期性能を記載することとし、チューンアップ後の性能等については稼働後情報まとまり次第となります、ご了承ください。
こちらも、BUILD G6弾までは、SPライバルに勝利での開発が中心だったが、鉄血弾に入りSPライバルからミッションクリアでの開発となった。
獲得マップは各項目およびビルドMS開発リストにて確認してもらいたい。


ビルドバーニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1600アタック 2800スピード 2500
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・聖拳突き!!4400コスト6MSアビリティ反撃
適性宇宙○地上★水中×森林○砂漠▲
通常武器実弾?必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションステージが地上の時、ずっと必殺技+800、必殺技コスト-1BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドストライクガンダムチューンアップ15回以上
トライバーニングガンダムチューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/武闘
30回チューン(2回目)アタッカー/無双
備考SPライバル「カミキ・セカイ」に勝利すると入手可能。BG5弾より計画中欄は下記トライバーニングが開発可能となった。鉄血の1弾からは「結成!トライ・ファイターズ」にてビルバー撃破で開発可能となった。鉄華繚乱2弾以降は「究極ッ!トライエイジ神拳!」、鉄華繚乱3弾以降は「憧れと挑戦を胸に」、「ビヨンド・ザ・ナックル」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
性能はアタック重視のアタックスタートで、劇中どおりの攻めに攻めるセッティング。初期アビリティはSPライバル登場時と同じ反撃で、追加アビリティには排出に存在しない無双があるが、代わりに闘気が存在しない為、排出Pレア版を所持せずに当てにしていたコマンダーは注意。
基本は攻防をバランスよく出来る武闘での運用が無難めだろうか。チューンを重ねていけばネットマッチングのような対人ルール戦では頼りになるが、やはり確率発動系の武闘には不発の不安が付きまとうし、共鳴スピードバーストという対抗策も一応あるので油断せずに。

ビルドバーニングガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2600アタック 1900スピード 1900
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・聖拳突き!!4600コスト7MSアビリティ先制
適性宇宙○地上★水中×森林○砂漠▲
通常武器実弾?必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションラウンド2にHP2000回復BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドストライクガンダムチューンアップ15回以上
トライバーニングガンダムチューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/闘気
30回チューン(2回目)ディフェンダー/武闘
備考BG1-084CP:ビルドバーニングガンダムのカードを使ってプレイすると開発可能。
性能はHP重視のHPスタートなので火力・スピードが伸びにくく、10回チューンで習得する代名詞の闘気が使いにくいという欠点があるが、そこはパイロットやパーツで補強したい(むしろ遠慮なくアタック・スピードの補強にパイロットを使えるという利点も)。HP重視のHPスタートというところから受けアビリティの武闘との相性が良いという利点があるが、通常版よりも共鳴スピードバーストが天敵となってしまっているのでそこは注意を払いたい。初期の先制もスピードが伸びにくいのが幸いして使いやすいが、地上ではスピードが増えてしまって使いにくくなるのと封印BAに注意しよう。
その他、通常版から必殺コストが1上昇している点にも注意(特にGパワーアップのアクションを使う場合)。
ビルドアクションは無双や全射と相性が良い。

パワードジムカーディガン

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2500アタック 2000スピード 2100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技カーディガン・キャノネード3000コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中×森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器実弾パイロットホシノ・フミナ
ビルドアクション仲間にガンダム系MSがいると、防御力がずっとアップする(+150)BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ジムチューンアップ1回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/装甲
30回チューン(2回目)ディフェンダー/鉄壁
備考10/17より登場するSPライバル「ホシノ・フミナ」に勝利すると入手可能。鉄血の1弾からは「風を呼ぶ少年」にてジムカーディガン撃破で開発可能となった。
基礎ステは割とバランスがいいが、HP重視チューンに初期アビリティが回避、追加アビリティが装甲・鉄壁と、防御性能に特化したステに仕上がる仕様。耐性にも穴がないので壁役としてはお勧め出来る。
その代わりに微妙に収まる火力をある程度は補わないと、置物になって狙われてしまうので補強は急務だろうか。耐久と通常火力を補えるB4弾P・BG4弾Pのシン、対人ではお勧めしにくいがミッションならそのアタック・必殺上昇スキルが心強いBG1弾Mセカイなど、色々発掘してみよう。
専用パイロットのフミナは、火力補填にしても耐久力補填にしても、おざなりになりやすく基本的には組み合わせても微妙なところで落ち着いてしまうのが難点。原作再現で乗せたいのならBG1弾R版を使うのがよいだろうか。もしくは考え方を変えてビルド・トライバーニング、ライトニング(FB)とあわせて速攻を狙うならBG2弾P版を乗せて必殺アップスキルで必殺威力を底上げしてのアシスト要員という手もある。この際、アビリティはどれを使っても自分を含めた小隊全体が生き残る為の助けになる(装甲・回避=自機の防御効果向上、鉄壁=ビルバ・トラバ・ライトニングの撃墜阻止)ので好みで決めよう。

ライトニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 2500スピード 2400
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技ライトニング・ヴォルター3600コスト5MSアビリティ先制
適性宇宙○地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
メイジン・カワグチ(BFTバージョン)
ユウキ・タツヤ
メイジン・カワグチ
ビルドアクションラウンド1のみ相手全員の変形アビリティを封じるBAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体リ・ガズィチューンアップ10回以上
ライトニングガンダムフルバーニアンチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/変形
30回チューン(2回目)ガンナー/超狙撃
備考11/7より登場するSPライバル「コウサカ・ユウマ」に勝利すると入手可能。鉄血の1弾からは「激闘の幕開け」にてライトニング撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「憧れと挑戦を胸に」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
BAはAGE−1 スパローと同じもの。双方ともBA最大コスト自体は標準の5で使用可能なMSアビリティも全く異なっているのでBA要因としてどちらが良いかはお好みでと言ったところであろう。初期アビリティは先制。スピードが高めの為生かしにくいが、スピードダウンのスキルに加えて、Gオーダーも登場したためそれに合わせられたら上手く使えそうだが、封じに注意。それよりは、追加の変形、超狙撃が無難だろう。

R・ギャギャ

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2800アタック 2200スピード 1600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技逆襲のギャギャ3700コスト5MSアビリティ鉄壁
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器実弾必殺武器打撃パイロットサザキ・カオルコ
ビルドアクションラウンド2に仲間全員のHPを2000回復BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ギャンチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/逆襲
30回チューン(2回目)ディフェンダー/不沈
備考12/4より登場するSPライバル「サザキ・カオルコ」に勝利すると入手可能。公式でも発表のないサプライズ出撃となった。この機体からお兄様の愛機、ギャンが開発可能。排出の少なかったマ・クベのカードが不要となるのでBG弾からの新規Gコマンダーにはうれしいだろう。鉄血の1弾よりミッション「僕たちのガンプラ」にてギャギャ撃破で開発可能となり、鉄華繚乱3弾よりミッション「その名はギャン子」でも設計図をドロップすれば開発出来るようになった。また、その3弾ごろからギャン20回チューンでも開発可能と公式HPに情報がある。
性能としては、排出Mと打って変わって「盾」をイメージさせる防御重視のアビリティにHPスタートと、支援向きの性能をしているのがポイント。やはり使いやすさを重視するなら、2回目の追加アビリティの不沈を早めに取得したい所。また、取得した後もHPスタートチューンゆえの火力の上がりにくさから不沈蘇生からの反撃の時、火力不足に泣く事がないようにチューンしておこう。
BAはνガンダムと同じもの。チューン傾向から1回目の追加アビリティの逆襲とは相性が良くなるが、ギャン子との相性は悪くなるので、BG1弾RフミナやBG3弾Mラルさんあたりで使うといいだろう。

ウイニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2100アタック 2300スピード 2300
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2000
必殺技ウイニング・SDフォーメーション4300コスト6MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットホシノ・フミナ
ビルドアクションラウンド1にGパワー+2BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体スターウイニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/先制
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考12/18より登場するSPライバル「ホシノ・フミナ(階級:上級曹長)」に勝利すると入手可能。BG5弾より、計画中は下記スターウイニングが開発可能となった。鉄血の1弾からは「激闘の幕開け」にてウイニング撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「憧れと挑戦を胸に」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
ビルドMS版はディフェンダー回避での参戦。BAはGパワー増加と気軽に使いやすい。なお、BG2弾時点では専用パイロットのフミナのPとRはいずれもラウンド2からのスピード上昇能力を持つ。先制を使用する場合は注意しよう。
他の用途としてBAが使いやすいラウンド1がGパワーゲインであるため、入れ替えスターボーナス(★×6)を獲得すべくEz8GP02と交換しながら他の機体をチューンするというテクニックがある(筐体版限定)。

トライバーニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1900アタック 2700スピード 2300
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・流星螺旋拳!!4700コスト7MSアビリティ突撃
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠○
通常武器実弾?必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションステージが地上の時、ずっとアタック、必殺技+500BAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドバーニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/トライブレイズ
30回チューン(2回目)アタッカー/闘気
備考イベントチームリーダー・チーム・レッドバーニングのカミキ・セカイに勝利することで開発可能。BG4弾からはSPライバル「カミキ・セカイ」勝利で開発可能となった。鉄血の1弾からは「新生!トライ・ファイターズ」にてトラバー撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「セルリアン」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
主役機の特権といえるBAコスト6機。アビリティも突撃・トライブレイズ・闘気と判りやすく使いやすい物ばかりが揃うが、内二つはスピードが命になるので先制には注意したい。また階級や突破ボーナスが少ない人は適性などにも注意して常に高スピードを保ちたい。場合によってはパーツで適性補強を。
また、アビリティが火力過多なせいか、必殺コストに反比例して基礎の必殺の数値が低めなので、機体Lvが余り高くない人は闘気を使っても相手を打ち漏らしたりする可能性がある為、きっちりとチューンはしておきたい。特に相性がいいBG3弾Pセカイは組み合わせる人も多いだろうが、その場合はクリティカル確定ではない素の威力で勝負しないといけないため、なお更素の火力が重要になってくる点は覚えておきたい。
セカイに拘らないならやはりB8弾MキンケドゥやB4弾Mレイジなど、クリティカル確定スキル持ちを載せるのが単純だが効果的。ミッションならB6弾Mユウなどでもいいだろう。常に火力を引き出せるようにしておきたい。

トライバーニングガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2000アタック 2800スピード 2000
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・流星螺旋拳!!3700コスト5MSアビリティ武闘
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクション最終ラウンドに仲間全員の必殺技を30%増加させるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドバーニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/先制
30回チューン(2回目)アタッカー/無双
備考BG3弾の第1回激戦!バトルロイヤルの結果、チーム・レッドバーニングが勝利した為、同チーム所属の人だけが入手可能となった。鉄華繚乱3弾のミッション「セルリアン」にて特別任務を達成すれば、再度の入手が可能となった。
1位景品の【G】機は最大コストも6で統一されている為、戦力の中心として頼りに出来る。ステはアタック重視だがチューン始点が必殺スタートなので満遍なくステが高くなるバランス型。
基礎アビはBG3弾Pレア版と同じ武闘。追加アビは先制・無双となっているが、先制は元から高いスピードがチューンすると更に上昇する上に優秀な適正のせいで、下から他の先制持ちに抜かれ放題になるという欠点を抱える羽目に。という事で使うなら武闘か無双のどちらかだろうか。特に無双は基礎BAコスト6で所持する機体(基礎・追加習得問わず)の選択肢があまりない為、その点に限っては貴重な機体といえるか。ちなみに「基礎BAコスト6で無双持ち(追加アビの2回目)」かつ似たようなステになるドライオンドライとは成長タイプと所持アビの違い程度しか違いが無いので、好きな方を使うのがよいだろう。
実際の運用時に関して言えば、無双を所持するのにクリ効果重視型だという点は問題になるところだが、必殺スタートの為、チューンする事でHP・耐性防御がそれなりの数値になるので、B5弾Pアムロなどの半減スキル持ちで安全に無双の発動が見込めるだろうし、同じセッティングでアビリティを武闘にしても無難な活躍が見込めると思われるのだが、機体Lvが低いとうまくいかない時もある為、その時はBG1弾Rシーブックなどを乗せるのも考えたい。
その他の利点といえば一応、必殺コストは上記通常開発版やビルドMSのビルドバーニングの中で最も少ない5。このため、BG3弾Pセカイのスキルを使うにはもってこいの機体となっている。GパワーもゴッドマスターのBA1つでOKとリーズナブル。Pセカイに限らず、他のクリ確スキル持ち(特にスピバ)を活用すれば初手からイニシアチブをとりやすくなるはず。当のセカイもBG1弾Cが必殺クリ確のスピバなので、Lv1の分はBAやエールを活用すれば何とかなるはず。
ちなみに前述のPセカイを使う場合は、低燃費必殺であるのが災いして打ち込んでも相手を倒せないという事態も想定される(相当チューンしつつ専用機補正でやっと威力5000程度なのにクリ確なし・先攻でダメージ増加系のアビがこの機体にはないので)、パーツに必殺アップのものをあてがったり、必殺アップBAをセットしたり、バーストエールを回す、打ち漏らしに備えてアビリティを武闘にしておくなど出来る限りフォローはしておきたい。

ライトニングガンダムフルバーニアン

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1900アタック 2300スピード 2600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技ライトニング・ヴォルテッカー3900コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙◎地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
ビルドアクションステージが宇宙の時、ずっとアタック、スピード+300BAコスト2BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ライトニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/狙撃
30回チューン(2回目)アタッカー/速烈
備考イベントチームリーダー・チーム・ブルーライトニングのコウサカ・ユウマに勝利することで開発可能。BG4弾からはSPライバル「コウサカ・ユウマ」勝利で開発可能となった。鉄血の1弾からは「新生!トライ・ファイターズ」にてライトニングFB撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「セルリアン」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
見本のような高速クリティカル型機体で、アビリティもバランスは取れているので、メインで使用するなら30チューンして速烈を開放すると使いやすくなるだろう。1回目の狙撃も超が外れた分、撃ち切り後を考える必要がなくなったので、生存率向上に使えるはず。またはアタック重視のパイロットで補填して一発の火力を高めてみるのもよいだろう。
BAは地形限定だが機体の性能をさらに押し上げてくれる良BA。

ライトニングガンダムフルバーニアン(G)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2600アタック 2100スピード 2100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技ライトニング・ヴォルテッカー4200コスト6
Hアビリティ変形変形発動時武器属性ビーム
適性宇宙◎地上◎水中▲森林▲砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットコウサカ・ユウマ
ビルドアクションラウンド1のみ相手全員の防御力を30%減少させるBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ライトニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/トライブレイズ
30回チューン(2回目)ディフェンダー/突撃
備考こちらもBG3弾の第1回激戦!バトルロイヤルの結果、チーム・レッドバーニングが勝利した為、同チーム所属の人だけが入手可能となっている。VS5弾のチャレンジモード・「アイランド・ウォーズ」のハロルーレットにて、「コウサカ・ユウマ」の目に当てると開発可能だった(現在は開発不可能)。
また、ビルド機体初の「初期BAコストが6の変形持ち機体」だが、変形は色々と対策が充実しているものの、実際の採用例は意外と少ない(それゆえに封じBAではなくアタックダウンBAあたりで纏めて対策されている事が殆どの為)ので活躍の場はある。
基礎ステはHP重視だがチューン傾向はアタックスタートの為、チューンするとどのステータスも満遍なく高くなるバランス重視型機体になっていく。初期の火力がやや低めなので使う場合はきっちりチューンしたい所。アビリティは基礎アビの変形から、追加はトライブレイズ・突撃…と、どれもこの機体のチューンパターンに合ったアビリティで、専用パイロットのBG3弾Pユウマとの相性も抜群。唯一最高スピードは通常版に譲るがあちらには無いトライブレイズでフォローするという事も出来るので、そこまで気にならないだろう。なによりアクションコスト6と言う点で、最大限にアクションを活用でき、戦力の中心に据えれるライトニング…というのはライトニング好きなコマンダーにたまらないはず。
どのアビリティでも前述のPユウマとの相性は良いが、ユウマを別の機体に乗せたいという時はB8弾Mキンケドゥ、B1弾Pキラなど、各アビリティ・タイプに相性がよいパイロットは居るので採用していきたい。
BAはザクペラープラチナX1と同じものと入手している人が限られているもの。パイロット枠を取るがBG2弾Mシーマ様もあり目新しさが無いので、無理に使う必要は無いが、同アクション所持機体と同じでわざわざこのアクションを使うために不必要な機体を呼び出して格納庫枠を圧迫するという事もなくなるはず。

スターウイニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2400アタック 2200スピード 2100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2000
必殺技スター・SDF4500コスト6Hアビリティトライブレイズ
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットホシノ・フミナ
ビルドアクションラウンド2のみ仲間全員の防御力を30%増加させるBAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ウイニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/反撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/鉄壁
備考イベントチームリーダー・チーム・イエローウイニングのホシノ・フミナに勝利することで開発可能。BG4弾からはSPライバル「ホシノ・フミナ」勝利で開発可能となった。鉄血の1弾からは「新生!トライ・ファイターズ」か「僕たちのガンプラ」にてスターウイニング撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「セルリアン」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
標準型必殺スタートと非常に平均的に成長するので使い方に合わせたアビリティとパイロットのチョイスを。専用パイロットのフミナを使う場合、トライブレイズならBG2弾P、追加アビリティの反撃鉄壁ならBG1弾RやBG3弾Rが妥当か。
BAはBG1弾RフミナやBG3RバナージなどのHP回復と組み合わせると2ラウンド目の生存率を上げてくれる。
また、Gオーダーの防御フィールド展開との組み合わせでなんと変身を止める事(クリティカル込みで最低ダメージ500)が出来る(ロックオン画面のダメージ予測で0%を確認)。ただし現在は闘気・フルドライブなど、他の異なる大ダメージ手段が存在しているため、ピンポイント採用程度にとどめておいた方が無難。

以下、当時の状況

スターウイニングガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2200スピード 2600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2000
必殺技スター・SDF3300コスト4Hアビリティ換装
(合体換装)
換装後必殺技スターウイニングガンダム リアルモード
(ウイニング・スタークロス)
合体換装武器属性打撃
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットホシノ・フミナ
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員の防御力がアップする(+500)BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ウイニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/回避
30回チューン(2回目)ガンナー/速烈
備考BG3弾の第2回激戦!バトルロイヤルの結果、チーム・ブルーライトニングが勝利した為、同チーム所属の人だけが入手可能となった。VS5弾のチャレンジモード・「アイランド・ウォーズ」のハロルーレットにて、「ホシノ・フミナ」の目に当てると開発可能だった(現在は開発不可能)。
AGE−3以来の合体換装持ちで初期アビリティになっている。ただし、必殺威力が低燃費な為、基礎のままでは火力に乏しく、HPスタートで火力面が伸び悩む…という2重苦を抱えた機体となっている。専用パイロットのフミナ…BG2弾P版を使えば、ラウンド2から必殺を+1500しつつ、同時に+され高まったスピードで速攻を狙えるが、それでもバーストバトルやまだ火力に不安を抱える(クリティカルは未確定)という不安点は拭えないので、主力として使いたい際は色々と工夫をする必要がある。幸いBA最大コストは初期が6なのでチューンを重ねて、最大を8にすればある程度BAでフォローしやすくなる。
他のアビリティは回避と速烈だが、初期ステータスがスピードが高めの設定なので、速烈を主力にすると活躍が見込める。

ベアッガイF

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2800アタック 1800スピード 2000
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技熱涙!蒼天紅蓮拳!!3300コスト4MSアビリティ先制
適性宇宙▲地上○水中◎森林◎砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットカミキ・ミライ
ビルドアクションラウンド1にGパワー+1BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ベアッガイIIIチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/不沈
30回チューン(2回目)ディフェンダー/闘気
備考BG4弾からはSPライバル「カミキ・ミライ」勝利で開発可能。鉄血の1弾からは「ガンプラ・ラリー」にてベアッガイF撃破で開発可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「ガン☆コレ」、「ファイト!アッガイ小隊(チーム)」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
アデルやギラ・ドーガ同様のラウンド1にGパワー+1持ちなのでアクションコスト5や7の機体の余りコストに突っ込むという役で終わってしまう人も多いと思われるが、この機体の真価は必殺コスト4の闘気持ちである点。水中・森林◎でB8弾のEz−8やνガンダムのような運用ができるが、彼らと違って地上・宇宙には適正で分が無いので注意。主に活用すべきは◎持ちの水中だろうか。用意が面倒だが、コストダウンパーツをかけずともゴッドマスターのBAを用意してやればBG3弾Pセカイで加速して闘気の必殺技を打ち込んでいける。また、低コストなのでGオーダーを使用して余ったGパワーでも使用しやすいという利点もある。30チューンして闘気を開放し、B2弾Pロックオン・BG2弾Pアイーダなどを使えばミッションで、地形を選んでB4弾Mレイジ・Z3弾Rジョニーあたりで対人…と、チューンを重ねた分の活躍は期待できるはずだが、HPチューンなのが災いし、アタック、スピード、必殺はそれほど増えず、パイロット等での強化も限界があるので、ミッションに限ったほうが良い。
それ以外のアビリティは先攻を取って攻撃→受けで相手のアタックダウンが出来る先制、受けのアタックダウンで粘り強く戦える不沈…と、いずれも専用パイロットのBG3弾Mミライとの相性がそこそこよいので、活躍させたい時には活用していきたい。勿論不沈はディフェンダーという事でB5弾Mマフティーなど、他のパイロットを乗せても問題はないはずだが、発動率の事は忘れないように。
ここから開発できるのはベアッガイII…ではなく、BG2弾までトライエイジに唯一参戦していたベアッガイのベアッガイIII。

ベアッガイF(G)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1900アタック 2500スピード 2400
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技熱涙!蒼天紅蓮拳!!4600コスト7MSアビリティ分離
適性宇宙▲地上○水中◎森林◎砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットカミキ・ミライ
ビルドアクションラウンド1からずっとアタック+1000BAコスト4BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ベアッガイIIIチューンアップ10回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/鉄壁
30回チューン(2回目)アタッカー/トライブレイズ
備考こちらもBG3弾の第2回激戦!バトルロイヤルの結果、チーム・ブルーライトニングが勝利した為、同チーム所属の人だけが入手可能となった。
そのため、同チームに所属していない人にとっては無縁の機体だったが、BG6弾に期間限定開発ミッション「夏だ!海だ!水中戦だ!」をクリアすることによって開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステはアタック・スピードに秀でるがチューン傾向はスピード重視。HPが低いところを初期アビリティの分離で補う…といきたいが分離は発動率がややアテにならないので、早々に追加アビリティを…といきたい。
と思ったら、HPが余り伸びないところに1回目の追加アビリティは鉄壁とややミスマッチなので、主戦力にしたい場合は30回のトライブレイズを開放するのを強いられる事になるが、防御重視型な点でHPが高いパイロットを使えば程々に役目は果たしてくれるだろうか。

ガンダムアメイジングレッドウォーリア

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2000アタック 2300スピード 2500
ダゲキ防御 2200ビーム防御 2000ジツダン防御 2200
必殺技アメイジング・スピリッツ4500コスト6MSアビリティ先制
適性宇宙○地上○水中○森林○砂漠○
通常武器実弾必殺武器実弾パイロットメイジン・カワグチ(BFTバージョン)
メイジン・カワグチ
ユウキ・タツヤ
コウサカ・ユウマ
ビルドアクションラウンド1のみスピード+1000BAコスト2最大BAコスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/無双
30回チューン(2回目)ガンナー/突撃
備考SPライバル「メイジン・カワグチ(BFTVer.)」に勝利すると入手可能な機体だが、新シリーズ・鉄血の1弾からはストーリーモード・ビルドファイターズトライ「僕たちのガンプラ」に登場する同機撃破で開発可能となった。ただし、最終ラウンドに出現かつ、相手は高スピードでスピバ・突撃持ちと厄介なのに、隊長機のトライバーニングはフルドライブのアタバ…ともっと面倒なので、作成目的の場合は腰をすえて取り組む必要がある。鉄華繚乱3弾以降は「燃やせ!トライエイジ魂(スピリット)」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。鉄華繚乱3弾以降はパーフェクト・ガンダムからの開発が可能となった。最終決戦仕様からパーフェクト・ガンダムを普通に作る場合30回チューンが必要となるので、パーフェクト・ガンダムを完成させて入れ替えることで、次のプレイでこの機体が完成することとなる。
基本ステは排出カード版と同じくスピードが高めでスピード重視チューンの為、スピードがどんどん伸びていくので、初期アビリティの先制との相性は圧倒的に悪く、運用する際には基本的には追加アビリティの取得は必須といえるだろうか。一番そのスピードを生かせるのが追加2回目の突撃だが、タイプが排出版と一致でステも酷似し、トライではゲスト的な扱いだったためか基礎BAコストは5だったりなど、やや落ち着いた性能をしているので使い続けるにはこだわりがないと厳しいだろう。一応、排出カードに存在しない無双と使い分けできる利点はあるし、性能自体は高水準である。
メインパイロットのメイジン・タツヤはBG3弾C・B5弾P・B6弾Mなどのめぼしいカードが全てスピードバーストで、本編フィーチャーでの専用機補正を得たユウマもスピードバーストが多い…と専用パイロットとは基礎ステのままではかなり乗せにくいので、どうしても乗せたい場合は2回目の突撃を手早く習得したいところだが、前述のとおり、突撃のタイプが排出版と被っているので、チューンしてまで使いたいかどうかは人次第といえるだろうか。どうしても専用機にこだわるなら、スピードダウンのアクションと併用して追加ダメージスキル持ちのアタバであるB3弾Rと組ませるなど、一工夫してみる必要がある。無双は耐久力の高いB6弾Mといいたいが、スピードバーストかつ80%以下でスキル発動ゆえ一撃撃破されることが避けられないので、他のカードで先手撃破策がベスト。

ガンダムトライオン3

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 3100アタック 2200スピード 1500
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2400
必殺技超咆剣ハイパーミノフスキー・トライザン5300コスト8MSアビリティ分離
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットサカイ・ミナト
ビルドアクションラウンド2にGパワー+2、必殺技+500BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムトライゼータチューンアップ20回以上
開発系統「ビルドMS」の系統レベル30以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ20回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/超電刃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/闘気
備考開発ミッション「咆哮!トライオン3」をクリアすると開発可能だったが、現在は配信終了した為、BG4弾からは作成用のSPライバル「サカイ・ミナト」が配信、鉄血弾ではストーリーモードのミッション「心のままに」かパトルパートナー「コデラ・マサミ」からのプレゼントで開発可能となった。鉄華繚乱2弾以降は「戦え、友情のドリームタッグ!」、鉄華繚乱3弾以降は「心のままに」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることでも開発可能。
トライゼータ同様の重量型配分スタートでHPスタートの為、数値上の耐性はかなり高くなるが成長タイプはクリティカル効果重視型なので実際の防御力はトントンだろうか。トライゼータと同じでビーム防御が一番低い点には注意。(後発故、トライゼータよりもはるかに高くなるが)
現状ではガンプラ・HGトライオン3にのみ付属するプロモがのみが持つ分離を初期アビリティで持つ。発動してくれさえすれば強力なのだが、発動率に分がない為、チューンを進めて追加アビリティを習得しておいた方が無難に活躍出来ると思われるが、ラインナップが超電刃・闘気なので伸び悩むアタック・スピードを必要としてくるのがネック。超電刃は威力は低くともスピードダウンはレベル分だけ下がるし、撃ち切り後は耐えて必殺を放つ方が良いので、スピードダウン効果を目的に運用するならアタックをあまり気にする必要は無い。また初期ビルドアクションコストは5なので可能なら早々に40チューン程度まではもって行きたい所。
専用パイロットのミナトはBG3弾MはスピバLv3、スキルが先行条件と闘気には向いているが、パイロット、機体共スピードの遅さゆえ、スピード操作系のアクション・スキルは必須ぎみ。専用パイロットに拘らないならやはりZ3弾Rジョニーなどのスピード補正が高いスピバに頼るのが無難。

G−ポータント

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2700アタック 1700スピード 2300
ダゲキ防御 1600ビーム防御 2400ジツダン防御 2400
必殺技ポータント・トラジェクトリー3300コスト4MSアビリティ回避
適性宇宙○地上○水中○森林○砂漠○
通常武器ビーム必殺武器打撃パイロットキジマ・シア
ビルドアクションラウンド2にHP1500回復BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ガンダムエクシアチューンアップ10回以上
トランジェントガンダムチューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点防御力重視型/HPスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/不沈
30回チューン(2回目)アタッカー/突撃
備考BG5弾内イベント・ビルドMS総選挙の1回目に勝利したため入手可能となった。現在は受取期間終了の為開発不可能になったが、鉄血の1弾よりミッション「レディが認めた少女」・「僕たちのガンプラ」にてG−ポータント撃破で開発可能となったが、このページに共通して言えることは必ず開発可能ということは無いので、注意してもらいたい。鉄華繚乱3弾以降は「ファイナル・バースト」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
見た目とは裏腹に防御重視の機体となっており、基礎の総合火力が排出版よりもかなり低く(排出版は必殺が高威力だったがこちらはそれすらも低燃費必殺でイマイチ)、チューン傾向とあいまって最終的な火力はかなり微妙な所で落ち着いてしまうのが難点。一応BG2弾Pフミナなどを使っての強化するという手もある。
また前述の事から専用パイロットのBG5弾Mシアとの相性はイマイチ(主に火力面)であり、習得する各アビリティにあわせてB5弾Mマフティー・B2弾Pロックオン・BG2弾Pアイーダ、B8弾Mキンケドゥのような定番パイロットを使った方が活躍させやすくなる。どうしても専用機にこだわるならBAでの強化(本機のBAコストは5なので出来れば40チューンで+1は欲しい)や前述のBG2弾Pフミナのような強力な全体補強スキルもちのパイロットを僚機に乗せるなどのフォローは必須になるだろう。
BAはHP1500回復。自身のみの効果だが、当然覚醒を妨害する可能性があるものの、最近はHP80%以上条件のスキルがあるため、それに合わせられるといいだろう。またB3弾Mセイなどとあわせて全射や無双の発動フォローを最小限のBA消費で行う事が出来る。
開発可能なのはエクシア。10回チューンで可能だが、鉄血の1弾より兄の機体であるトランジェントが開発可能になったため、資金に余裕があるならブーストチャージを併用して開発すると良いだろう。

トランジェントガンダム

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2200アタック 2100スピード 2600
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2000
必殺技ラース・オブ・トランジェント4700コスト7MSアビリティ闘気
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器ビーム必殺武器ビームパイロットキジマ・ウィルフリッド
ビルドアクションステージが宇宙のとき、ずっとスピードが20%増加するBAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ダブルオーガンダムチューンアップ15回以上(グレード4解放必須)
刹那・F・セイエイ使用回数5回以上(BUILD G6弾まで)
チューンアップ15回以上(鉄血の1弾より)
成長傾向/チューン始点標準型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/双撃
30回チューン(2回目)ディフェンダー/超電刃
備考BG5弾で開催された第2回総選挙に勝利したため期間限定配信で入手可能だった。こちらも開発不可能だったが、上記G−ポータントから開発で獲得可能となった。鉄華繚乱3弾以降は「ファイナル・バースト」にて当該機を撃破し、設計図をドロップすることで開発可能。
性能としては排出P版と同じスピード重視ステでスピード重視チューンと、使い勝手は排出P版に準じるため、初心者から上級者まで扱いやすい機体だろう。排出版より1低い必殺コストで使い勝手はまとまったチューンがされればこちらの方が上回ってくるだろうか。初期BAコストは今までのラスボス系よろしく標準の5である。
アビリティは初期が闘気、1回目が双撃、2回目が超電刃…とラスボスらしい高水準なラインナップでステと相まって使い勝手は良好。超電刃は珍しいディフェンダーの超電刃だが、他のライバル(厳密に言うとB6弾Pダークマタースイッチ1回目のプランB)の方が超電刃の最終的な火力自体(アタックの数値)が上回っていたりするため、使い方は少し考えないと活躍しにくいか。これは所持する機体が超電刃以上に多い双撃も同様である(取り立て、持っている人こそ限られるがクリティカル込みの総火力・コスト面・スピードとタイプこそ違えどX2の下位互換になってしまう)。しかし、後発故の高水準ステでこれらのアビを使い分け出来るのが魅力の一つでもあるので、特化運用する際は別の該当ビルド機体を頼り、普段はこちら…と使い分けしてやればそこまで困る事は少ないはず。
さらに言えば上記にもある様に本機はスピード型でもあるので火力面こそ今一歩劣るところこそあれどそれらとは違った運用が出来るはず。
アビリティは宇宙指定の自機永続スピード強化で、本ゲームでは宇宙適正○だが、原作では宇宙でもポンポン飛び回っていた(特にトランジェントバーストした後が顕著)ので、それの補完だろうか。コストも据え置きの3で使いやすいが、やはり全体減少アクションなどとの兼ね合いから、採用度は下がり気味になるかも。
開発可能機体は意匠が多く見られるエクシアでもクアンタでもなく、ゲーム的な補完という意味でダブルオーガンダムが開発できる。(1回目のGポータントがエクシアを開発できたのでそのせいか)ただし開発条件はGN−Xやスサノオと全く同じなので刹那のカードが必要な事は注意。ちなみにスサノオはBG3弾のミッションでショートカット開発出来、そこからダブルオーを開発したコマンダーも多いと予測されるので、開発素材としての魅力は薄いか。鉄血弾に入り、刹那使用条件が外れた。

ドム(ガンダムビルドファイターズトライ)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 1800アタック 2700スピード 2100
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技ツイマッド・ヘビーダウン4400コスト6MSアビリティ武闘
適性宇宙▲地上◎水中×森林★砂漠▲
通常武器打撃必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションラウンド1からずっと相手の無双アビリティを封印するBAコスト3BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ドムチューン回数1回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/不沈
30回チューン(2回目)アタッカー/闘気
備考「激戦!バトルロイヤル」第3回参加賞として登場したBFTドム(現在は受け取り期間終了、また再配布はしばらくなかった)、鉄華繚乱3弾のミッション「風を呼ぶ少年」から当該機を撃破し、設計図をドロップすれば、再度の入手が可能となった。
系統「ビルドファイターズ」の他機体のチューンが完璧ならBG弾では無理して育てる必要はない(鉄血1弾でチューン回数が同系統の最大チューン機体に合わせられる)。
ビルドアクションは今までなかった無双のラウンド1からの永続封印BA。ミッションでは無双持ちの敵機体は未出現なので無意味だが、対人ルール戦では「発動してひっかかると撃破されるまで封印されたまま」→「撃破されると次の次のラウンドまで発動できない」(鉄血弾からの仕様)という、システム上の仕様から、倉庫に忍ばせておくだけでも相手に採用を躊躇わせられるなど、使用せずとも対策となるが、実際使う場合はBAコスト3である点から、BAの組み合わせが限られてくるので、事前にソレを踏まえて小隊構成を練っておくと無駄が無い。
ステはアタック重視のアタック重視チューンの重火力型。基礎BAコスト6も相まって最強のドムとして運用出来る。ビルドMSの慣例にのっとり上位演出技も完備するため、ドムが好きな人は大いに暴れさせてやろう。その際は2回目の追加アビである闘気が役に立つだろうが、アタックに数値を取られすぎてスピードはそこまで高くない上に適正もドムそのままの為、パイロットはややスピードを意識して選出してやろう。

トランジェントガンダム(G)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2400アタック 2500スピード 1700
ダゲキ防御 2000ビーム防御 2400ジツダン防御 2000
必殺技ラース・オブ・トランジェント4200コスト6
Hアビリティ無双無双発動時武器属性打撃
適性宇宙○地上◎水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットキジマ・ウィルフリッド
ビルドアクションラウンド1からずっとスピード+800BAコスト3BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体ダブルオーガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点標準型/必殺スタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ガンナー/反撃
30回チューン(2回目)アタッカー/トライブレイズ
備考※ダブルオーガンダムの開発条件は、この機体自体が鉄血弾に入ってからの機体なので、BUILD G6弾以前の条件は省略しています。
ザクアメイジングに続くトランジェントのG版。現在は配信終了につき開発不可能となっていたが、鉄華繚乱3弾のミッション「ファイナル・バースト」にて特別任務を達成すれば、再度の入手が可能となった。
性能としては、ステがHP・アタックを大きく取りつつの必殺スタートで、耐久重視目のバランス型、かつアビリティが無双・反撃・トライブレイズと、メインよりはアシスト向きのラインナップに変更されており、通常版が「一騎打ち用」としてのトランジェントならこちらは「チームリーダー」としてのトランジェントを彷彿とさせる仕上がりとなっている。その点ではこちらはビルドMS版のAGE−FXなどに似通うものがあり、主役機体…のようにもみえなくはない。(みんなと協力して戦うのを促す点で)
運用法としては、無双・トライブレイズは癖があるが、反撃も常時使うには微妙…と、どのアビリティもパッとしないので、チューン稼ぎに難儀する…のは昔(BG6弾)までの話で、現在は系統ごとにチューン数が共有される為、他の機体で稼いだ後、必要な時に作成して使う…という風にすれば困らないだろう。その際はどちらかといえばアシスト向きの性能から、専用パイロットにこだわらず、ディフェバやHP補正の高いパイロットで固めておくといいだろう。その際にはパイロットスキルが「必殺技で攻撃時、クリティカル発生」あたりを持つパイロットを用意出来るとうまく活躍しやすいはず。

デスティニーガンダム(ガンダムビルドファイターズトライ)

ビルドMSMSカードありタイプディフェンダー
ステータスHP 2200アタック 2200スピード 2500
ダゲキ防御 2000ビーム防御 1600ジツダン防御 3000
必殺技デスティニー・イグナイテッド3200コスト4MSアビリティ武闘
適性宇宙◎地上○水中▲森林○砂漠▲
通常武器打撃必殺武器ビームパイロットイズナ・シモン
シン・アスカ
ビルドアクション最終ラウンドにGパワー+1、必殺技コスト-1BAコスト1BA最大コスト5(OA2弾まで)
8(OA3弾〜)
開発可能機体デスティニーガンダムチューンアップ5回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル効果重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)アタッカー/電刃
30回チューン(2回目)ガンナー/急襲
備考長らくSPパックカード版のみだったが、鉄華繚乱3弾で追加のストーリーモード「ビルドファイターズトライ」の「素組みのシモン」にてドロップし、開発可能となった。
モーション自体は武闘のみが新規で、それ以外は全て通常デスティニーと変わらないが、その武闘モーションは原作を忠実トレースしているので必見。
ステは基礎とチューンタイプから殆ど通常版デスティニーと変わらない配分となる。必殺だけは【G】版のように低燃費になるが、これは劇中でのシモンの戦いぶりをイメージしているのかもしれない。
アビリティは初期が武闘、追加が電刃と急襲、とステとマッチしたアビリティが揃う。何気に現行で貴重な最大BAコストがまともな急襲持ち(インジャミーティアは基礎が4なので6にしかならない)なので、急襲の高レアがあまり無い人には役立つはず。
パイロット候補としては、メインの専用パイロットとしては唯一のカードとなるSPパックのシモンを乗せても活躍しやすい(HPもカード版より大幅に上がっているのでやられにくいのもミソ)が、急襲の場合は必殺クリ確スキルが生かしにくいので、そちらを使いたい場合はシンの方を頼ろう。

トライバーニングガンダム(COMP)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 2500アタック 2200スピード 2600
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・流星螺旋拳!!5000コスト8MSアビリティ急襲
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠○
通常武器不明必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションラウンド1のみ仲間全員の必殺技コスト-1BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドバーニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/スピードスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/不沈
30回チューン(2回目)アタッカー/フルドライブ
備考コンプリートモード(ガンダムビルドファイターズトライ)の全ミッションをクリアで開発できる機体(現在は開発不可能)。
スピードが少々高めのフラット気味なステータスで、スピードチューンのためスピードに尖ることになる。
アビリティは初期が急襲。追加が不沈とフルドライブ。急襲1本で戦うのがベストか。フルドライブは撃ち切り後を考える必要がある。
専用パイロットのセカイは3種のバーストでLV3がそろっているので、組み合わせには困らないだろう。必殺コストの高さは、BAやパーツで減らすか、放置してGオーダーで発動できるようにしたい。

カミキバーニングガンダム

ビルドMSMSカードありタイプアタッカー
ステータスHP 2000アタック 2700スピード 2700
ダゲキ防御 3000ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技神樹ガンプラ流奥義・鳳凰覇王拳!!4600コスト7MSアビリティ武闘
適性宇宙○地上★水中▲森林○砂漠○
通常武器打撃必殺武器不明パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションステージが地上の時、ずっと追加ダメージ+500BAコスト2BA最大コスト6(OA2弾まで)
9(OA3弾〜)
開発可能機体ビルドバーニングガンダムチューンアップ10回以上
トライバーニングガンダムチューンアップ15回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/奮迅
30回チューン(2回目)ガンナー/闘気
備考VS5弾のチャレンジモード・「アイランドウォーズ」のハロルーレットにて、「カミキ・セカイ」の目に止めると開発可能だった。続くOA1弾のチャレンジモード・「ガンダムガチンコバトル」にて、一定確率で開発可能だった(現在は開発不可能)。
ステータスとしては、開発先の2機よりダゲキ防御が高い。アタックとスピードが高く、アタックチューンなのでアタックに尖ることに。
アビリティは初期が武闘、追加が奮迅と闘気。武闘は発動すれば威力に期待出来るが、発動にある程度のアビリティレベルが必要なので、それまでは闘気1本で使うのがベスト。

ビルドバーニングガンダム(R)

ビルドMSMSカードありタイプガンナー
ステータスHP 1800アタック 3000スピード 2700
ダゲキ防御 2400ビーム防御 2000ジツダン防御 2000
必殺技次元覇王流・聖拳突き!!4200コスト5MSアビリティ回避
適性宇宙○地上★水中×森林○砂漠▲
通常武器不明必殺武器打撃パイロットカミキ・セカイ
ビルドアクションステージが地上の時、ずっとアタック、必殺技+1000BAコスト4BA最大コスト9
開発可能機体ビルドストライクガンダムチューンアップ15回以上
トライバーニングガンダムチューンアップ20回以上
成長傾向/チューン始点クリティカル重視型/アタックスタート
アビリティスイッチ10回チューン(1回目)ディフェンダー/逆境
30回チューン(2回目)アタッカー/武闘
備考DW1弾のオペレーションモード「ガンダムビルドファイターズ」編のミッション「ライバル連合II」で登場する第三勢力を撃破してクリアした際に開発できる。
アタックとスピードが高いステータスで、アタックチューンの為アタックに尖る。
アビリティは初期が回避、追加が逆境と武闘。HPがそれほど高くないので、逆境をメインにすると使いやすい。あとの2つはアビリティレベルが6程度になるまでは使わないようにしよう。

Menu

メニュー(9/17更新・DW03)

トップページ

概要・遊び方
カードデータ説明
イグニッションカード
ヴァリアブルカード
戦場
モビルスーツアビリティ
ハイパーアビリティ
パイロットスキル
パイロットハイパーアビリティ
バースト
必殺技

ICカードでの遊び・対人戦等
階級・アバター
バトルパートナー
Gオーダー
機体レベル
パーツ
AGEシステム
ビルドMSシステム
ビルドMS一覧
ビルドMS開発リスト
マルチフレームシステム
フレームMS一覧
対戦ルール
(OA1弾で「ACEバトル」、OA3弾で「コストバトル」、DW1弾で「デルタバトル」、追加)

一人用ゲームモード紹介
ミッション系統
ミッション概要
オペレーションモード
クロニクルモード(VS弾)
チャレンジモード
クロニクル保管庫
※過去(VS弾まで)について保管
疑似対戦系統
ネットワークマッチングモード DW1弾より
ランクアップバトル
SPライバル
エンブレム

カードリスト
DW03カードリスト
DW03IGN
DW03CP
プロモーションカードリスト

バージョンアップ履歴
登場MSリスト
登場パイロットリスト
登場予定・敵MSリスト
関連商品
用語集BGM
セリフ集

3DSゲームソフト
ガンダムトライエイジSP
概要など
「SP」専用メニュー

編集にはIDが必要です