OW/オーバーウォッチの基本的な情報を中心とした個人Wikiです。以前はSPYGEAwikiの一部だったものを移転しました。

【注意】このページは2022年10月4日にサービスを終了した"Overwatch(無印)"を基に執筆されました。現行の"Overwatch 2"のものとは異なる情報が多く含まれる点にご注意ください。

OW2版のwikiはこちら。
https://seesaawiki.jp/overwatch2wiki/

ルール:ハイブリッド
通称ブリザワ。HearthStoneやStarCraft、DiabloといったBlizzard社のゲーム世界を再現した架空のテーマパーク。



【第一(ポイントA)】
ポイントを攻撃側が二方向から挟み込める形になっているためポイントに固まる防衛チームに対しては攻略が容易だが二つの高台、特にポイントに隣接した高台が強いためアッシュ、キャスディ、ソルジャーなどがそこに陣取っているとかなり攻略に苦戦することも。
々況眤Δ最初に通る門。ここでファイトが起こることは珍しいが実はかなり防衛側が有利な地形になっており、ここで固められてしまったり奥からの射線が厳しい場合は△らdpsがロームしたり全員で△ら出るのが有効。
狭い地下通路。,犯罎戮銅禊咳鷁鵑蠅砲呂覆襪攻撃側にとっては防衛側からの射線を切りやすい進行ルート。
9眤罎砲覆辰討り、防衛側が正面から歩いてくる攻撃側チームをフリーで撃ちおろすことができる。とはいえ身を隠すものがなく門右の通路から裏に回ることもできるのである程度まで攻撃側が入ってきたら防衛側はポイントの方に引くのが普通。攻撃側のヒットスキャンがポイント奥に射線を通したり防衛側がロームしたりとポイント争奪が始まってからも利用価値がある高台。
す況眤Δ使いやすい大パック。隣の階段からは狭いがポイントに射線を通せる高台に行くことができ、そこからさらに左回りでポイント裏に抜けるルートもある。
ゥ櫂ぅ鵐函ポイント付近では★の壁で両陣営が仕切られる形となり、一方の端でタンクが見合いもう一方の端からdpsがオフアングルを取ってキルを狙うという形になりやすい。
λ姫丗Δdpsやサポートが陣取ることの多い高台。ポイント付近にまんべんなく射線を通すことができるため攻撃側はここを攻略しないとポイントに入れない場合が多々ある。徒歩で裏取りをかけるのは難しく、ここから防衛側をどかす目的でウィンストンやボールが出ることも多い。

【第二】
大きく開けたエリアで高台の占める面積も広い。スナイパーの射線が通りやすいため特に前半部はペイロードを押すのに苦労しやすい。
第一と第二両区間に接している裏道。かなりの広さがあり、二階部分はに出る。大パックが置いてあり、第一の攻防で両軍が裏取りに使うことが多い。
┘魯ぅ屮螢奪疋泪奪廚猟摸磴箸覆辰討い襯撻ぅ蹇璽蛭車直後の門。第一キャプチャー後に防衛側のリグループが早かったりもう少し進行してからのファイトで防衛側が勝ったりするとこの門がチョークポイントと化す。打開のためにはГ筬からの裏取りが有効となる。
第一の高台裏から繋がっている通路。俯瞰図では見えなくなっているが◆地点から出ることができ、攻撃側が復帰や裏取りの際に使いやすい。
第二で最も高い場所となっている砲台。攻撃側のスナイパーが中盤の戦闘で使うほか┐任離侫.ぅ箸破姫丗Δdpsがこの付近を取っているとかなり強い。
第二中央に位置する広い高台。ペイロードがどの位置にあってもここを取った側がかなり有利になる。歩いて上がれるルートは4つと多く、高台自体が広いのもあってダイブよりはベタ足のタンクによる攻防になりやすい。
高台下の小部屋。小パックがあり、ペイロードがこの付近にあると両陣営の裏取りルートや退避場所として利用されるようになる
屋内になっている裏道。中央高台にアクセスするルートの一つ。防衛側からの入り口が少ないため攻撃側は積極的に利用したい。
防衛側のウィドウやサポートが陣取ることの多い高台。ペイロードルートには射線が通しづらいが裏取りされにくく、二階全体に見通しがきくのが強い。

【第三】
前半部は防衛側高台がかなり強く裏取りルートもあるため進めづらいが後半は防衛側がエリアを取りづらく攻めやすい。中央部に奈落があるためロードホッグが活躍する場面も。
両陣営が使いやすい大パック。ペイロードルートより射線が通りづらいため攻撃側がある程度奥で止まったペイロードまで向かうにはこちらを通るのも手。
伊姫劼廼い高台。歩いて向かうには▲の突端からジャンプ。
餌萋鵑旅極匹侶茲畆蠅箸覆襪海箸眤燭す眤罅B荵袷鞍召任亘姫丗Δ離蹈鵐哀譽鵐献辧璽蹇爾砲Δ辰討弔韻旅眤罎世それほど広くなく後ろに退きにくいので終盤は攻撃側が取ったままになりやすい。
暇姫丗Δ使いやすい裏取りルート。攻撃側が使えないこともないが防衛側の固まりやすい地点のすぐ横に出るため処理されやすい。この付近ではとにかく落下に注意。
該能盤で使える唯一の裏取りルート。近くに大小のパックが二つあるためソルジャーやトレーサー、ボールにとってはかなり使いやすいが落下に注意。

【総評】
エスコート/ハイブリッドマップは第二区間が防衛側にかなり有利に作られていることが多く、このマップも第二を攻略する際は高台となっている二階の敵に圧をかける必要があるが、二回に上るルートは複数あり裏取りも可能なために比較的攻めやすく、野良ではどちらかというと第一(ポイントA)で止まることのほうが多いイメージ。第二のスナイパー以外に特筆して強いヒーローや構成はなく、競技シーンではその時のトップメタ構成が出ることが多い。

Blizzard World攻撃のリーグ最速記録(4分32秒残し)。Gladiators側がペイロードに触らずに有利ポジを取ろうとし、その一方でワンピックを取られ続けた結果新幹線が開通した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます