OW/オーバーウォッチの基本的な情報を中心とした個人Wikiです。以前はSPYGEAwikiの一部だったものを移転しました。

【注意】このページは2022年10月4日にサービスを終了した"Overwatch(無印)"を基に執筆されました。現行の"Overwatch 2"のものとは異なる情報が多く含まれる点にご注意ください。

OW2版のwikiはこちら。
https://seesaawiki.jp/overwatch2wiki/

ルール:ハイブリッド
オムニッククライシスののちナイジェリアの付近のサバンナにガブリエル・アダウェによって建設された「人間とオムニックが共存する都市」。その後短い期間の内に驚くべき発展を遂げたヌンバーニは世界でも最も科学技術産業が盛んな都市の一つになったが、争いが世界に進歩をもたらすと考えているタロンの標的となっており、刑務所から脱走し自ら先代を殺害してタロン首領となったアカンデ・オグンディム(三代目ドゥームフィスト)によって街はさらなる脅威にさらされている。



【第一(ポイントA)】
非常に防衛有利な地形になっており、多くの闇を生んできた第一。二つの高台が強く、そこに攻撃側がアクセスしづらいのが防衛有利となっている要因である。攻撃側ではウィンストン、D.VA、ゲンジなど直接高台に移動できるヒーロー、防衛側は高台を有効活用できるヒットスキャンと対岸の味方にもヒールを回せるアナが人気。
△砲弔覆る細い通路。出口はチョークポイントになっており、攻撃側はいかにここを突破するか、そうでなければ他のルートから活路を見出すかという問題に直面する。
第一の中で非常に強い位置となっている高台。ポイント付近の全体を見下ろすことができ、,すぐ裏の階段、あるいは第二側からしか歩いて上ることができない。十分な広さがあり攻撃側がチョークポイントで優勢になった時に撤退できる角(★)もあるため防衛側は迷ったらここに陣取っておくのが良い。
△硫爾砲△訥模で、大パックがある。攻撃側がポイントまで安全に直行できるルートだが、出口には多くの射線が集中するため注意。まとまって近距離戦をするような構成の場合は,ら出ようとするほかにもここからポイントを踏んだりここを経由して裏から高台に向かうという手もある。
ぢ腑僖奪のある崖際の小道。△紡个靴謄フアングルを取ることができるが位置が低いためファラかエコーでなければ有効なロームになりづらい。
ゾパック。高台への2つの階段とΔ悗猟模の結節点にあり、裏道にあるとはいえソンブラのハック優先度は高い。
β莪譴廼い2つ目の高台。先端部は正面通路を見下ろす位置にあり、奥側はアナ等サポートが使いやすい。この高台の存在により攻撃側が△鮃粁するのがさらに難しくなっており、△鮗茲辰燭箸靴討發垢阿気濤況眤Δ陵利状況にならない。逆に言えば防衛側がこの高台を使わない手はなく、アッシュ等ロングレンジのdpsとアナは最初ここを取っておくのがおすすめ。
Д櫂ぅ鵐箸妨かう正面通路。両方の高台から撃ち下ろされるためポイントと同様出来れば長居したくないが、横の室内にある大パックは攻撃側が使いやすい。通路上の街頭や渡し棒は判定があり、思わぬ事故が起きてしまうことも。

【第二】
第一と打って変わって攻撃有利の区間。裏取りルートが豊富で高台も攻撃側が圧をかけやすい。防衛側にとってはプレイエリアが狭くペイロードや高台にこだわると徐々に苦しくなるため裏道を生かしてより積極的にキルを取りに行く必要が生じるだろう。
┰陳垢硫案盒間。第一のポイントとイ妨かう通路があるほか、第二区間のペイロードルートに面した2つの出口を持っているため攻撃・防衛側問わず使う頻度は多いだろう。
低い位置にある大パック。第二攻撃側が利用することが多いがフランカーなら第一攻撃や第二防衛時に覚えておくと役に立つ。
二階建ての建物。一階には小パックがあるほか二階はの高台とつながっている。裏の階段から攻撃側が上りやすいほかジャンプスキルがあるヒーローやトレーサーなら▲のバルコニーから直接二階にアクセスできる。
崖際の大パック。双方の裏取りルートとなるに近く利用頻度も高いが環境キルには注意。
小パックが置いてある小部屋。第二区間最後の曲がり角の内側にあたるため両陣営、特に攻撃側の裏取りルートとしてよく使われる。
第一の高台()と位置・形状が似ているが身を隠せるものがなく、攻撃側が歩いて上れるほか真下には射線を通せないのでΔ曚俵いわけではない。それでも防衛側のヒットスキャンやアナならぜひとも有効活用したい高台。

【第三】
ゴール付近が非常に開けていて最後でペイロードが止まりやすく、一度チームキルを取られてしまうと序盤のトンネルの直線と二階からの裏取りで攻撃側の進行が難しくなる。ただし終盤には二つの裏取りルートがあるため防衛側を押し込んでこのサイドエリアで優位に立てればゴールは時間の問題。
ペイロードルートの上に位置する部屋。とつながっている。防衛側の一部がここを取っていると◆の高台からオフアングルを取られたりから裏取りをされたりと攻撃側は苦しくなる。
に上る階段がある部屋。大パックがあるため第三区間中盤で攻撃側のサポートが陣取るのに適している。
とよく似た、曲がり角の内側にあって両陣営にとって裏取りで使える小部屋。外側(崖際)も同様に裏取りできるルートになっており、狭い場所・接近戦で強いヒーロー(リーパー、ジャンクラット、ロードホッグなど)は部屋の中、ロングレンジのヒーローは外周を使う傾向にある。
吋粥璽詆婉瓩房誉を通すことができる高台で、攻撃側がここを取ると最終盤のファイトを優位に進めやすい。

【総評】
第一は非常に防衛有利だがその後の区間は総じて攻撃有利なため第一で止まったり一方ではゴールまで新幹線したりと極端なスコアになりやすいマップ。独特の構造をしている第一はダイブタンクの腕の見せ所。多くの場所が開けていて高台も多いためヒットスキャンが強いが高さのある建物がそこかしこにあるためファラやエコーにも活躍の目がある。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます