OW/オーバーウォッチの基本的な情報を中心とした個人Wikiです。以前はSPYGEAwikiの一部だったものを移転しました。

【注意】このページは2022年10月4日にサービスを終了した"Overwatch(無印)"を基に執筆されました。現行の"Overwatch 2"のものとは異なる情報が多く含まれる点にご注意ください。

OW2版のwikiはこちら。
https://seesaawiki.jp/overwatch2wiki/

ルール:コントロール
エーゲ海に浮かぶ小さな島。ギリシャのサントリーニ島をモデルにしたと思われる白壁の家々が特徴的なマップ。海に目を向けると世界の七不思議に数えられるロードス島の巨像がOW世界では現存していることも確認できる。山頂の遺跡で出土している古代の遺物をタロンが盗もうとしているらしく、Ruinsで確認されているパリスの審判の三女神のうちの欠けている一柱アフロディーテの像がウィドウメイカーの居城であるChâteau Guillardにあり、後になって追加されたマップRialtoではRuinsのものと全く同じアテナ像が安置されていることからタロンの目論見は成功したと推測される、という記事もある。



【LIGHTHOUSE】
ポイントになっている灯台の建物が特徴的なマップ。ヒットスキャンが強い高台があるがポイント含め狭くなっている場所が多くシンメトラやリーパーも活躍できるステージ。
|羆に柱がある部屋と小パック。最初に両チームがにらみ合うことの多い位置。
▲劵奪肇好ャンが陣取ることの多い高台。リスポーン側の階段からしか徒歩で登ることができないのでここからの射線が厳しい場合はダイブタンクやゲンジで絡みに行く必要が生じることも。
6垢ぜ柴發砲△訛腑僖奪。両チームが使いうる位置にあるためソンブラのハック優先度は,離僖奪と同様に高い。
げ案皀廖璽襪砲△訛腑僖奪。ここで戦闘がおこることは少ないがボールやトレーサーなら頻繁にお世話になるパック。
ゥ櫂ぅ鵐函Fり口は5つもあるがいずれも狭く、外からの射線が通りづらいのでシンメトラが有効なタイプのポイント。屋上は高台として活用できる。
Ε櫂ぅ鵐罰絢のエリアで、崖際のため環境キルが発生しやすい。裏手には小パックがある。

【WELL】
ステージ名にもなっている井戸のせいでポイント付近では近距離戦になりづらいステージ。構造上遠距離を攻撃できるヒーローやダイブが可能なヒーローが強いほか、海側の塔がヒットスキャンに対する遮蔽物となるためファラも強い。
〃物が多く非常に入り組んだエリアで、押し込まれたチームがこのエリアでキルを取られ続けることが多い。特に建物二階部分の屋内はリーパーなどが潜伏しやすい。
∪橘鳴模から山側(俯瞰図で左側)につながる小部屋で小パックが置いてある。山側にチームが向かう場合はサポートがこの付近で立ち回ることが多い。
Lighthouseの,犯鷯錣砲茲似た室内で、ハイレベルなゲームではハルト構成はこちら側を取りに行くことが多い。射線を切るために使いやすい壁と小パックがありポイントに対して強いためハルト構成でなくてもこちら側を取りに行く意味は大いにある。
っ羆にぽっかりとあいた井戸が特徴のポイント。この井戸があるためにWellでは環境キル狙いのロードホッグやルシオの使用率がとても高い。また井戸の向こう側から撃ってくる相手に接近しづらいためラインハルトやザリア等ベタ足の近距離型ヒーローは使用率が低い。
ゾ部屋と小パック。海側(俯瞰図で右側)でチームが戦うならサポートはこの付近にいれば小パックを活用しやすい。
ΤぢΔ療祺爾離┘螢◆3阿らの射線が通りづらいがこちらからポイント周りにアクセスするのも難しい。高台として使える屋上を取られてしまうと中にこもっているチームは出られなくなってしまうというのもあり、トレーサーやホッグなどの裏取りルートぐらいにしか使われない。

【RUINS】
石柱や石像が乱立しているものの基本的にかなり開けており、高台の存在もあってウィドウ・アッシュが強いステージ。大パックがそこかしこにあるためボールやトレーサー、ソンブラ等も活躍できる。
‖腑僖奪を覆うような形の石柱廊。ポイントに抜ける出口は狭くなっており敵チームからの射線が集中するため取り返しには山側(俯瞰図右側)の通路を使うのも手。また屋根上は高台として使え、ウィドウメイカーがここから狙撃したりウィンストンやボールが下を通る敵チームを待ち構えたりすることが多い。
内部に大パックがある建物。屋上は★の崩れた壁から登ることができるが、意外にポイント周辺に射線が通らないためスナイパーの居場所としてはあまり使われない。
ポイント付近の大半のエリアを視界に入れられる高台で、ウィドウやアッシュがよくいる。徒歩で登ることはできないのでダイブタンクやゲンジ、ルシオ等でないとここにいる敵をどかしづらい。
ぅ櫂ぅ鵐範討離海了型の通路の上に橋が渡されている。ポイントに対して強くdpsがロームするにはもってこいの場所。
ゥ櫂ぅ鵐函障害物がない上に低くなっており周囲から見下ろされるためポイントを踏まなければならない状況以外はなるべくここで戦いたくない。
Ε櫂ぅ鵐伐のエリア。十分な広さがあり柱や像といった障害物もあるため初動を含めここで戦闘が起こりやすい。崖際の大パックは使用頻度が非常に高いためソンブラなら絶対にハックしておきたい。

【総評】
ステージごとに全く違った特徴があるマップだが強いて言えば塔や柱のような高い障害物が全体的に多いために野良マッチではファラが出ることが多い。コントロールマップの常だが競技シーンではウィンストンやボール系の構成が出やすく、ある程度の高低差と狭さがあるLighthouseとWellはウィンストン、開けていて高低差の少ないRuinsはボールが比較的人気。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます