OW/オーバーウォッチの基本的な情報を中心とした個人Wikiです。以前はSPYGEAwikiの一部だったものを移転しました。

【注意】このページは2022年10月4日にサービスを終了した"Overwatch(無印)"を基に執筆されました。現行の"Overwatch 2"のものとは異なる情報が多く含まれる点にご注意ください。

OW2版のwikiはこちら。
https://seesaawiki.jp/overwatch2wiki/

ルール:ハイブリッド
ドイツ語で「オークの森」を意味する、森に囲まれた古城とその城下町。オムニッククライシスの際にドイツ軍とオムニック軍の激戦が行われた地であり、クルセイダーズの中尉であった若きラインハルトの過ちから彼とその上官バルデリッヒは悲劇的な運命をたどった。



【第一(ポイントA)】
中央の搭で射線が大きく遮られるエリア。防衛側はポイントに固まってしまうと塔の両サイドから攻撃を受けるため、エリア取りを意識して戦うことが求められる。また限界高度が高くほとんどの建物の上をヒーローが通過できるため、ファラやドゥームフィストだけでなく敵チームがまるごと上から降ってくることも
々めのチョークポイント。防衛側がここに陣取って固めるには向いていないが、攻撃が集中する地点に変わりはないため攻撃側はなるべくはやく角・壁として使える中央の塔まで移動したい。
⊂パックのある小部屋。,魏麋鬚靴匿聞圓垢襪海箸できるルートで、ここが存在しなかった初期アイヘンは,凶悪なチョークポイントとなっていた。
,両紊龍兇暴个覲段が設けられている部屋。攻撃側が左に流れる際に使うほか防衛側が橋上からのワンピック狙いで潜むことも多い。
ぢ莪譴搬萋鵑魴劼斡垢つ模。小パックがあるため防衛側のサポートが身を隠しやすいがT字路になっており裏取りされやすいため敵が防衛側から見て左側を取ったらイ諒向に移動するのが賢い。また★から上れる屋上部分は攻撃側のソルジャーなどが裏取りで使いやすい
ゥ櫂ぅ鵐函ほかのマップのものと比べても大きなペイロードが鎮座しており周囲には遮蔽物となる建物も多いが位置としては塔の両側から囲まれる形となっており弱い。
Τ蛎Δ砲△詁鹹未蠅両道。一方は崖際、もう一方は室内を通る。ここから攻撃側の裏取りが可能なためにポイント奥にいる防衛側も気が抜けない。
二階建てになっている建物。い汎韻犬小パックがあるため防衛サポートが陣取りやすい。ポイントを見渡せる二階テラスには階段から上がれるほか第二側にある▲の通路ともつながっている。

【第二】
攻略しにくい要塞上からの射線が厳しく、後半の大橋上も難所になっているため非常に防衛有利な区間。入り組んでいる要塞の中での戦闘はデスマッチ状態になりやすく、野良では息の合わせ方が難しい。
┘撻ぅ蹇璽匹最初に通る門。特にペイロードが通過中はかなり狭く、防衛側はここでファイトするという選択肢を持てる。
第二区間攻略の鍵となる要塞。ペイロードルートに対して射線を通しやすい広い屋上、二つの階段の途中にある一階、ペイロードルート下を通って▲につながる地下通路の三層構造。要塞の中を登る階段は屋上への出口がかなり厳しいチョークポイントになっているため屋上に徒歩で攻撃する際は左回りで橋上から行くか第三側の裏手から上る方が良いことも多い。
川の上にかかった大きな橋。ペイロードが止まりやすく、射線を切りづらく、落下の危険性もある難所。ここを攻略するにはやはり要塞を取って右手から防衛側に圧をかけるのが効果的。
城門に付設された台。第二区間最終盤で攻撃側のdpsやバティストがここを取っていると非常に強い。一見スキルがないと登れなさそうだが◆の崩れた壁を伝って登ることができる。
城門の上の方に空いた窓。城門前の戦闘において防衛側のウィンストンやシンメトラがここから最速復帰できるほか、攻撃側がここを使って奇襲を仕掛ける例もあった(動画のZunbaはLunatic-HaiとSeoul Dynastyで活躍したオフタンクプレイヤーで、Valorantに移行してからもアストラで敵を吸い込み続けている)。

【第三】
防衛側が射線を通しづらく、第二とは打って変わって攻撃側有利な区間。ただペイロード付近は狭い空間に攻撃側が密集しがちなため防衛側のジャンクラットなどが刺さりやすい。また天井から吊るされているシャンデリアには乗ることができ、状況によっては誰も触ることができない最強の高台となる。
大パックがある小部屋。第二最終盤で防衛側のサポートが使うことが多い。
ペイロードルート横に広がったやや高くなったエリア。ここを攻撃側が取ると奥まで射線を通すことができ、そのため第三区間では中盤で防衛側がペイロードを止めるのが難しくなっている。
主に攻撃側が使う裏取りルート。阿某惻茲訶┐鯏櫃靴燭蟶能曲がり角に溜まっている敵集団に対してオフアングルを取ることができる。
伊姫丗dpsが使いやすい高台。ここを攻撃側にとられると防衛側はかなり厳しくなるため、この裏の通路での少人数のファイトが第三攻防の趨勢を決めることもしばしば。

【総評】
第二が非常に攻略しづらいために野良では闇が生まれやすいマップ。第一も中央の高い塔のせいでファラやエコーといった滞空系dpsが強いため全体的に防衛有利といえる。ただ防衛側に高所を生かせるdpsがいない場合はルート上のチョークポイントが少ないため一転してかなり攻めやすいマップになる。

このページへのコメント

微妙な遮蔽物が多く、その為慣性ジャンプ出来る箇所が非常に多め。

0
Posted by 名無し(ID:T6+Lnx70MA) 2021年07月31日(土) 01:49:36 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます