札幌・小樽・苫小牧のゲームセンター情報のリストです。現存するもの、残念ながら閉店してしまったもの両方について、現在知り得る可能な範囲で情報をまとめています。小樽文学館にて開催された『小樽・札幌ゲーセン物語』展と連動していました。

住所:小樽市花園1-1-10 東宝スカラ座内
ナムコ直営

大学時代に一番よく通ってた。よくやったのはストライダー飛竜とかファイティングファンタジーとかかな…。
元々はボウリング場だったんだよね。すごくただっ広くて音がよく響いてた。
午前中に行くとスウィートランドのジャジーなBGMが人気のない店舗に響き渡り独自の雰囲気だった。
後、ファイナルラップ。フル台数の通信対戦環境があって、部活の飲み会で花園で一杯ひっかけた状態でここで皆で対戦プレイした。すごく盛り上がったな。
(ひだるまくん)


高校生の時にちょっと学校からは遠かったですが遠征と称してよく通ってました。
入り口付近にはUFOキャッチャーと大型筐体。よく覚えているのはパワードリフト、アフターバーナー供パワードリフトは人気で順番待ちも当時はありました。
2階の映画館が無くなった後、映画館への入り口があったあたりに、マーブルマッドネスが置いてあった事があったように思います。
その先に新作コーナーがあり、右手にあるカウンターの横には大型ディスプレイの筐体もありました。
大型のに入っていたのは当時はニューマンアスレチックだったのは覚えてます。
真ん中あたりに新作島があって、通っていた当時はグラ掘▲錺訶繊¬ね菁者、フェリオス、オーダイン、ドラゴンセイバーあたりはこの島でやってました。
その辺りから奥は床に段差があって、高校初期の頃はテーブル筐体がずらっと並んでいた記憶があります。
少し古めのゲームなんかが置いてあって、ファンタジーゾーン、グラディウス供■辧檻圍截丕邸△△箸魯淵爛海両し古めのゲームが主にありました。

一時期はその境目の辺りに大きめの筐体が置かれ、少し前の名作が入ってました。
そこで、二年落ちくらいの天地を喰らうを1コインクリアしたときに、何故かギャラリーが出来たのを覚えてます。

テーブル筐体は徐々にアストロシティのような筐体に入れ替わっていき、新作で不人気もといマニアックなナムコのゲームが割と多めに置いてありました(爆突機銃挺、ファイネストアワー、フェイスオフ、ピストル大名など)
格ゲーブームで、手前の方の大型筐体は対戦台と入れ替わり、奥の方にはファイナルラップ兇8台。
その設置と前後してシアター6もありました。
ギャラクシアン3は機会があるごとにみんなでやって、最終的には友人との2人プレイでクリアできるようになったんで、クリアできない連中にエンディングを見せてやってたりもしてました。

高校卒業後はあまり行く機会もなく、奥の方がダーツスペースになったりしてゲームの数も激減。
気がついたら無くなっていた、という感じです。

映画を見るのに幼少期から年に1,2度とはいえ行っていたので、無くなったのを知ったときは思い出の場所を失ったと寂しく思ったものです。
(muska)


80年代によく通っていました。
ナムコ直営店だったので、当時のナムコゲームの下敷きをよく買ってましたね。
確か『キャロット通信』という名前の来店者用メッセージ交換ノートがあって、そこに思い思いのメッセージやイラスト、ゲームと関係ないアイス自販機の品が売り切れてたとか等の話題が書き込まれてました。

とても沢山のゲームを楽しみましたが、思い出深いのは初代ファイナルラップの大会で公式キャップ被って実況させてもらったことですかね。
また、30年以上経った今にも繋がる人達との縁をもらえた場所でもあり、とても大切な場所でした。
(Takchan)


84年〜87年頃にかけて行っていました。
namcoとコナミ系をプレイするときはここに来ていました。入り口を入って左側にパンチングマシーンがあり中央右側にカウンターで真ん中より奥にずらっとゲーム機が並んでいました。手前があたらしいものでした。ベーマガのハイスコア掲載店で、単独の全一を出す人などハイレベルでした。当初は単独の名前が並んでいましたが、全国をみるとEXCHANGERなど同じ名前が並んでいる店舗が目立ち始めPC小樽でも4人のハイスコアラーがHYPERを結成し、北海道のHYPER、東京のACU.EXCHANGER.VERTEX、京都のT.M BROS、九州のGMCなどがベーマガで目立つようになってきました。その後琴似店のハイスコアラーを含む約5名と私が加わり10名のteamとなり全盛期は、全国数名を含めると1か月で掲載10個中9個の全一を記録するまでになりましたが初期メンバーと私が同じ歳のため87年の高校卒業とともに引退していきました。私は本州に就職後、関東のハイスコアラーと交流がありPC小樽とHXPERの存在は知っている人が多かったです。楽しんでいたゲームはギャプラス、リフルラブルやグラディウス、サラマンダー、グロブダーなどです。冬は肉まんも売っていて、メンバーがおニャン子クラブのファンが多かった事から17時〜18時はゲームをやめて中央のテレビで夕焼けにゃんにゃんを見ながら肉まんを食べていた思い出があります。
(OAM HYPER-CNA)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

札幌

中央区

どなたでも編集できます