札幌・小樽・苫小牧のゲームセンター情報のリストです。現存するもの、残念ながら閉店してしまったもの両方について、現在知り得る可能な範囲で情報をまとめています。小樽文学館にて開催された『小樽・札幌ゲーセン物語』展と連動していました。

住所:札幌市西区西野1条3丁目2番地
ナムコ直営


現在は国道沿いに移転した西友に併設されていたゲームセンターです。
ナムコ直営でガントレットが遊べたのを強く印象に残っています。

ガラス張りで明るい雰囲気で外からも中の様子がよく見えるのですが、それが災いして当時近所の小中学生はゲームセンターが禁止されていたので補導されやすいという難点がありました。
(まりんジェット吉)


店長が琴似キャロットと兼任していて
こっちで会うとなんとなく気まずかった記憶が
(ruri)


西友の横にありました。今の生鮮市場あたり。
明るい店でメダルゲームの設定がやや甘く、結構楽しかったです。当時はゲームの比率が少なく他店に比べ物足りなく感じましたが、今のnamcoのロケーション見ると、時代先取りだったのかもと思います。

この店でスーパーハングオンで筐体ごとひっくり返ってしまいそうになった事があり、教習所に中型免許取りに行った時に、スロットルの持ち方がどうしてもハングオン風になってしまい教官に毎日怒られたのと並んで自分の中の黒歴史です。
(APO)


札幌市西区西野1条3丁目2番地・2023年9月現在の西宏ビルの1F部分がナムコランドでした。入口は北東側を向いていました。
すぐ横にあった西友西野店(当時)を利用する家族連れや小さな子供・小学生などライトな層をターゲットにしていた店だったと思いますが、ハイスコアプレイヤーも数多く来店していました。
窓が大きく店内も明るい装飾だったのでとても入りやすい雰囲気でした。
80年代後半、入り口側はエレメカや大型筐体、中央にはテーブル筐体、奥側にはアップライト系のゲームがあったと思います。
プレイしたゲームを挙げればキリがないのですが、、
ポールポジションII、ギャプラス、スカイキッド、アサルトプラス、RF2、ハイパークラッシュ、メタルホーク、フェイスオフ(2P対戦をよくやりました)、グラディウス、飛翔鮫、テラクレスタ、ザインドスリーナ、雷牙、パズニック、アフターバーナーII、麻雀系ゲーム多数
スーパーパンチアウトも設置されていたと思います。
グッズ販売にも力を入れていて自分はここで様々なグッズを買いました。
お店柄、店員さんはフレンドリーで親切な接客をされていたと思います。
(Mikasen(みかげ))

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

メニュー

札幌

中央区

どなたでも編集できます