創造論とインテリジェントデザインをめぐる米国を中心とする論争・情勢など

関連ネタ

関連ネタ

コンコーディズム

地質学・地球物理学によって明らかにされていく地球の歴史と、聖書創世記の記述はまったく一致するところがない。それを解釈という形で一致させようという動きが地学の発展とともに始まった。
コンコーディズム(調和主義): 神の言葉である聖書と神の作品である自然は一致するはずだという仮定。すなわち、それらは同じ物語を違った言葉で語ったもの。これを概観する。
1960年頃までには力尽きた、聖書の記述と科学を一致させる聖書解釈たるコンコーディズム。その後は、本気と言うより遊びのようなものが散見される。その中から、コンコーディズムの歴史をまとめたYoung本人の作品と、アクロバチックな解釈を行ったStokesをご紹介する。

定向進化
左翼の反進化論

神の意図と進化のランダム性がバッティングする宗教右翼だけが反進化論支持はではない。歴史の必然を掲げる左翼にも、創造論者と同じようなことを言う者たちがいる。


スピリチュアル反進化論

スピリチュアリズムの変種群の多くは、進化論を受け入れつつ、人間の精神などは進化論では説明できないという立場をとっている。その点では創造論などの反進化論と違わない。

地球平板説など
福音主義キリスト教


そして、福音主義キリスト教徒たちは、それより過去を忘れた(あるいは歴史を改変した)
忘れ去られたことの一つが...
ドミニオニズムは、米国政府を神権統治に作りかえようとする政治及び宗教哲学である。ドミニオニストたちは、「国内法は、(十戒のような倫理法とは区別されるものとして)旧約聖書によって定められ」、死刑の適用の大幅拡大を伴う「神権政治のラインに沿って改革された米国司法制度によって適用されるべき」だと考えている。 ただし、このドミニオニズムはマイノリティであり、創造論者の多くは、この流れにはいない。

政府による福祉に反対し、銃で武装し、温暖化を否定して化石燃料使用制限に反対する根拠はイエスと聖書にあるという...
「進化論は正しい」と知った者は福音主義キリスト教会を歩み去るのか。それとも、福音主義キリスト教会が排除してしまうのか。

末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン)と進化

末日聖徒イエス・キリスト教会は「進化論」について、肯定でも否定でもなく、何らの立場を持たないという。なので、人により、立場はいろいろで、進化を容認から反進化論まで。
したがって、末日聖徒イエス・キリスト教会のフラッグシップ大学であるBrigham Young Universityがまとめた文献パッケージにある末日聖徒イエス・キリスト教会の公式的見解集は、なんともいえないものに。
そして、Brigham Young Universityの学生たちも、かつては創造論よりだったのが、いまだは進化論容認に傾いている。
そこそこ科学と折り合いをつけているようにも見えるが、神の御座The Celestialと、最も近い星コロブ、次に近いオリブリシュが周回する星系が存在するという、いかにもな教義がある。
シュタイナーと創造論
エホバの証人(ものみの塔)

Gap creationismとDay-age creationismの組み合わせのような古い地球の創造論の立場をとっている。反進化論な主張は、特にオリジナリティはなく、創造論者たちの主張と違いはない。


ポップカルチャーの中のインテリジェントデザイン

インテリジェントデザインがニュース報道にも登場していた頃、ポップカルチャーに「インテリジェントデザイン」が使われた。
  • Jennifer Marcus(by Jennifer Shin)とRobot=Jenny Chow (by Mia Park)の舞台劇"The Intelligent Design of Jenny Chow" (2007)




コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます