汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第3版マジック完訳版125P

 精霊とは、四大元素(地霊、風霊、火霊、水霊)が姿をとって現われたものです。それぞれの精霊は、異なる「性格」を持っており、行動パターンも異なっています。いずれの精霊も「体力に応じた体格の人間」程度の大きさをしています。知力が7以上あればどんな種類の言語も理解できますが、召喚者にしか喋ろうとはしません(通訳として使うこともできません)。
 精霊に関しては、3つの特殊な呪文――召喚、支配、作成――があるので、各呪文を参照してください。どんな精霊も呪文によって構成元素を破壊する(例:火霊に《消化》をかける)か、変化させる(例:地霊に《土を空気》をかける)ことによって完全に破壊することができます。そうした呪文は精霊がいるヘクスを目標にかけてください。こうした呪文に対しては、精霊は体力の2倍を基準に抵抗を試みます。
 精霊は感情を持っていますが、痛みは感じません。朦朧状態になることもありません。形態は様々ですが、全身が一種類の構成元素でできている点は共通しています。精霊に対する攻撃では「切り」「刺し」のダメージボーナスは計算しませんし、「脳」「目」「重要器官」なども存在しません。地霊だけは四肢に対するダメージでその四肢が使えなくなったりしますが、その他の精霊は、命中部位には何の意味もありません。
 基本的に、精霊はその構成元素が大量に存在する場所にしかいません。時には強力な魔術師が従者として使っている精霊に会うこともあるでしょう。

第4版魔法大全

 魔法大全には以下の下級精霊の種族テンプレート例が4種記載されています。
  1. 地霊?(小)
  2. 水霊?(小)
  3. 火霊?(小)
  4. 風霊?(小)
精霊に関する呪文
 精霊系呪文参照。

共通性質としての「精霊」(Elemental Meta-Traits) 第4版B253P

ここでの「精霊」とは霊的存在というより、特定の「元素」(エレメント)を象徴する肉体構成素材を指しているようだ。よって日本語なら「精霊」ではなく「元素体」とかにするべきだったのかもしれない。
 あなたの肉体はある特定の素材で構成されています。これは共通性質として扱われます。1つの素材(精霊)ごとに別の共通性質です。
 この共通性質の主な用途は「精霊」のキャラクターを作ることです。精霊形態をとることができる生物の場合――特殊能力としてはありがちです――その共通性質を種族テンプレートと同じように扱って「変身」をとってください。
以下の「共通性質」はいずれも肉体的特徴特殊的特徴です。
 

関連

物質化した精霊やゴーレム等の体重を求める際の参考比重

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます