汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第4版B95P参照。

スロット

 上記の能力は"スロット"で表現します。1つのスロットには同時に1つの技能か精神的特徴しか保持することができません。スロットにはそれぞれ、そのスロットの基本CPとそこに蓄える1CPあたりの必要CPが存在します。どちらの必要CPも「モジュール式能力」の種類に依存します。
 CPを再配置する時間が増えたことを表現するためには「用意必須」(旧名:「準備が必要」)を使ってください。使用したらすぐ忘れることを表現するためには「回数制限」を使ってください。

電脳(Computer_Brain):
 典型的には1CPあたり100$。1スロットあたり6CP、+1CPあたり4CP
 あなたの能力は実際にはコンピュータのプログラムです。GMはその能力を与えるプログラムが存在するかを決定します。「遠隔通信」があれば、あなたはネットワークからプログラムをダウンロードできます。これにどの程度の時間がかかるかは、背景世界におけるデータ転送速度に左右されます。1CPあたり1秒というのが妥当でしょう。世界によってそうしたプログラムに代価を払わなければならないこともあります。

チップスロット(Chip_Slots):
 有効な1CPあたり100〜1000$かかる。1スロットあたり5CP、+1CPあたり3CP
 「電脳」と同じですが、プログラムはソケットに挿しこまなければならない物理的なチップで提供されます――通常頭骨の中に挿し込みます。チップの抜き差しには3秒かかります。チップの重量は普通無視できます。

超記憶(Super-Memorization):
 1スロットあたり5CP、+1CPあたり3CP
 あなたは高速で学習することにより新しい能力を獲得します。これには1CPあたり1秒かかります。あなたは記憶した能力を即座に"忘れる"ことができます。適切な参考資料(本、フィルム、テープなど)を持っている時だけ能力を記憶できます。GMがそのような資料の費用を決定します。

宇宙パワー(Cosmic_Power):
 +1CPあたり10CP
 あなたは単純に新しい能力を望むだけでそれを手に入れます。1つの能力につき1秒かかります。他の「モジュール式能力」と異なり、あなたはスロットを1つしか持つことができません。しかしCPが許す限り何種類の能力に割り振ってもかまいません。
なお、この種別名と、増強の「宇宙パワー」(Cosmic)とは、名前が偶然同じだけで全く関係がない。悪訳の弊害。


例:

 機械騎士は2つのチップスロット(5CP/スロット)を買うことができます。これには10CPかかります。1つのスロットには2CPの能力を保持できます。これに6CPかかります。もう片方は5CP保持できます。これには15CPかかります。合計の必要CPは31CPです。機械騎士のキャラクターシートには「チップスロット2(2,5)」と書きこみます。ただ機械騎士はこのチップを買うか借りるか盗むかしなければなりません。しかし機械騎士はそのスロットに込める性質に対してCPを支払う必要はありません(それは「モジュール式能力」としてもう支払われているのですから)。

特別増強

肉体的(Physical):+50%/+100%
 あなたの能力は技能と精神的特徴に限りません。肉体的特徴だけであれば+50%、任意の精神的・肉体的能力を獲得できるのであれば+100%。

特別限定

呪文のみ(Spell_Only):-20%
 あなたの能力は呪文にしか働きません。普通は呪文書から"記憶する"ことで働きます。これは「肉体的」と同時に選択することはできません。

仮想現実(Virtual):-50%
 あなたの能力は仮想現実やアストラル空間、その他限定された領域でのみ働きます。


Powersでの追加解釈

モジュール式能力」 P62P
 多くの架空のキャラクターはほとんど何でもできます……しかしすべて一度にではありません。これが「モジュール式能力」が再現する存在です。各タイプのスロットは特定のクラスのヒーローに適しています。

原書表記?

スロット

チップスロット(Chip Slots):
 取り外し可能なハードウェアを備えたサイボーグに使用します。これは通常“スキルチップ”を意味しますが、肉体的な拡張により、標準化された機器モジュール用のソケット(“ガジェットスロット”)がオプションになります。これらのソケットが特定のタイプの機器しか受け入れることができない場合は、「制限付き」を加えます。

原書表記?

電脳(Computer Brain):
 これは、プラグインする代わりにプログラムをダウンロードする、埋め込まれたコンピューターを備えたAIとサイボーグ向けです。肉体的な拡張はほとんど意味がありませんが、仮想の制限は一般的であり、オンラインまたは“サイバースペース”で自分の能力しか使用できない人にのみ許可されます。

原書表記?

宇宙パワー(Cosmic Power):
神と超常能力者に最適です! 物理的な強化は一般的です。「制限付き」を使用して、神を“影響力のある領域”に制限するか、スーパーをエレメントに制限します。それらが既存の物質またはエネルギーを形成し、それなしでは無力である場合は、代わりに「環境媒体」を追加します。

原書表記?

超記憶(Super-Memorization):
 これはウィザードやマンガ的天才に適しています。
肉体的有利な特徴は“記憶”されていないため、肉体的なものはめったに適切ではありません。 「制限付き」は頻繁に呪文の使用、言語、または特定の技能クラスに制限します。
GMは他の形を発明するかもしれません。
スロットごとのコストを設定して、利用可能な性質の範囲を反映させます。
  • 短いリストの場合は4cpです。
  • 長いカタログの場合は5cpです。
  • ほとんどすべての場合は6cpです。
  • すべての場合は7cpです。
スロットのCPあたりのコストは、
  • CPの再配置にコストがかかり、時間がかかり、外部干渉の影響を受ける場合は2cpにする必要があります。
  • それらの2つだけの場合は3cp。
  • そのうちの1つだけの場合は4cp。
  • どれもない場合は5cp。

原書表記?

例えば:
「神の天啓」(Divine Inspiration):あなたの能力は、あなとの小さな願いにより高次の力(Higher Power)から与えられたものです。ほぼ全種類の能力をいつでも要求できます(「肉体的」または「社会的」を追加して、オプションを増やします)。
しかし、あなたの神格――GMによって演じられる――は時折あなたへの援助を覆します。
CPの再割り当てには、1CPごとに少なくとも1秒間の祈りが必要です。
スロットあたりのコスト:基本6cp+能力1cpあたり4cp。

原書表記?

■代替案(Alternatives)

 特定のエレメントを正確に操作して、他の有利な特徴をエミュレートしないさまざまな効果を生成できるヒーローは、「制御」または「作成」を用います。
何かになることができる人は「変形」を持っています。そして、能力を獲得することなく単に物事を行う人々は、「万能の天才」(p。89)を持っています。
モジュール式能力」は非常に柔軟性があるため、限定を施してもコストが高いでしょう。関連する相互に排他的な能力の数が少ない人は、より手頃なオプションについて「代替能力」(lternative Abilities p.11)を参照してください。

原書表記?

追加特別増強(New Special Enhancement)

「社会的」(Social):+0%/+50%
 社会的有利な特徴を追加できます。GMはこれを行う方法を考え出します。
何らかの方法で記録を変更した場合、GMは使用可能な性質を「身元」、「聖職者」、「副収入」、「法の番人」、一般の法で裁かれない、「階級」、「機密取扱許可」、「終身在職権」、「無登録」に制限する場合があります。
精神的有利な特徴はなく、社会的有利な特徴のみの場合は +0%です。精神的または社会的能力の場合は +50%です。他の能力を追加するには、「社会的」[+50%]と「肉体的」[+100%]を組み合わせます。他の組み合わせは禁止されています。

原書表記?

追加特別限定(New Special Limitations)

 「モジュール式能力」の多くの架空のユーザーは、能力を再編成するために最高の集中力と努力を必要とします。「FP消費」、「(能力値)判定が必要」、および「準備時間増加」を使用してこれを表現します。
モジュール式能力」スロットは、限定のある有利な特徴で埋めても問題ありません。これらの限定は、「モジュール式能力」の制限と重複する可能性があります。
たとえば、「モジュール式能力」に「FP消費」がある場合、「FP消費」で特殊攻撃を追加できます――これはCPの再配置のFPコストは、攻撃のFPコストと同じ限定ではないからです。ただし、「モジュール式能力」に「環境媒体」がある場合、付与された有利な特徴がこの限定を主張することはできません。

モジュール式能力」では、特別限定が特に重要です。

原書表記?

「制限付き」(Limited):さまざま
 性質の特定のサブセットのみを取得できます。このような制限のほとんどは、2つの大きなカテゴリのいずれかに分類されます。
モジュール式能力」はフォーカス的制限がなされている可能性があります。つまり、特定のフォーカスを形成または制御することによって論理的に再現できる性質のみを追加できます。
たとえば、「制限付き/炎」は、焼き攻撃、物理的な発射物を(それらを蒸発させることで)防ぐDR、「気温制御」などを許可しますが、「」や「指向性聴覚」は許可しません。
フォーカス(focus)とは「焦点」という意味だが、能力解説においては「その性質群の属性概念の象徴」を指す用語のようだ。例えば「炎」「剣」「夢」「道」など。
限定値は制限の程度に依存します:

原書表記?


●-5%:
 特殊な効果につながる非常に用途の広いフォーカス。例:緑の力場、またはモーション。

原書表記?


●-10%
 あらゆる種類の物質またはエネルギー。例:電気、火、光、音、水。

原書表記?


●-15%
 より専門的なもの。例:クモの巣。

原書表記?


最もフォーカス的制限の「モジュール式能力」は、「肉体的」[+50%](「肉体的有利な特徴のみ」)を持ちます。
GMは例外を作ることができますが、これらはまれであるはずです――物質やエネルギーのいくつかの形態は、精神的有利な特徴技能に形づくることができます。
環境媒体」を持つユーザーは、同じ条件で「制限付き」を要求できません。これは「環境媒体」の価値に組み込まれています。たとえば、「緑の指」の「宇宙パワー」の能力では、植生を制御することしかできません――「環境媒体」の限定値は-40%です――彼は「制限付き」に-15%も主張できません。
彼が植物を操作するという事実は、「彼のその有利な特徴は植物制御を再現するもの」だと自動的に制限します。

モジュール式能力」は性質を制限することもできます。つまり、フォーカスではなく、機能によって関連する性質の特定のサブセットのみを追加できます。

原書表記?


●-10%:
 「有利な特徴のみ」または「技能のみ」(テクニックを含む)

原書表記?


●-20%:
 幅広いクラスの有利な特徴(例:「攻撃のみ」(Attacks Only)または「肉体部位のみ」(Body Parts Only))または技能(例:「呪文のみ」(Spells Only)または「文明レベル技能のみ」(Technological Skills Only))、または既存の能力にCPを追加することのみ。

原書表記?


●-30%:
 中規模クラスの関連能力(例:「戦闘技能のみ」(Combat Skills Only)または「社会的技能のみ」(Social Skills Only))、幅広いクラスのサブセット(例:「感覚のみ」(Senses Only)または「炎の呪文のみ」(Spells Only))、または柔軟で強力な有利な特徴のすべての形式(例:「 特殊効果のみ」(Afflictions Only)または「特殊攻撃 のみ」(Innate Attacks Only))。

原書表記?


●-40%:
 中規模クラスのサブセット(たとえば、「素手戦闘テクニックのみ」(Combat Techniques Only)または「視覚系の有利な特徴のみ」(Vision Advantages Only))、または修正で簡単にカスタマイズできる柔軟で強力な有利な特徴の特定の形式(たとえば、ほとんどの病気を再現できる「攻撃のみ」(Toxic Attacks Only))。

原書表記?


●-50%:
 特殊化は許可するが変更は許可しない特定の性質の1つ(例えば、「言語のみ」(Languages Only)。暗号を解読したり、エンコードされたデータを読み取ったり、単純に単語を学習するだけで概念を把握したりできない)、または制限された修正の対象となる柔軟な有利な特徴の1つ(たとえば、「意志力基準呪いL1の特殊効果のみ」(Only Afflictions with Based on Will and Malediction 1)または、「しもべ召喚可能仲間のみ」(Only Allies with Minion and Summonable))。

原書表記?


「精神的のみ」(Mental Only)、「肉体的のみ」(Physical Only)、「社会的のみ」(Social Only)は許可されていません。
モジュール式能力」は、「肉体的」または「社会的」でない精神的性質に常に制限されます。
肉体的」は、肉体的有利な特徴に制限されている場合は+50%。「社会的」は、「社会的有利な特徴」に制限される場合は+0%を使用します。
ただし、「肉体的」と「社会的」の有無は、「制限付き」の許容される形式に影響を与えます。

原書表記?


たとえば、「肉体的」を持つ人は自分を精神的性質のサブクラスに制限することはできませんが、「肉体的」がない人は自分を肉体的性質のグループに制限することはできません。
フォーカスの制限と性質の制限は相互に排他的ではありません。

原書表記?


たとえば、スーパー発明家はしばしば2つを組み合わせます。
それらは超科学ガジェット[-5%]のフォーカス的制限です。彼らが操作するフォーカスは、“利用可能なスペアパーツ”です。
また、性質の制限もあります。「「発明品の限定」を施した有利な特徴のみ」(Advantages With Gadget Limitations Only)[-20%]です。これには「肉体的」[+50%]が必要であり、ワークショップでの時間を反映するために高レベルの「用意必須」がしばしば付属します。

原書表記?

パワーアップ(Powering Up)

 「モジュール式能力」はあらゆる能力の有能なユーザーに適しています。必要に応じて「制限付き」(または「環境媒体」)と「肉体的」を追加して、通常そのパワーに許可されている能力のタイプに制限します。
モジュール式能力」自体に「パワー修正」を適用しますが、再配置された性質には適用しません(両方を行うことは二重のカウントです)。
対応する「才能」は、「モジュール式能力」によって付与された有利な特徴のいずれかを使用するためのすべての判定に加算されます。

原書表記?


コラム:冒険中の「モジュール式能力」(Modular Abilities in Play )P62P

 冒険中に「モジュール式能力」を再構成すると、ゲーム進行速度が低下する可能性があります。これを防ぐために、GMは、ゲーム開始前に、検査を行い、お気に入りの能力をリストアップするようプレイヤーに奨励する必要があります。さらにスピードアップするために、GMは、一部のタスクに「モジュール式能力」の最小数のCPが必要であると判断し、ユーザーが精神的、肉体的、社会的能力を追加できるが、その最小CPを下回らないように規定する場合があります。しかし、特定の性質に名前を付けるのはやめましょう。
例:“このタスクには40cpの肉体的能力が必要です”。「モジュール式能力」に挑戦する人はだれでもそのようなタスクを実行できます――ただし、これには成功判定が必要な場合があります。

原書表記?

このページへのコメント

制限が記載されている場合、それを守るべきです。大抵は故あってその制限は施されているのですから。

制限を取り除きたければ増強の「宇宙パワー」を加えればいいでしょう。

0
Posted by ヴぇry 2019年08月06日(火) 12:29:52 返信

最新コメントから消えたので上げ

0
Posted by 横から 2019年08月06日(火) 08:05:05 返信

あと、「電脳」「チップスロット」「超記憶」ですが
「瞬間」の増強強化してもよろしいでしょうか?

0
Posted by 横から 2019年07月28日(日) 08:48:15 返信数(1) 返信

第4版の特徴なら「瞬間」ではなく、「準備時間減少」の増強を当てはめるべきでしょう。

「準備時間減少」は1レベルにつき+20%で、レベルごとに準備時間が半分(秒単位で端数切り上げ)です。1秒未満になれば瞬間で使用できるようになります。

0
Posted by ヴぇry 2019年08月06日(火) 12:25:13

これの「宇宙パワー」なのですが
つまり

「絶対に一人のキャラはこの特徴は「1つしか取れない」」
という理解でよろしいのでしょうか?

複数同時にとって複数技能を同時展開は不可と言う理解でよろしいのでしょうか?

0
Posted by 横から 2019年07月28日(日) 08:43:48 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます