汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版B358P-B38P参照。
第3版の「跳ねとばし」に相当する概念。第3版ではダメージ8点につき1mであったが、第4版では「目標の体力-2」点のダメージにつき1mの突き飛ばしとなり、目標の体力の影響を受けるようになった。これによって体力の低い小動物は吹っ飛ばされやすく、体力の高いキャラクターは持ちこたえやすくなった。
2巻第11章「戦闘」の「ダメージと負傷」のルールの一部。

突き飛ばし(Knockback) B357P-B37P

 強烈な打撃を与えた場合、相手を後方に跳ね飛ばす可能性があります。これを「突き飛ばし」と呼びます。「叩きダメージ」と「切りダメージ」のみが「突き飛ばし」を発生させます。「叩きダメージ」は、防護点を突き抜けたかどうかに関係なく「突き飛ばし」を発生させます。しかし「切りダメージ」は、防護点を突き抜け"なかった"時だけ「突き飛ばし」を発生させます。
 「突き飛ばし」に関係するのは防護点を引く前の基本ダメージです。目標の「体力-2」点のダメージを振るごとに、その目標を攻撃者の逆方向にまっすぐに1メートル後退させます。例えば、体力10の人間は基本ダメージを8点受けるごとに1メートル後方に突き飛ばされます。もし目標の体力が3以下だった場合、「突き飛ばし」の距離は基本ダメージ1点につき1メートルです。もし目標に体力が存在しなかったり(例えば壁)、抵抗しなかった場合、代わりにHPで計算してください。

受け身

 突き飛ばされたキャラクターは敏捷力、<軽業>、<柔道>の内もっとも高いもので判定を行ないます。2メートル以上突き飛ばされた時には、最初の1メートルを1メートル上回るごとに-1の修正があります。「完全平衡感覚」があれば+4の修正があります。失敗すると転倒します。

衝突

 敵を何か堅い物に向かって突き飛ばした場合、その結果は(ぶつかった側とぶつかられた側が受けるダメージを含めて)、「突き飛ばしの距離」の値に等しい速度(秒速メートル)で相手は衝突したのと同じ結果になります。「衝突と落下」を見てください。

突き飛ばしのみ

 攻撃によっては――水流、押し(B351P)など――「突き飛ばし」を発生するが、ダメージを与えないものがあります。指定されただけの基本ダメージをサイコロを振って決定し、ダメージを与えないものがあります。指定されただけの基本ダメージをサイコロを振って決定し、通常と同じように「突き飛ばし」を適用してください。ただし実際の負傷は発生しません(目標が何かに衝突すれば話は別ですが)。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます