汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

「GURPS 魔法大全」p.213より。

アルカヘスト(万物溶化液): Alkahest

 アルカヘスト(万物溶化液)とは、中世の錬金術が作ろうとした“万能溶剤(universal solvent)”で、本当にどんなものでも溶かします。研究室のガラス機器も純金も、アダマンタイトのような魔法の素材もです。幸いなことに(魔法大全て定義される)万能溶剤は自分の体積の3倍の固体しか溶かせず、その後は中和されてしまいます。1回分の重量は200グラム(0.2キログラム、0.5ポンド)で、体積は約3立方センチです。

 1回分の溶化剤で、鍵などの機械的な装置を溶かすのに1D分かかります。生き物を攻撃するのに利用した場合、皮膚の上にまき散らすと1Dダメージ、生き物を溶化液に浸すと1秒間に2D-1ダメージを与えます。普通、この溶化液を飲みこむことはできません。もし錬金術師が人をだまして、混合前の2つの成分溶液を飲ませれば、その2つが体内で混合されている間、5分に1HPの割合で9Dのダメージがいきます。錬金術師は<錬金術>-5の判定に成功すれば、これを手当てできます。医者では助けられません。この治療には$50相当の錬金術の機材が必要です。
エラッタ修正:
【誤】5分ごとに生命力1点当たり9Dのダメージ
【正】5分に1HPの割合で9Dのダメージ

 この溶化液が顔にかかると、に入るのを避けるために生命力判定が必要です。失敗した場合、特にが狙われていたり中に溶化液がかかったりするとに対して「部位が使えなくなる負傷」の判定を行なわねばなりません。この溶化液によって失われた視力は、自動的に持続時間「永久」として扱います。

 後で使用するためにアルカヘストを保存しておくことはできません。理由は説明するまでもないでしょう。1回分を作る時、最後に混ぜ合わせる2つの原料を、それぞれ個別の瓶に入れて運びます。この段階に至るのに、<錬金術>-5の判定が必要です。最後の混合には技能判定は不要ですが、必ず錬金術師が行なわねばなりません。いったん混合されると、あっという間に効果を発動します。標的に容器を投げつけることができたかどうか、敏捷力判定を行ないます。失敗すると溶解して、あちこちに溶化液が飛び散ります。ファンブルすると使用者に命中します。

 アルカヘストに必要な材料は1回分$250で調合は<錬金術>-5で行ないます。成功すると、魔法が普通に存在する世界では$1650、魔法が希少な世界では$3000の価格がつきます。

 戦闘で アルカヘストを使う場合は、専用の吸い上げ器(サイフォン)を利用するのが効果的でしょう。仕切りのある容器に最後の原料2つが入っており、2つのポンプで両方の液を同時に敵に向かって吹き付ける仕組みになっています。吸い上げ器の正確さは0、最大射程は「体力-6」、連射は3〜です。弾数は4で、その原材料費は$1000です。吸い上げ器の重量は5.4kg、価格は$300です。この内、噴出口1つにつき$50かかっています。これは使うたびにどんどん穴が開き、12回射撃すると取り替えねばなりません。吸い上げ器や噴出口を作るには、不利な修正なしで<錬金術>の判定を行なわねばなりません。

関連

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます