汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第13章「特殊な戦闘の状況の章」の「特殊な長射程戦闘ルール」より
特殊な長射程戦闘ルール(SPECIAL RANGED COMBAT RULES)

ダメージの完全貫通(OVERPENETRATION) B386P/2B66P


 あなたが貫通体刺し収束ビーム焼き攻撃長射程攻撃によって与えた場合、ダメージが目標を突き抜けて、より遠くにいる何かを傷つける可能性があります(例:罪のない通行人)。同様に、強力な攻撃遮蔽(「盾へのダメージ」参照)を完全に通り抜けてしまいます――建物や乗り物すら貫通して、中の物にダメージを与えたりもします。
 ダメージの貫通によって誰が攻撃を受けるかはGMが決定します。最初の目標のすぐ後ろに誰かがいた場合、それが次の目標になります。例:遮蔽物の後ろに隠れている人や、防御した人。そうした人がいない場合、誰に命中したかは「誤射」や「搭乗者命中表」を見て決めてください。
 ダメージの完全貫通が発生するのは、その「基本ダメージ」が目標の「遮蔽DR」を越えた時だけです。この数値を求めるためには、目標か遮蔽DR――?を着た人間などの場合、?の両面です――と生物ならHP機械乗り物・その他無生物ならHPの半分、集合体ならHPの4分の1を加えます。壁やドアのように薄い板状の物であれば、その物体のDRだけを使用します。最後に徹甲除数があればそれを適用します。
 こうして攻撃が、遮蔽DR突き抜けるのに充分なダメージを与えた時、そしてその向こう側にいる誰かに命中した場合には、その相手はダメージに対しては遮蔽DRに自分自身のDRを加えた値を適用します。

例:
  • とある特別捜査官はライフルを構えた暗殺者を発見しました。
    • 敵が銃を撃った瞬間、彼は警備対象のVIPの前に自分自身を投げ出しました。
    • ライフルの弾丸は徹甲弾で――7D(2)貫-攻撃――彼の胸に命中しました!
    • 弾丸の基本ダメージは20点です。
    • 彼のバリスティック・ベストはDR8ですが、徹甲除数(2)によって4点しかダメージを防ぎません。
    • 特別捜査官は16点の基本ダメージを受けますが、小型貫通体であるためHPに受ける負傷は8点です。
  • VIPはどうなったのでしょうか?
    • 特別捜査官のベストは両面を計算に入れるためDR16として数えます。
      • そして特別捜査官のHPは12点でした。
    • 合計で遮蔽DRは28ということになります。
    • 徹甲除数(2)を適用してDRは14になります。
    • ですから基本ダメージ20点である弾丸は6点のダメージの完全貫通を発生させたことになります。
    • VIPは防具を身に着けていませんでした。そのため6点のダメージを受けます。
    • しかし、弾丸が小型貫通体であるためダメージは半分になり、HPに3点の負傷を与えます。
  • VIPは負傷しましたが、それほどひどい怪我ではありません――特別捜査官はVIPの命を救ったのです!

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます