汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

第4版『ベーシックセット』の第2章「有利な特徴」B55P参照。

有利特徴「次元跳躍者」(Jumper) B55P

次元跳躍者/種別」[100CP]……精、超

 あなたは単純に「ジャンプ」したいと望むだけで時間を越えるか、パラレルワールド(「時系列」「世界線」として知られています)へ旅することができます。あなたはこの「時間跳躍者」と「異世界跳躍者」のどちらであるのかを決めてください。両方でありたいと望む場合、「次元跳躍者/時間」と「次元跳躍者/異世界」の両方を別々に、共に完全なCPコストでとらなければなりません。
 ジャンプを始めるには、目的地の映像を思い浮かべなければなりません。10秒間集中して、知力判定を行ないます。急ぐこともできますが、集中を1秒はぶくごとに-1の修正があります(まったく準備しなかったら-10の修正です)。知力がどれだけ高くても14以上の出目は常に失敗です。成功すると目的地に到着します。失敗するとどこにも行きません。ファンブルすると"間違った"目的地(GMが望んだ任意の時間や世界)に到着します。
 あなたは元の時代や世界でいたのと全く同じ場所に到着します――または可能な限り近い場所に。もし時間を旅したい時には、同じ場所で違う時間に到着したことになります。もし異世界を旅した時には、同じ場所の同じ時間――ただしパラレルワールドの――に到着したことになるのです。
 もし目標の100メートル以内に、あなたにとって"安全な"場所がない場合には――例えば、あなたが飛行機の中でジャンプを試みて、目的地の近くには飛行機が存在しない場合。あるいは地下1キロの鉱山の中から、対応する鉱山が存在しない世界にジャンプした場合――ジャンプは自動的に失敗します。そして、あなたは失敗に気付くだけです!(死にません)。だからといって、その他の危険――例えば放射線、銃撃戦、野生の動物に向かってジャンプしてしまうことはありえます。あなたが「危険感知」を持っていれば、そのような危険なジャンプをする前にGMが警告をすべきです。「危険感知」の知覚力判定に成功すれば、あなたは警告を受けます。
 ジャンプに成功しても失敗しても、この能力は最低1FP消費します。特に"遠い"時間や世界の場合はもっと疲労するでしょう。おそらく最大でも10FPまでですが、GMの判断によります。もしあなたが機械であれば、この能力によってFPを消費する必要はありません。しかしあなたに乗客がいれば、各々はFPを支払わなければなりません。
 あるゲーム世界において「次元跳躍者」がどのように機能するかの例については「異世界跳躍者」(2巻第20章「インフィニット・ワールド」)を読んでください。

エラッタ修正3種



物を運ぶ(Carrying Things)

「[[物を運ぶ>次元跳躍者#Carrying_Things]]」
 あなたは荷重基本値に「ペイロード」を加えた重量までの物をもって旅行できます。より多くの重量や他者を運びたい時には「運搬能力追加」(後述)の増強をとってください。
 しかし、もし「同じ種類の」次元跳躍者が物理的に接触していたら、1人が望めば他者は「便乗」できます――ジャンプを始める次元跳躍者がそれを望んでいなくても可能です。ジャンプを始める人だけがサイコロを振ります。その次元跳躍者が移動を終えた地点に、他の者全員が到着します。
 あなたが異世界跳躍者である場合、「便乗」はパラレル世界を訪れるための唯一の方法です(ファンブル失敗を除けば!)。しかし一度世界に到着すれば、集中してCPを支払うことでその世界の"感じ"を「知力/易」の技能として"学習"することができます。これには1CP支払うごとに1時間かかります。今後その世界に旅行する場合、知力の代わりにこの技能を使用できます。世界の学習は必ず行わなければならないわけではありません。しかし学習しなかった場合、戻ってくるためには知力-3判定が必要です。
 時間跳躍者にはこうした制限がありません。

 あなたは練習することによって――つまりCPを費やすことで、この能力に増強を加えたり限定を取り除いたりできます。PCが一度の冒険で複数回ジャンプすることを望まないGMは、買い戻すことができない義務的な限定(例えば「回数制限」)を課すことにしてもかまいません。

エラッタ修正2種


特別増強

運搬能力追加(Extra Carrying Capacity):+10%/+20%/+30%/+50%
「[[運搬能力追加>次元跳躍者#Extra_Carrying_Capacity]]」
 荷重基本値を超える荷物を運ぶことができます。あなたの運搬能力が充分に高い場合、別の誰か1人を運んでもかまいません。
 軽荷なら+10%、並荷なら+20%、重荷なら+30%、超重荷なら+50%です。

未知の世界にも移動できる(New Worlds):+50%
「[[未知の世界にも移動できる>次元跳躍者#New_Worlds]]」
 これは異世界跳躍者にだけ適用できます。あなたは今まで訪れたことがない世界を目標にできます。知力判定には常に-3か、より悪い修正を受けます(GM判断)。もちろん、望む目的地が存在しない可能性は常にあります。その場合、試みは自動的に失敗します。GMは失敗した理由を告げません。この増強を使用する場合、すべてのFP消費は2倍になります。


同時移動(Omni-Jump):+10%
「[[同時移動>次元跳躍者#Omni-Jump]]」
 これはあなたが異世界跳躍者であり、時間跳躍者でもあるときだけ適用できます! 両方の有利な特徴に適用しなければなりません。
 1度の知力判定で時間と世界を同時に移動します――例えばこの世界における現代から、ノルマン人のイングランド侵入が失敗した世界の1066年に移動できます。


追跡可能(Tracking):+20%
「[[追跡可能>次元跳躍者#Tracking]]」
 あなたは人が作った物を持ったり触ったりすれば、その物が「誕生した」時間や場所に移動することができます。時間跳躍者であれば、その品物が作られた直後に到着します。異世界跳躍者であれば、その品物の「本来の」時系列における現在の日付に到着するでしょう。そのような試みは常に知力-2判定が必要で、1つの品物に対して1人の跳躍者は1度しか試みることができません。


トンネル(Tunnel):+40%
「[[トンネル>次元跳躍者#Tunnel]]」
 あなたはジャンプする時に常に入り口(あなたの大きさに相応しい)を発生させます。例え跳躍者でない人でもその入り口を通ることができます。入り口は3D秒間存在し続けます。これは利点ともなりますが欠点にもなりえます――あなたの敵が追いかけてくるということです!
旧名は「トンネル移動」。同名の特徴トンネル移動」(Tunneling)との混同を避けるためと、「物質透過」の同じ原書名と名称統一のために改名。


時空移動(Warp Jump):+10%
「[[時空移動>次元跳躍者#Warp_Jump]]」
 あなたが「ワープ移動」の特徴を持っている時だけ適用できます。「次元跳躍者」と「ワープ移動」の双方に適用しなければなりません。あなたは跳躍する時、同時にワープすることができます。これより目的とする時代・世界の好きな場所に現れることができます。判定は2回行ないます――それぞれの特徴ごとにです――片方だけが成功してもう片方が失敗する、どちらも失敗する、といったことが起こりえます。


特別限定

先導不可(Cannot Escort):-10%
「[[先導不可>次元跳躍者#Cannot_Escort]]」
 これは異世界跳躍者にだけ適用できます。もしあなたが望んでいたとしても、他の跳躍者はあなたに「便乗」できません。

エラッタ修正



随行不可(Cannot Followt):-20%
「[[随行不可>次元跳躍者#Cannot_Followt]]」
 これは異世界跳躍者にだけ適用できます。あなたは誰かに「便乗」することができません。

エラッタ修正



目的地がずれる(Drift):-15%
「[[目的地がずれる>次元跳躍者#Drift]]」
 あなたは出発した地点と正確に同じ場所に到着しません。空気が薄い場所や地下に到着することはありませんが、予定の目的地から15km以内の任意の場所に現れます。跳躍するための知力判定の成功度が高ければ高いほど、意図した目的地の近くに到着します。しかし、どこに現れたのかを実際に決めるのはGMです。


距離制限(Limited Jump):推奨は-10%
「[[距離制限>次元跳躍者#Limited_Jump]]」
 1回の跳躍で移動できる時間が制限されています。パラレルワールドを移動する場合、2つが「どれだけ離れているか」が制限されます。より遠くへ移動しようと思ったら、複数の跳躍を行なわなければ成りません。限定の割合はGMのキャンペーン世界に応じて決定されます。世界設定によっては、この限定はより不利となることもありますし、ほとんど問題にならないこともあります。推奨は-10%です。

エラッタ修正



到達限界(Maximum Range):推奨は-10%
「[[到達限界>次元跳躍者#Maximum_Range]]」
 あなたは複数回跳躍しても一定以上離れた時代に移動できません。あるいは一定数以上「離れている」パラレルワールドに移動できません。「距離制限」と同じく、GMが決定します。

エラッタ修正



身1つ(Naked):-30%
「[[身1つ>次元跳躍者#Naked]]」
 跳躍する時に何も運ぶことができません! 常に裸で到着します。


朦朧状態になる(Stunning):-10%
「[[朦朧状態になる>次元跳躍者#Stunning]]」
 跳躍した後で必ず精神的朦朧状態になります。


Powersでの「次元跳躍者」の追加解釈 P57P

[[Powersでの「次元跳躍者」の追加解釈>次元跳躍者#Powers]]

 「次元跳躍者/時間」は、怪科学の“タイムマシン”などよりも速く手軽に時間移動できるスーパーや超科学乗り物に使用します。 「次元跳躍者/世界」は、別のタイムラインを訪問することを目的とした次元間旅行です。 GMはさらに他の「次元跳躍者」を追加するかもしれません。

追加種別の例

「次元跳躍者/霊」(Jumper (Spirit)):100cp
「[[次元跳躍者/霊>次元跳躍者#Jumper_Spirit]]」
 あなたは肉体ごと“霊的世界(spirit worlds)”に出入りすることができます。これらの領域では、あなたは霊的存在です。なのであなたは、そこにいる霊と通常どおり対話でき、その世界の霊にとっての“標準的(standard)”な任意の能力を使用できます。
同様に、霊に影響を与えるものはすべてあなたに影響を与えます。領域移行するには、「次元跳躍者」の標準ルールを使用します。
各試行のコストは1FPで、 知力判定での成功は、領域間を移動することを意味します。判定失敗はあなたが「あなたの現在の世界」にとどまることを意味します。次の10分までにこの能力を再使用するなら、-5のペナルティが追加されます。
ファンブル失敗の結果はGM次第です……。悪霊を引き寄せたり、世界間を漂流したり、間違った世界(地獄など)に行ったりする可能性があります。 この種別にも「次元跳躍者/世界」用の特別修正を使用できますが、全設定をそのまま流用・効果発揮できるわけではありません。

■代替案(Alternatives)

 空間を“ジャンプ”する旅行者は「ワープ移動」が必要です。過去、未来、霊界をのぞきこむ者には、「サイコメトリー」、「未来予知」、「霊媒」があるでしょう。 そのどちらも「次元跳躍者」を必要としません。
“霊形態(spirit form)”をとったり、それを送り出す者は、「超感覚」や「非実体化」を持っていることがよくあります。本当に別の領域や時間を訪問する者には、「次元跳躍者/霊」、または「次元跳躍者/時間または世界」と「投影」(Projection )修正のみを使用してください。

■追加特別増強(New Special Enhancements)

上位層(Interplanar): +0% / +100%
「[[上位層>次元跳躍者#Interplanar]]」
 これは「次元跳躍者/世界または霊」にだけ適用できます。あなたは「より上位の存在の層」に入ることができます――おそらく神の領域にさえです。あなたがこれらの世界だけでなく、パラレルワールド(「異世界跳躍者」)やスピリットワールド(「霊界跳躍者?」)にも到達できる場合は+100%で、「より上位の層」にしか到達できない場合は+0%です。
原書名の「Interplanar」は「面間」の意。

信頼できる(Reliable):+5%/レベル(最大10レベルまで)
「[[信頼できる>次元跳躍者#Reliable]]」
 あなたの能力は非常に安定しています。この増強の各レベルは、「次元跳躍者」を使用する知力判定と自動失敗の出目下限(通常なら14が下限です)の両方に+1修正を追加します(例えば、「信頼できる 2L」は知力に+2修正を与え、判定の出目16以上は常に失敗することを意味します) 。

■追加特別限定(New Special Limitations)

接続制限(Limited Access): さまざま
「[[接続制限>次元跳躍者#Limited_Access]]」
 これは「次元跳躍者/世界または霊」にだけ適用できます。 2つの特定の世界(ホームワールドと1つの特定のパラレル、マテリアルワールドと地獄など)の間でのみジャンプできます。この限定の割合は、設定に存在する世界の数によって異なります。 1つしかない場合は、意味がありません(-0%)。多数ある場合は、GMの裁量により、-20%以上の価値がある可能性があります。


投影(Projection):-0% / -50% / -25%
「[[投影>次元跳躍者#Projection]]」
 これは「次元跳躍者/時間または世界」にだけ適用できます。あなたは肉体を伴わず、精神体で旅行します。あなたの肉体はあなたの出発点にとどまり、無意識で無防備ですが、あなたの意識はあなたの目的地に目に見えるがぼんやりとしたの投影として現れます。この形態は、非実体的存在に影響を与えるものすべての影響を受けます。その他のルールについては、「投影体」(「Projection」p.44)を参照してください。あなたは 「非実体化」を持っている場合、それを“反転”させて実体化することができます。 「憑依」(「霊的」、-20%)があれば、対象世界の居住者に憑りつくことができます。
  • 非実体化」または「憑依」なしでは目的地にまったく影響を与えられない場合は-50%。
  • 投影中に目的地に影響を与えるためにたとえば呪文、精神的能力、および「呪文状」を使用できる場合は-0%。
  • ここで説明されているように、通常通りのやり方(物理的肉体ごと目的地に送る)ではなく、意識不明の体を残すことは、-25%の価値があります。


移動が必要(Special Movement): さまざま
「[[移動が必要>次元跳躍者#Special_Movement]]」
 あなたは自分の能力を使うために移動する必要があります。限定値は、要件の厳しさによって異なります。動きを制限するもの(手錠など)がない状態でほんの数歩歩くだけでよいなら、限定値は-10%です。軌道に乗り、光速を超えて加速する必要がある場合――「飛行」(「宇宙飛行」、+50%)で「高速移動/宇宙 27L」を使うような、高価な有利な特徴を用いなければならない場合、それは-40%です。
原書名の「Special Movement」は「特別な移動」の意。


入口が必要(Special Portal): さまざま
「[[入口が必要>次元跳躍者#Special_Portal]]」
 この特徴を利用するには、特定の種類の“入り口(gateway)”が必要です。例:自然の洞窟の開口部、または月明かりに照らされた夜の神聖なストーンサークル。限定値は、必要な入口の希少性によって異なります。比較的一般的な地理的特徴と同様に、何かしらの“反射面”は-20%です。あなたを具体的に指名する召喚儀式が、召喚者の前へ飛び込むことを可能にする“チャネル”を生み出す場合、それは-60%です。 1年の特定の時期における特定の場所の1つは、-80%です。
原書名の「Special Portal」は「特別な入口」の意。

■パワーアップ(Powering Up)

 「次元跳躍者/時間と世界」は主に、テレポート(Teleportation)や(「投影」つきでの)幽体離脱(Astral Projection)など、時間や世界旅行に関係する力に適しています。ただし、「高速移動/宇宙」の光速よりも速いレベルを付与するほぼすべてのパワーは、限定「移動が必要」付きで「次元跳躍者/時間」を正当化できます。
次元跳躍者/霊」は、他の形式の「次元跳躍者」と同様に、スピリットパワーに適しています。増強「上位層」は神聖なパワーにも適しています。
対応する「才能」は、「次元跳躍者」の特徴を起動するために必要な知力判定にボーナスを追加します。


原書表記


『3/63 Pyramid. Infinite Worlds II』p.11の追加解釈

 「支配領域」参照。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章キャラクターの作成

キャラクターの作成
キャラクターのタイプ
利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴
消耗品型特徴


特典/
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 6:Quirks

限定について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 8:Limitations

第4章:技能

第4版技能一覧
意志力を基準にした技能
知覚力を基準にした技能
生命力を基準にした技能
影響技能
第4版逆引き・技能なし値一覧表
技能なし値に能力値が工面しづらい一般技能
専門化が必要な技能
文明レベル技能
必須の技能を知らない
万能技能について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 7:Wildcard Skills
第4版呪文一覧
原書呪文一覧
第3章〜第26章

各コラム

魔法流派の例を扱ったサプリメント

第7章テンプレート

第8章装備

装備品対訳表

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第20章
インフィニット・ワールド

インフィニット・ワールド

保留

ルールあれこれ

Martial Arts

Horror

Supers

GURPS Supers
とんでも能力の超人を扱うサプリメント。

Social Engineering

GURPS Social Engineering
社会的ルールを補完するサプリメント。

Pyramid #3/54: Social Engineering

追加特徴「全言語対応
万能言語

Pyramid #3/65: Alternate GURPS III

追加特徴「特殊武器

Pyramid #3/76: Dungeon Fantasy IV

Pyramid 3/76: Dungeon Fantasy IV



GURPS Template Toolkit 2: Races

GURPS Template Toolkit 2: Races
追加特徴

GURPS Monster Hunters Power-Ups 1

追加の有利な特徴 追加テクニック

GURPS Tactical Shooting

GURPS Powers: Divine Favor

神への嘆願を扱ったサプリメント
GURPS Powers: Divine Favor

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】

テーブル機能とMenuBarがかち合うため、閉じる機能を追加しました。

FC関連ページ
クトゥルフ神話的存在CMB
FC百鬼夜翔コンバート
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます

メンバー募集!