汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

才能」「追加才能」参照。
意訳強め。
「Power-Ups 3: Talents」p.19より。

コラム:代替案の代替(Alternating Alternatives) p.19

 「代替利点」よりもさらに複雑なゲームグループでは、GMは、才能のすべてのレベルが通常の技能ボーナスと学習時間の削減を付与する一方で、才能の他の追加機能はレベルごとに異なると判断する場合があります。

 In a gaming group that’s open to even more complexity than what Alternative Benefits (pp. 18-19) entails, the GM might decide that while every level of a Talent grants the customary skill bonus and learning-time reduction, the Talent’s other extras vary from level to level.

レベルは、反応ボーナスと他のものの授与、2つの異なる代替案(追加才能一覧のいくつかの「才能」が「どちらかまたは両方」のオプションを提案しています)、または3つ以上のボーナスの授与を交互に行うことができます。 GMはこのパターンを事前に設定する必要があります。

Levels could alternate between bestowing a reaction bonus and something else, two different alternatives (several Talents in Chapter 1 propose either/or options), or even three or more bonuses. The GM should set this pattern ahead of time.


 たとえば、最も才能のある個人に特別な利点を予約するには、レベル1と2に通常の+1と+2を反応に与え、レベル3と4に他の何かに+1と+2を与えます。

 For instance, to reserve specialized benefits for themost talented individuals, have levels 1 and 2 grant the usual +1 and +2 to reactions, while levels 3 and 4 give +1 and +2 to something else.

反応ボーナスを維持しながら、それをトーンダウンして本当に才能のある人と関連付けるには、逆に、レベル3と4の反応に+1と+2を提供し、レベル1と2に他の恩恵を提供します。

To keep the reaction bonus but tone it down and associate it with the truly gifted, do just the opposite, offering +1 and +2 to reactions at levels 3 and 4, and some other boon at levels 1 and 2.

さらに別の可能性は、偶数と奇数のレベルに基づいて交互にすることです。
Yet another possibility is to alternate on the basis of even- and odd-numbered levels.

拡張才能」を使用する場合、これらのパターンの1つを使用して+3、+4、または+5に到達し、2つの利点のそれぞれで、または3つまたは4つのボーナスを循環するのに十分なレベルがある場合があります。

When using Extended Talents (pp. 21-22), there may be enough levels to use one of these patterns to reach +3, +4, or +5 with each of two benefits – or to cycle three or four bonuses!


 さらに根本的に、各レベルは独自の利益をもたらす可能性があります。
もちろん、これはすぐに非常にややこしくなります。才能に関連付けられた多くの効果を必要とするGMは、上記のオプションよりも「才能特典」のオプションの方が簡単な場合があります。

 More radically still, each level could give its own benefit.
This would quickly get very fussy, of course. The GM who wants many effects associated with a Talent might find the option below simpler than any of those above.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴

特典/くせ
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定

第5章:魔法

呪文タイプ?

第7章テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます