汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

攻撃種類の「登場頻度」は、レギュレーションによって異なるため、GMは面倒でなければ冒険舞台のレギュレーションに応じたリストを作っておくと便利である。
第4版B91P参照。

コラム:防御の限定(Limited Defenses) B91P

 「防護点」――あるいは(非ダメージ効果に対して)おもにダメージへの保護をメインとする有利な特徴――をとる場合、あなたはある種のダメージタイプに対してだけ有効であると限定することができます。この限定は有利な特徴の必要CPを低下させます。この目的の場合、ダメージは大きく4つの種類に分類されます。
どこにでもある(Very Common):-20%
 非常に大きなダメージの分類。およそどのような舞台でも遭遇すると思えるもの。
 例:長射程攻撃白兵攻撃、物理攻撃(任意の物体から)、エネルギー攻撃(例えばビーム兵器、電気、火、熱および冷気、音)、特定の源(気、魔法?超能力)から発せられるダメージすべて。
よくある(Common):-40%
 大きなダメージの分類。
 例:基本のダメージタイプ焼き侵蝕叩き切り刺し貫通体)、よくある物質の分類による攻撃(例:金属、石、水、木材、肉)、ある種の脅威――自然のものでも、人工的なものでも――(例:酸、冷気、電気、熱・火)、「どこにでもある」を少し限定したもの(例:魔法のエネルギー)。
ときどき(Occasional):-60%
 限定されたダメージの分類。
 例:よくある物質(鉄、鉛)や、超常的手段・高度技術(粒子ビーム、レーザー、成形爆弾)によってのみ発せられるダメージ。「よくある」を少し限定したもの(例:魔法?の電撃、貫通ダメージを与える金属)。
まれ(Rare):-80%
 非常に狭いダメージの分類。
 例:荷電粒子砲、ドラゴンの炎、貫通ダメージを与える鉛、紫外線レーザー、一般的ではない物質(例:銀や祝福された武器)。

備考

 ほかに記述がない限り、限定のついた防護点DR)はその「直後の」効果にのみ機能します。あなたが魔法によって浮遊させられて、その後落下したとします。落下によるダメージは「魔法?に対するDR」で軽減させることはできません。魔法の剣であなたが攻撃された場合「魔法に対するDR」は、魔法による追加のダメージにのみ適用されます。同様に「トロールに対するDR」は、トロールが投げた巨石には機能しません――ダメージはトロールではなく石から与えられます。限定を設定するときには、それがどれほどの価値を持つのかをGMと相談して決めてください。もし「限定がダメージに直接影響を与えることはない」とGMが考えたときには、そうした限定は必要ありません!

関連特徴

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます