汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第4版B215P参照。
訳語不統一で<魔法理論>と<魔法学>の2種類の名称がある。ここでは<魔法学>に統一。
この技能は、B93Pの有利な特徴「魔法の素質」の解説において<魔法学>という名で紹介されている。今後どちらの訳語が用いられるのかは不明。両者が同じものを指すということに留意が必要。原書ではThaumatology(GURPS Basic Set: CharactersP.225)という名前。

魔法学(Thaumatology) B215P

<魔法学/TL>(知力/至難)
 技能なし値:知力-7※
 ※魔法が存在しない世界や、本物の魔法を見たことがない人はこの技能なし値を使えません。

 これは魔法理論についての学術的研究と、「マナの物理学」です。誰でもこの技能を身につけることができますが、魔術師のほうが簡単に理解できます。習得は呪文と同じように、知力に「魔法の素質」のレベルを加えて計算します。
 この技能の主な用途は魔法?の研究です。新しい呪文を作るときには発明ルール?(2巻17章参照)を用いてください。ただし<エンジニア>技能を<魔法学>と読み替えます。技能判定に成功すれば、誰かが唱えたあなたの知らない呪文を識別することができます。またクリティカル・ファンブルの結果を推測するのにも役立ちますし、望む効果をもつ品物を作るにはどういう魔化?をすればよいのかなどを理解するのにも役立ちます。判定の成功度が大きければ大きいほど、GMはより正確な洞察を与えるでしょう。
 これは“ファンタジー”の魔法?に関する研究です――《火球》の呪文、魔法の指輪などなど。自然精霊を介した同様の魔術になると<儀式魔法>を使います。また神聖な魔法については<宗教儀式>や<神学>が必要です。しかしながら-5の修正をうけて<魔法学>判定に成功すれば、魔法学者は“一般的な”魔法と、異なるバリエーションとを関連づけることができます。極端に不思議な力であったり、異世界のアーティファクト(高度な魔法の品物)などについては、より大きなペナルティがつきます!

エラッタ修正:
【誤】この疑問の主な用途は魔法の研究です。
【正】この技能の主な用途は魔法の研究です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます