汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

意訳強め。要約すると、高度な連携がとれる者同士による“合体攻撃”の選択ルール。相手の能動防御にペナルティを科したり、一撃の被害量を参照する効果(例えば「突き飛ばし」、衝撃転倒朦朧部位が使えなくなる負傷など)に対して、複数の攻撃による負傷を合算して「一撃」扱いにできる。

選択ルール:協調攻撃(Optional Rule: Coordinated Attacks)

第4版Powersのp.165参照。

 このオプションを使用すると、ヒーローは攻撃のタイミングを慎重に計ることによって、タフな敵を倒すことができます。(関連パワーを協調する方が容易ではありますが)使用される攻撃に制限はありません――特殊能力、拳、銃など様々です。

 協調したい者は、コミュニケーション手段がほんのわずかな言葉やジェスチャーだったとしても意思疎通可能な者同士でなければなりません。GMは、まったくコミュニケーションできない個人を除外する場合があります。リアルなキャンペーンでは、GMはグループのリーダーに「集中」行動を行って、全員が攻撃する前に少なくとも1秒間、味方に指示するための<指揮>判定(Leadership roll)を行わせることさえ要求する場合があります。リーダーが直接または無線で話すことができず、手信号に頼らなければならない場合、これには数秒かかる場合があります。マンガ的なゲームでは、この要件を無視してください。
 さらに、全員が同時に同じターゲットを攻撃する必要があります。これは、協調している戦闘者の少なくとも一部が「待機」行動を行わなければならないことを意味します。
 全員が攻撃できるようになるとすぐに、各戦闘者は命中判定を試みます。攻撃は攻撃者が協調できる時に(目標への射線が通った時ではなく)発生するので、全員が「追加の攻撃者1名ごとに-3」修正で判定します(2名の場合は-3、3名の場合は-6……など)。「超時感覚」を持つ者の場合は、「追加の攻撃者1人につき-2修正」で判定します。グループ内の全員が同じ「起源?」(source)または「焦点?」(focus)のパワーを使用している場合は+1ボーナスがあり、全員が同じ「能力系統」(power。例えばPK風霊系呪文))を使用している場合は+2ボーナスがあります。「才能」とすべての標準的な攻撃修正は通常通り適用されます。
 戦闘者は最後の瞬間に協調攻撃から“脱退”できます。その場合、彼は上記の特別な修正を無視します。しかし、彼の仲間は、彼の真の意図を知らなかったため、関与した元の戦闘者の数に対するペナルティを被ります。

オプション

 攻撃者は、誰もが命中判定する前に、これらのオプションの1つを選択する必要があります。

圧倒:Overwhelm
[[圧倒>協調攻撃#Overwhelm]]
 これは、異なる角度からの同時攻撃でターゲットの防御に過負荷をかける試みです。最初に命中した後の各協調された攻撃者は、すべての攻撃に対して被害者に能動防御に-2、または抵抗判定に-1ペナルティを与えます。目標に「超時感覚」がある場合は、このペナルティを半分にします(すべての端数を切り捨てます)。

傷重複:Wound
[[傷重複>協調攻撃#Wound]]
 攻撃者は代わりに攻撃を特定のポイントに集中させることができます。それらはすべて、同じ命中部位の同じ面を攻撃できなければなりません。命中した者は、突き飛ばしの目的でダメージを加算します。これは、高い体力の敵を崖から突き落としたり、牢屋に叩き込むのに役立ちます。与える負傷に関しては標的のDRを個別に適用しますが、鈍的外傷を算出する際はDR突き抜けなかった攻撃を合計してください。

 各攻撃によって与えられた負傷の最終HPを計算した後(DR攻撃型命中部位などを考慮に入れて)、それらの負傷を合計して「一撃による傷」として扱います――衝撃転倒朦朧部位が使えなくなる負傷、その他の傷の大きさに依存する何かしらに影響します。これにより、攻撃力が比較的弱い攻撃者でも、DRが高い敵に大きな傷を負わせることができますし、「超常的継戦能力」の敵を吹き飛ばすことも可能になります。

 協調攻撃者は、合計した突き飛ばしを利用することで、(タフな!)仲間を“発射”することさえできます。これらのルールを通常どおりに適用しますが、垂直発射の場合は“突き飛ばし”を半分にします。生きている発射物はその“発射装置”と協調できます。
彼は攻撃者としてカウントされ、他の命中判定と同じペナルティで<跳躍>判定を行わなければなりません。
成功すると、幅跳びの距離を水平突き飛ばしに、高跳びの距離を垂直突き飛ばしに追加できます。

原書表記


コラム:巻き添え被害(Collateral Damage)

なお、第4版ベーシック第13章「特殊な戦闘の状況」の「爆発物」では「collateral damage」は“爆風ダメージ”と訳されている。
 リアリティの高いゲームでは、GMは戦闘マップ上級戦闘を使用して、ミスした射撃の行き先を決定し、「物と遮蔽のHP・DR」を使用して周囲へのダメージを算出する必要があります。しかし、マンガ的ゲームでは、この程度の細部は気分を損なう可能性があります。もちろん、GMはすべてのとばっちりを無害に消滅させることを自由に宣言できますが、物的損害は多くのジャンル、特にスーパーでは神聖な伝統です! 以下は、実物よりも大げさな戦闘のための、より非現実的で、より迅速な代替策です。
 攻撃が失敗したりよけられたりした場合、および範囲に効果円錐状、または爆発が発生した場合は常に、下の表で3dを振ります。傍観者や破壊可能な物体(混雑した通り、秘密の地下要塞内部など)が存在する場合に、かつ攻撃が実際にその範囲の何かに影響を与える可能性がある場合にのみ判定します。ただし、非致命的な攻撃であっても判定は必要です。「特殊効果」「疲労ダメージ攻撃」なら、誰かが転んで歯が折れた(またはより悪い被害をもたらした)結果、訴訟されるかもしれませんし、“無害な”「拘束」でも精密機械を汚損する可能性があるからです。

修正:
  • 致死攻撃(Lethal attacks):
    • 10dダメージの場合は+ 2、100dダメージの場合は+4……と続きます。
    • 着火」や「焼きダメージ」の場合+2。
    • [範囲に効果]]、円錐状、または爆発の場合+2。
  • 非致死的攻撃(Nonlethal attacks)(「特殊効果」「拘束」「疲労ダメージ攻撃」など):-8。
  • すべての攻撃(All attacks):
    • 屋内+2。
    • 危険な環境(ロケット燃料、高圧ケーブルなど)がある場合+2。
    • 攻撃者が特定の目標を攻撃するのではなく、巻き添え被害を出そうとしている場合+2。
    • 慎重な攻撃者は、巻き添え被害を抑えるための“慎重な攻撃”を、(表の値に-1ごとに)-2修正を命中判定につけることで行えます。
被害
8以下大きな被害はありません。
9〜10攻撃を受けやすいオブジェクトが$100の損害を被る、または人が$100の罰金または訴訟を正当化するのに十分なほど害を受ける。
例:壊れた窓、車のウィングのへこみ、かすり傷、破れたシャツ等。
11〜12合計$1,000の損害。例:壊れたコンピュータや車のフロントガラス、緩んだ歯や永久的な傷跡。
13〜14合計$1万の損害。例:陥没した壁や完全な車、または手足の骨折やその他の大きな怪我。
15〜16合計$10万の損害。例:家の火災、すべての窓をブロックで破壊する爆風、永続的な危害を引き起こす昏睡または同様の傷害。
17〜18合計$100万損害。例:複数の家の火災、または多くの人の重傷。その代わりに、GMは傍観者が殺されることを支配するかもしれません。
19以上合計$1000万の損害。例:街区を焼き尽くす火災、かけがえのない実験装置の破壊、複数の死者、または同様の大災害。

原書表記

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章キャラクターの作成

キャラクターの作成
キャラクターのタイプ
利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴
消耗品型特徴

特典/
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 6:Quirks

増強について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 4:Enhancements
追加修正?
限定について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 8:Limitations

第4章:技能

第4版技能一覧
意志力を基準にした技能
知覚力を基準にした技能
生命力を基準にした技能
影響技能
第4版逆引き・技能なし値一覧表
技能なし値に能力値が工面しづらい一般技能
専門化が必要な技能
文明レベル技能
必須の技能を知らない
万能技能について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 7:Wildcard Skills
第4版呪文一覧
原書呪文一覧
第3章〜第26章

各コラム

第7章テンプレート

第8章装備

装備品対訳表

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

Martial Arts

Horror

Supers

Pyramid #3/54: Social Engineering

追加特徴「全言語対応

Pyramid #3/65: Alternate GURPS III

追加特徴「特殊武器

GURPS Template Toolkit 2: Races

追加特徴

GURPS Monster Hunters Power-Ups 1

追加の有利な特徴
追加テクニック

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
FC関連ページ
クトゥルフ神話的存在CMB
FC百鬼夜翔コンバート
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

メンバーのみ編集できます