汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所。 魔法関連ルールの編集者募集中!

パワーとは何か(WHAT IS A POWER?) P7P

 「パワー」とは、特殊(exotic)または超自然的な素質であり、さまざまな方法で操作して、さまざまな関連効果を生み出すことができる力のことです(和訳するなら「異能」と表記した方がしっくりくるかもしれません)。 良い例は「テレパシー」です。これは他人の精神に影響を与えるために思念をやりとりする能力です。 これにより、心を読んだり、考えを伝えたり、精神的エネルギーボルトで打ちのめしたりすることができます。 しかし、これらはすべて、「テレパシー系パワー」という単一(単系統)のパワーの現れにすぎません。

原書表記

起源(Source) P7P

 それぞれのパワーには起源があります。使用者がその効果を生み出すために操作するエネルギーの起源です。 これは通常、有利な特徴の起源の下のリストから選択されます。たとえば、「テレパシー」は「超能力(psionic)」です――しかし、GMは他の起源を自由に新設定できます。
 「気(chi)」と「超能力(psionic)」の起源は、そのパワーはそれぞれユーザーの心身の内から生じていることを示唆しています。 他のほとんどの起源は、ユーザーが外部からのエネルギーを媒介にしていることを示唆しています。「神授(divine)」に対する神の意志、「霊(spirit)」に対する使役霊、「魔法(magical)」に対するマナ、そして「宇宙パワー(cosmic)」に対する創造的エネルギーです。 いくつかは境界をまたがり重複内容を持つため、ユーザーとその周囲を混乱させかねません。 このような起源については、「自然(Nature)」(p.28)を参照してください。 この違いは、パワーが場面でどのように機能するかに影響を与える可能性があるため、注意することが重要です(Channeled Energies?、p.24を参照)。
 特定のジャンルやキャンペーン・タイプに適した起源の説明など、起源の詳細については、「Origins?(p.179)」を参照してください。

原書表記

焦点(Focus) P7P

 パワーにも「焦点(Focus)」が必要です。それは、それが操作する属性要素や中心となる概念です。 これは広範である可能性がありますが、明確に定義され、次のカテゴリのいずれかに当てはまる必要があります。
●物質またはエネルギーの形態、またはその欠如(例:空気、冷気、暗闇、大地、電気、火、光、 放射線、音、真空、または水)。
●自然現象(例:死、病気、火山活動、天気)。
●超自然現象(例:幽体離脱、千里眼、特定の神の意志など)。
●対象のクラス(例:動物、コンピュータ、生体、植物、知覚ある精神、霊など、または特定起源の他のパワー)。
●抽象的な概念(例:善、悪、未来、確率)。

原書表記

パワーの解剖学(ANATOMY OF A POWER)P7P

 パワーには起源と焦点に加えて、3種のゲーム的構成部品があります。

1. パワーが現れるさまざまな方法を表す一連の有利な特徴。 これらはパワーの能力(abilities)として知られています。
2. 特別修正――ほとんどの場合、限定――「パワー修正」と呼ばれます。これは、それを内包した有利な特徴を、関連パワーの範囲内に属する能力に変えます。
3. パワーのすべての能力を使いやすくする「才能」。

原書表記

能力(Abilities) P7P

 各パワーには、能力のリストがあります。その焦点を考えると、パワーの現れとして意味をなす有利な特徴。たとえば、「テレパシー」は、「共感」「精神支配」「精神探査」「読心」「精神防壁」「精神の絆」「憑依」「転送」などの機能を提供します(完全なリストについては、「テレパシー」、p.134を参照してください)。これらの有利な特徴に共通しているのは、知覚ある精神の直接的な相互作用として解釈するのに役立つということです。
 パワーの能力には通常、いくつかの構造的な類似点があります。それらはすべて肉体的または精神的、あるいは超常的である可能性があります――または、おそらくそれらはすべて同じ能力値を用いる判定に依存しています。これは提案であり、必須ではありませんが、GMは、パワーを設計する際にそれを確実に念頭に置く必要があります。その能力が何も同じように機能しない多くの異なるクラスの有利な特徴に属している場合、パワーは不自然に見えることでしょう。
 能力として許可する前に、これらの目標をより適切に満たすために、有利な特徴を変更または認定する必要があるかもしれません。たとえば、「テレパシー」は「特殊効果」と「特殊攻撃」を能力としてリストしますが、それらが疲労朦朧、無力化、一時的な精神的不利な特徴、または敏捷力知力、または意志力のペナルティを引き起こす場合(そして「呪い」の増強付きでのみ)に限ります。これらの制限は、ほとんどのフィクションに描かれているように、「テレパシー」の設定には不適切なファイアボルトやデスレイなどの攻撃を排除するのに役立ちます。
 GMは、パワーの能力リストを網羅的または規範的なものとして扱う必要はありません。リストにない有利な特徴が特定のパワーに適している理由についてプレイヤーが合理的な説明を提供する場合、GMは寛大でなければなりません。
パワーに適切な能力を選択する方法の詳細については、「能力の選択?」(Choosing Abilities。p.9)を参照してください。

原書表記

パワー修正(Power Modifiers) P8P

 各パワーには「パワー修正」もあります。これは、有利な特徴をパワーの能力の1つに変える限定または増強です。 有利な特徴は、パワーの一部となるために、関連する「パワー修正」を持っている必要があります。 例外はありません。
 「パワー修正」の有利な特徴は、パワーに適用されるすべての特別ルールに従う必要があります。 パワーが幅広い対抗策または状況に応じたペナルティの対象となる場合、特定の状況でのみ機能する場合、またはユーザーのアクションを制限する場合、その「パワー修正」は限定です。 パワーの能力が変更されていない特性よりも柔軟である場合、その「パワー修正」は増強です。 限定または増強の値は、制限がどれだけ厳しくまたは緩和されるかによって異なります。 「パワー修正の評価?」(Evaluating Power Modifiers。p.20)を参照してください。

原書表記

才能(Talents) P8P

 最後に、各パワーには、そのパワーに対する自然なまたは学習適性を表す「才能」があります。これはありふれた「才能」に似ていますが、技能判定にボーナスを与える代わりに、パワーの能力のいずれかをアクティブ化または使用するために行われたすべての成功判定にボーナスを与えます。たとえば、「テレパシーの才能/3L」は、テレパシー能力を使用するための知力意志力知覚力の判定に+3を与えます。 GMは、通常はダイスロールを必要としない能力について、「才能」を創造的に自由に解釈できます。アイデアについては、「才能の役割?」(The Role of Talent。p.158)を参照してください。
 「才能の価格設定?」(Pricing Talents。p.29)で説明されているように、「才能」のレベルごとのコストはさまざまですが、ほとんどの「才能」のコストは5cp/レベルです。 GMの許可なしに、特定の「才能」を4レベル以上購入することはできません。
関連する「才能」を取得せずにパワーの能力を購入することは可能ですが、パワーを与えられたほとんどのヒーローは「才能」が不可欠であることに気付くでしょう。
 同様に、GMは能力のない「才能」を許可するかもしれません。どちらの状況でも、問題のパワーを持っており、通常、不足している構造部品を後で追加できます。「パワーの追加と改善?」(Adding and Improving Powers。p.33)を参照してください。
 第3章にスキップして、キャラクターにパワーを追加し始めるために絶対に知っておく必要があるのはこれだけです。この章の残りの部分は、キャンペーンのパワーを設計しているGMと、キャラクターにカスタムビルドのパワーを与えるGMの許可を持っているプレイヤーを対象としています。

原書表記

コラム:焦点と起源(Focus vs. Source) P7P

 焦点と起源は1対1で対応する場合があります。 たとえば、他人に影響を与えるためにいくつかの霊を使役するパワーは、その起源と焦点の両方として「霊(spirit)」を持っているでしょう。 ただし、そうである必要はありません。
 ほとんどの起源は複数の焦点を網羅しています。 たとえば、「超能力」起源は、基本セットの第6章で説明されている6つのパワーすべてに拡張されます。
アンチサイ」(焦点:他の超能力パワー(other psionic powers))、「ESP」(焦点:知識(knowledge))、「サイキック・ヒーリング」(焦点:ヒーリング(healing))、「サイコキネシス」(焦点:動き(motion))、「テレパシー」(焦点:知覚ある精神(sentient minds))、およびテレポーテーション」(焦点:瞬間移動(instantaneous travel))。 同様に、「神授」起源は非常に広いです。 ほとんどの設定では、各神はその眷属に独自のパワーを与えます。
 逆に、特定のパワーには複数の起源が含まれる可能性があります。 例えば焦点「火」は、ゲームの世界に応じて、本質的に「神授」「魔法」「超能力」である可能性があります。

原書表記

コラム:パワーと「汎用な」特徴(Powers vs. “Wild” Advantages) P8P

ここで言う“ワイルド(Wild)”はトランプのジョーカーのような“汎用的・万能な”という意味合い。「“Wild” Advantages」は何のパワーにも属していない普通の特徴のこと。
 パワーの能力リストからの有利な特徴を持つすべての人がそのパワーを持っているわけではありません。「パワー修正」で説明したように、有利な特徴は、関連する「パワー修正」がある場合にのみパワーの一部になります。 GMは、パワーを構成する有利な特徴を独立した性質として購入できるかどうかを決定します。
 一部のゲームの世界では、多くの有利な特徴が「汎用」と1種以上のパワーの一部の両方に存在します。「パワー修正」がない場合、有利な特徴はその説明どおりに機能します。パワーに関する特別ルールは適用されません。たとえば、特定のパワーの一部である場合にその特徴を無効にしたり、吸収したり、強化したりする効果は、「汎用」版には影響しません。ただし、「汎用」版に利益をもたらす、または制限するものは、そのすべてのバリエーションでの有利な特徴に通常通りの影響を及ぼします。
 他の設定では、特定の有利な特徴、特に特殊的特徴超常的特徴を得る唯一の方法は、パワーの一部としてです。異常な能力が常に「パワー修正」の影響を受けるようにすることで、GMは少数の修正を定義することで数十または数百の有利な特徴を制御できます。もちろん、珍しいNPCはまだそのような性質の「汎用」版を持っているかもしれません……。

原書表記

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
MenuBar2
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章キャラクターの作成

キャラクターの作成
キャラクターのタイプ
利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

第2・3章:特徴

特徴(第4版特徴一覧)
汎称特徴鋳型
特徴グルーピング表
判定に修正を与える特徴一覧表
下位の特徴と上位の特徴
消耗品型特徴

特典/
特色/禁止性質
学習できる有利な特徴
Powersの追加特徴

修正/増強/限定
攻撃修正/貫通力修正/発明品
特別修正/特別増強/特別限定
限定値

について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 6:Quirks

増強について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 4:Enhancements
追加修正?
限定について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 8:Limitations

第4章:技能

第4版技能一覧
意志力を基準にした技能
知覚力を基準にした技能
生命力を基準にした技能
影響技能
第4版逆引き・技能なし値一覧表
技能なし値に能力値が工面しづらい一般技能
専門化が必要な技能
文明レベル技能
必須の技能を知らない
万能技能について
↓特集サプリメント
GURPS Power-Ups 7:Wildcard Skills
第4版呪文一覧
原書呪文一覧
第3章〜第26章

各コラム

第7章テンプレート

第8章装備

装備品対訳表

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況
特殊な移動関連

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

Martial Arts

Horror

Supers

Pyramid #3/54: Social Engineering

追加特徴「全言語対応

Pyramid #3/65: Alternate GURPS III

追加特徴「特殊武器

GURPS Template Toolkit 2: Races

追加特徴

GURPS Monster Hunters Power-Ups 1

追加の有利な特徴
追加テクニック

Menu

MenuBar1(左側)は汎用ルールや公式ルール索引用で、MenuBar2(右側)は投稿者独自のルールやキャンペーン索引用用です
【メニュー2編集】
FC関連ページ
クトゥルフ神話的存在CMB
FC百鬼夜翔コンバート
キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます