汎用TRPG「ガープス(GURUPS)」について、だべったりつづったりする所

第11章:「戦闘の章」、「戦闘行動」より。
ここで言う「ターン」とは戦闘参加者全員のターンではなく、「能動ターン」のような行動順が回ってきた者の手番を指すものと考えられる。
また、各姿勢を表す名前が無駄に長いため、悪訳とみなし、名称は第3版のものをほぼ受け継ぐ。
変更前原書名変更後
姿勢
立っている
しゃがんでいる
膝立ち
這っている
座っている
伏せている
Posture
Standing
Crouching
Kneeling
Crawling
Sitting
Lying Down
姿勢
直立
屈み
膝立ち
這い
座り
伏せ

姿勢変更(Change Posture) B344P/2B24P

 あなたの「姿勢」(postures)――とることのできる体勢――を1つのものから別のものへと変更します。規定されている姿勢は以下のものです。
  1. 直立」(Standing)
  2. 座り」(Sitting)
  3. 膝立」(Kneeling)
  4. 屈み」(Crouching)。なお、第4版のこの項では言及されていない。
  5. 這い」(Crawling)。
  6. 伏せ」(Lying Down)
    1. うつ伏せになる?(lying prone (face down))。
    2. 仰向けになる?(lying face up)

 「直立」以外の姿勢移動力が減少し、攻撃防御判定にペナルティがありますが、長射程攻撃に対しては小さな目標になります。
 伏せ状態(仰向けでもうつ伏せでも)から立った状態に直接変更することはできません。伏せている時には一度目で「這っている」か「膝立ち」か「座り」状態に変更してなければなりません。2回目の「姿勢変更」で、これから「直立」へと変更します(しかし、直立状態から伏せるのは1回の姿勢変更で可能です――もし強制的に倒されたのならば、姿勢変更を選択する必要はありません)。
 「立っている」と「膝立ち」の姿勢変更(相互とも)は、他の行動と共にステップで行なうことができます。そのために「姿勢変更」を選ぶ必要はありません。これは、移動するためにステップを使う代わりのものです。ですから、1ターン目に「姿勢変更」を選択して「伏せ」から「膝立ち」に変更すれば、2ターン目にはステップが可能な行動を選択することで立ち上がることができます。「屈み」状態になるのは「姿勢変更」を必要としません。「自由行動」を見てください。

移動:不可。

能動防御:なんでも。「直立」状態以外の姿勢にはペナルティがありますが、敵の長射程攻撃にとっては小さな目標となります。

関連

第11章:「戦闘(COMBAT)の章」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

MenuBar1
【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

第1章:キャラクー作成

キャラクター・ポイント

キャラクターのコンセプト

キャラクターのタイプ

利腕/逆腕/左利き
機械と疲労

年齢と美しさ

追加特典?
追加特典一覧

特典についてのあれこれ


第5章:魔法

呪文のタイプ

呪文の系統

第7章:テンプレート

第11章:戦闘

戦闘
移動と戦闘

第12章:上級戦闘

第13章:特殊な戦闘の状況

特殊な戦闘の状況?

特殊な白兵戦闘ルール? B381P-B61P

特殊な素手戦闘テクニック?

特殊な長射程戦闘ルール? B385P-B65P

特殊なダメージ B394P-B74P
マンガ戦闘ルール? B394P-B74P
二刀流

関連

圧力潜水病
船酔い
窒息溺れ
真空

第15章:テンプレートの作成

第16章:動物とモンスター

一般的な動物?

ペットおよび調教された動物?

ファンダジー世界のモンスター?
戦闘での動物?

第17章:
科学技術とアーティファクト?(道具、装置、人工物)

乗り物?

電子機器?

新発明?

未来・異質のアーティファクト?

怪技術?

魔法の品物?

物体へのダメージ?

第18章:マスタリング

キャンペーンのスタイル

ゲームの進行?

セッションの終了?

第19章:ゲーム世界

文化と言語?

法と慣習?

社会と政府体制?

経済活動?

他の次元世界?

**

Horror

キャンペーン
キャンペーン「ワマンチ教団へようこそ」(仮)
システムに関するGM裁定
PL/PC

シナリオ

アイテム

アンデッド

どなたでも編集できます